発表校の皆様

2017年11月30日 版

サイエンスキャッスル実行委員会

サイエンスキャッスル 2017 東北大会 発表校へのご案内

この度は、サイエンスキャッスル2017 東北大会にご参加いただきありがとうございます。当日の注意事項をまとめております。事前にご確認頂きますようお願い申し上げます。

変更点は青字で示しております(11月30日時点)

■基本情報

学会名:サイエンスキャッスル2017 東北大会

日程:2017年12月17日(日)10:00-17:30(開場:9:30 予定)

場所:岩手大学 学生センター棟(〒020-8550 岩手県盛岡市上田3-18-8)

大会テーマ:地域に根を張る先端研究                           

■交通案内

<盛岡駅から会場までの行き方>

【バスのご案内】

・岩手県交通バス 駅上田線

乗車−「松園バスターミナル行き 下車−「岩手大学前」

・岩手県交通バス 駅桜台団地線

乗車−「桜台団地行き」 下車−「岩手大学前」

        ※ お帰りの際は、行きとは別のルートとなります。

・岩手県交通バス 駅上田線

乗車-「盛岡駅行き」 下車- 「盛岡駅」

・岩手県北バス

乗車-「イオンモール盛岡南行き盛岡駅行き」 下車- 「盛岡駅口」

<バス停地図>

スクリーンショット 2017-11-12 22.57.28.png

<大学入口から会場までの道順>(学食追記)

<会場MAP>(部屋の呼び方を1部変更)

※口頭発表会場は基本的に2Fの「口頭発表会場」のみ使用しますが、参加者が増えた場合など1Fの「口頭発表会場サテライト」を開放し、口頭会場の様子をサテライト中継する予定です。

■スケジュール

時間

内容

10:00-10:15

開会式

10:15-11:00

特別基調講演(弘前大学COI推進機構 村下公一教授)

11:00-12:30

口頭発表審査 6件

12:30-13:15

休憩・昼食(展示ブースの見学が可能です)

13:15-14:45

口頭発表審査 6件

15:00-17:00

ポスター審査(展示ブースの見学が可能です)

