〈参考〉モジュール1開講期間中の日々の流れ

授業があるのは週1回で水・木・金曜のいずれかです。開講時間は11時から13時までで、上のお子さんの幼稚園などの送り迎えに支障のない時間をということで、この時間帯に設定されました。2時間の授業時間内に10分程度の休憩時間を取りますが、授業は一気に進めていきます。予習のための教材はおよそ2週間前に配布されますので、余裕をもって消化してください。授業前日の正午が課題提出の締切になります。モジュール1では、事前課題を締切時間前に提出した人が、翌日のオンライン授業にも出席して、何か発言したことで「出席」となります。

2時間の授業は、49人全員でのディスカッションと4人1組での小グループディスカッションを行き来しながら進んでいきます。小グループの組分けや、小グループディスカッションと全体ディスカッションの切り替えはすべてこちらで行いますので、参加者は自宅に居ながらにして、さまざまな人たちとのディスカッションを次々に楽しむことができます。

授業のテーマは、「上司と同僚の思惑を理解する」(組織行動)、「資金の流れを理解する」(ビジネスモデル)、「顧客を理解する」(マーケティング)、「会社の存在意義を考える」(経営戦略)、「職場への復帰を展望する」(復職準備)の5つ(各3回)で、通学形式のMBAプログラムと比べれば少ない授業数ではありますが、それでも相応の網羅感があり、十分な知的ストレッチの機会となるはずです。