TechWave塾・4期生募集要項

残り4席!お急ぎください(1/11)

チャンス到来!ソーシャルの力で塗り替える業界勢力図

ソーシャルグラフを利用した新しいビジネスモデル徹底研究

リアルな人間関係を主軸にしたソーシャルなインフラがいよ普及し始めました。当面はTwitter、Facebook、mixiがそれぞれのユーザー層でのさらなる普及を目指すのでしょうが、大事なのはその三つ巴の戦いの行方ではなく、その3つのインフラ上でどのようなサービスを展開すべきかということです。

人間関係のインフラ上にゲームを載せたソーシャルゲームは、ゲーム業界の再編をうながすほどの大きな変革を引き起こしました。クーポン共同購入の仕組みを載せたグルーポンのようなフラッシュマーケティングは、コマース業界再編の可能性を垣間見せてくれています。次はどの業界に津波が押し寄せるのでしょうか。コマースはまだまだ変化するでしょう。音楽は?映画は?ニュースは?この時期に何を考え、どう動くかで今後の10年が決まると言っても過言ではない状況だと思います。

第4期TechWave塾では「チャンス到来!ソーシャルの力で塗り替える業界勢力図」と題した短期集中勉強会を、2月8日から3月15日まで6週間、毎週火曜日の午後7時から9時まで、全6回のカリキュラムで開催します。

【第4期のコンセプト】

日本のウェブがソーシャルグラフのインフラによって大きく変化するということを前提にし、そのインフラ上でどのようなビジネスが可能なのかを追求するというのが今期のTechWave塾のコンセプトです。ソーシャルグラフのインフラは日本だけのものではありません。世界につながっています。なので世界展開、特にアジアに重点を置いて勉強することにしました。

【各回の講師と特長】

2/8 講師:湯川鶴章

第3期のミクシィ原田明典氏、Facebook児玉太郎氏の講義のエッセンスをベースにミクシィ、Facebookが何を考え、どう動こうとしているのか、をコンパクトに解説します。また受講生によるショートプレゼンを通じ、各人の問題意識を共有します。

2/15 講師:宮田拓弥氏(ミクシィ)

宮田氏は、昨年末までグローバル推進室長としてグローバル展開の戦略立案を手がけ、中国最大のSNS「Renren」や韓国最大の SNS 「Cyworld」との業務提携をまとめた人物です。また今年からアライアンス推進本部長就任に就任、海外SNSを含むあらゆる企業とのアライアンスの責任者になりました。海外のSNSの話や、そこに進出した日本企業の話、mixiインフラを使ってどのような事業が可能なのか、などをお話いただこうと思っています。具体的なビジネスモデルを議論するにはmixi内で最適の人物といえます。

2/22 講師:斉藤 徹氏(ループス・コミュニケーションズ)

Facebook上のビジネスについての日本の第一人者と言ってもいいでしょう。海外の事例も豊富にお持ちです。

3/1 講師:加藤順彦氏(QSTO Networks Pte Ltd)

シンガポール在住の加藤氏は、アジアに進出を希望する日本人起業家の進出支援、投資を行っています。Facebook上で20万人のファンを集めた日本のアパレルブランドSATISFACTION GUARANTEEDのシンガポール進出も支援されています。

3/8 小野裕史氏(Infinity Venture Partners)

ただ出資するだけではなく、実際に立ち上げ時期に経営陣の一人として参画する「行動するベンチャーキャピタリスト」。mixiの人気ソーシャルゲーム「サンシャイン牧場」を開発したRekoo Japanや、Groupon Japanの前身Q:pod(クーポッド)の立ち上げ時期にも中心的な役割を果たされました。当然次はソーシャルグラフ上のビジネスを検討されているようで、可能な限りにおいて有効なビジネスモデルについて議論していただきます。

        3/15 湯川鶴章

【場所】

今回は品川周辺にお勤めの方が3人いらっしゃるということで、品川シーサイドの楽天タワーの会議室をお借りすることになりました。

【受講資格】

TechWaveの読者で、テクノロジーが産業に与える影響について一定以上のリテラシーをお持ちの方。

受講できるのは1業種1社。このため先に同業者でお申し込みがある場合は、受講できない可能性がありますので、ご了承ください。1つの会社でも、業種が異なる場合は参加可能です。

【受講料】

6週間、6回の講義で15万円(税別)。

【申し込み】

先着順で15人になれば締め切ります。申し込み、お問い合わせは、湯川まで。tsuruaki@gmail.com

【TechWave塾とは】

テクノロジー系ブログメディアTechWaveが主催する短期集中型勉強会。12人前後の少人数制、豪華な講師陣が特徴。受講生も一部招待制にすることで質の高い議論ができる場になっています。カリキュラムは毎週火曜日の午後7時から講義1時間、ディスカッション1時間の2時間。その後懇親会(参加自由)。1期、2期は「ソーシャルメディア・コンサルタント養成講座」、3期は「ソーシャルウェブ激論会」という名称で開催したが、4期からは「TechWave塾」と改名し、企業の戦略企画担当者、起業家を対象とした情報収集、ネットワーキングの場を目指しています。