モリアンカマー効果

ハッソル・エンディ

 モリアンカマー効果というのはモルモン書のエテル書第3章に描かれているヤレドの兄弟の話から学んだ原則を1つの概念にまとめたものです。預言者ジョセフ・スミスはヤレドの兄弟の本名はマホンライ・モリアンカマーであるという啓示を受けました。マホンライ・モリアンカマーという名前は少し長いので、マホンライ効果かモリアンカマー効果のどっちにするかということを検討しました。マホンライというのは「本来」という言葉に似ていて誤解を招く可能性があると思い、モリアンカマー効果という名前にしました。

 この概念は、ヤレドの兄弟の熱心な信仰深い行動によって受ける祝福に基づいています。モリアンカマー効果の最も大事な点はお祈りです。ヤレドの兄弟のように熱烈に祈ることですが、特に具体性が大切です。具体的な願いや答えを求めてお祈りすることです。そのようなお祈りになると曖昧な信仰ではなく、願ったことに根付く確固とした信仰に変わり、信仰を働かせる機会になります。ヤレドの兄弟が石を溶かし出したように、真の信仰を持つと必ず行動が伴います。願ったことが叶ように自分の創造性を発揮して、自分自身は何ができるかよく考えます。そして思いついたことを実践します。思いつく、もしくは思い浮かぶ考え自体は聖霊の導きであるといっても間違いないでしょう。思い浮かんだことを実行に移したと、お祈りの中で神様に報告する。そうすると啓示を受け、祝福を受けます。それは信仰を強めるものになり、神様との関係が一層深くなります。それで自分はどのように啓示を受けるか分かり、生活の中で神様の助けが受けられるという証の養いにもなります。

 このような数々の祝福は具体的なものを求め、積極的な祈りと行動によって受けるものです。つまりこれがモリアンカマー効果なのです。

 次は、モリアンカマー効果をどのように生活の中に取り入れるかという話になります。この効果を見出す方法は目標の設定と似ていると思います。まず、自分は何が欲しいかよく考え助けてほしいことを紙やノートに書き記します。そして、やっていることが正しいかどうかを確かめるために祈ります。啓示を受けるまで行動しない、という考えは誤りです。モリアンカマー効果のエッセンス信仰を持ちながら考えた計画を実践するということです。これが祈りの答えや祝福を受ける最初のステップです

 この効果のもう一つ側面は、自分が望んだ祝福に加えて、神様は予期しない祝福を取っておかれて、それ信仰を伴う祈りとともに与えてくださるということです。ヤレドの兄弟は、主の指を目撃しただけでなく、この世界の過去から未来について見ることを許されました。そのような隠れた宝を見出す機会は、今のところわたしたちには隠されていますが、小さな祈りをコツコツと続ける先に11つ解き明かされていくのではないでしょうか。