;           序

平家物語を種としてうたひつ

かたりつ濱の真砂のよみつくされぬ

草紙大政入道清盛公の稚き昔を

伊勢平氏の記録より思ひつきて詞の

あやつりよみ物の狂言とは綴りぬ清盛公の

父忠盛朝臣に祇園女御を下されし』1.1o)

緋の袴を赤まへだれにくゝり直したる

五の巻に筆鋒の戦ひ作意の備へは

唯是世の興をのつとらんと忠盛

祇園桜と題して春の慰艸とす

                                 八文字

                           作者    自笑 [亀]

 元文五ツの                      同

         申の年始              作者         其笑 [順]』1.1u)

;忠盛祇園桜(たゞもりぎをんざくら)                一之巻

    目録

第一    田楽串は弐本指つけた武士の成達

     伊勢平氏はすがめ成けりとうたふ

     祇園林のしやぎり笛なりのよい太皷医

     の舌皷あしつたん丹波の忠守違者』1.2o)

第二    祇園の光物は細工のよい手妻人形

     主命によって脇ひらを水井菊之進が

     小哥の節々をきめつけらるゝ白状

     もやうの見えぬ白籏源氏の勢揃

第三    白拍子の舞は客に扇の手管の品

     贋渡辺が匠にのり地のはやい三味線

     ひきたてるやうに思ふ浦邊の入道の異見

     聞いるゝ耳揃たてた身請の小判』1.2u)

  (一)田楽串は二本さし付た武士の成達

天明暦にいわく。北忠が膝を揺る癖も。蝶花が贅言に

如ずとかや。祇園妾舎の姉の声。諸業無性のひゞきあり。しや

らくさい異見は今時はやらず。老若男女圖標なし地の大提箱。いく

組ともなく引ちらして。時ならぬ毛氈の紅楓乗物を停めて望?(そぞろ)に登す

べきは。二軒茶屋の暮にて。所も都の巽あがりなる。端哥三味線尺八

役者の聲近。さんなろまの?のあらそひは。雲にひゞき。豆腐持て来いの

手拍子は。霞にわたりて十〓香(l火主)聞。となりには腕をし。枕曵居相

撲にでんがくの鉢打くだけば。心得て尾をふるまだら犬も所になれ

たが一興なり。東西にわかちて二軒の内にも。東側は若村屋といひ

けるが。いか成客か借り切けん。五段の絹幕はりまはして。外の客』

とては一人もさせざるいたりやう。さはぐ躰さらに聞へず。折/\琵琶の撥音

さへゆたかにもれて。かけざる伊与すだれの内。めつたになつかしく。西側なる無

地屋は人込成中に正面一間質素にねはらばふて。仲居のすがに酌を

とらせながら。串の数よんでゐるゝ始末客は。桓武天皇の末葉。伊勢

國の住人。阿野の平太忠盛とて。王氏を出て遠からね共。父讃岐守

正盛に幼くてわかれ。所領にはなれ。流浪の身ながらも。何とぞ禁中へ

縁をもとめ。一国の守にも任ぜばやと。久/\の在京。その間の物入を。くろ

めんと。父がゆづりの太刀よろひを始として。當分用にたゝぬ物。二つあれば

ひとつは賣はらひて。〓物の金銀とひとつにして。うはばみの八郎兵衛といふ

肝いりにいひまはされ。二割丁銭の上借とて。高利を目当に。そのころ

はやりし。〓の千載といふ女芝居へかしつけ。その利銀にて渡世せられける

か。世間にすぐれて高利をとらるゝとて。舞役者の仲間より。異名』

して高平太とぞよびける。高で五六匁つかふ銀も酔がされたらば後悔し

て。おもしろみがぬけんと。そろ/\立支度する折ふし。むかふの若村屋の床几

より。しわがれ聲してうたふ朗詠ヤソチヤよいやたゞもりとほむる聲に忠

盛おどろき。今の朗詠をたゞもりとおふむ事何共合点ゆかず。我

身を怯みて。驕をはぶき時節を待て。任官受領せばやと思ふに。

かゝる大さはぎをくはだて。若村屋を仕切ての弄勢(はで)成為躰様(ていたらく)にて。

忠盛といふ名を立る事。何とも合点ゆかず。此忠盛が立身のな

らぬやうに。贋せものをこしらへ。悪説をなさしめんとするは。察する

所源氏方のはかりことなるべし。いで引すりおろして。吟味せんと。小づ

まをはさみおつとり刀にてかけ出るを。仲居のすがはあはてゝおし

とめ申。麁相んされますな。むかひの御客は。お歴/\さうにござんす

とすがりつくを。つきのけ。そのれき/\が猶心得ぬと。若村屋の真』

[挿絵]