17:00-17:30

表彰式・閉会式・記念撮影

<全体へのご案内>

<ポスター発表者へのご案内>

<見学者へのご案内>


■各賞

以下の賞を授与予定です。

<口頭発表>

口頭発表の中から審査員が審査

審査員による議論で最も「科学技術の発展と地球貢献を実現する」研究とみなされたものに授与

口頭発表の中から審査員が審査

審査員による議論で最も大会のテーマの実現にふさわしい研究とみなされたものに授与

口頭発表の中からリバネスにより選

口頭発表をすべて見たリバネススタッフによる議論により、将来最もリバネスの仲間になって欲しいと思う研究に授与

<ポスター発表>

口頭発表演題を除くポスター発表の中から審査員が審査

審査員による採点、議論で最も「科学技術の発展と地球貢献を実現する」研究とみなされたものに授与

<全参加者>

すべての発表者に授与

※この他、当日賞が追加される場合もございます。

■審査項目

 下記項目を5段階で評価します。

        課題意識があるか:科学的な視点でのQ(疑問、課題)※新規性、社会的意義を含む

        研究へのパッションを感じるか:発表者自身のQへの情熱が感じられるか

        仮説の検証ができているか:自ら仮説を立て、その仮設を効率的に検証する実験計画が立てたられているか

        論理的な考察ができているか:論理的に導かれた考察か、次の研究計画が立てられているか

        新しい発見があるか:結果がクリアに出ているか、周りがその研究に興味を持ち応援したくなるか


■口頭発表順

口頭#

開始時間

学校名

研究テーマ

O-1

11:00

青森県立名久井農業高等学校

青森県

農業用ドローンを活用したリンゴの溶液受粉の研究

O-2

11:15

山形県立村山産業高等学校

山形県

イモ類の苗生産から栽培、加工品開発に関する取り組み

O-3

11:30

福島市立渡利中学校

福島県

機能性野菜の創造

O-4

11:45

宮城県水産高等学校

宮城県

マボヤの鮮度評価に関する研究

O-5

12:00

岩手県立一関第二高等学校

岩手県

岩手県内に生息するホンドハタネズミの遺伝的多様性

O-6

12:15

仙台城南高等学校

宮城県

野生トウホクサンショウウオの産卵期における生態調査

O-7

13:15

秋田県立大曲農業高等学校

秋田県

酸性化した田沢湖水の中性化方法とそれらの効果の検証

O-8

13:30

秋田県立秋田高等学校

秋田県

セシウムを吸着する放射線耐性菌の作出

O-9

13:45

福島成蹊高等学校

福島県

シャジクモ表面へのストロンチウムの析出とその分析

O-10

14:00

宮城県仙台第三高等学校

宮城県

プラナリアの生と死の境界

O-11

14:15

私立鶴岡東高等学校

山形県

がん細胞が産生する免疫抑制物質の研究

O-12

14:30

山村国際高等学校

東京都

マウス腸内フローラから健康食品の機能性を探る


■ポスター発表番号

ポスター#

開始時間

学校名

研究テーマ

P-1

15:00

青森県立五所川原農林高等学校

青森県

古民家を活用した「園芸を楽しむ認知症カフェ」の実践

P-2

16:00

宮城県佐沼高等学校

宮城県

板の中央に錘を置いた時に摩擦係数が最大になる理由

P-3

15:00

学校法人世田谷学園中学高等学校

東京都

川崎市生田緑地のエネルギー(熱)流で見る生態系

P-4

16:00

福島県立安達高等学校

福島県

放射線飛跡、上から見るか?横から見るか?

P-5

15:00

秋田県立秋田高等学校

秋田県

シトラールの突然変異抑制効果をもたらす構造の解明

P-6

16:00

秋田県立秋田高等学校

秋田県

食品保存料ナイシンを効果的に利用できる条件の開発

P-7

15:00

秋田県立秋田高等学校

秋田県

緑茶の成分と抗生物質の抗菌作用との関係

P-8

16:00

福島市立渡利中学校

福島県

ヨーグルトの発酵速度を高める工夫

P-9

15:00

福島市立渡利中学校

福島県

アブラナ科植物を使って塩害土壌を克服する

P-10

16:00

名取市立増田中学校

宮城県

段ボールで作った実物大「零戦の栄式エンジン」

P-11

15:00

岩手県立一関第二高等学校

岩手県

カイコの餌と繭の色に関する研究

P-12

16:00

茨城県立緑岡高等学校

茨城県

シュウ酸エステルを用いた化学発光の研究

P-13

15:00

青森県立十和田工業高等学校

青森県

ラズベリーパイによるアルツハイマー患者の徘徊対策

P-14

16:00

青森県立八戸工業高等学校

青森県

世界唯一五農高産赤~いリンゴが創る青森産太陽電池

P-15

15:00

秋田県立増田高等学校

秋田県

水耕レタス栽培交流で社会的孤立を防止しよう

P-16

16:00

茨城県立緑岡高等学校

茨城県

シクロデキストリンによる包接の条件

P-17

15:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

日本酒の天敵 火落ち菌の研究

P-18

16:00

秋田県立秋田中央高等学校

秋田県

小型風力発電用風車の形状と発電効率向上に関する研究

P-19

15:00

宮城県宮城第一高等学校

宮城県

雷銀ができない銀鏡反応

P-20

16:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

地盤強度について

P-21

15:00

福島成蹊高等学校

福島県

アオミドロとアミミドロによる有用な金属イオンの吸収

P-22

16:00

秋田県立秋田中央高等学校

秋田県

秋田のため池における水生植物の分布と埋土種子の研究

P-23

15:00

福島県立安積黎明高等学校

福島県

ソバ殻を活用した金属イオン吸着の評価

P-24

16:00

宮城県佐沼高等学校

宮城県

異物による結晶の成長への影響

P-25

15:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

過冷却水の凝固熱の応用について

P-26

16:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

トリチェリーの実験について

P-27

15:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

水のろ過のろ材について

P-28

16:00

岩手県立一関第二高等学校

岩手県

地震動と建造物の基礎構造および室内落下物の飛散

P-29

15:00

福島成蹊高等学校

福島県

イシクラゲによる水溶液中のセシウム吸収について

P-30

16:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

LONPOSパズルについて

P-31

15:00

福島成蹊高等学校

福島県

ミカヅキモのS²⁺吸収~赤色LEDによる検証~

P-32

16:00

宮城県仙台二華高等学校

宮城県

安価な吸光光度計代用品の比較・検討

P-33

15:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

ダイラタント流体による動力伝達 PART4

P-34

16:00

宮城県仙台第三高等学校

宮城県

やじろべえ型受動歩行機の歩行解析

P-35

15:00

山形県立米沢興譲館高等学校

山形県

ドジョウ類における不凍タンパク質の探索

P-36

16:00

岩手県立大船渡高等学校定時制

岩手県

私たちの体を健康にするヘルシーわかめ弁当!

