和田誠ポスターに対する様々な反応 http://togetter.com/li/255206 

皆さんはこの絵や、まとめを見てどんな感想を持ちますか?

私なら、「こんな誤解を招くようなヒドイ絵を・・・」と言いたい所でしたが、書いたコメントはこれです。

何も解からず避難してた頃の、恐怖や恨みを表現したとも取れる絵。

今もこんな気持ちの人がいたら 「物理的に問題ない」 と説明する前に、

「精神的に辛かったね」 と声を掛ける所から始まると思う。

ここにいる人は、いわゆる「卒業生」がほとんどです。

放射性物質の有無ではなく、量的判断ができます。

ニュースの第一報が出ても慌てず、続報や解説が出るまで待つことができます。

疑問点を自分で調べることができます。

ツイッターでガンガン飛ばされるRTをスルーできます。

専門家の「学者言葉」を脳内で「一般言葉」に、置き換えて考えることができます。

絶対安全が無い以上、比較的安全を選択して生活することができます。

---------------------------------------

実は最近、わざと危険派思考のママさんたちの会話ツイートを覗くようにしていました。

そこで私のような、「学者言葉の通訳」 みたいな人が丁寧に説明してる現場を目撃しました。

徐々にママさんの警戒心も薄れて、納得してもらえたのかな?と思った時、予想外の展開に。

お気持ちは大変ありがたいです。がそんなに簡単にストレスが無くなるなら苦労しませんよ!

彼の科学的説明に間違いは無かったのになぜ? と思い過去ログをさかのぼって見ました。

今回のリスクは小さすぎて分からないかもしれない。ものごとに、全く「0」は無いとは思っています。

ははは(*^_^*)そうですか。 私も、「なるだけちっちゃいから気にしないようにしよう!!」と

努力してみます。 今までのやりとりのおかげかですかね。 そんな気持ちにしないとですよね!!

大変良い資料をありがとうございました。

私は行政が、各々この先どの様に生きてゆきたいのか選べるように意見を聞き、

各々が選択できるようになればいいなと考えています。

--全く聞く耳を持たなかった人を、ここまで導いたのだから大したものです。 ところが・・・

行政が個々人にまで目を配った政策に到達するには時間がかかりますから、

その間せめてストレスを溜めないよう安心して暮らしてください。

仰ることは行政側の模範回答ですし、その通りの現状だと思います。

が、望まずしてこの様な状況になったのだから、全く受け入れ難いです。

ここからどんどん溝が深まり、1週間前の対立状態の会話に戻ってしまいました。

もし、お時間があるのであれば、私の過去のツイートやお気に入りを見て頂ければ

(震災後にはじめた)どんな経緯で、どんな資料を見ていて、どんな取り組みをして葛藤して

いるのかがちょっとは分かると思います。

このツイートをヒントに、3月の過去ログから読んでみました。

福島市の積算量は2mSVとなりました。 年間量に達しましたが、60キロなので避難指示は

でていませんが、子どもは本当に福島市内にいて大丈夫なのでしょうか?

東京に避難していて、4月18日に息子の学校が普通に始まり,泣く泣く戻りました。

福島市に帰るのが、ものすごくこわかった。 すべてが汚染されている気がした。

長崎・広島の放射線アドバイザーの先生が、低量被爆は修復作用があるから、大丈夫!と。

家族からは心配しすぎと、さんざん言われた。

ホールボディカウンターで計ったら,驚く数字がでるのだろうか?

福島市民から見ると、東京や県外で、0.1マイクロSVぐらいで騒いでいつのが信じられない。

家の中で0.6~1マイクロSVなんですよ!!

誰かさんとパターンが一緒と思いましたが、次の言葉でこの数ヶ月ナゾだった事が理解できました。

単純に放射線等に関する知識不足から不安になっているというだけでは無くて

様々な要素が絡んでいるという事がご理解頂けましたか?