中のすだれ幕もろ共に。一つかみにして。サア忠盛よばゝりして。名を

立るやつばら。一/\に爰へ出よ。まことの忠盛對面せんと。くわつとかゞ

ぐれば。こわいかに。上座に二つぶとんしかせて。くゝり頭巾めされしは。

忝くも白河法皇。つゞいて右大臣師夏公。左大臣公邦卿。参議

盛雄こうを初として。忍び出立の羽織すがた。中にも五位の侍中仲房

つつと出て。めづらしや平の忠盛。御忍びとはいひながら。おそれある

御遊のさまたげ。其上をの身ばかりならず。鳥居柱のもとに。赤まへ

だれのものをめしつれたるは。いか成ものぞとありければ。さしもの忠盛

仰天して。石だん飛おり。土に手をつかへて。忠盛と申す名を立て

の遊興心得がたく。思ひの外成御慰をさへぎり。申上べきやうも

なき次第にて候。俣鳥居柱のもとに。うづくまりて候ものは。かりそめ

に申かはせし。無地屋の仲居すがと申すもの成が。忠盛短慮を』

とゞめんと附て参りたるにて候と。面目なげに申さるれば。床几の上

ざゝめいて。扨は忠盛が念比してゐる仲居成とかや。是を御肴に今一つ

めしあげ給へと。法皇へ御酒すゝむれば。いづれも手拍子を打て。伊勢平氏

はすがめ成けるとうたひける。是は平家代々いせの住人にて。おすがといふ

女を念比するを。わるくちすがを女にもちたりと。はやす成けり。時に御座の

うしろより。白髪の老人はひ出。いかに平の忠盛よく聞れよ。かく申すは典

薬頭丹波の忠守とて。一条院より此かた。数代の朝廷につかへ。侍医を以

て半昇殿し。入道して随翁と申すもの也。ことし弐百廿三歳。長命の者とて

御側ちかくめしつれられ。先ほど朗詠一曲うたひたるを。忠守/\とほめられし

を。貴殿の名と心得てのふ審尤なりとて。わが君のおめしなり。床几の上へ

参られと有ければ。一座の公卿殿上人詞を揃へ。常は下/\もあがる此床几

なれども。君御座の間は仙洞にひとしかるべし。院の昇殿も聴さる忠盛。御』

前へめさん事仙籍の故実にはづれなんと。ぎじめかるれば。法皇ひそかに。

やとよかれは桓武の御末。王氏を出て遠からず。内院の昇殿何かはくるしからん。

今日此床几へめしのぼすは。やがて昇殿ゆるすべき約束なりと。天盃を

くだされける。忠盛眉目世に超。おそれがましく候へ共。御所にて申されぬ

事を。ひとつ申上たし。憚ながらおさへ奉ると奏しければ。天盃をおさへる

とは。慮外者と。目に角立る公卿衆をのけて。法皇端ちかく出御なり。

朕つゐにおさへられた事なし。コリヤおもしろい。右大臣合たのみたいとの院宣。

師夏公もよいかげんなきげんにて。手もと見ませう。ソレ鳥居のもとに居

るすがとやらん。爰へと招れ。合の合にかさなる盃の数に。座中たわいの

ない最中平の忠盛法皇の御耳のはたによりて。かねて丹波の忠守を

もつて。思召の段/\承知仕りたれ共。今日の趣向に私罷出ては。公卿方の

御ふ審を遠慮いたし。わざと向ひの無地屋に罷有。忠守/\との御』

一言を合圖に。何もしらぬ顔にての推参。有がたくも〓顔を拝し奉りて。

冥加に叶たる儀といへば。方法もひそかに。朕が思ひは此若村やの仲居と

やらん。松といふ女にて去年の秋清水寺詣の折から見初てわすれがたく。まさ

なき事は末代の聞へ。国史のおもて心をなやますうちに。はや年もうつり

て三月の央に成たり。いかゞして此恋を叶へんと。人にも語らず常盤の松と

たれが契らんと。下の句は詠じたれども。上の句に心をつくす折こそあれ。何れ

なる典薬侍医忠守参院して。脉をうかゞひ。しきりの欝滞物思ひの

脉。且は顔色にあらはれたりといふに。おどろき。天暦の帝の御前にて。哥合

の有ける時。平の兼盛が讀ける哥に忍れど色に出にけりわがこひは。

物や思ふと人のとふまでとのむかし。今思ひしられて物こしつゝむにあまる顔

こそ恥かしえれとて。二軒茶屋の松が事をかたりければ。薬師忠守承

て。思ひよらぬ御恋かな。女嬬おすへなどに。御心をかけ給ふだに。世のあやしみと』

成給はんに。まして豆腐やく下女に。御名の立なん事こそ悲しけれ。さりながら

爰が恋と申物にて。情の道に貴賎のへだてなければこそ。賎がふせやにも

月はやどり候へ。幸松が念比成友に。伊勢の邦の住人平の忠盛と申侍。只

今仰らるゝ若村やがむかひの。無地屋の仲居すがと申ものと。念比して居

申すよしかねて承れば。此男にはからはせ申さんとて。そのゝち度/\其方を内

通して。松も得心させ置たればとて。今日の催し。尤其方事は父正盛

より傳へて。能しりたるものなれば。此恋だに叶へさせなば。官位捧禄は

心にまかすべしと。しみ%\と御頼あるを。打紛らかしたる一座の大ざゝめき。無

礼講の起源成べし。忠盛承て。ソレ御銚子といひ捨。床几をおりうら道

より。わがみ斗御供して。下河原の〓名屋といふ貸座敷へ入奉れば、かねて

廻し置けるにや。お松が待かけたるしりめを塩として。屏風立めぐらせば。

法皇もろ共入らせ給ひ。松に千とせの御契り。赤まえだれは緋のはりまと』

見へ。たすきは掛帯と思はれて。かはるなかわらじの倫言汗しつほりとの御

むつごと。人の心づきもいかゞなれば。はや御めさめと。忠盛にすゝめられ。あかぬ

玉かれに忠盛を召れ。何とぞ其方はからひにて。此まつを祇園のやぶの

下あたりに。かこひ置べし。見つ/\通はんとの仰畏り。忠盛謹て只今迄は

仲居のお松。今日からは祇園女御とかしづき申さん。叡慮やすく思召れよと

もとの床几へ御供せば。猶盃事のまつたゞ中にて。何ぞ肴はないかといふ折

ふし。魚やが持て通る一荷。それ爰へ持てこいとさがして見れば。鱸のみなり。

法皇御覧じて。ソレ忠盛料理せよ。汝が家も近年衰微の事なれば。朕が取

たてゝ立身させなん。其身の恥を鱸の包丁はや仕れと承り。忠盛まな

ばしおつ取て。吸物のかげんよく。朱ぬりの大盃と共に。日は西にかたふく入相

の鐘もかまはず。早四つ自分と申すまで。還御なし参らせんと。右大臣師

夏公のたまへば。大勢をめしつれなば。人や見とがめん。平の忠盛只一人供』

すべしとの御事。師夏公をはじめとして皆/\御いとま給はり。心/\にぞぬかれける。

法皇には忠盛を召つれられ。挑灯さへ持せ給はば。白河の御殿さして帰らせ給ふ

  (二)祇園の光物は細工のよい手妻人形

揺車蘭輿如ず。独歩の吟と。古人のうたひしも去事にや。扨も白河の

法皇忍びの還幸。御思ひはれたるゑいかん。忠盛一人したがひて。祇園の社

内へ入らせ給へば。おぼろ月さへかきくもり。俄にそぼふる春雨。拝殿にあがりて

見合せ給へ共。はるゝかた見へざるにぞ。忠盛申上けるは。しばらく是にまたせ

給へ。私縄手の辻迄参て。駕かりて参らんと。尻はせおりてぞかけり行ぬ。

いよ/\しきる大雨に。風さへそひていと物さはがしく。終にひとりかゝる所に御

座なされたる事なき法皇。御心ぼそくまたせ給ふ所に。ふしぎや神前に

立ならべたる。石燈篭の間を。あちらへとびこちらへひらめく人影。たけは三四寸

にして。かげばかり火かげにうつりければ。アラあやしやと御覧ずるに。その人かげの』

きわにひかり物のきらめくすがた御心も御身にそわず。いかゞせんと思召

に。光物は次第に近付やがて拝殿まで来らんとする時。折よくも忠盛立帰。

駕一挺も見へ申さず。もはや西から晴て参り候へば。路のあしく成たるは。私が負ひ

奉らんと申に。いやとよアレ見よ。三四寸にたらぬ人影。折/\まじる光物只事ならじ

と仰ければ。忠盛初て心つき。いか様ばけ物にこそと。刀ひねくつて。何にもせよ忠

盛仕とめ候はんと。ひか/\と光て行過る所をおつつがふてしつかとざきとめ。燈

篭の火にて能みれば。昼は二軒茶やをうりあるく。仕出し手づま人形やの。水井

菊之進といふものなるが。雨をしのがんとて。かりに麦わらを。笠にしたるが。火に

かゝやきてきらめくにぞ有ける。又三四寸の人影は。賣残りの人形を。二つ手に

持たるが。燈篭にうつりて。ちらつくにてぞ有ければ。法皇大きに感じ思召。忠

盛早まつて切殺さは。社頭へのけがれ。世上への風聞宜しかるかしき所に。だき

とめたりは神妙の勇氣と、忝くも御扇にてあふがせ給へば。忠盛忝き仰と。』

かのとらへし男をつきはなせば。法皇そばちかくよらせ給ひ。其方が持たる紙細工の

人形を見れば。一つは又赤前だれしたる女の体は何をうつしたる物ぞと。

とはせ給へば。どなたかは存ぜね共。此人形を御存なきは。能々洛中洛外に沙汰を

聞給はぬ。御方と見へたり。此法師に(?)したる人形は。白河の法皇様。又此赤前だれ

してちいさき紋付てゐるおやま人形は。二軒茶屋の仲居。おまつがすがた。サラハ

つかふて御めにかけませうといふ内に。空ははれきり。月もあかく。かの二つの人形を

さしあげ。〓の情のその水の。おちて流れて白川の。末はときはの松がえやと。う

たひながらつかふ所を。忠盛けたをし。おのれ何者なれば。我君の御名を立ん

と。かくははからふぞ。人に頼れしか。自分の所為か有てうに申せと。くびすじにのつ

かゝつてとひつむれば。いやおのれら風情の下/\が問とて。有のまゝにいふべきかと。

おきあがらんとすれども。勇者の忠盛にふみ付られる事なれば。力およばず

無念/\とあせる時忠盛少ゆるめて。我をたれとか思ふ。平家の惣領〓』

平太忠盛と聞て。下なる菊之進大いにおどろき。人もこそ多きに。平家の

忠盛に手こめにあひしこそ口惜けれ。今は何をかかくさん。聞之進といふは當分

のかり名。誠は源氏方の武士にて。源氏の大将達。ひそかに寄合。もつたいなくも

白川の法皇様には。筋なき二軒茶屋の下女に。御心をよせらるゝとの風聞。平

の忠盛が。牽頭もつとの噂。いかにしても有まじき御行跡(みもち)。当時源家の大将

に昇殿ゆりたる者なければ。諌言もいれがたし。此沙汰を人形に事よせて。は

やらしなば。法皇様にもきのどくに思召。かゝる御ふるまひもやく事あるべしと。

忠よりはじまる此人形と。白状する間に。法皇は御いかりの儀をふくませ給ひ。

臣下として君をいさむるはさる事なれ共。人形に作りて浮名をながす

事。ひとへに朕が敵對する心と見へたり。忠盛よく吟味せよとの仰せ。忠

盛承て。何しに名ある武士が。かゝるあさましき事を企つべき。察する

所おのれが渡世のために。つくり出し今に成て。當座の難をのがれんとの。』

偽成べし。コリヤよくきけ。おのれが口ひとつにて。源氏の大将惣中の難儀にも

成事。かく申す忠盛とは。源平両家の義理あるゆへ。爰はかへつて源氏の

輩の無実の難をのがしてやらねばならぬ所と。きつはまはしてせんさくせよ

義者の心ぞ頼もしき。人形うり菊之進ちつともわるびれず。法皇様を

そゝのかし。手のまたひろげてかゝる牽頭侍と源氏の大将たいを。一口にいふは

天と地の底ほどのちがひ。どうでなみや大躰の事では。此御身もちなをる

まいと。工夫ふかき源氏方のいさめの仕様。見習ふておかれよといひける

に。忠盛かさねて大切の場にのぞんで。いひつのるからは。。扨は源氏の輩の

所為にきはまりしが。当時源氏に取ては。下野兵庫頭仲政おなじくは

嫡子頼政溝杭大夫資兼出羽守光国六条の判官為義式部

大夫義国越智大夫通清を始めとして。能勢の弥五郎。山田の〓〓

など聞ゆる輩。数流にわかてり。いづれも文武二道の達人。中/\加様

のわるだくみをすべき人がらは覚ず。サアその源氏の大将とは。何といふもの

ぞ申すまいかときめつくれば。マワきたうさんにいはれいでも。かくすべき様は

なし。かくのごとく忠義をまもつて。それがしにうたはせしは。源氏の嫡流多田の蔵人

大夫頼俊。是は多田の佐殿前司行国の子にて。只今在京の所。法皇様の御名

たゝん事を悲しみての。いさめの次第とつぶさにいへば。法皇はなはだ逆鱗まし/\。

さいふおのれは何やつぞと問せ給ふに。渡辺の綱に四代の孫。渡辺源五兵衛と申

て。多田頼俊が家人と答ふ。忠盛君の御前にむかひ。源氏と聞てかへつて義

理を存じ。随分聞のがしに仕る心なれ共。家人渡辺を人形賣に仕立。我が君を

嘲弄いたす段。ハテ扨是非に及ばぬ所なれば。多田の頼俊を召れて此事となく

官職をはぎ。従弟多田の与八郎頼憲へ。本家をつがせられしかるべしと

奏しけれは。法皇げにもと思召れ。こゝにて渡辺を科に行はゞ。自然と朕

が忍びのわざや。世間へもれん。おひはなてとの仰畏て。おのれ命冥加なやつと。』

つきはなされ人形打捨。跡をも見ずして迯去ける。忠盛返す%\もにくき頼

俊が仕わざかなとおへば。法皇には思ひの外しきりに御落涙まし/\。朕不徳成

といへ共。一たん十禅の宝祚につぎ。万乗をゆづりて。太上帝の尊き号を得

ながら。お松を忍ぶはあまりまさなきわざ。あやまれり/\。一たび思ひをはなれたれば。

千夜の契もかはる事なし。多田の頼俊が。朕をあざける仕方はにくけれども。

是ひとへに天神地祗の御しめしと思へば。お松が事只今ふつと思ひ切たり。しかし

ながらかりそめの枕をもかはせし女。見捨んも不便なれば。忠盛に得さすべし。

かれをだに妻と定て。朕が心ざしをうしなはしめずんば。其方が官禄の事は。

内/\より当今の帝へ申。正真階級次第を超へて登用すべしと。よにし

め%\と仰ければ。忠盛頭を地につけ。くだしをかるゝうへは。いかにもお松どのを

妻とは定め候はんが。御聞及あそばさるゝ通。無地屋のすがと申す女を。約束

いたし。即すがゞ父は相果。老母斗にて。六波羅の池のはたに。裏や借つて』

人仕事して。せんだくやのおふきと申もの也。すがを私の女房にくれなば。一生は楽々

とくらさせんとの約束にて。もらひきる筈なれば。お松どのを本妻にいたすと聞

て。おすがと母親がわりこんでは。弓矢の手ぎはにも及ませぬ難儀にて。どう

