Published using Google Docs
転入/転出・長期欠席・休学/復学のルール_2021
Updated automatically every 5 minutes

ヘルシンキ日本語補習学校

転入/転出・長期欠席・休学/復学のルール 2021

採決:2014年10月11日(土)/2015年3月14日(土)/2015年9月12日(土)/2016年1月16日運営委員会/

2017年3月11日/2020年8月5日/2021年2月21日  運営委員会

  1. はじめに

転入・復学は、希望生徒の保護者が届出用紙を提出することによってプロセスが開始され、最終的な転入学年やクラス、また受け入れの決定は、転入生徒の保護者と講師の間で協議し、決定される。保護者と講師の間で見解が異なる場合には、運営委員会が最終決定を行う。また、講師数、生徒数の変化等により、受け入れ態勢が整っていない場合は、転入・復学時期が延期になる可能性もある。

  1. 概要

新規転入または再転入

転出

長期欠席

休学

復学

開始時期

特に指定なし

特に指定なし

特に指定なし

特に指定なし

特に指定なし

単位

新規転入は学期単位以上

再転入は単位なし

特になし

最長2ヶ月

最低学期ごと1年以内(1年ののちに転出に切り替わる)

特になし

回数

1年間に2回まで

1年間に2回まで

1年間に2回まで

1年間に2回まで

入学金

/復学金/月額費

復学金55ユーロ

30ユーロ(復学費用無し)

※教材はメール配布のみ。

復学金55ユーロ

復学金55ユーロ(一ヶ月以上の医師の診断書がある場合のみ復学金を免除)

授業料請求

新規転入は最大2回まで無料の体験入学が可能。

新規転入月の請求は体験入学後に1回でも出席の場合は通常授業料。

再転入は復学と同様とする。

転出月の前月の末日までに転出届が提出された場合で、転出月の出席が1回でもあった場合は通常授業料を請求。

復学月に1回でも出席があった場合は通常授業料。

復学の判断のために体験入学が必要な場合は個別に対応可能とする。(再転入の場合も同様。)

休学月の前月の末日までに休学届が提出された場合で、休学月の出席が1回でもあった場合は通常授業料を請求。

復学月に1回でも出席があった場合は通常授業料。

復学の判断のために体験入学が必要な場合は個別に対応可能とする。(再転入の場合も同様。)

学習サポート

なし

なし

講師による宿題、テスト等教材(通常授業と同様のもの)の配布・質問への回答等

(欠席扱いのため、対面・遠隔を問わず授業には参加しない)

なし

復学後、通常の授業サポート

学校との連絡

なし

なし

メーリングリストに残る。イベントへの参加可能

メーリングリストから削除。イベントへの参加不可

通常の連絡

担当係・委員

出来る範囲で継続(遠隔でも可能な係に変更する等)

基本的に継続の義務なし

総会での議決権の有無

あり

なし

*1年間に転出入・休復学は2回までとなっているが、届出用紙に記入されている日を元に1年間とする。

  1. 転入について

  1. 転出について

      5.  長期欠席について

在籍を希望するものの、諸事情により連続して欠席することが予想される場合、長期欠席を選択することをお薦めします。長期欠席の意図は、授業に参加できない状況下でも、補習校の授業進行状況や宿題及び担任講師の学習支援を受けられるようにすることで、日本語学習の継続の支援にあります。

 6.  休学について

諸事情により休学を選択される場合には、まず担任講師に相談することを強くお薦めします。一度休学すると復学しにくいケースが多いため、日本語学習の継続を望む場合にはできる限り休学期間を短くすること、また進級を迎える年度変わりを挟まないことをお薦めします(新年度には担任講師も変わり、日本語習熟度によっては進級せずに休学届提出時の学年に留まっての学習継続を推奨する可能性もあるため)。

 7.  復学について