P-37

15:00

山形県立山形東高等学校

山形県

クマムシの長期培養と電子顕微鏡資料作成の試み

P-38

16:00

山形県立山形東高等学校

山形県

発酵熱の融雪への利用について

P-39

15:00

山形県立山形東高等学校

山形県

各種長鎖アルキルアルコール単分子膜の作製と評価

P-40

16:00

山形県立山形東高等学校

山形県

透明な氷を作りたい!

P-41

15:00

宮城県古川黎明中学校

宮城県

メダカの生息域と水質の関係

P-42

16:00

八戸市立大館中学校

青森県

お盆と風船の落下の秘密

P-43

15:00

宮城県古川黎明中学校

宮城県

パンスターズ彗星の光度観測

P-44

16:00

青森市立古川中学校

青森県

複振り子の周期の変化について

P-45

15:00

青森市立古川中学校

青森県

ミミズの行動に関する研究Part2

P-46

16:00

八戸市立大館中学校

青森県

回転しながら着地する機体

P-47

15:00

八戸市立大館中学校

青森県

土壌生物による枯葉の分解についての研究

P-48

16:00

岩手県立盛岡第三高等学校

岩手県

スジエビの体色変化

口頭発表に関する注意事項

発表スケジュールについて

 5Pの発表スケジュールにて実施致します。都合により発表順が変更になる場合がございます。当日の変更

 内容はスタッフより全体にアナウンスさせて頂きます。

当日の打合せについて

 口頭発表者の方は、9:45頃よりスライドの確認等のリハーサルを行いますので、必ず「口頭会場1」にお集まりください。なお、現状のリハーサルの時間は予定であり、確定後、各校へご案内いたします。

発表時間について

発表時間

7分(1鈴:5分経過時,2鈴:7分経過時)

質疑応答

7分(3鈴:14分経過時)

発表の流れ

  1. 発表者が壇上に上がり次第、次の発表者用の待機場所に移動をお願いします。
  2. 前の発表が終わり次第、壇上に移動をお願いします。
  3. 司会者からの演題・チーム名の紹介の後に、発表を開始して下さい。        
  4. 司会者が質疑応答の進行を行いますので、質問対応をお願いします。        
  5. 司会者から「ありがとうございました」とアナウンスがありましたら、席にお戻り下さい。

発表スライドの作成

デジタル(PC)プレゼンテーションに限ります。

発表時に使用するPC:MAC book Pro     Microsoft Office 365 business powerpoint2016

発表に使用する備品:リモコン付きレーザーポインタ1個(PCは少し離れたところに設置予定です。スライド操作は発表者にリモコン付きレーザーポインターで行っていただきます。)・マイク1本

スライドサイズ:4:3で作成ください。

※上記の仕様で正常に作動する様に事前にソフトのバージョン調整や保存形式の確認をお願いします。

※スライド枚数に制限はありませんが、発表時間内に終了するようにして下さい。

※音声・動画を使用する場合やスライド以外に実験器具等の持ち込み希望する場合は、事前調査フォーム」にてお知らせください。

発表スライドの修正に関して

審査員の方々への配布資料は、提出期限の12月12日(火)18:00時点のデータを用いますので、修正は不可となります。ご了承をいただきますようお願いいたします。

※万が一、提出スライドに差し替えがある場合は事前にご連絡をお願いいたします。


ポスター発表に関する注意事項

発表スケジュールについて

15:00〜17:00の時間に行います。奇数ナンバーの学校は前半60分、偶数ナンバーの学校は後半60分ポスター前に待機して発表を行ってください。逆に奇数ナンバーの学校は前半、偶数ナンバーの学校は自由にポスター見学をしてください。この時、チームメンバーの全員が待機する必要はありません。必要に応じてメンバーを変えながらなるべく全部ポスターを見れるようにしましょう。