われてきて我君の御名が立ませうもしれねば。何とぞすがをかたづけるまでは。

お松どのを別にかこひ置。すがをいかやうにも身上の立やうにいたし。つかはせしうへ

にて。お松どのを本妻と定め申べしと申せば。いかやう共よきにはからふべし。

すがか母親世を渡る種をねがはゞ。その筋の官人に内意をふくめ。いか成

願ひをも叶へ得させん。いざ帰らんと立せ給へば。忠盛御供つかうまつり。白河

まで道すがら。只一度の御たはぶれとは申ながら万一お松殿に御情のたねな

どやどりなば。申てもやんごとなき御胤を。忠盛が忰とせん事。もつたいなしと

つぶやけば。いやとよもしも朕が情の露(?)のかたまりて出生せば。すぐに汝が子

とすべし。這ふほとにも成たらば。ひそかに奏すべし。妹が子の這ふほどに』

成と聞ば。たゞもりたてゝそざてよと。いよ/\ま(?)して生れし子には。人臣の極官

太政大臣迄取たつべしと。天照神を御誓言にいひ給ひ歩ませ給へば忠盛

は有がたしと領掌申祇園の石檀筋を上へと急ぐも。春の夜の明やすき

ならひ。はや暁烏の聲/\に。人や見んとかたほとり成小家に入奉り。忠盛

文書て。白河の御所の御門までつかはせば。御帰院おそしと。左大臣師夏公。心もと

ながりて。未明より院参し。中門に立てうかゞひ居られるが。忠盛の文を取て打うな

づき。蔵人所の出納に仰せ。糸毛の車打かざらせ。御むかひに奉らる。前駈扈

従車列随身内舎人を始として。榻持桟持掛竿持。牛飼童に至る迄。

位袍水干〓をかざらせ。思ひの外成小家によせかけ。君をのせ奉り。忠盛

いかめしくも。御車に引そふて。行列第一と見へけるは。早立身の基と見へたりける

  (三)白拍子の舞は客に扇の手管の品

菱花池邊菽実茂せずとかや。色ある邑のほとりには。堅いものゝ渡世少く。』

六波羅の池のはたの裏がしや借て。表の入り口に小袖かけものと。看板の手さへ

見ぐるしき。竹簀子〓畳半の所へ。古畳四畳。琉球むしろ弐枚。あらむしろ一枚

に。芝居で敷やうなうすい半畳に。極印のあるは。木戸の者にもらひしと見へたる。住

居すがが母親おふきといふ肝煎かゝにて。前かどは専ら奉公人の肝煎で。口銭し

たゝか取てゆたか成くらし成しが。近頃白拍子徘徊を。検非違使の廰より。停

止して吟味つよきゆへ。商賣あがつたりに成てくらしかねたる最中。娘のすが

を平の忠盛妻にくれよとのいひいれに。ちと持直したる身躰竃の下もさびしからぬ

やうに成し〓。忠盛ふかき思案もありての事。行末ためにわるひ事は申さぬ。

當分まづすがとはのき分にて。外に女房を持はつに極めたり。しかれ共おすがと

おふくろの渡世のため思ひ付し事ありとて。母親おふきに訴状もたせて。検

非違使の廰へ出しければ。何か白河の法皇より。御内意ありし事ゆへ。早

速願ひ叶ひて。白拍子枚のかしらに仰付られ。俄に表へ宿がへして。』

[挿絵]

池屋の忠右衛門と男名代をこしらへしは。忠盛のうしろ見ゆへ也。白拍子を

方々へ舞しにつかはす事。まことに春宵一刻價千金もいとはぬ客あ

れば。秋夜ともに契つて。三百文をいとふ人もあるゆへに。舞に上中下を分

て。中にも仏卉のやうにけつかうし。厨子への納て置さふなを。厨子拍子

と名付。其次は厨子へ入る程にはなけれ共。中金(?)の光りありとて。中拍子

とよび。厨子拍子と中拍子をうけ持にするを。釣瓶拍子といふは。あがりつ

又おろしつに。二だんにつとむるゆへなり。これらは皆嶋千載。和歌の前など

の流儀の内にて。昔よりありふれたる舞手どもなれ共。此たび池屋の

忠兵衛と尋(?)る流は。一趣向かへて。人寄の多きやうにと。物事心やすく

付やうに仕かけたり。惣じて白拍子といふ事は。昔の舞は。笛太皷打

揃へて。舞せけるに。いつの頃よりかはやし物なしに。素舞にするとて

白拍子と名付たり。それをあまりたひしければとて。少三味線瞽弓』

などをあいしらひ。六分は舞。四分は拍子をいれて。舞せられけるより。白拍

子を轉じて。四六拍子とぞいひける。昼夜の〓ひ。百金の蝋燭は一夜に

たらぬとの噂。此里はじまつてより。めつきりと養歯もはやるとの取沙汰

は。身だしなみする男の多く成しゆへなるべし。豊色(ふんしき)千代野養老とて。三

がなわに名高き日の出のなれもの。廿日も前からいふてやらねば。盃いたゞ

く事もならぬ中に。養老といへる女中は。一たび相見れば。老たるも若

やく心を名によせて。瀧の糸の清き姿にめでゝ。心がけぬ客はなかりけり。

扨も多田の正統行国の宗領。蔵人大夫頼俊は。初に間は豊色とい

へる白拍子になじまれけるが。ふと養老に逢かゝつて。京都在藩も

心にそまず。花の頃はあらし山にいざなひ。紅葉の折は北山に往(?)ひて

武藝も学問もわすれはてたるふるまひ。かよひつめたる揚代に。知行

を書入。累代の家宝共をも失ひ。世の中の義理も作法もすてはてゝ。』

心そらにうかれける折ふし。養老を急に受出す。大盡ありと聞て。むつとして

きたるまゝ。達脇ばさみいつもゆく。唐獅子屋といふ宿へずつとはいれば。

花奢も仲居も。是は頼俊様けしからぬ御顔色と。おどろけはけしからぬ所

ではあるまひか。養老はどこへやら。身受するとの取沙汰。是の亭主夫婦が

しらぬといふ事は有まひに。なぜ文で成ともしらしてはくれぬ。第一にくいは養

老めが心底。是見やれ七枚つきの起請。あいつに直にあふてつらへぶち

つけねば腹が居ぬ。よびにやつたとよもや風をくらふて来はせまひ。舞

宿へいて引ずり出して存分にせねばおかぬ。とかけ出るを。仲居娘すがり

付て。マアおせきなされますな。則養老様は是へ来てゞござります。此間

より去お客にあひそめ川。ふかひといふはなみ大てい。今日うけ出してお帰

なさるゝとて。先ほど手前の旦那とおやかたと。手を打てお金も渡り

ましたれば。おつしやつても埒のあかぬ事。さらりとめづらしう。外のお物』

すきとすゝむれば。頼俊半分はうつゝのやうに成て。こゝにおるとは幸/\。

むさい腹わた引出して見せふと奥へ行を。申/\お客様もござるにとと

むるを。けとばしおも座敷へかけ通り。ふすまをさつと明れば。養老はおどろかぬ

躰にて火燵にもたれ長哥うたふて。三味線はなさず。客といふは出家と

見へて。つゐたてに袈裟かけおき。顔をそむけてたばこのんでゐるを。ハテ

なめ過たやつらかなと。遠慮なしに養老がむなぐら取て、せきにせいて

きしよくをすれば。コリヤより様か。ぎやうさんな何事でござんすと。せかぬ

風情。客と見えし出家ふり返りて。頼俊がそばへつつとより。コレ爰な侍

畜生人でなしの道しらず。こなたは何ことうつかりとしていさつしやるゝぞ。多

田の家はこなたが相續して。源家普代の武士は。こと%\くこなたを

本家とあふぐ筈なれども。色にまよひ武道を忘れ。御先祖の恩を

思はつしやれぬゆへ。思ひつくものすくなく。情なやこなたの伯父十郎殿の』

子息与八郎といふ佞悪人。我こそ宗領家なりと。近邊をあざむき。

こなたの家督をも。うばひとらんとたくめ共。嫡流のこなたをさし置ては。

たれかしたがふ物部尾輿なきゆへ。にはかに家人をいつはりこしらへ。鋤鍬取ては人

にはまけまじけれ共。太刀かたなを抜事は。夢にも見た事のない土百

姓どもを取立。つゐに満仲公頼光朝臣の時分には。聞ぬ苗字の侍

共を〓。鉄床の平二といふ山こかしを。渡辺綱が子孫と名のらせ。人形

賣に仕立て。白河の法皇様へ。こなたの事を讒言せしお聞傳ふ。かく申す

玄晋坊は。恩先祖満中公につかへし。浦邊の季猛に四代の末孫。出家

と成てはくらせ共。氏素姓は忘れぬに。あけくれ養老が色になづみ。多田

の本領を与八郎にうばゝれ給はん悲しさよと。さめ%\と泣れけば。頼俊

猶いかりやまず。さほどにまことをたつる玄晋坊。出家の身にて養老

をうけ出すとは。其方こそ道しらずとあれば。玄晋坊大の眼を』

見ひらき。是成養老といふ女。二軒茶屋の松といふ仲居の妹。まつは白河の

法皇のゑいりよにかなひ。祇園女御とあふがるゝ筈の所に。思ひの外平の忠盛

にくだされて。懐妊ときく。腹の内成子は。白河の法皇の御子とも忠もりの子共

定らぬ風説。忠盛は此女縁によつて。近日昇殿をもゆるされ。高官にのぼる

べきにきはまるときく。然れば平家は日々さかゆべきなんに。源氏の大将達。

為義仲政頼政をはじめて。いまだ四位の上に出ず。女の縁によつて。立身を

のぞむ忠盛。武士の本意とは。此玄晋は存ぜぬ。つゐには朝家の仇とも

成べきは平家なりと。見付たる所あれば。何とぞこなたが武道をはげみ。

平家おこらば是を討て。朝廷への忠勤とせんとの心はなく。養老に身をゆだ

ねかるゝは何事ぞや。すはといはん時。忠盛と相聟とよばれ。女縁にひつは

られて。いよ/\武氣をけがすつもりか。かれ是を思ひめぐらし。僧に似合ぬ遊

興をもよほし。養老をうけ出し。こなたの通路もないやうにせん思案し。』

當分のいてたもるが。頼俊立身のためじやと。ことをわけていふたれば。道理に

伏して。おために成事ならば。うけかふゆへ請出して。実の兄かなとこの平二へ渡して仕廻ふ

了簡と。前後つぶさに申さるれば。頼俊大きにおどろきたるけしきにて。若村や

の松は。養老が姉といふ事も。鉄床の平二といふ者のある事も。かねて養老

が咄で知つてゐれ共。お松を忠盛に下されし事は今が聞はじめ。殊に平二が人形賣

と成渡辺の綱が子孫といつはり。身共が事を讒言せしとの事。妹の養老にち

ぎる某なれ共。ひいきこそする筈成に。同じ妹ながらお松に頼れ。平家への忠義

だてか。又は多田の与八郎に頼れて。身を亡さんとか。何にもせよ養老兄が手へ帰らば。

平二が心底を見届。其方兄共姉共ひとつでないとの証拠の立やうにすべしとの詞ニ。養

老泪ながら。兄平二殿の口から。おまへの事讒言せられしと不審ながら。いかにも身儘ニ

成なば。兄方へ帰て。実否をさぐり注進いたし候べしと。つかへなでおろしていへば。頼俊。

萬事を玄晋にまかせて。いとまごひして帰られける     一之巻終』

;忠盛祇園桜(たゞもりぎをんざくら)                二之巻

    目録

第一    鍛冶屋の槌の音は名高い銘の物

     妹の恨みを聞のつよひ家老の勢

     ふすまをへだつる兄弟の疑ひは

     さらりと打明る巧の底ごゝろ

第二    金銀を借座敷人品を作り髭の男

     大名つきあひにたらぬ小判は何と千両

     つゝむにつゝまれぬ養老がおもひど

     きるにきられぬきづなを頼憲が迷ひ

第三    産の紐を徳のついた平家の果報

     大矢の光武が氏吟味に腹を立切

     書院の襖はりつめて引張渡辺が

     迯口聞所は四天王の行すゑ

  (一)鍛冶屋の槌の音は名高い銘の物

上代湯を探て万姓を分しより。万多親王の新撰姓氏録を始

として。諸家の系譜傳へて夥し。然れど共系圖は先祖本領の遺紀にし

て。子孫弄翫の〓にはあらず。それ人は五世にして系謁るといふて。五

代このかたに武門の名なければ。いか程勇士名将の裔にても。土民

にして先祖をいひ立る程。不孝を天下に披露するがごとし。爰に

多田の行国。嫡男源の頼俊在京して。禁裏参番の隙%\には。

養老が色になづみ。国方より家人等のぼりても。そこ/\なるあいし

らいして。あつたら隙を田舎ばなし聞んよりは。茶一ふくのむ間も。た

のしんだがよいと。出て行やうな身持にて。につとりと詞もかけぬを恨て。

はなれ心に成たる侍共。多く成たる所を見こんで。従弟多田の』

頼憲逆心を企て。此つゐへに乗て。何とぞ頼俊を亡し。所領をも系圖

をもうばひとらんと思へ共。頼憲が父。多田の十郎蔵人は。行国の弟ながら。

佞奸ふかき男なりとて。兄行国勘當して置れしゆへ。一門は申に及ばず。

家臣出入のもの迄路にあふても。物いふ者もなきくらゐゆへ。頼憲世渡

の種なく難波津に出て。鉄商賣する家に。手代奉公し。主人の金銀

をまぎらしたるとて。獄屋の住居までしたれ共。命をとらるゝ程の事に

は及ばず。追はらはれ。かくしおふせたる金子を以て。かつ%\くらす内に。父

十郎蔵人も果てられ。此時節ならでは。多田の宗領家におしなをる時は

あらじと。鉄やにつとめし時。商せしゆかりにて。念比に成し兼ね床の平二と。

鍛冶屋の少物巧なるをたよりにかたらひ。われ本領の知行をば。其方に三分

一つかはすべし。味方してくれよとたのめば。物にかゝりの癖として。早合点し。家業

とて相槌の詞約束。たつた今打た鍬かたげて手はなす相談。どうで本間の』

源氏侍はつきしたがふまじ。誰成とも金銀さへ出すものあらば。普代の家人と

いふ〓書を偽作してわたし。多田能勢の地はいふに及はず。難波三津の邊迄

新侍を仕立て。大将は頼憲殿。家老は此平二。只今より名を改て。渡辺の

源五兵衛に成。方/\かり催さんといへば。頼のり多きに悦び。それより近在近郷

にて。少有徳にて知恵のたらぬ百姓共をかたらひ。頼俊を亡しなば。知行を

わけあたへんとすゝめ込。入銀取て侍の列にかりくはへしゆへ。元銀弐〓〓の侍も

あれば。三百匁より七十八両迄かゝり合に。筋目を名のらせ。頼俊在京を幸に。

多田を押領しける。巧みの程こそあさましき。然共俄の経営。用金心にまかせ

ねばとて。源五兵衛上京し。三条の大橋詰に大座敷をかり。多田頼憲

家人。渡辺様宿と札を出し。銀主をこかさんとぞ待かけたり。然共頼俊が

小言いふてむつかし。所詮早くかたづけて仕廻んと。人形うりに様をかへ。祇園

の社内にて。わざと忠盛にとらへられ。頼俊のいひ付と。罪をぬするし故。當分』

[挿絵]