一度体験した恐怖感や、喪失感はなかなか消せないですよ。

共感は、とても大きな解決なんですよ。  そこを理解してくださいね。

求めていたのは、「共感」でした。

-----------------------------------------

私がナゾだった部分とは。

学者の説明はハードルが高い--なら一般人が使う言葉に翻訳--それでも聞く耳を持たない

ここで、水野教授のツイートを元にまとめを作成。

●学者の出番 いま必要とされているのは? http://togetter.com/li/234034 

放射線の恐怖の問題については、どう言えばいいんだろう。 きっと何も言わなくてもいい。

話を聞く事で、話をすることで、気持ちが落ち着くのだろう。

これは心理学者の出番なんだろうなぁと思った時、こんなまとめを教えられました。

●「不安になってはいけない」社会がもしあるとすれば、それはなんと抑圧された社会であることか

http://togetter.com/li/234549 

人の気持ちってね、科学や理性で割り切れるもんじゃぁないんですよ。

馬鹿だなぁ。 「怖い怖いよぉ」という人に、「君の恐れているものは恐れるにたりないんだよ」

と言い放つ事がいかにストレスフルなものか、君はわからんのか。

まず寄り添え! まずその恐怖を認めてやれ。いろんな話はそこからだ。

言葉を変えようか。 相手の信頼を勝ち得てない段階で、「科学的事実」など説いても、

なんの説得力も持たない。 まず信頼を勝ち取ろう。  科学はその後にやってくる。

頭ごなしに与えても効き目なんざあない。 それに「正しい知識を与えるのですぅ!」って

啓蒙路線は、どこまでいっても信頼なんざ勝ち得ない。

俺は一言も「科学的知識はいらない」なんて言ってない。

俺はただ、「恐怖もろとも寄り添え。 科学は後の話しだ」って事をいってるだけ。

試しにこう考えればいい:お腹に宿った小さい命を守るため、放射能に敏感になってる妊婦に対し、

「チミチミ。それ科学的じゃないよ。馬鹿じゃないの?」と言い放つ事の醜悪さを考えてみればいい。

感情>>>科学的事実とか等式の問題じゃない。 順番の話。

わからん奴だなぁ。 最初はなんも言わんでええんだ。

----------------------------------------

口の悪いノイホイ氏と水野教授が、同じ地点にたどり着きました。

「正しく怖がる」=「自分で正確に判断し納得」をしてもらうためには、順序として

1.恐怖体験・怒り・悔しさ・絶望・不信感などへの共感・認知

2.避難や防護についてのアドバイス

3.カウンセリングによる打開すべき点の模索(心理学者)

4.科学的根拠による放射線理解(物理・化学・生物学者・医師)

だと思いました。

似たようなことは、こちらにも書いたので江川紹子さんにもツイートされましたが

この時は、波動水を売るための洗脳経験を逆に利用したもので、本質には気付いていませんでした。

「まず、ママの側に立って下さい。と言うのもママ友の話に取り込まれてしまうのは、「ママ」が孤独な存在だからです。」

http://hope-japan.tv/archives/859 

例えば、ストレスに対して軽い安定剤を服用してる場合で考えましょう。

震災前からこんな人は多かったはずです。 洋服店時代の社長も愛用してました。

その人からいきなり薬を取り上げて、「実際には何も起きないから大丈夫!」と言うような事です。

これでは薬が無くなった(放射線防護をやめた)ストレスの方が、大きくなってしまうので

防衛本能が働いて、「現状維持」を図ろうとするのです。

今後は、その人がどの段階に居るのかを考えて方法を決めようと思います。

また現在では、「放射脳・ワーワー教」 vs 「学者に騙された安全厨」 という対立軸で

互いに攻撃し合ってるように見えます。

9条・EMなどそれが仕事の人も混ざってますが、このままじゃ「卒業したい人」は警戒するだけ。

卒業生の皆さんにお願いしたいのは、相手の話を聞いてあげる方が近道だという事です。

ガレキ処分・除染・不正確な測定所・無謀な基準値など解決すべき事が山積みです。

復旧から復興へ。 1歩前進させましょう。