なお、口頭発表校もポスター展示を行っていただきますが、ポスター審査の対象とはなりません。交流の機会としてご利用ください。

ポスターの準備について

ポスターサイズ:A0サイズ以内(841mm×1189mm)

ポスター形式 : A0サイズ1枚,A1サイズ2枚,A4サイズ複数枚など自由

パネルサイズ:2100×900を予定

机のサイズ:180×45

※必要に応じてパネルの前に机を1台用意します。サンプル展示や補足資料の展示などにご活用ください。後述の「事前調査フォーム」にてお申込みください。

ポスターの掲示について

掲示場所:会場にてポスター掲示パネルの場所をご確認下さい。

掲示時間:会場に到着しましたら、なるべく早めに掲示下さい。

掲示方法:押しピン、養生テープによる掲示

展示物:各展示物についての保管は発表校毎に管理をお願い致します。

※ 紛失、損壊等について、主催・運営側では一切の責任を負いません。

※ 電源が必要な場合は、後述の「事前調査フォーム」にてお知らせください。

ポスターの撤去について

閉会式後の撤去をお願いしておりますが、都合により早く退場する場合はその限りではございません。

ポスターは発表校毎に外し、必ず持ち帰るようにお願い致します。

発表のために展示物等から出たゴミは必ず持ち帰って処分頂きますようお願い致します。

機材の送付について

機材の送付がある場合は、必ず事前調査フォームよりお申込みください。

発送先と送付日時は以下の通りになります。

〒020-8550 岩手県盛岡市上田3-18-8 岩手大学学生センターA棟 TEL:090-9638-7970

着日指定:12/15(金)-17:00 (日時変更)

備考欄:

・発表者番号(O-_またはP-_)、学校名

・「必ず到着前にお電話ください。」

発表校用「事前調査フォーム」回答ご協力

  こちらより、発表に関する調査の回答をお願いします。

  URL:https://goo.gl/fR5Pfh

  右のQRコードからも登録可能です。

  <調査内容>

  <締切>

        11月30日(木)12:00

その他、発表に関する注意事項

出張依頼書が必要な場合

出張依頼書が必要な場合は、事務局までご連絡下さい。メールもしくはFAXにて送付致します。

その他、イベント運営に関する注意事項

ゴミの廃棄について

昼食等、イベント中に出るゴミはお持ち帰り下さい。なお、発表のための展示物やポスターなども、会場で廃棄せず、必ず持ち帰り処分頂きますようお願い申し上げます。

緊急時の対応について

自然災害等の緊急時には、運営側が、参加者の避難を誘導致しますので、必ずスタッフの指示に従いますようお願い申し上げます。また安全な場所に避難した後、引率教員が生徒の安否を確認をして頂きますようお願い申し上げます。

なお、当日会場内での不慮の事故等に対応するためイベント保険に加入しておりますが、イベント会場までの移動においてはその対象となりませんので、各校ならびに個人の責任のもとで行動頂くようにお願い致します。

ケガや気分が悪くなられた場合

控え室等にて、手当や休憩ができるように手配致します。スタッフまでご相談下さい。

メディア取材の受入及び各種広報媒体への露出について

イベント当日は、各種メディアが入る可能性があり、それらにおいて取材、撮影を制限せずに外部に公開する予定をしております。取材等に問題のある方は、取材を受ける前に必ず断るようにして下さい。

また、株式会社リバネスならびに関連団体・参加校により、各種広報媒体に当日の様子が掲載されますので、予めご了承下さい。

主催・運営側からのお願い

貴校生徒への参加・見学の推奨

過去のアンケートより、参加した中高生は発表生徒から多くの刺激を受け、学習意欲向上の傾向がみられます。ぜひ発表者以外の生徒にも参加・見学いただくよう推奨いただければ幸いです。

貴校生徒保護者への参加の推奨

発表者の保護者はもとより、貴校生徒の保護者に生徒のご活躍の様子を紹介できる場として、参加を推奨頂ければ幸いです。

サイエンスキャッスル2017 東北大会

質問・相談は以下までご連絡ください。

株式会社リバネス 東京本社 担当:百目木(どめき)、河嶋、五十嵐

TEL:03-5227-4198(平日 9:30-20:00)

MAIL:info@Lne.st

大会当日の緊急連絡先

TEL:090-9638-7920(担当:百目木)

以上