させる御とがめもなかりしか共。白河の法皇の御憤りはゝかりしゆへ。當今は仰

入られ。俄に頼俊を弾正臺にめされて。糺弾きびしく似合たる放埒の身持。

中/\禁廷守護の列にはそなはりがたしとて。官職をはがれ。禁中出仕をも

とゞめられしに。法皇の御名立ん事をはゝかりて。渡辺が人形うるになりし御

吟味も少もなく。ふ行跡と斗なれば。頼俊せんかたなく。蟄居しけるに間も

なく従弟頼のりを召出され。多田の本領をぞ下されける。是によつて用金

いよ/\急に成て。源五兵衛心をくだく折節。表より物まうといふは女の聲に

て。たそと下部が出れば。まつ白な綿帽子にて顔をふかくつゝみ。アラ難波か

らのぼつてゐさんす。鉄床の平二さんは是でござんすかといへば。下部ども

イヤこゝは渡辺の源五兵衛借座敷といひ捨てはいらんとするを。ヲヽそれ/\

今は源五兵衛様とやらいふげな。妹のみのでござんすと。ちよつといひてくだん

せといふに。妹といふ聲におどろき。めつたに腰をかゞめて。畏りましてござり』

まする。暫くお待あそばしませいと。いんぎんにいふて奥へ通すれば。源五兵衛

不審そふに。ハテ扨心得かたい。今時分妹より来る筈はない。もし渡辺といふ

名に取付て。伯母ではないかといへば。若い女中といふに。何にもせよこちらへ通せ

といひ付。内玄関より居間へ通せば。綿ぼうし取て恥かしげに。兄様久し

うござんすとなめたあいさつ。源五兵衛も家来の手前きのどくがり。用があ

らば手をたゝかふと。合のふすまたて切。ようおじやつたのふ去ながら。自由

には来にくひはづじやと。心もとながれば。妹は涙ぐみ。とゝ様やかゝさまの死なんし

てから。筑後で新田をひらくの。又は木曽川へ舟をいるれば。千〓両もうける

のと。なりもせぬ事をいひたて。人もたをし我もたをれて。世間からは山こかしでは

なふて川こかしじやとの悪説。惣領の加太郎さんは。めつたのみの酒が過てお果

なされ。まん/\悔てもかへらぬ事。吹革へ焼炭もはかり買して。身上跡へも先へ

もゆかぬ最中。こなさんは行衛もしれぬ後家とふづくつて。長町にかこひ置』

女房の名前で。呉服買がゝり質に入ての。今日の身過その中に聞ぬ氣な

ごふくやが有て。買山師じやといひあがり。すでに牢に入らんす筈と聞て。有に

もあられずあまり悲しく。肝煎たのんで京へ身を賣。いとしや姉のお松さまは。

二軒茶やのとうふ焼に成ての苦労。客にあげられ二軒茶やへつきあひに

行時は。ひそかにあふて目でしらせ。涙をつゝむ兄弟中。皆こなさんの山事に

かゝらんした故じやないかゑ。それにマア此やうに立身し。けつかうな侍に成ながら。

人ひとりおこしもせず。たよりもさんせぬむごい心と。うらむるわしが無理かいな

と。渡部がひざに取ついて。しばしかこちてくどきしが。扨こよひ参りしは。さる念

比な客に見身請はせられたれ共。本妻の悋気つよく。隙をもらふてもどりました

と語れば。さしもの源五兵衛道理につめられ。返答なく。ヲヽ道理/\去ながら。

立身したには段々わけの有事。口でいふたばかりはうたがひがのこらうと。

仏段より位牌二つ取出して。コリヤ妹。父弥陀兵衛様法名は薫水禅定門一生』

物いみつよく。四の字きらひにて芝居見に〓りたいといへば。よばいの事かといわれし

程に。物事氣にかける生れつきなれ共。元日早々頓死なされめでたくひきし。七五

なわの下から葬礼を出したるを。兄貴嘉太郎殿。おやぢ殿死なれうならば。常

の時には死なれいでと。めつたに氣にかけぎゑんなをしといふて。熱燗#の酒を引かけ

/\めされしが。物いまひが鼻のさきにのぼつて。いとしや紅鼻瘤といふ病を煩ひて。正

月の十五日に往生めされ。法名を常酔信士といふ。此二つのいはいの前でいふからは

みぢんいつはりはないと思ふて。よくきけとひざを立なをし。多田の本家頼俊を追

こみ。流浪してゐらるゝよりのり様を取立て。知行をうばひとらせ。すでに本望

は達したれ共。用金に手づかへ中/\そなたを受出す所へはゆかぬ。其上に一向

うけだせば各別。つとめさせて置ながら。便した時は多田の頼憲の執権渡

部源五兵衛こそ。妹に遊女を持てゐるといわれては。主君の恥と見合せて

ゐた内。聞やつたかしらぬが幸だは。姉お松忝くも白河法皇様の思ひ者と』

成て。今は祇園女御とあふがるゝに。そなた迄隙取て帰たは。仕合せのかさなる時

節でかなあらう。きづかひしやんな。今では大名の家老の妹なれば。いか成大身の所

へもよめらせて。今迄のうさを忘れさせんと口にはいへ共。心は用金不足の

たゞなかへ帰たこそ幸なれ。過分の金子に賣てやらばやの心だくみぞおそ

ろしき。お見のは聞てわしも里では養老といふて。いかにも全盛した事も

ござんすゆへ。あれこれふかふなじみし客も多き中に。そのたつた今いはんした多

田の頼俊様は。たがひにうき名の立ほどあふた中なれ共。今は豊色といふ女

郎にあはんすゆへ。わしが方からも心がのいて。水くさふ成しに。ある町人衆に請

出されて此やうに帰るからは。兄様かはゆがつてくだんせ。シテまあおまへは子共

の時から仕事場もなをつて。チツヤラコの灰だらけな顔して。ほんのうぢやの二

蔵であつたが。あつの間にやらのぶとひ氣にならんして。与八郎様とやらに味方

して。家老にならんしたとはうれしけれ共。渡邊の綱の子孫おは。とゝさまや』

かゝ様のいさんした時には。夢にもきかぬ事じやに。マアひよつといつはりじやとしれ

時はと。思ひやりがせられますといへば。源五兵衛妹が口に手をあて。アヽ音がたかひ。

次の間へもたれては一大事。惣じて身共にかぎらず。与八郎殿につきしたがふ家人

古系圖あるものひとりもなし。よいかけんに拵て。煤をぬり古き系圖と立て。

家々をこしらへすでに朝廷への出しはれて。家筋どもを申上置たれば。今本家

の頼俊ならびに。正統の家人どもいかやうに申出る共。後様?に成て。此方が勝に

窮つたりといふを。お見のかさねてソンでもおまへは朝廷へめされて。多田家の故

実武門の旧儀を御尋の時は。何となさるゝと問れて。サアそこがそれが本

名鉄床の平二じや。鉄床へ打付けた合槌よいかげんに打ておくといふ所へ。与

八郎様の御成と。表の方より告しらすに。両人おどろき出むかはんとする

所へ。急にあいたさに襖ひらかせて入〓れば源五兵衛妹のみのも手をついてこそ

ゐたりけ

  (二)金銀をかり座敷人品を作り髭の男』

多田の与八郎頼憲座に直り。源五兵衛此間は段/\の心づかひ申べきやうもない

過分/\。そなたの働にて。従弟頼俊をぼいこみ。今度身が大名に成し事。

ひとへにそなたの工夫ひとつと存れば。此恩は忘れ申さぬといへば。是は/\もつ

たいない御意にあづかりましてござります。かやうに御立身あそばすと申す

事は。まつたく御運のいたる所と存じたてまつりますと申上るをも。よそに

聞なし。与八郎はお見のが艶顔に見とれ。サテ〓見事と心で心をもやつかし。めき

/\とほれけが来て。めつたにしりめづかひするいやらしさ。源五兵衛は何の心も

つかず。是におりまするは。私が妹みのと申すものでござりまするが。難儀

のみぎり白拍子にうつりかはし。養老とてつとめいたしまかりありしを。子細有

て取もどしぬ憚ながら。おめ見へいたさせたきといへば。与八郎は小首かたふけ。

たまひ余念なく。ムヽ聞及し養老とはそなたの妹か。身がいとことはいひな

がら。たわけの頼俊と。ふかくいひかはせしと聞しが。あふたるは今がはじめ』

頼俊が腰ぬかしたも無理とは思はれぬ。世にない馬鹿ものゝ頼俊と。今に

くさりゐる心かといへば。はづかしながら。兄源五兵衛ために御主様なれば。

わしが為にも則お主様と存ますれば。しんぞいつはりは申上ませぬ。俊さま

とはとんとのいて俊様は今外にさく花がござんすと聞て。与八郎ムヽそれは

上分別。時めく方に思はるゝが知恵といふものと。我心をさとれかしのあいさ

つ。一言のしたにのみ込。すいも甘いもしりぬいてゐる白拍子なれば。よいか

げんにあいしらふて。御用の御相談もあらふに。マア/\わしがやうなうつかり

として居た。ゆるりとおあそひあそばしませいと。一間へ入るを。与八郎残

おゝげに。是/\といへばわざと聞ぬ体にて。奥の方へ入ければ。源五兵衛ハテ

頼憲様のめすに。無礼なやつかな。したが無礼を身過にしてくらせしくせ

なれども。しかるがこつちの無理じやとつぶやきながら。四方を見まはし。扨

仰付られました。御用金の事様/\に才覚いたしても。時節あしくとゝのひ』

がたきゆへに。當年の御知行米を引あてに。七百両はこしらへましたが。残て

三百両なければ。仰付られし千両の都合にあはず。今朝からも種々心づ

かひいたしまかりありしといへば。お見のは次へ引こむていにて。ふすまごしに

耳をおしあて様子いかゞとうかゞひける。それともしらず与八郎は小聲に

成て。頼俊はおいこみたれ共。それがし在京の大名衆へ仲間入のふるまひ

料千両を出さねば。出仕の時つき合あしきと聞くゆへ。そなたを頼み

置たるに。七百両迄はまづ調ひと申べきやう段もないはたらきと存る。

しかし今三百両の不足は。ハテ何とかなせんと。しばらくほうづへついて思案

のていを見て。源五兵衛申シ。さいぜんおめ見へいたせし妹のみのめが器量

眉面十人なみにも生れついてござれば。此たびの御用金の不足に。かれ

めをつきたてゝ。三百両の才覚をいふをふすまごしに聞てゐる。心づかひ

ぞせつなけれ。与八郎いふやう。シテ又アノ妹をつきたてゝ三百両とは。何』

として才覚と皆まできかす。ま一度つとめさせまする。ソレは不便なといふ

を。ハテ小氣な事おつしやる。煮てくはふが炊てくはふが。此源五兵衛次第の

女。いやとぬかしてもおうとぬかしても。一生つとめづめに年なしの證文おや判は。

この源五兵衛傾城町へつき出しに賣てやらば。がらり三百両は慥と存ると

いふを。イヤ/\それはちか頃心ざしはうれしけれども。見在そなたの妹をうらせて。

身が立身の便にはいたしにくいとうけがはぬ時。ふすまのあなたには。何と

成事にやと。爰を大事と聞耳するこそ断なれ。源五兵衛さゝやいて

いふは。きやつは私の真実の妹にあらず。私の親弥陀兵衛が兄に。大鍬

梶右衛門と申す角力取ありて。私のためには指あたつて。伯父にまがひは

なけれ共。方/\へ関取にありきて。金子弐百両たくはへしを。私米市

にかゝりて思の外損をしたる時。其金子をかして給はれと。無心せしが

ども。同心なきゆへ毒酒をもつて命を取り。世間へは病死と沙汰いたし』

て。其跡式をも此方へ取込。一人の娘アノお見のがまだ乳のみ子にて。

母おやにもはなれ。孤と成しを。親共にのみこませて。今日お今迄

ほんの妹と思はせて置しは。白拍子にうつて骨おらぬ小判あたゝまる

ための。此源五兵衛が兄だけに慈悲でごされば。もとつだこそ天のあたへ

なれ。粉にはたいても外からいひぶんのないからだといふを。お見のは聞て。

扨も/\も今迄はほんの兄様としやとばかり思ふてくらしたに。さてはわがほん

のとゝ様は。アノ源五兵衛が殺したか。ヱヽ無念やなと。あつい涙をこぼして

今更打にもうたれぬ。おもてむきの兄弟ともだへ悲しむぞ。あはれなる

与八郎ははじめ一目見しより身ふしのなへるほど。のぼりつめたる恋の山

路例の悪性に。大切の入用もほとんどわすれはてゝ。成程そなたの

いやる通り。あの女を金にしたらば三百両は氣づかひけのない事なれども。

ヨウ思ふて見やれ。めざしにしたる白魚を。水にもどしてふたゝび料理に』

つかふやうな物にて。二度の花はさけ共。もとの苦海へしづむ道理。そのうへ

そなたが親判で。奉公に出した時は。渡部の苗字に似合ぬと。どふ外へもれまい物でも

ない。こゝは身がふかい思案がある。アノ女を身が方へ引取。表ぬき女房とたてをき。

在京の諸大名は申すに及ばず。出入の町人出家にいたるまで。念比にもてなし。酒

など出して。妻へもお近づきにいたし申さんと。引合せて随分奥へ通して。酒宴

を催し少々の事は見のがしにいたして。折にふれては急用ありと。身どもは他

行いたし。妻に馳走さする分にて。つゝもたせを仕かけ。いくたりともなく。

首代に金銀をとらば。賣たよりは増成べし。何と此思案はと。邪智をふるふ

てのべければ。是は日本一の上思案。三百両は扨置。千万両もとゝのふ道理。

何を申ても頼俊事。一たんは私の舌さきにかけてぼい込しか共。浦部入道

玄晋坊が一黨。付そひゐれば。いかゞ成てだてをかめぐらすべき。とかく此節の

はかりことは。金銀をまきちらして。内縁に取つき給はねばならぬ折なれは。』

少もゆだん有べからずとしめし合せ。扨おみの/\としきりによびたつれば。何事も

聞ぬていにて立出。アヽひとねいりいたしまして。風かなひいたさふなと。こほん/\と

せくかはゆらしさ。与八郎てんとたまりかね。そばへよりて。ちと子細ありてそもじ

は此頼憲が方へ同道いたす筈に成しぞ。まことに一樹の陰一河のながれを

汲も。他生の縁。いはんや朝夕はなつき合せて。一所にゐるやうに成しは。たいていの

事ではない。家来共に身がのり物を庭までかきいれよとあれば。マア待てくだ

さんせ。なぜになれば。おまへのおいとこ様の頼俊様とわがみふかい中と申す事は。

源氏の大将様方はいふに及はず。在京の武士がた誰しらぬ人はないに。おまへの

所へゆかれふ物かゆかれまい物か。大かた思ふても見てくださんせと。ひんとしてうけ

ねば。ソリヤ詞がちがふた。最前身共が根をおして聞たれば。今は頼俊と縁

をきり。すなはち頼俊も他に思ひものをこしらへたるといわなんだかと。理

窟づめにせられて。アヽそれでもと返答にこつもり?はてゝ。うぢ/\するを源五兵衛』

気色して。妹を大切に思へばこそ。与八郎様へも願ふといへ。世にすてられし大

たわけの頼俊に。心中たてゝ現在の兄が慈悲を何共思はぬからは。只一打と刀取

まはせば。お見のより与八郎が。きや/\思ひて。是/\早まつた事してたもんな。

お見のも大かた合点さふなととゞむれ共。所詮性根のしれぬ妹め。刀よごしに

切べき様もなし。与八郎様へゆかずば。傾城に賣てやるが。二つにひとつの返事

きかんと。のつひきさせぬせりつめやう。あ見のもせんかた涙ぐみ。胸をいた

めて居る所へ。玄関番の物共より取次をもつて。平の忠盛からの使

とて。當春白河の法皇様より拙者に仰付られて。かこひ置れし祇園女

御。本名はお松の方。只今産の氣がつきましてござる。兄ごの事じや程ニ

よびまして下されいと。おまつの方の願ひゆへ。あむかひに参りました。御安

産祝のため白拍子に出てござるお妹ごも請出し。御同道がならずは跡

から成とも。御越なさるゝやうにとの儀にて。金子三百両持参と指出せば。』

源五兵衛もうれしき顔色。まづ是で御用金は都合いたすと悦べは。

お見のは。お松のかたへよばるゝうれしさ。鬼一口をのがれし心も。はや薬もとゞ

かぬ病人に。氣つけをのませて。しばらく息をつなぐ心持なれば。与八

郎はヱヽ此金がこずは。お見のをつれて帰らふ物をと。舌つゞみ打てぼや

けども。さすが源五兵衛にも。わがほれてゐる心あかされず。いんぎんごかし

なる。文をそへ高蒔絵の文箱に入たる。薬代つゝみ紙は大奉書に

て。中に正味のすくないを明たる心地して。ためいきつゐていたりける

  (三)産の紐を徳の付た平家の住居

古史を閲するに。妊婦腹帯をする事は。神功皇后に始るとかや。歴

/\の家には。五月めを着帯の祝月と定め。白帯紅帯のわかちをたて。

賀筵を開く事なるに。祇園女御お松の方着帯の月より。ひそ

かに法皇へ申上しかば。男子女子を撰らはず。忠盛が子として養ふべし。』

との御内意忝く。十ヶ月の満るにしたがひ。産の気つきしかば。忠盛是

をいたはり。医者は侍医丹波の忠守を。院の御所よりつけ置せ給ひ。お

松の方の舎兄とて。渡部源五兵衛同じく妹のお見の来りて。手に汗

にぎり。海馬子安貝。地蔵の帯をはじめとして。催生の用意用る迄に

及ばす。やす/\と平産あり初聲めでたく。忠盛やがていだきあげ。是こ

そ我子には下さるれ共。実は院の子/\と愛し。玉を翫ぶ心地して。悦びの

あつまり内縁について。男子のよし奏しければ法皇なゝめならずお

ぼしめし。ひそかに宸翰をそめて。清盛と名を下されけるも。清水

詣に見そめ給ひし女のうみたる子なればとて。清水の清の字に忠盛の

盛の字をそへて。賜りし名とぞ聞へし。此子生れ出るより。自

然と英才あつて。七夜の内より種々の奇特現じ老先たのもし

くぞ見へける。平の忠盛が子とする事。家をおこすの種と。昼夜』

産屋につきそひて他出せず。丹波の忠守も。院宣おもければ。外の

療治をやめて。とまりづめの解放。上下にぎ/\しくぞ見えにける。爰

すに?多田の頼俊の家の子に大矢の五郎光武といふものあり。折

/\浦部の入道玄晋とよりあひては。頼俊のふ行迹をなげき。其

うへ平の忠盛へ白河の法皇の御胤なる男子を下されしと聞つ

きさあれば平家は日/\繁昌して。源氏のため心ぐるしき事多

かるべし。人しれず忠盛を討てすてばやとしめしあはせければ。玄晋

坊もいか様頼俊殿の。今の行ひにては。中/\平家をしづめ。源家の繁

昌をはかり給ふ志はおぼつかなし。所詮頼俊殿身持なをるまでの

内に。忠盛十分の立身しては事むつかし。且又頼俊殿の仇となりし

与八郎頼憲の家人渡部源五兵衛は。指當つて忠盛の小舅と聞ば。

いよ/\忠盛が世に出る事。頼俊殿のため宜しかるまじ。出家のすゝめ』

にくひ事なれ共。忠義にはかへがたし。其方すみやかに忠盛を闇討にせらる

べし。申迄はなけれ共。人しれぬやうにはかられよと同心しけれは。光武悦

び内具足かためて。表衣は羽織大小何の気もなきふりにて。忠盛

が屋敷へしかけ。玄関よりいひ入て。忠盛様へ御めにかゝりたいと申入ながら。

見まはすに伊勢からのぼりたてに。かりし座敷を近頃の仕あはせにて

ぢきに買得し。結構に普請せしと聞しかざりとは心のいたる

間取の物ずき見いつてゐれば。しばらくありて家長らしき侍立

出。是へ通られよと。使者の間と見ゆるところへまねけば。サアしてやつたと

鯉口きつろげて。式臺を左へあがりて座につく時。てまへは新?の三郎

大夫家貞と申す者にて。忠盛口真似をも仕るものでござるが。見

ますれば旅がけの体袴も着せられず。いづれから御出でござるぞ忠

盛儀はお聞及もござらふ忝くも白河法皇様の御意に入次第』

[挿絵]

に立身いたし。只今法皇様へ申上度事は。忠盛でなければ。濟ぬとて。公家

武家門前に市をなし申す事でござる。そのうへ祇園女御とて。やんごとなき

女中を忠盛へ下されしか共。産迄は大切な皇子を懐妊なれば。夫婦

にも成がたく。前の通假御殿に置申。此ごろ平産皇子にて御産

あるよい。法皇へ申上しにすぐに忠盛へ下さるゝとの御事。かやうに

法皇の腰を打ぬいて居申す主人忠盛なれば。ソレハ/\諸方から

もちせいて手前などかやうな家老役の者も。大躰の仕込では願ひ

事も取持申さぬ。定て其許にも。何ぞ願ひある身にて。旦那へあ

いたいの事成べし。旦那事は此間祇園女御の産屋へ引こして参られ

七夜が間は此座敷へ帰られぬが。今日は七夜の終ゆへ。帰らるゝ筈

でごさる。しばらく待れよ。手前儀も遠慮いたして。今日迄は御産

屋へ悦びに参らね共。もはや忠盛妻にきはまつた上。皇子ながら』

忠盛子にくださるゝうへは。悦びに参れと忠盛方より申ござれて。

只今参る所でござる。是にゆるりと居めされと。主人の権をわが鼻に

あてゝ頼む事あらば。ひとつゝみ持て来いといふ事を底意にふくませたるあ

いさつ。光武おかしけれ共。それはいかい御苦労でござります。私事ははるか

遠国の郷侍でござりまするが。田地のさかいめについて。地頭わがまゝを

申さるゝゆへ忠盛様をお頼申。法皇様よりおしかりなされて下さるゝ様

にいたしたく。御玄関迄参りし也。宜しく御取成頼入ると。家貞が口上

の底意をくんで。はな紙いれより金五百疋出し。ふところにて紙をひん

ねぢ。是は近頃はづかしけれ共。御自分様へはじめて。めにかゝりし御祝義

までと指出すを。イヤ/\大切な役義つとむる拙者。申請ては旦那手前

が立ませぬ。ハテ御肴代でござれば。う受なされて下されませい。イヤ

もどしませう。是はいかなる事いたしかたもござらふ事なれ共急な事』

ゆへ。あなどりかましけれ共。心ざしばかりでござります。忠盛様へ御めにかゝ

りしうへは。又急度御礼申上ませうといへば。しからば急度取持ませふと。

一包を取込。刀さげて出行けり。大矢の五郎光武は。サア念願の通り

忠盛にちかづき指殺し主君頼俊殿のために。わがみも腹きらんと

世にうれしく思ひたゞひとり玄関にたばこ盆よせて。待うけながらつ

ら/\思ふやう。人しれず闇討にせばやと思ひしか共。忠盛威勢つよ

く。中/\そばあたりへよりつかれぬ様子なれば。闇討は思ひよるべからす。

一向座敷勝負に打はたせばやと思ふて。是迄は来りしが。討おふせて

も生てはかへられまじ。それは望む所なれ共。それがしが死骸を見て。是は

多田の頼俊が家人大矢光武じやといはれては。主君のためもいかゞならん。

ハテ血氣にまかせぼつ/\ときかゝつて。きのどくは此一つ。何にもせよ忠盛に

近づき。つらを見しり置て後の沙汰にすべきや。イヤ/\是迄仕おふせて。』

此場をひくは誠に宝の山に入て。手をむなしうするに似たり。とびかゝつ

て一刀にせんやと。とつつおいつ?工夫してゐる最中。式臺さきより物も

うといふ聲しければ。式臺番出てどなたといふに。イヤ手前は聞及もめされう。

忠盛公とは慮外ながら内縁あるもの。渡邊といふを聞て。源五兵衛様でござりま

すか。是は/\と土で庭はくはおろか。碓で障子はく斗にあはてゝ。御客とあしらふ

はお松が兄と聞及びしゆへ也。是/\さのみさはがれな。此間は妹お松かたに逗留。

忠盛公へはゆる/\昼夜お目にかゝつた。今日にて七夜もあくゆへ。是に斗では

氣がつきなん。ちと本宅へも参れ。追付忠盛公も是へ御帰有べしとの事

といへば。しからばまづ座敷へ御通りあそばしませいといふに。渡部は供の物共を

かへし。玄関をあがり書院の方へ通らんとするを。最前より大矢の光貞。名斗

聞てちゐに見ざりしが。扨は鍛冶やの二才めが。与八郎に頼れて。渡邊と名乗

はきやつが事かなと。我願ひを忘れ。むつとするまゝに詞をかけて。お侍ちと』

お待なされといふに。ハテ見しらぬ人じやがと立とまり。手前の事でござるか何事で

ござるといへば。外の事ではござらぬ。只今承れば。御自分には渡部の源五兵衛殿

とな。御国もとはどこでござるととはれ。ハテ合点のゆかぬ。身が国を聞て何にめ

さるゝ。したがとはれて答ねば。筋目がしれぬやうではいかゞじや。しらずは耳の

垢をよく取て聞れよ。遠きものは音にもきく。ちかきものは目にもみん。源氏の

大将頼光の四天王とよばれし。その随一。嵯峨天皇の末葉にて。羅生門

にて鬼の腕を切し。渡部の綱が嫡流。渡部源五兵衛といふて。多田侍じやが何としたいへば。アヽ左程に承り及しゆへ。御尋申でござる。手前共はほんの遠国

者の物しらぬ耳にさへ。多田侍と申事は。満仲公多田へ御隠居なされ。其時

つきしたがひて行し侍の子孫と承る。渡部は多田へはついてゆかれなんだと承。

ナゼになれば。頼光について都に残りしか共。頼光の家とくは御舎弟頼信へ渡し

                                                    [祇二ノ廿八終]

の尉頼綱へ相傳して。頼綱の時、渡部これらの輩は。宗領の多田下野守明国へは

つたへ給はず。二男兵庫頭仲政へゆづり給ひしゆへ。仲政宵政親子の御内に。渡

部黨は奉公せり。此訳もしらず。多田侍に渡部有とはすまぬ/\。此義が承り

たさにとゝめ申たといへば。源五兵衛大きに腹を立。いはれざる人の筋目だて。すでに

禁裏むき迄達して置し渡部が苗字。其方風情にいふて聞す道理がない。

無礼者とねめつけても。心の内には四天王の内で。名の高いのを撰取にして名乗し

事なれば。返答にこまり果。堪忍袋の緒をしめ。書院の間へぞ通りける。時ニ表

の方より旦那忠盛公には。奥方様より達る御つめゆへ。初夜過迄はござる筈ニ成。

初夜過ひそかにてうちん持。若黨一人にて。忍びの迎との仰付といへば。源五兵衛は

退屈ながら。馳走ニ逢てねころべば。光武は大きにうれしく。夜ニ入無人にて帰れとは

幸の事かな。道に待ぶせして打果さんと思ひ込。しからば明日にても参るべし

と。式臺番に頼置て。祇園さしてぞいそぎける     二之巻終』

[参考]

 --満仲--頼光--頼国--頼綱--明国--行国--頼盛

 |   |                   |-国章

 |   |-頼親                |-頼憲

 |   |                   |-行智

 |   |-頼信--頼義--義家        |-仲国

 |           |-義綱

 |           |-義光

 |-満政

;忠盛祇園桜(たゞもりぎをんざくら)                三之巻

    目録

第一    胞衣に定紋をすへの深い思案

     紫檀の柄に銀の匙接で見れ共

     祖父と孫杓子手盛を喰ふ

     平家のつゝもたせは末代の諺』

第二    親の敵を内輪どしの諍ひ

     両方の挑灯にあかりのたついひわけ

     きゝうでをとらへて吟味する黒丸の刀

     そらさやのある兄の一言かと疑ふ妹心

第三    作り奴が詞に乗て出る馬上の行列

     渡部が死骸におどろく書置の條々

     よみのこんだ老人の智恵は加減

     のよい薬鍋にへかへる白河橋』

  (一)胞衣に定紋をすへの深い思案

摩訶真鶏経にいはく。是闕刄。是亦闕刄と。情の合ふ

ときは。胡越も一屋の内のごとし。扨も多田の頼俊の家人

大矢の五郎光武は。忠盛を闇討にせんと。宵より祇園の

石だんを。北へ半町ばかりさがりて。お松をかこひをかれし。座敷の

方に。目をつけ。あまり待どをさに。高塀のきはへよりて。内の様

子をうかゞへば。忠盛様の御立じや。おてうちんよのり物よとひしめく

音。サア爰ぞとわざとこすみへうづくまりて見るうち。しのびの

帰りとみへて。つゝみのり物。六尺も只二人にて。若黨一人乗

物にひつそひ。ざうり取が直にてうちんさげし。紋所は平家の

相じるし。挙羽の蝶うたがふ所なしと。のり物の跡やさきに成て。』

白河橋へかゝる折ふし。跡先に。往来なきを幸に。とびかゝりてうたん切ておと

せば。やみはあやなく。ヤレ狼藉者とさはぐを。なぐりたてゝ切まはれば。若黨六

尺ざうり取。とり%\にげて跡かたなし。くらさはくらしさぐりまはつて。のり物に

行あたり。サア忠盛のがれぬ所じや。出合て抜合す了簡はないかといへば。今

身がしんでは。法皇御所の御用がかけるゆへ。死ぬる事はまかりならぬといふを。

此期に及で。院の御所に入たるをはなにかけて。何の役に立事ぞ。引

ずり出して打はたすぞと。乗物の戸ぶちはなし。引出さんとする内。はや月

しろ出て。姿も見ゆるに。コハふしぎや腰はふたへに少刀のはみ出し一本指

たる。白髪の老人。コリヤマア此忠盛には。何の遺恨が有て。かやうにはめさるゝ

ぞと。よろぼひ出るに。五郎光武も肝をつぶし。平の忠盛をねらふ者成

に。祇園女御お松の方より出られて。挑灯の紋といひ紛なき忠盛と思ひ。

切かけたるといふを聞て。きこへた/\。又しても忠盛ちがひにはめいわく致す。』

身は丹波の忠守といふ。御側医者。お松の方の産前より。泊りづめの介

抱仰付られ。七夜も濟しゆへ。宿もとへかへる所。平の忠盛よりの送りの挑

灯。ハヽ/\/\取ちがへめさつたも道理/\。コリヤちか頃難儀のいたり。御覧の通り

大老の身にて。一尺もあるかれず。六尺下/\追はらはれたれば。あとへも先も

ゆかれぬといふを。いか様是は手前のぶ調法。去ながら名までひとつといふに

は。はまるまひ物でもない。まづは刀をあて申さぬが。たがひの仕合とすかし

よりて。丹波の忠守がむなぐら取て。氷のごとき刀をおしあて。汝は聞及

し名医と聞。院の御所の御恩をかうふり。お松が懐妊は法皇の御たね

ゆへ。産前産後のりやうぢのため。つけ置れしとの取沙汰。しかればこよひ

何時。平の忠盛はどの道へかへるといふ事知つらめ。有様にいはずんば。相手

をねらふさまたげにも成べきゆへ。一思ひに指殺すと。手込にすれば。イヤサ

手ごめにして殺さるゝとは悲しいとて。いふではおりない。マアその平の忠盛をねらふ』

其方は何ものぞととはれ。どうで殺してしまふ耳へは。いれてからくるしうない

理?。よつく聞くべし。多田源氏の本領蔵人大夫頼俊が家人に。大矢の五郎光武

といふものと聞て。アヽ?扨は光武が我孫成かと。なつかし泪にくるゝを見て。合点

はゆかね共。孫といはれし詞に。をのづからむなぐらをも刀をもはづせば。ヲヽ合点が

ゆくまい。此老人が忰一男は。医博士丹波の忠〓といひしが。早世せし其頃武

将の八幡太郎義家朝臣の指圖にて。多田三河守頼綱の家人大矢の。

光長の次男を養子として。丹波の忠長と改め。娘をめあはせて。二人の

男子を生ず。忠長は死して。兄むすこの権針博士忠持。さし當つてわが跡

つぎとておく。弟むすこの薬師丸三才の時。大矢の光長の宗領。五郎大夫

光遠に男子なくて。所望せられつかはせしは。則ち其方。もとより此方は医薬

を事とし。文章にかゝり。かりにも武氣を用ひぬ家業なれ共。真実の親

に医者ありといふ事を知たらば。武道もおとろへ。さき様の心に叶わぬ事や』

出来ぬらんと。親の慈悲にて通路を切。養子でないと思はせて下されと。

養父へ頼しゆへ。しらぬは断。祖父は孫ゆへにまよふ闇。くらきよりくらきにま

よふ。恩愛のほだしにて。切し通路が今は悔しく。馬にものるか。弓もいるか。軍

学も心がくるかと聞合せば。思ひもよらぬ打拍子舞くらして。武藝におこた

るとの取沙汰。心もとなふてならなんだ。平の忠盛やらぬのがさぬといふて。

てうちん切落し。若黨六尺をぼつちらし手なみ。ヲヽ嬉しやうたがはしくは是見よと。

肌の守りより。紫檀のさじの柄を取出してあてがへば。いかにも覚がござります。

私をそだてし乳母がつねに申ましたは。此さじは柄はなけれ共。おまへのためには

血脉の守りじやと申て。袋をぬふてくびにかけさせて置ましたゆへ。わけはしら

ね共。不断肌ははなしませぬ。様子を乳母にとへど申さずに病死いたしたれは。

聞べき方もなく。今日といふ今日血脉といふた詞がとけましたと。柄をすげ

て見れば。祖父と孫のさじ。すくひあわせし親味の配剤。初ておどろく』

五郎光武。扨は我祖父様かとしたつて拝する斗也。かゝる折ふし下の方よりけはしく

走来るは。慥に女の足音。見付られじと祖父をいたはり背におふて。光武はと

ある木陰にかくるれば。案の如くほうかぶりせし女一人。漸橋ぎはに走つき。懐

より守り刀〓出し。南無あみだぶといふて。自害せんとするを。すかさず光武

走りよりて。コレ女中待れよとだきとむれば。どなたかは存ぜね共と。ふりかへり見て

ヤアおまへは。頼俊様の御家人。大矢の五郎様ではないかいとのいへば。折ふし頼俊の供

して通ひしゆへ。よく見知りて。ヤアこなたは旦那のあはれた養老殿か。ハテサテ是

は/\と両人手を打は。祖父丹波の忠守は。老人ゆへ耳も眼力もうすきゆへ。

コリヤ光武急な所でコリヤ何事ぞ。橋のつめで手を打は。女と米の相場た

てるかと笑へば。そこ所じやござりませぬ。コレこなたは旦那のいひ付で。兄ごの所へ

入こんで。様子をうかゞひ。内通さつしやる筈じやないか。それにけふ迄文一つおこ

さず。聞ば忠盛かたへ引こしてござるとある。扨は兄や姉の縁にひかれ。あつち』

がたにならしやつたと有て。旦那は見かぎりはてゝてござるといへば。サアそこでござんす

おのれやれ何もかも聞ぬいて内通せふと思ふてゐたれ共。文の取かはしはさてをき。

次の間へも出さず。あまつさへ忠盛かたへ産前後から引取て。座敷牢も同じ

住居アタいやらしい。多田の与八郎方へ忠盛が親分に成て仕付ふとの取さたその

上長ふいへばたいていの事ではないが。おつ取てアノ渡部の源五兵衛といふは。わしが兄

ではござんせぬ。親の敵といふには。段々子細ある事。打で叶はぬ敵はえうたず。

頼俊様の内通はゑせぬによつて漸とぬけ出。自害する所でござんす。こゝ

はなして死なしてくださんせと歎けば。尤/\様子を聞てのうへは。頼俊様へは身が

園證人に立て。こなたのおちどにならぬやうにいたさふ。アノ渡部本名は鉄床の

平二が。こなたの親の敵とは。急にはのみこまれぬ事なれ共。敵に極つたらば。そ

れも身がうしろみして。身がうたして進ぜふといへば。ソンナラ何の死にませう。田か

らゆくもあぜからゆくも。頼俊様にそひたい斗でござんすといふ時。丹波の』

忠守あたりを見まはし。最初法皇様お松にお心をかけ給ひし時。何心なく平の忠盛

には身がとりもたせしに。只一度の御出合に。懐妊との沙汰。尤古例をひかば神

の代に瓊々杵尊の御子を。木花開耶姫一夜の内にはらみ給ひ。人皇に至ては

雄略天皇の御子を。春日の童女君一夜の枕に産給ひぬる事。日本書紀に

見へたれば。有まじき事ともいはれね共。何とも合点のゆかぬ事と思ひて。脉

をうかゞふに。法皇のめされしよりは。一月早くはらみたる脉にて。初産ゆへに十

一ヶ月にのびたるを。十月と取て是はまさしく法皇様の御たねとは覚ぬを。平の

忠盛がわがたねをかづけ奉りて。平家を引おこさんとの悪逆と見へたり。

うはべは忠臣に見へて。内心のたくみふかき段。かれは眼脉にて見ぬきをき

たるゆへ。いまだ法皇様へは申上ね共。猶ためしみんため。昼夜介抱を幸に様子

を考るも。ひとへに法皇様の御恩ふかき某なれば。せめての奉公にたゞし

き事を見定め申上たく。今日迄延引せり。産の紐をとくやいなや。更ば』

胞衣を改んと心がけしに。忠盛はやく心得て。胞衣をかくさんため。湯婆といひ

合せて。ふかくかくせしが。おとゝ夜胞衣を箱にして乾の方へ埋めし所を。夜前掘

出してかくし置。今夜は七夜みちぬればとて。罷帰るも此胞衣にすはりたる紋は。

平家の紋なる事を。法皇御所の御覧に入んためと語ば。両人聞てあきれゐる

  (二)親の敵を内輪どしのあらそひ

扨はわが子を法皇様の御たねといつはりて。わが子を立身させ。我も時めかんと

のはかりこと。扨/\にくき心底かなと。大矢の五郎はぎしみすれば。養老はう

ろ/\涙。あの屋敷に今日まで居たれ共。お松どのをはじめとして。奥むきに

ては此沙汰なく。わしとても聞しは今がはじめといへば。それなれば法皇様の

御子に仕たてし事は。お松もしらぬ様子なるかと。橋詰につくばふて。三

人相談する所へ。北の方より挑灯つらせ。りつはに出たちしかまひげの侍。紋

所は三つぼし。扨は親のかたき渡部源五兵衛と。養老身がまへするを。』

先まてと。五郎光武がとゞむる内に。南の方よりも。上下大小に堂/\と出立し

侍。挑灯の紋所は菱に十文字。丹波の忠守見付て。アレハ平の忠盛が家

来新の三郎家貞か。今日初て来りしか。本屋敷へ帰ると見へたり。まづ

こなたへと三人一所に。石かけをおるゝにも老人をたすけえ。腰をおして橋の下

の水なき所にかくれ。息をつめてぞ見合せける。両方の挑灯行ちがふとき。

下部が見知つて。あなたが渡部様でござりまするといへば。是は/\渡部

殿でござりまするか。忠盛が家の執権新の三郎家貞でござる。ムヽ承及

た家貞殿よな。忠盛公の本屋敷にて。只今迄待ましたれ共。御帰り

なきゆへ。遠慮に存じ。妹お松が産屋へむけて帰る所でござる。ハテさて

間ちがふて。是迄はおめにかゝりませなんだ。お名はかねて承りしと。挑灯

のかげにてすかし見。我はうはばみの八兵衛でないかといへは。ソウいへば思ひ

出した。最前からどうやら見知たよふな顔じやがと思ふてゐたれ共。すがたは』

かはつてしかと見定めなんたが。扨はそちは鉄床の平二じやな。おのれを

いけておいては。刀するりと抜て。打かへるをかいくゞつて。つばもと共に右のうでく

びしつかととらへて。はたらかせず両人のやつこ立さはぐを。早まるな遺恨は

八兵衛と身と斗の事じや。かたすみへすつこめ。必けがまくるなとしかりつけ。八兵衛

われは今京に金の口入舞しはゐの手代などして。くらしてゐると聞し故方々

尋たが。しれぬこそ道理なれ。何じや新の三郎大夫家貞じや。扨は忠盛に取立

られたな。よしそれは公卿殿上人に成ても。此方にかまはぬ事。コリヤ此抜た刀は。

尖鋒に桜冒子をきたひつけ。鍔もとより五寸上には。獅子に牡丹を彫て

裏彫は八幡卉とあるは。かくれもない源氏の重宝。爰はなせと右のあし

にてうでをふめば。八兵衛かなはず刀をおとすを。とらんとする所を。上より首筋つ

かんで。おひなげにせんとあせるを心得たりと。つつこんでなげつ。又なげられつ互に

二だんの刀をとらんと。組あふ所は。橋の上両人共にふみはづし。橋より川へざんぶと』

落。水の内にていどみあふは。あやうかりける次第なり。時に橋の下より。養老聲を

かけて。三郎大夫殿とやら。八兵衛殿とやら。世の中の情じや勝負しばし待てくだされ

渡部源五兵衛は。わしが親のかたきじや。人にうたせてはたれを打て。父前霊に

たむけんと。涙ながらにことばをつかへば。どうぞばらしてしまふやつじや。かつてにめ

されといふ聲につゐて。渡部とは當座の作り名。本名は鍛冶やの平二。サアその

方が手にかけて。毒害して殺した梶右衛門が娘。本名は見の。今の名は養老。おやの

かたきやらぬぞといへば。いかにも今まではかくしたれ共。ソウしつたればぜひに及ばぬ。

兄と名のついた身が打るゝならば打て見よと近づくあやうさを。助太刀せんと

うしろにひかへし。大矢の五郎つばもとくつろげ。待かけたり。一太刀二太刀あはすと

見へしが。源五兵衛たまらずくがへあがると。おつつゞいて女もあかり。思ひこんで切込一

太刀に肩さきずはと切さげられ。マア待くれい。手むかひはせぬと。大小

なげ出し、女が後詰はそれなる大矢殿と見かけた。それそこにひかへし。新の三郎』

大夫といふは。うはばみの八兵衛といふ者にて。そいつが抜捨た刀は。源氏の重

宝。黒丸なるぞと詞をかけられ子細は跡にて聞んと。かけあがつて刀に取つくを。

それをとられてはと。五郎大夫がかけつくを取ておさへ。はや縄かけて渡部に近付

ば。丹波の忠守も漸とはひあがり。様子いかゞと見つくらふに。養老はせいて

きて。敵に出合待くれよとは。おくれたるか勝負/\とせり立れば。渡部涙を

はら/\とながし。でかしたり能切たり。是成大矢殿は。頼俊公の御家人なれば。

あなたよりの検使も同前只今此本名平二が最期の一言よく聞て。頼

俊公へ申てたべ。もと私が父弥陀兵衛と申せし者は。頼俊公の御祖父。頼綱公

よりの旗さし成しが。今の頼俊公の御父明國公。摩耶山一陣の御時。俄に

大雷して。雷光あたりをはらふに。両陣それにかゝはらずいどみ戦ふ折節。

生れついての雷ぎらひ。籏をさしながらふしまろび。大切の御旗竿を折し

あやまり。軍中の不吉と其場より御勘気蒙り。所詮武士の家にては。』

食のくはれぬ雷ぎらひと。心で心を取なをし。鍛冶を以て家業をたて親弥

陀兵衛相果申すみぎり。私を枕に近付。身共こそ御主人へふ忠をしたれ。

汝が一生に。何とぞ今の頼俊様へ御奉公に成事をいたし。御勘気御免を

たに蒙らば。千領万領?の御経よりも受てうかまんわが本意と。くれ%\申置れ

そのうへ渡世も多き中に。かぢやを思ひつきし事は。多田の家に傳る黒丸

といふ名釼。いつうせたるともなく行かたしれずとて頼綱公明國公二代の

御かなしみ浅からず。今の頼俊公へもひそかに仰置れたれ共。いづくをせんぎなさ

るべき種もなしといふ事を。末ざまの奉公ながら聞傳へたれば。何とぞ命

を捨ても。鍛冶の術を修錬し。黒丸の代りに成刀を打て奉るべしと。申置

て果てられしに。天の引合せにやありけん。それ成うはばみの八兵衛。いさゝかの縁に

て。ふと尋ね来りて。身はちと由緒ある者成が。此通りお刀を古身の如ニ

打てもらひたし銘ぶりほり物まで。一分もちがはぬやうに頼むとしにて。指てゐたる』

刀を見せけるゆへ抜て見たれば。親弥陀兵衛が申置し黒丸にまちがひなければ。段々

せんぎつめて。手ごめにしたれ共。口惜きは町人の身分。私にもぎ取事も成

がたくて。八兵衛を引立町所へ付届にゆく道にて。八兵衛が同類取まき。大勢にて

かけへだて。刀を取て八兵衛は行がたなく成たり。それよりあらたに代りに成刀を

打んよりは。八兵衛を尋出して。もとの名釼を取出し頼俊公へ奉り。父が勘気

御免をもねがはばやと思ふ折から。くろがねやの手代来りて。われは頼俊が従

弟頼憲といふもの也頼俊をほろぼし。本領を押領ぜんとのたくみをかたるゆへ。

早速一味して。一たんはかれが心のゆるゝため。随分味方せしに。平の忠盛といひ

合せ置たるよしを語りしまゝ。上京して忠盛に近付。忠盛と与八郎が

はかりことの底をたゝかせて。禁裏へ奏聞し。其上にて黒丸の太刀の

ゆくゑも。与八郎にかゝつて吟味せばやと思ひしに。運のつきは親共浪人ふ勝

手のみぎり。妹二人を二軒茶やと白拍子とに。年季の奉公。二軒茶やに』

つとむる松あ。忠盛になじみてふかき中と聞。妹ながらも打明ては大事かたり

がたく。忠盛へ取なしを頼しに。忠盛内證にて。人形うりと成て。頼俊を讒言

せよと頼れ。わざと悪人に成て。頼俊様へてきたいせしに。黒丸をせんぎしいだ

さん斗也といへば。養老かぶりをふつて。いや/\そのいひわけはのみ込がたし。さほど誠

あるそなたが。何としてわしがとゝさんは。毒害して殺さんした。サア此いひわけは何

と/\。人は聞じと思やらうが。与八郎殿への物語。ふすまごしに聞てゐると。つめ

かくるに。丹波の忠守も。いか様あとさきの合ぬやうなれ共。よもや女の手

わざに。切こまるべき様子とは思はざりしに。うけはづして切こまれしも心得

ず。サアありていに申されよと。追取まはしてとひかけしは。のがれかたくぞ見へたりける。

  (二)作り奴が詞にのつて出る馬上の行列

鶏二たびないて。夜やがてうつらんとするまで。議論やゝやむ事なく。大矢

の五郎かぶりをふつて。さほど頼俊様を大切に思ふ其方が。苗字をかへて。多田』

侍と名のり。其外にも与八郎頼憲の家人をたてし。心根はいかにと不審うてば。

いかにも妹が親の敵とねらふやうには。某がいたしたり。そのゆへは。妹お見の今は養

老と名をかへ。頼俊様の御心ふかくかゝりしとて。玄晋坊といふ人。うけ出せしとよそな

がら聞しに。身が方へ来りし事何共合点ゆかず。扨は敵与八郎が家来の妹

なれば。めしをかれがたし。何成共一門でない。道理の功を立て来れと仰付られしゆへ。

某が心をさぐりに来たるものと。早速に見てとり。所詮兄弟でない。敵どしと

いふ事をその方がのぞいてゐるを知て。かげごとのやうにいひしを。誠とおもふは

断なり。かくのごとく一刀にても身共に手を負せたれば。長/\といひわけせいで

も。そちが頼俊公へのいひわけは立べし。黒丸の太刀を取出迄は。大事の命

なれ共。只今爰にて八兵衛をとらへ給ひ。太刀御手に入からは。死んでも親への孝は

たつなれば。頼俊公へ指上られ。親弥陀兵衛が御勘気迄をゆるさせ給ふやうに

御取なし頼み入ると。大矢五郎に會釈して。養老は我真実の妹なれ共。一手』

[挿絵]

おゝせさせて頼俊公への申訳にさせんとわざと敵とは名のりたりと涙をながせば

扨はほんの兄様かひよんな事しましたとしやくりあげてそ泣にけるサアさふ遠

慮するかきのどくさに敵にして討せたは兄の慈悲と聞て。養老はわつと斗

泣より外の事ぞなき又只今おたづねの身共をはじめて頼憲の家人をこしらへ

し事渡部は頼政家へ属し多田にはなき筈を知つてなのり其外頼光君

の御縁者藤原保昌などは一向源家の家人にてはな俗にひとり武

者とて四天王の列にいふゆへ此子孫をはじめて多田にあるまじき筋目の

苗字斗をたてゝすはといふ時は是をもつて与八郎を越度におとし頼俊公を

世に出さんと大き成工夫を持て碎細成事にかゝはらぬ了簡と水を

ながす如くいひのぶればさしもの大矢五郎もはじめて感じ入丹波の守忠守

も横手をうつてぞ居られけるソレ介抱して疵をいたはるべし高で女の切こみし

刀深手とは思はれず頼俊公への願ひ一/\此五郎光武が請取たとうはばみ』

の八兵衛をひざの下に引しき。刀を抜てつきつけ。サア手ぬるいせんぎはせぬ。おの

れたれにたのまれて。此刀はぬすみ出せし。平家のためにはたらきしか有やう

にいはずんば。今がさいごぞとひしぎつくれば。アヘ申ませう/\何をかくしませうぞ。

私が親はうんのみの喜蔵とて。名題の博奕打でござりましたが。仕合を

あしく。多田の御家へ仲間奉公にはいり。ふとしたる出来心にて。御寳蔵へ

忍び入。黄金百両と。手にあたるを幸に。此刀をぬすみ取。金は舞しばゐ

の上貸といふ物に入て。皆にしてしまひ。刀は人に見せたれば。是はたいていの物

ではない。五百両ならば。買ふといふゆへ。それから慾がおこつて。鍛冶屋へかゝり

贋をうたせて。五百両にかづかせうと思ふたれば。思ひの外かぢやの亭主

あれなる平二が。吟味するにあぐみて。かねて念比成わるもの。仲間のも

つてゐる辻にて。はづしてしまひしに。そのゝち親共も相果。此刀を賣て

見れ共。よう思案すれば。どこからとがめの来ふもしれぬ。道具と取敢る』

ものなきゆへ。是非なくこしらへては置ながら。空しくくらせしに。近頃平の

忠盛公の氣に入。家老に迄成たるゆへ。昼夜をはなさず。指てゐるも

与八郎頼憲殿へ。忠盛公のお詞をかつて。うりはなしたい心入也。しかるにか

れに出合存の外の仕合と。有の儘に申せば。しかれば忠盛にたのまれたる

にても。与八郎と味方せしにもあらず。せんぎするに及ぬやつと。首ぶちおとし。

死がいは川へつきはめたり。御聞なさるゝ通。源氏の寳と成。黒丸の釼を

よめ入のみやげと思召。養老が儀頼奉ると。自身にさしぞへぬいて。咽

をゑくれば。是いといづれもあはてとむれば。狂気にあらずだてにあらず。

いかにはかりことなればとて。一日も頼俊公の御敵と成たる罪。いづれの

所にてはらはんや。こゝにて死すれば懺悔に罪ものがるべしとゝ。とゞむるを

用ひずして。ゑぐるゑぐれば。息たへてうゐにはかなく成にける。養老が

うき泪物にたとへんやうもなし。丹波の忠守思案して。是平忠盛を』

打にはよき手だてなりといふ内に。夜は明はなれしゆへ。養老をとある小

家に忍ばせ置。大矢の五郎を下部に仕たて。耳に口よせてさゝやけば。畏りまし

たとかけ出しやがて平の忠盛がとまりゐる。祇園のかり座敷へ行。頼

ませう丹波の忠守が家来でござります。忠守むかひに参りました

といひ入るれば。夜前おいはらはれてにげて帰りし。おくりの者共。臆病

なといはるゝがせつなさに。かくしつめてゐたるゆへ。丹波の忠守殿は。夜

前お帰りであつたがイヤいまだ帰られませぬ。それは心得ぬ事と。忠盛

玄関へ出て。夜前のおくりの者共を呼出して吟味しければ。こわ%\

狼藉ものに追ちらされて。乗物を捨てにげかえりしといふ。忠盛聞

てにくいやつらのとはいひながら。心の中には此頃丹波あ風情。何とやらん

産婦にうたがひあるやうに見へたり。脉といふ物うたがはれぬ物なれば。

ふと法皇の御前にて。何事をかしやべるべき。あはよくばひそかに切て』

しまはばやと思ひしに。それは幸定て道の狼藉者が。切殺しつらめと

悦びながら。口にはハテきのどくなとつぶやき。捨ても置れまい。白昼に歩

行にても出にくひ。馬をひけといふ折ふし。池のはたにかこひ置し。おすがゞ方

より使来りて。只今産の気が付ましたとのしらせ。ヤレそこでも爰でも

うむるよと。わが悪性も心おかしく。是を聞ては。白河橋へはゆかれまい。

たそこいとよべば。忠盛銀貸してゐられし時分たいこ持し。難波屋の

次郎兵衛といふもの。今は侍と成て。直に難波の次郎と名のりしが。是に候と

ひざまづくを。其方身がかはりに。馬上にて白川ばしへおもむき。丹波が忠

守の成ゆかれし末を。吟味すべしといひ捨て。奥へ入れば。大矢の五郎は案に

相違し。今一度忠盛公へおめにかゝりたいといへ共。僉儀の為には難波殿の御出

じや。わが君忠盛公には。裏門よりはや六波羅の池のはたへ御出といふゆへ。ヱヽ

そびき出してうたんと思ひしに。無念なりと思ふ内。はや中の口より難波の次郎』

行列立向ふ躰。南無三宝是では間違ふと。大矢の五郎走ぬけて。白川に来り。せつ

かく忠もりを呼出したるに。池のはたの妾子を産とて。此方へは家来を指越。おまへの行衛の

吟味とて。只今是へ参る躰。忠もりなればだまし打にもいたすべきに。難波が参て此渡

部が死がいを見ては事むつかし。難波を打ては後日に忠盛を打妨成べければ。一まづ御

退とすゝめられ忠守も尤もと思ひ。養老ともろ共我家へ帰りける。跡へ難波はせ来。

忠もりを送られしに。此所にて狼藉者有と聞て詮議に来りしと見まはし。コリヤ切

捨し死がい有と改れば。多田与八郎の家人渡部源五兵衛じや。はてよめぬ事じや

と。そこら氣をくばり。新の三郎大夫が死がいを。橋の下より見付出して。コリヤ當座の

喧嘩にて相討と見へた。此通り旦那へ申上おと。注進の者をつかはし。身はとかく丹

波の忠守の行衛を。尋ねばならぬと。上京さしてむかひける

                            三之巻終

;忠盛祇園桜(たゞもりぎをんざくら)                四之巻

    目録

第一    夫は平家兄は源氏の咲分花

     かこひものは手池の禅尼髪を

     きり%\す篭の内の住居塀を

     のりこした使者のこころづかひ』

第二    盗跖が故事を引廻す音物

     清盛の乳母八丞が耳へいれまひ

     事をいり氣になる忠盛が運命

     よはみをすくふいつくしまの神力

第三    涙で聞ばうきよは雁金の夜着

     久しい妻に相たがひのうらみの胸

     心をあけて見れば明らかな灯篭

     ひかりのうすい似せものゝ取次』

  (一)夫は平家兄は平家の咲分花

水はをのづから潺湲(せんゑん)。日はをのづから斜に。六波羅池の端にか

こはれし。無地屋のおすがは。忠盛繁昌につれて。人の用ひもつ

よく。表は長屋建にして。家賃をしこだめ。中露路より奥は葛

屋葺に仕立て。庭さきには。下地よりある沼池をしつらひ

なをし。築山を仕かけて。目の下に洛中を見おろすやうに。石

垣高く。池のみぎりの松に。見どりの浪をそへ。柳はみどり花は

くれの鐘にちる物と。若いに似合ぬ。こうとう成身持。染もやう

を着ぬ。心からはぬいはくは。いよ/\身につけず。つとめたる家の家

号同前に。無地の小袖に紋さへ付ねば。尼も同じ事じやとて。

忠もりも窮屈がられ。異名を付て。池屋敷の尼が所へも。少行ず』

ばなるまいとたはふれられしより。世にこれを池の禅尼よぞよびける。身

持のかたいにも。いきものにはゆだんならず。懐妊して別条なく安産しける。此

子を後に池の頼盛といふて。清盛の舎弟の中にても。口利にてぞありける。

忠盛公の御入と告るにより。おすがの母おや。おふき中の間迄出向へば。めで

たく平産と聞て珎重。おすがにあはんとおくへ行を。まづお待なされて下され

ませいと。わが部屋の方へいざなへば。心もとない産後にめまひでもきはせぬ

かといはるゝを。いやさやうの事ではござりませぬ。只今迄はかくしつめて申ませ

なんだが。もとあのおすがはわたくしの実子ではござりませぬ。多田の与八郎殿の

親父を十郎蔵人どのと申せしが。親兄の勘當うけ。さん%\流浪めされて。兄

の与八郎どのは。難波の鉄屋へ奉公につかはし。妹のおすがは。二才の時銀少付て。

ふつつ?にやりたいとの事。洗濯物してくらすわしが身のうへ。三百目の銀に目が付

て養ひ取。成人の後に?茶屋の仲居奉公に。まはして給銀がよさに。二軒茶』

屋の無地やへやりしに。思ひまうけずおまへ様とどれあひ。今での栄耀つゐに

手にかけて洗ひもせぬやうな。結構なべゝを私までが此やうに引かさねて。ほんに

小袖の中から眼むき出しでゐるといふは。おすがゝ事でござります。此度わ

こを産ましたゆへ。いふまいと思ふてゐたれ共。此度の悦びにいふて聞す。そな

たがほんのとゝ様は。多田の十郎殿なれば。今の与八郎様はそなたの兄ご。しかれば

此生れし子のてゝかたは。たれあらふ平家の大将。刑部卿忠盛様。母方は多

田の筋目と。うれしさのあまりに申聞せたれば。産臺にかゝりながら。源

氏の筋め共しらず。平家の大将の妾(てかけ)に成たる無念さ。平家の子だね

を産おとしたる事。身にこたへて悲しや。去ながら有て過たる事は

せひに及ばず。忠盛様が見へたり共。是切で隙取て下されとの願ひ。

ソリヤそなたの我儘といふ物。是迄の御恩をいくばくの事と思やるぞと。

理をつめて様%\に異見いたせ共。御存の通アノ邊に奉公いたしたには。』

[挿絵]

似合ぬかたい所のある生れつきゆへ。氣をのぼしていと。産婦ゆへいた

はり置候といへば。忠盛聞て。イヤ/\くるしからず。兄といふ多田の与八郎は。この

忠盛がかげにて。従弟頼俊をおいこませての立身。さすれば与八郎が妹

を。妾(てかけ)にも妻(さい)にも遠慮(えんりよ)はないと。奥へ通れば。はゝをよんであはしてくだ

されなといふにと恨る。おすがゞそばへよつて。そちが兄与八郎さへ身に

懇意をむすんで。今では身が幕下も同じ事なるに。女の身にて何の

おまへにしたがひ。ついしやうけいはく聞及んでは。他人と思ふてさへ笑止成し

に。兄といふ名のけがらはしや。本家は多田の頼俊殿その頼俊殿をおい

こみしも。おまへとの相談とかや。しかれば源氏として。源氏に弓ひく与八郎

を兄に持し。わしが此顔いづかたへか出さるべきと。わつとなけば。今さら

隙やつては。それがしも身のうへを頼俊につげしらすまじき物にもあら』

ず。いとまやらねばいつまでも身が味方と。産臺におつかゝり指ぞへ抜て。

おすがゞたぶさ根より切れば。是はとあはつる母をせいし。ふたゝび此屋敷

へはかよふまじ。しかれば忠もりと縁はなき道理なれば。尼と成て母をや

しなふべし。しかし頼俊かたへ内通させぬため。表裏に番屋を立て守ら

すれ共。外への通路は叶はぬ/\。一代の扶持かた千石づゝあてがふべし。此子が

成人まではあづくる間。そだてあげたらば。本屋敷へおくるべしと。めしつれ

られし侍共を付置。急に番所を立べしとて。其身は立て帰られける。

尼といふてたはぶれられし。前表こそはふしぎなれ。扨こそ此おすが禅

尼となり。後にいたる迄長生して。清盛の時代に及び。弥平兵衛宗

清が。右兵衛佐頼朝の殺され給ふべきを。身にかへてとりなし。伊豆の

国蛭が小嶋へ流させ。終に義兵をあげ。源氏の御代となさせしも。此

因縁とぞ聞へける。すでに世上に風聞あつて。平の忠盛こそ。祇園』

女御を下されて。清盛といふ子を生じ。池の禅尼といふ〓には。頼盛といふ

子が出来たり。十分の果報のうへに。男子両人もつ事は。いよ/\出世のきざし

ならめ。われあやからん人あやからんと。忠盛にしるべの人/\。両方の妾宅

へはこびつむ進上物。ちまたをさまたげ路をさへぎり。ことばも及ばぬ

ばかり也。先六波羅へ持はこぶ肴中にてかつを次は釣臺。大鯛一

かけ樽一荷。わらび縄にて。槙尾宰相大奉書五十束。杉原左衛門の

佐が音物なりと。武家の送り物は。法皇へ手入のため。忠盛たのむ

心づかひ。門前につみあぐれと。少子細ありと門をひらかず。置捨にして

かへる中にも。池田炭千俵つみたてし使者は。多田の与八郎頼憲が

家来。江口孫市といふものコリヤどふじや。忠もり公とはかくべつ御

懇意の与八郎使者でござる。餘人とは各別。こゝをあけて様子を

いふて下され。まかり帰ても此まゝでは。旦那が氣づかひがりますると。』

いえばイヤ/\子細は存ぜね共。主人忠盛公には。ふたゝび此かたへは参られぬ

とて我/\を番にのこされましえござるといへば。ハテ扨すまぬ事かなとつぶ

やき/\。それならば音物の炭は。手前旦那が領分の名物。千俵こゝにつま

せて帰ると。鑓ぼつたてさせて立かへる所へ。与八郎頼憲平産悦びに

忠もりかたへゆかんとせしが。六波羅にと聞て。すぐに下河原道をさがるに

行あひ。首尾よく使者つとめしかとあれば。さればの事でござりまする。門を

しめて入ませぬと。始終をかたるに。それはたゝ事ならぬ儀。直に行て尋ん

と。孫市もろとも六波羅へ行て。おもて門しきりにたゝけ共。何返いふて

もあける事はならぬと斗。そのゝちは返答せぬゆへ。与八郎はさみ箱

にこしかけ。身はこれに待て居よふ程に。孫市は忠もり殿へ行て。是迄

参りたれ共。あまり合点の参らぬ事ゆへ。尋ねに進しまするといふて

聞てこい。アノ人のかげで立身せし某なれば。かやうの事はとも/\ちからを』

いれて。はたらかねばならぬと。孫市に家来をつけてはしらせ。二三人残りし

もの共にも。かたわきへよつて物しづかにいたしゐよといふに。どん/\/\と打

出すは清水寺の時のたいこよと。ゆび折て見ればはや九つ。夜半じや。

孫市が帰るに間もあるまひと。待居るともしらばこぞ。高塀の松へ

内よりかゝへおびをさげて。つたひおるゝはたしかに女ぞと。身がまへして様子

をうかゞふい。とびおりて氣を取のぼしすだく所を。与八郎印篭より

薬取出してふくませけれは。やう/\と心つき一礼はかりにて物もいはず

かけ出すをとらへて。身は多田の与八郎憲頼といふて。忠盛殿へはしたし

き者なるが。おのれ何やつなれば。高塀をのりこして立さるぞと。とは

れてハツとむねとゞろき。扨はおまへが承り及ひし与八郎様でごさんす

なおまへの妹でごさんすといふを。何とものみこまれぬ。いかにも身が

妹一人ありしが。親父殿の心入ありて。去方へ一生不通の約束にて』

つかはせしおぼへはあれ共。あさなき時の事なれば。おもざしも忘れ

たれ。シテ又身妹といふには。何ぞ慥な證拠があるかとの尋ね。いかにも

その證拠は腰に指たる守り刀をなげ出せば。うたがふ所もない親どもが

重宝の少刀。コレハ/\妹であつたり。扨も兄様かと。一度にこぼす涙のうみ。

底のしれぬ与八郎が心。さぐりかねたるおすがゞ思ひ。しばらく時ぞうつりける

  (二)盗跖が故事を引まはず音物

柳下恵盗跖。兄弟のためしなきにもあらず。兄の与八郎は。従弟を追亡

して。家督をうばへば。妹のおすがは。先祖へ不孝を歎き。源氏の家筋とし

て。忠盛にしたがふ事人でも杭でもないと。与八郎を見かぎり切て。何とぞ此

屋敷をぬけ出。兄ながら一刀切て源氏の恥をすゝがんと。産臺にかゝりゐ

れば。よもやと母のゆだんを見て。こしもとなどにしめし合せ。忍び出たれども。

とかく血くるめいて氣をとりうしなひしに。思ひかけなく与八郎にたすけられ。名』

を聞ておのれやれと思へ共。顔を見ればさすが骨肉同胞の涙ばら/\とこぼれか

かり。ヱヽ口惜いとくいしばる。心の内ぞあはれなる。ヲヽ思ひかけず身と名のりあふて。

なつかしうてなきやるは尤と。心をゆるす所を見て。与八郎が刀をするりとぬきとり。

兄と生れ妹と生れたれ共。家名を汚すは先祖へ對しての敵なれば。一太刀

うらみて。わしも死ぬか。兄さんこらへてくださんせと。切付るをもぎはなし。コリヤ

たわけものめ。忠盛殿の氣に入て。取たてに預りし此与八郎。その方が身が妹

といふは天のあたへ。兄が身の恩がへしに。忠盛殿へ心をつくし。奉公せふとは思

はず。欠落せうとするを身に見付られて。せんかたなさの今の仕うちかと。し

かりつくれば。ヱヽきたない心でごさるのふ。頼光君の御縁者に。藤原の保昌

と申は。公家より出て武門と成。朝廷へつかへて忠義をはげみ。源家共よし

みふかく。大江山の酒呑童子退治の時。其国の守たりしゆへ。案内してうたせし

ほどの勇者なれ共。その弟に保輔といふ盗人ありしといふ事は。物語にても』

聞及ぬこなさんの平家に手をつかへて。立身したとて自慢顔さんすを。わし

が目から見ては。錦の装束着て。穢溝に寝臥するやうに見えまする。心を

あらため何とぞ。忠盛を打て首を引さげ。頼俊殿方へつかんして。是迄こなたを

追こみ。忠盛が味方のやうに見せしは。忠もりを討て。平家のおごる行末を

とゞめ申さんためといはんしたら。今迄の名もあがり。お果なされたとゝ様の御

勘気迄。草葉のかげの伯父様や。祖父様がゆるさんせうと思ひます。とうぞ

心をさつはりと持てかへて下さんせと。さめ%\歎くぞ道理なる。ハテめんどうなと

片手にておさへあがら。門をたゝけば。夜更てたれじた。明る事はならぬといふ折から。

江口孫市はせ帰り。忠盛公へ参りましたれば。祇園の下屋敷にござる

と承り。祇園へ参りましたれば。家内上を下へとかへす所でござります

ゆへ。下部をよび出して承れば。お松様の自害なされたとの事でござります

といへば。ソリヤ大躰の事でないと肝をつぶせば。まだござりまする。お松様の兄ご。』

渡部源五兵衛殿も。白河橋に切殺してござるとの噂といふに。身が家来といひ

お松殿の兄分といひ。急に忠もり殿へ對面せねばならぬ。此女を手ばなすな

と孫市にあづけて。とぶがごとくにかけ行ける。是は扨置。祇園の屋敷には

医者よ外科よと上を下へとかへす所へ。与八郎見廻とおくへ通れば。忠盛

はといきをついて。扨/\思ひよらぬ仕合にて。お松自害いたし。おも手ゆへ

性根つき申さぬを。外療内療のかげで。漸と心つき只今物申すと聞て。

まづそれへと与八郎も通れば。お松はこしもと共にいだきなをされ。二軒茶やの

奉公より。忠もり様になれなじみ。いとしかわいのたねかたまりしに。法皇様の御心がけ

られしとの事を。忠もり様の御物語。あめがしたにすんで。法皇様の仰をそむけば。

此忠もりが都の住居もはかりがたし。心にはそむまいけれ共。二度とはいふまい。

たつた一度御心のとくるやうに。御そばへよつてくれよ。さなくは忠もりとの縁も

是迄と。しめ/\との御たのみ。ハテおためにさへ成事ならばと。御そひねも申は。』

もつたいない事。何にしたがひ奉りし後は。忠盛様にかこはれてゐるとばかり思

ひしに。此頃聞ばうみおとせし子は。法皇様の御子とのうはさもつたいなや。お

そろしや忠もり様の御子に。ちがひなきを。神も同じき御位に。かづけ奉りて

後の世は何とせん。一切諸天の神%\様三世の諸仏卉様へ申訳のための自害

ぞや忠盛様御心を取なをして。生れしおさな子の清盛はわがたねにて。法

皇様の御たねではないといふ事を。おもてにあらはし懺悔に罪を滅してたべと

くるしげにのべければ。さしもの忠盛も諸人のきくまへをきのどくがり。あたま

をかいて居るを。与八郎見かねて。コレ/\どうでしぬる命。血にまがふて無益の

事おつしやれなといふ内に。はや息たへてこときれたり。忠もり大音あげ。白

河の法皇の御たねとあつては。筋目がすぎて。アノ清盛成人の後。おこるべ

しと母おやの慈悲にて。わが身をころしていひおくは。女の智恵一はいのはか

りことゝ見へたり。コリヤうばよとよび出し。我は八条のものゆへ。よび名を八丞と』

付置たり。今聞通り清盛は。白河の法皇の御子なれ共。皇子としらば身の

おごりつよく。却て立身のさまたげあらんと。末を察しての母が一言。自害する程

のはつきりとした事がなければ。此取沙汰がやまぬゆへい。子をあはれみの今の

あはれ。此理を察してかならず/\。此子が成人したれ共。かくしとをして申聞すな。そ

れとも一大事に及ぶ事あらば。そちが心に持てゐよと。いひふくみし此ことば。八丞む

ねにてつし。誠と思ふ女心。殿上にて重盛を。大宮の大納言ふみおとせし時。お

もはずしらず。白河の法皇の御たねじやものをと。つぶやきしを。清盛うしろ

にたつて是を聞。扨は法皇の御たねかと。それより悪心増長せしも。忠盛が

此時にうばにいつはりし一言が。後の害と成しと聞へける。折ふし渡部源五兵衛が

死がいと。新の三郎大夫が死がいを。戸板にのせて廣い庭にかきこめ。意趣はし

れぬが。相打と見えたり。丹波の忠もり殿へは。からき命をたすかり。本宅へ

かへられたるよし申上れば。忠盛とむねをついて。くれ%\その意得がたき次第』

と。さしうつふいて工夫の体。与八郎はおいとま申と立帰るにも。渡部がさいご心にかゝり

死がいは手前へ送り下されよと。我屋さして帰りける。松ふく爆ぜもさへわたり。七ツの鐘

月におとづれ。世間ひつそとしづまるさびしさ。表裏に忍びの足音。どた/\/\と物

をと聞へて。着ごみの金物ざゞめきわたり。裏門をこぼつかけやの音。にはかに用意

の高挑灯。家内さはがしく。こな何事ぞとおどろけば。忠盛小具足かため。太刀わき

ばさみ高閣にのぼつて。平家の大将忠盛が宿する所へ。よせ来る敵はたそ。名

のれきかんといへば。敵とは何事ぞ。當今の帝の勅命を承て。兵度頭源の仲

政同一子頼政がむかふたり。汝忠盛わが子を院の御子といつはり申段。丹波の

忠もりがうつたへしか共法皇様所には。御物忌とて御引こもりの折なるゆへ當

今のゑいぶんに達し。仲政頼政向ふたり。是迄の不法思ひしれと馬のはな

をならべてよばゝれば。忠盛ハツト心にこたへソレハ/\といへ共。返答なくいかゞせんと

気力もつきて。十方にくれたる所へ。院の上北面河端大和守。馬上にかけつけ。』

忠盛が妻に下されしは。院の御子をはらみしは御覚あり。必早まつて後悔あるなと。

院宣なりとよばゝれば。忠盛は忝く。いそ/\すれば。寄手の面/\ほゐなげにかこみ

をとき。陣をひらいて退きけり。忠盛やがて高閣より飛おり。門をひらかせてま

かり出。北面河端殿是へと請ずれば。大和守内へ入て。我は是安藝国いつく

しま明神のつかはしめ也。汝日頃いつくしまを信ずるゆへ。此度の難をすくふたり。

汝が子々孫々おこたることなく信すべし。何をいふてふ意をうたれては。その身

あやしうしばらく都を立さり。いづかたにも忍びゐて。清盛頼盛などを

もりそだて。わが社を大きに建立し得さすべしと。いふと思へば人馬ともに

かたちなく。蛇と成て門前の草の陰にぞかくれける。是より平家に蛇を

おそれ。いつくしまを信仰して。清盛にいたつては。安藝守に任じ。宮ばしら

ふとき立て渇仰し。平家の守り神と祝しも。此時の縁によるとかや。忠

もりよに有がたく。あらましの物取したゝめ。家の子少し/\めしつれて。ひとまず伊』

勢路へしりぞきける。貨さかつて入ものは。又さかつて出るとはかゝる事をや申らん。し

かしながら神や仏をしたふ冥慮?。爰に空しからず。一たんの命をのがれける

  (三)泪できけばうき世はかりがねの夜着

栄花枯枝ともに一般とうたひし詞。げに思ひしられて。忠盛さしも驕に長じ

けれ共。巧あらはれて。都の住居叶がたく。伊勢の国に退きければ。朝廷詮義有

て。刑部卿の官をはぎ。家を改易なされんとの儀定成ける時。白河の法皇

御物忌解て。禁裏へ渡らせ給ひ。此事はもとわがふ徳よりおこる事にて。只今

忠盛を解官停任せしめば。末代迄わがまさなきわざの名や残らん。いか斗

の非義あり共。是迄の事はゆるされて。都へめしかへされ給はれかしと。御身のあや

まりをかへりみて。大度の仰ぞやるかたなき。當今にもげにもと思召。さあらば

しゐてはとがむまじとて。其分に捨置せ給ふゆへ。忠盛何のさはりもなかり

ける。是は扨置池の禅尼は。江口孫市にとらへられて。いかゞせんと思ふに。孫市』

[挿絵]

能々禅尼の顔を見て。おめにかゝつたは今があはじめ。忠盛殿のほだされたも道理/\。

髪きらしやつたで猶うつくしい。与八郎殿にむほんをすゝめし根本は。此孫市智恵

のふかい男とは。かくれのない侍。なんと是より身がかたへいざなひ。夫婦になれば。忠盛殿

へもしれずにすむととらへたる手をじつとしむれば。禅尼きよつとせしが。爰は大事

の所と。わざとゑがほして。それはマア真実でござんすか。いかにもさう思ふて下さんす

心ならば。是よりすぐに立のき。夫婦と成てたのしまん。髪もついのびますると。いだき

つくふりにゆだんさせて。孫市が刀抜取。どう腹ぐつと指通せば。コハ口惜ともが

けどもかいなく。コリヤ何のいしゆ有てころすぞといへば。兄与八郎殿に悪心をす

すめこみしが遺恨ぞと。ひとゑぐりゑぐつて。おのれがやうな佞奸の家来が

絶たらば。与八郎殿の心をひるがへされまい物でもないと。とゞめをさす。此さはぎ

に門をひらきヤア禅尼様の是へ出てござると。無理無躰に引入。それよりはきび

しく番をしけるに。忠盛仕損じて。勢州へ下向の後は。番の侍もちり/\に成』

禅尼も母親も。もとの身体ほどにはなけれども。表長屋の宿賃取て。五十

両たらねば節季に尾のでるくらしと成しも。忠盛よりの扶持米もこぬゆへ也。

一向忠盛の世話にならぬを悦び。世の有様を見合せゐるに。此中より借屋へ

引こして来た。貪の小助といふ男。念比に入こみ。庭をはき掃除。小づかひちよつ

とした買物。壱〓が糊も取てきてやるやうにしけるゆへ。他事なく懇意になり

ける。ある時小助禅尼と母にむかひ。ちとおたのみ申上たい事がござりますが。お聞

なされて下されませうかといへば。何がさてそなたの日頃のせわ。礼いはぬサアといふとき

ちつとの用は聞ておませふと。思ふての事でこそあれ。なんぼふ勝手でも。壱〓と五

百〓の用は。遠慮なふいはれよとあれば。それはちか頃忝ふござりまするが。銭かねの

無心ではござりませぬ。此事はお聞なされて下されますれば。私も人も成と申もの

てござりまするといふゆへ。ハテ身に似合た事ならばとの詞をたよりに。別の事

でもござりませぬ。私の存たる町人衆に。車やの輪右衛門と申がござりまするが。』

代々有徳の家にてありしに。只今の輪右衛門放埒者にて。表をつとむるとは贅いふ事

と覚へ。借た物をかへせば罸のあたる事と心得てくらされ。身上粉にはたいて残る物

なく。漸と先祖より一万両も金出して買て置れた。贋金の夜着と。拾万両も出して

西国から取よせて置れた。桧垣の灯篭と。此二色の名物。其内にかりがねの夜

着は。一寸四方が五十両ほどもする物でござれ共。出所がはつきりとせねは求手が

ござりませぬ。何とぞ忠盛様へ白河の法皇様より。拝領の物といふて出したらは

めつきりと大金に成ませふ。しかれば私も大分の口銭を取て。家の六七所も

買ませふし。こなた様へも永代おかしや?の屋ねに。お心のいらぬやうに。銅瓦にいたし

てそのうへに三百両は御礼申上ませうほどに忠もり様からこなたへおもらひなされ

た分になされて。爰もとで買人へ御見せなされて下されなば私がよに出る事

てござりますると。弁をあらせてのべければ。ハテそなたの為にさへ成て。あやしい事

でさへなくは。どう成とめされに。此方へ礼に及ばぬ事との返事。こは忝しと』

帰るといなや。在所からもらひましたと諸白二升さげて来れは。わけもない心づかひ

めされなとの挨拶。サアしてやつたと。貪の小助は輪右衛門方へ行て。爰もとの雁

金の夜着は似せ物にて。殊に桧垣の灯篭は。御親父七九郎殿の時に。賣てしま

はれ。そのあとへ新しう拵へて。苔をつけてすへ置れし物ゆへ。サアといふてうられぬゆへ。

池の禅尼殿へいひこみ。忠盛公へ法皇様より拝領の物なれ共。此たびふ仕合の

事ありて。賣拂はるゝといふ工面にいたして置ましたといへば。それはよい仕やうで

ござる。さいはゐ買人は木屋町に逗留してゐる播州の大金持。赤石連太

夫といふものにて。よい物にさへきはまれば。何百両でも出しかねぬ見事な身体。

則直にあふて相對置しといへばマア珎重に存ますといふやいなや。大盃出し

てさいつおさへつ。はやまうけたる心に成てざゝんざの。聲たつみあがりに。此よし

買主かたへ使を立れば。ソウ慥な事ならば。いかにも相談しませふほどに。

先様へつれてござれ。見届てのうへの事といふゆへ。更ば同道しませふと。車屋』

輪右衛門方よい夜着も灯篭も。池の禅尼のかたへまはし置。輪右衛門小助が同道にて

連太夫を禅尼かたへいざなひ。中露路より通して。女中の住居なれば。おめに

はかゝられませぬはづなれ共。各別の事なれば。ちよつとおめにかゝりませうと申

されますといふ詞の下に。母のおふき出て。ヨウござりました。夜着の事よいやう

にあの衆と相談なされと。たのまれました通り口上いふて入らんとせしが。おまへはどふ

やら見たやうな。手前もよふ見れば。ヤアそちは女房共ではないか。ヤアこなたはわしが

つまの連太夫殿かとおどろけば。連太夫お横手も打かねて、しばしあきるゝ

斗也。おふきは泪ぐみ。こなたは尺八を指南しての世わたりなりしに。人を切

て所を立のき。伊勢にとも聞難波とやら奈良にと聞ば。大津伏見便な

ければ過しがたく。人仕事してせんだくやのおふきとよばれしその内に。娘を

やしなひアノ禅尼にかゝるゑにしぞふしぎやと。夫の顔を打ながめ。十万両廿

万両の金子を出して。物を買ふ身体に成ながらわしが行衛を尋ねもせず。』

あんまりむごい心やと泣ば。尤/\そなたに分れ身の置所なく。買山師といふわるい口過木や町

に家をかり。買取し價を横にねる。肩から合点でかゝる商賣。何とぞ本間の渡世ニ成て

のうへと。見合せ月日を過す。頃日(このころ)は仕合悪敷。夜着と石灯篭をすゝむる者も。山こかしの

生馴ゆへ。忠もり殿拝領との偽り。初から高をのみこみ。たとへ千両に約束しても。當座にかねを

やらぬやうにいひまはして。こつちへとれば弐百両か三百両の質だねと心得ての金持がほと

聞ておどろくおふきより。小助が大びつくり。ふづくられたとつぶやけば。おふきはめぐりあひしこ

そ幸なれ。爰にゐて借やの支配女斗なれば。力に成て下されよと頼るゝにこちらも頼

かげなき今の身。ともかくもといへば。七右衛門小助は。是がほんの犬ほつて高上り。それいゆるりと

ござれ。夜着と灯篭は取にこさんと。後立ながら帰ぬ。あふきは連太夫を禅尼にも引

合せ。こしかたの物語。忠盛の事取混たる咄に其日も暮なば。有合せた物じやと。

座敷にたつたひとり。雁金夜着引かづき。木まくら引よせねいりしは。おもひがけ

なきやどりなりけり                   四之巻終

;忠盛祇園桜(たゞもりぎをんざくら)                五之巻

    目録

第一    寿命の薬のみこまぬ頼憲

     むかし語に恨みを回す老の力

     義理にしまる互の心の鬼は

     つのめだゝぬつきあひ誠の侍』

第二    口論の聲も高砂のシテワキ

     三つの傳授にこまりいりめな弁説

     とはれてあとへもさきへもゆき

     かぬる遁甲のぬけ道

第三    進上の樽の口きりおうせた血酒

     悪人退治千秋万歳のことぶき

     さかへにつかふる牡丹の紋たゞ

     /\治る繁昌の家筋』

  (一)寿命の薬のみこまぬ頼憲

陳平が賄賂は貧に怠りしとかや。赤石連太夫が買山師と成しも。器

量たましき身の。身上のゆかぬ所が。つりあはぬゆへなりしか共。池の禅尼

かたへ落つき。家ちんの世話と。空地へつくる野菜の手まはしに心もしめり。

尺八指南の看板いちしるく。李同と替名して養ふ身はわづかに。五尺い

よこの心づかひ。夫婦むかひ獅子の中に。禅尼を実の子のやうにあしづき

くらしける。となりは丹波の忠もり隠居屋敷にて。名を随翁とかへ。

六腑丸といふ薬のかんばん。長生の奇妙をいひたてゝの繁昌。どこ

ともなしにとなり同志とて。連太夫随翁と出あひしか共。池の禅尼

は平の忠盛が妾と思へば。出明て咄がたく。こわいものにさはるやうに

あしらひて。随翁肌をゆるされぬを。連太夫見てとり。禅尼はもと』

多田の与八郎妹成が。兄とはちがひ。去とは武氣のすぐれたる女にて。忠盛と再び

對面せぬ心のたけをかたり。何とぞ兄与八郎を。一刀にても打て。源氏のつらよごし

したる者の。こらしめにしたいといひくらす。わけを咄ければ。初の間はそのゐ得がた

き事と思ひながら。次第に真実をあらはしていひけるゆへ。どこともなしにうけがひ。

それよりは与八郎を打て。頼俊を世にいださんとの相談のみにて。あかしくらしける。爰

に多田の与八郎頼のりは。われかくまで立身して威をふるふといへ共。寿命かぎり

あらん事を歎きけるに。六腑丸といふ名方ありて。寿命をのばす。薬と

聞付。随翁方へ尋ける折ふし。宿に有合て。是は/\与八郎殿ではござるか。手

前も只今は隠居いたして。ひつきやう賣薬をいたさうやうはなけれども。長

寿は人のためと存し。世間へひろめまする事でござるといへば。さやうに承て少

斗求て給て見ましたふ存て参りました。かやうの薬は。めつたにかはれぬ物で

ござれ共。御自然の長命でうたがいがござらぬ。よい聲な謠屋に。聲の薬を』

賣やうな者で。いかにしても信仰に存る。なんぼよい薬でも。痩よろぼひて青ざめ

た男が。精の薬といふて賣にまはつては。精がちかばその身がのんだがよいと。あざ笑

て買ふ人のないものぞ。六腑丸を信じ一包が何程いたしますぞといへば。弐匁でご

ざる弐匁が所で十年づゝのびます。わるふ心得て。百匁が薬たなど参れば。手前

のやうに弐百五十年生て。世界にあきまする程に。よいかげんに求てまいれと

あれば。外の薬とちがひ。扨も正直な賣やうかなと。廿匁が薬かへば。百年斗は慥

にうけあひ。勝手ヘ入て薬とゝのへ。ちと心見に参りませとたまにふりたてゝ出

せば。おしいたゞきのまんとせしが。コリヤ黄な油がうくは心得ぬと。そばにゐたる猫

にゆびに付てなめさせてみれば。聲も立ずころりと死したり。ヤア毒薬をの

ませるゝが。丹波の家の法でおじやるかといへば。惣じて医家の作法で。現在の

敵でも毒はもらぬ事じやに。大切な薬の疵付らるゝは聞へぬとのせり合。

そんなりや其方のんで見よと。つきつけられて。めのまへに猫の死にたるを』

[挿絵]

見て。のまるへきか。コリヤ薬を服さぬさきに。さゆに何ぞ入た物であらふ。ぜんぎいた

さうと勝手へ立んとするを。引とゞめて庭へぶちつけ。首筋もとをふみつけて。

自体其方は平家の事を。讒奏したると聞及ぶ。身は源氏の棟梁ながら。

わけあつて平の忠盛とはちなむ中しや。その身共を殺さんとするは。たれにた

のまれた。ぬかさずば仕やうがあると。ふみつけ/\する折ふし。となりの連太夫は

留守也。禅尼と母のおふき出て。お年よりの事じやにこらへてしんぜてと。取

さゆれば妹めがふ心底からは。兄弟とは思はぬ。勘當じやあたりへ寄たら

ふみ殺すぞと。あらけなくいへば。その勘當忝いと内へかけ入て。長刀のさやは

づしとんで出。源氏に疵つける腰ぬけざふらひ。源氏を大切に思ふ念力の

刄。思ひしれとつきかくれば。あたこしやくなとかいくゞつて。随翁をふまへなが

ら。ひらいてはつせば心得たと。左足をふんで中にとびかゝるをゑ

たりと長刀の鍔もとにぎり。ひつくりかへすに。さすがの女氣だぢろきに』

はってどうどふすを引よせてたぶさかなぐりあげ。ヱヽ人でなしめ兄に不孝し従

弟の頼俊を。世にださんとは何事ぞ只一思ひに思ひしれと。刀に手をかくれば。母の

おふきは忠もりが袂に取付。コハいかにとあいてとゞむるを蹴とばし/\すでにあや

うく見へける所へ連太夫は虚無僧姿。修行より帰りしが此躰におどろき。

あみがさぬぎすて。つつと入て与八郎がゑりもとつかんで。二三間取てなげ。尺八

にて二三十つゞけ打にぶちすへて。与八郎殿とはこなたよの。お聞及びもあらん

赤石連太夫といふ浪人もの。こなたノやうなはしたざふらひは。サンサすがゝきと存

ぜぬ。女房のふき組をなぜ。なげぶしになされたと。きめつくれば。ムヽ聞及た連

太夫とはわが事か身が妹此禅尼を異見し忠盛公の氣にいるやうに

せうとはせず。身にたいしての慮外かんにんせぬと。抜打に切てかゝるを。ハテ

こと/\しいと引つまんでなげつくれば。ヤレ/\年に似合ぬ下卑たつよいやつじや

と。よろぼひ/\にげかへりぬ。トツコイやらぬとぼつかくるを。丹波の忠守引とゞめて。』

長追は無用/\。何をいふても只今指當て。只の本家となしなをりゐる身

なれば。人しれず毒害などにて失ふは各別。おもて立て殺害せば。いかなる

事か出来らんと制せられ。いか様尤と胸をさすりとゞまりける。忠守おどろき。

扨/\年にふ相應の手並おどろき入たりといへば。只今は年よつて。

若い時のやうにはたらかれず。某卅二三才の時三条橋の東詰にて。四十

才斗のなでつけの侍と口論し。たつた一刀にしとめし事を思へば。只今は埒

のあかぬせんぎといふを。丹波の忠盛守聞て。それは弐十年以前。五月六日の夜

の事ではないかと聞れ。ハテよふ御存でござるのう。いかにも五月六日の亥の

刻と答ふるに。そのうたれしは此忠守が実の孫にて。女医博士忠雄と

いふもの。色町あそびの道にて切殺され。相手しらねばねらふべき敵もなく。

そのばにおちて有し尺八一本を。空をあてどのぜんぎのたねと今日まで

見合せしに。天道の御引合せかや。腰のひざ立ぬ此忠守。孫のかたき打つ』

にうたれず。その方誠の侍ならば。身が親族をまねいて勝負するまで。此所を

立のくべからずと。泪をながせば。是は思ひもよらぬ事を聞し。いかにもその通に仰ら

るれば。御自分の孫ごは。身がうつたにちがひはなひ。しかれ共女房の縁にひかれ

て。平の忠盛殿世に出らるゝまでは。この所にて禅尼をやしなひ。与八郎を亡

し。頼俊殿を多田の本領にすへ申さんとの約束。禅尼にふかく頼れたり。女な

れども兄夫に見かへてたつる源氏の功。今更変改は武門の本意にあらず。

此本望を達する迄。勝負を待て下さるべしと。?托入て頼みを聞とゞけぬ

にてはなけれ共。弐百五拾才にあまる此随翁。あしたお日影も頼みがたし。

去ながら武門の義理を。源平両家へ引はつたる。たのもしづく某ふぜいの

老人はぶとたちのがるゝ共。のくべき場を後日の勝負と。詞をつかはるゝおとこ

氣。かたがふ筈更/\なしもし身共が相果たらば。孫ともに出あひその方

より名乗て勝負して給はれよとあれば。禅尼もおふきも諸共に。気毒』

な事がおこつたと。たもとをしぼる斗也。しからばたがひにそれ迄は。おもてに遺

恨をあらはせじと義理にせまりしつきあひにて。壁ひとへの敵どし。わざと

つくらふ懇意づく。禮礼をたゞして世の聞へ。一家よりも猶したしく。切むすぶ

                                                              日を待ゐたり

  (二)口論の聲も高砂のシテワキ

俎豆をつらね。礼容を設るは。聖人のおさなあそびなるに。ざうりかく

しかくれんぼは。ぬすみの稽古。かけおちの修礼成べし。多田与八郎幼少より

佞奸強慾にして。終に従弟頼俊をおいこみ。其身本領を知行しけるに。

思ひもうけずも。平の忠盛ぶ首尾に成て。底氣味わるく。用心して

くらしける。しかるに丹波の忠守が奏門にて。多田の頼俊御勘気御

免の願ひ。しきりなる折ふし。禁中にて臨時の御能お催し給ひ。申楽

は出仕いかゞとて。素人藝をあつめられ。御方奉行右中弁にて。清涼殿

の前に舞臺をしつらひ。御能組は十三番にきはまり。大夫がたわきがた』

はやし地うたひ。後見狂言にいたるまで。未明より楽屋に相詰。すでに出御

の警蹕をとなへて。主生法皇玉簾ふかく。着御されば。御能はじめませいの

一言と共に。によつと持て出る面箱。なるは瀧の水。日はてる共たへずたふたり

とうたふ聲の。はやとう/\たらりあがりのめでたき翁もすみ。此所はさらじ

とぞ思ふと。地祭の式三番終りて。脇能は高砂ソリヤ鏡の間へかゝつたは

といふ時。楽屋もめ出して。脇は多田の与八郎頼憲なるに。仕手の面引ち

ぎつて。おのれは頼俊が家人大矢の五郎ならずや。主人頼俊勅勘の身成ル

に。どなたからゆるしをうけて。此御舞臺へはまかり出たぞ。相手に成事は

ならぬとびしめけば。こなたにちかづき欝憤をはらさんために。まかり出

たとつめかくる内に。次第打かけて首の長う成程。はやしかたは楽屋を

見こめ共。此口論いつはつべき共しれぬを御能奉行の輩。私の遺恨

をもつてゑいらんを延引するはくせごと也。一番つとめて後。いかやうとも』

論すべしとの儀。畏り入て。シテも面をかくれば。脇はつれわきと共に。今を始

のたび衣/\。尤藝も今を始と見へて。未熟なるていなれ共。御前へ出るを

悦で。佞人ゆへ所望の脇なるに。所の人の渡り候かといへば。所の者の御尋は

何の御用にて候と。そばへつか/\とよるを見れば。浦部の入道玄晋付

がみにて上下着し。少刀くつろげ。与八郎がひたゝれの袖と。取あふ程に座し

て。あはよくばさし通さんとするけしき。与八郎胴ぶるひして。高砂の松の

いはれ語て聞せられ候へと。いふ聲もわな/\として聞へず。玄晋合語

の内に。かれこれと心をくばれども。与八郎にならびゐるつれわき共。いづれも

与八郎が家人共にてゆだんせねば。心のまゝに本望も達しがたく。高砂や

此うら舟に帆をあげて。月住の江に着にけり。てん/\と打出すたいこは多

田頼俊にて。我見ても久しくあはず与八郎とシテの大矢五郎がつめかく

れば。心へたりと与八郎。ならびにつれ脇。立あふふりにて。難儀をふせぐを。』

頼俊太皷打ながら中へ入てすでに与八郎あやうく見えにける時に与八郎う

ぬらは。勅勘の身にて御舞臺へ出るさへあるに。手前へ刃むかふは何事ぞと。

大音あげてのゝしれば。御能奉行右中弁殿仰けるは。いかにも一たんはたいらの

忠もりと其方が。奏問の筋にて。勅勘ありしか共。あやまりなきよし丹波

の忠もり。ならびに池の禅尼が名代として赤石連大夫といふものの内奏を

へたるゆへ。わざと今日の御能を催され。相手に仰付られたり。サア双方大切

の所じや程に。存念の通對決せられよとの儀。頼俊畏て今きかるゝ通

の儀じや。ナント其方多田の正統を相續するからは。先祖満仲へ神女枡花

女よりつたへし。箕壁(きへき)大星(おゝぼし)遁甲(とんこう)の三ヶの秘事を知つたるか。此三ヶの

秘事をも知らずして。朝廷守護は心もとない。何と/\とつめらるれば。それを

しらいでよい物か箕壁とは星の事。大星とは軍に運を帰す取まはし。遁甲

とは甲子をくつてのがるゝ法と。与八郎知つた顔にいへば。頼俊サアその星の名を』

軍の大事とはなぜするぞ。イヤそれはしらぬ。それならばそちは大星を知つて

ゐるか。しらいで濟べきや。大星とは大日生ずるといふ字をわつて日を背に

負ふ神武の御故事。遁甲は何と/\といへば。与八郎うろ/\して。ハテ遁甲は遁

甲じやまでといふ時。殿上も地下もどつと笑へば。与八郎つらをあかめ。傳来〓

事じやによつて。人中ではいはれぬとしりごみする時。御前より頭ノ中将をめされ。

頼俊が勅勘御免なりとて。法皇宸翰を染させ給ひ。丹波の忠もりが

執奏にてゆるす事なれば。寿命は忠守にあやかるべしとて。寿の字を一

字下されけり。又當今の帝よりは。本領は一たん与八郎に下されしものなれば。

綸言はかへしがたし。摂州能勢の内にて。三千石の地を當分けくだし置るゝ

とて。福の字をかゝせ給ひ。是を頼俊に下さるれば。頭ノ中将舞臺をへあがり

て渡し給ふを。頼俊よに面目をほどこし。三度頂載して。急度与八郎を

ねめつけ。さすかいなには悪魔をはらひ。おさむる手には。寿福をいだきと。』

おしいたゞき/\三拝すれば。頭の中将仰らるゝは。頼俊が追こまれしは。ふ行跡

ゆへとの事にて養老といふ白拍子にほだされし事はちがひなければ。今更与

八郎が讒言ともいひがたし。しかれば与八郎に下されし本領下されしまゝ也。有がたく

思ふべし。去ながら多田の本義をしらぬ段。多田の苗字は叶がたかるべし。外の

苗字を名乗て。多田は頼俊一人に限るべしとの勅諚なりとの儀。違背

ならぬ朝家の仰。両人はつと御受申せば。もとより一門の両人向後中よく

いたすべしと。御盃を下されける。与八郎無念骨髄に通つて。おのれ頼俊

を生て置ゆへの事なれば。遠かあぬ内に闇打にせん。さすれば本家の苗

氏も。身が方へもどる道理と。盃する内にもはぎしみすれば。頼俊は寛

仁にて。是迄の事は各別たがひに親と親は兄弟なれば。遺恨なしと盃

を取あげ。与八郎へ指給へば。与八郎むつとして。此方よりこそさすべき理なれと

いたゞかねば。頭の中将イヤ/\それは。与八郎了簡ちがひといふ物也。親と親を』

とへば。頼俊親が其方が親の兄とあれば。頼俊よりさすべき筈也。此下知をも

用ひずんば。本領ともめし上られんとしかり付られ。何のそむきませうと。はら立なが

ら取上て。そこ/\にいたゞき。頼俊へぞもどしける。さらば肴をせんと頭の中将扇を

ひらいて。千秋楽には民をなで。万歳楽には命をのむ。相生の松風颯々の聲ぞ

                                                              たのしむ/\

  (三)進上の樽の口切おふせた血酒

万戸の侯も。方寸の忠より外に出ずとかや。頼俊三千石を下され。むかしの本

領には似ざれ共。多田の苗氏一人に仰出されし有がたさ。身にあまり。浦部の

入道大矢の五郎。其外家人祝詞をのべ頼俊方へあつまりて。在京の源氏仲

政頼政を始めとして。残らずまねきよせ。酒宴をなしてたのしみける。従弟

与八郎頼憲方へも度々人をつかはしけれ共。いまに見えずと。別心なきおも

むきより。此座にかけては。一たん不和なりしうへは。世の聞へもいかゞときの

どくに思はれける。使の者帰りて。与八郎様にはいかにも参りたふ存れ共。病氣』

ゆへ得参らずとて。御家来衆が名代に見へまする筈といへば。頼俊ハテさて

病氣とは氣づかひなと。案じ思はるゝ所へ。勝手より取つぎも者ども。一石

入の大樽一つに。かけ鯛見事に取つくらひしを。臺にのせ。与八郎様の御使

者でごさりまする。今日は別してめでたふ存まする。参りましておとり

持もいたす筈なれ共。急に病氣指おこり。難儀いたしますゆへいり?打

まして樽肴進しまするとの。口上でごさりまするといへば。頼俊使に

あふて。それは近頃きのどくに存る。今日早速御見舞に参る筈なれ共。

見らるゝ通源氏のともがら。残らず参會なれば。心にまかせませぬ。御祝

儀と有て樽肴御意?にかけられ。忝いと申てむれられよと。丁寧にあ

いしらひ給ふも。朝廷より中よくせよとの仰を。おもんじての儀とぞ見へ

ける。肴は臺所へおろさせ。樽は座敷の次の間にすへて。与八郎にも

別心なきしるしと。惣中へ披露ありける。頼俊の心の内ぞおとなしき。』

[挿絵]

いづれもめでた酒。盃の数かさなり。夜半迄舞うたひ。余念なくのみか

はされしが。いづれも酒たけなはにして。ころり/\といきつき。とてもこよひは夜

あかしになぐさまんと。座敷中には歴/\の源氏衆。まづ一やすみして

又のまんと。暫ゆめをぞむすばれける。亭主頼俊もくたびれて。木枕

取よせとろ/\とまどろまるれば。家人の面々いづれも勝手へ引ける時。

ふしぎや与八郎より送られし樽。うこき出るを。大矢の五郎一人わきに急

度目をくばつて。ねたるやうにしてゐたりしが。アラ合点ゆかずと見てゐ

ければ。内よりそつとかゞみの板をおしのけ。むつと出るは与八郎頼憲すは

こそと大矢の五郎。いよ/\ひそまつて。うかゞふ共ぢらざれば。大小もたくはへ

出て。鉢巻かためしりをからげ。身に鉄のびやう打たる。篭手すね當

ひつしとかため。そろり/\と頼俊のねいられし方へ忍びよると。大矢五郎

も高ばいして。うしろについてにじりより。与八郎すでに刀を抜て。頼俊』

をおがみ打にせんとする所を。うしろより両ずねとらへてうしろへかづけば。あふのけ

さまニたをれたり。物いはんとする所を。口に手をあて早縄にてくゝりあげ。与八郎

がしたる鉢巻にて口にあて。音たてなと引たて初の樽へなげこみ。かゞみの板を

てうとしめ。サア/\御客様がた。今一つ御酒召上られませとおこせば。いづれもめを

さまし。また酒盛ぞ初りける。大矢五郎つゝしんて〓ながら折角与八郎様より進ぜ

られました御酒なれば。一つ召上られますまいかとうかゞふ。是は尤といづれも

同心なれば。更ばどなた様にてもおなぐさみに。符をお切なされますまい

かと申時。頼政若役に拙者が符を切べしと。樽の上にのつかゝり。コリヤたひ

ていの事ではかゞみの板がぬけぬと。脇指抜て板の間よりつつこみ給へば。御手

つだひ仕りませふと。大矢五郎も脇指抜て。横よりぐつとつつこむに。血はほど

ばしりて樽を染るに。一座おどろき。ふたを取てみれば。与八郎しばられな

がら殺され。はや息たへて色かはり。コハ何事ぞと有ければ。頼政イヤ/\』

最前よく寝入し所に。枕もとにどつたりとする音あり。夢さめてみれば与八郎が

抜刀して。大矢五郎がしばりつけて。樽へ入しを見届たり与八郎は今日病氣と

え爰へ出ざれば。樽の内成は酒也。もろこし春秋の時代には諸侯大名たがひ

に境を侵さじと。國境にて會する時は。いきたる牛をつき殺し。皿の上へそ

の血をつけ。一人にても此約束にそむくものあらば。あの牛のごとくならんといふて。此

血をのんでまはす事也。これを盟といふ事。血をのみかはして酒とするとの心(『故実改解集』盟約の事参照)。

なり。あの樽成酒をのみかはして。源氏のうちにて別心を持ものあらば。アノ

酒のごとくならんと。のみかはすべしと。ざんぶとくみこみ。頼俊にさゝれける。

頼俊涙をうかへ。他の氏にてもある事か。骨肉をわかちし同じ筋

目。一通りの見識にては。人として人の血をのむべき理はなけれ共。武門

のならひ約をかたむる。今の盃。同氏をそむくものへの見せしめの酒

なればと。つつとほしてそれより段々めぐる盃に。夜もしらけて東の』

                                                    [〓〓〓〓]

山に出る朝日と共にちかふる源氏の面々。いづれも連署し与八郎が悪

逆やまざるよしを奏し。扨忍び込で殺されし段迄申上ければ御慈悲

かへつてあだと成しよな。多田の本領与八郎が知行。こと%\く頼俊に下さる。

子孫にながく傳ふべしとの宣旨くざされば。ありがたし/\と養老と

もろこし?がくめどもつきせぬ源の瀧のながれの末はんじやう。子々孫々は

八十續。おさまる家こそめでたけれ       五之巻終

                    ▲お断申上まする

 并ニ 謀をしめ出しにする俵の秀郷が智略深き思案は底の湖塩のないやつこ出立

   龍 都 俵 系 図        全部五巻  此本正月二日より/出し申候

 付リ 敵の心は濁た純友味方は直ニ六孫王の心七人化粧の種を打割名将の御眼鏡

                            ふや町通せいぐはんじ下ル町

  元文五年 申ノ 正月吉日         八文字屋八左衛門新板』