Published using Google Docs
本学の新型コロナウイルス禍に対する緊急支援等について
Updated automatically every 5 minutes

2020年5月1日

学生・保護者の皆さま

  京都文教大学

京都文教短期大学

          学長 平岡 聡

本学の新型コロナウイルス禍に対する緊急支援等について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大ならびに緊急事態宣言により、不安な毎日を送られていることと思います。そのような状況下で、本学では、やむを得ず、2020年度春学期(前期)の授業はインターネットを利用したオンラインによる非対面型授業を5月11日より開始(再開)することを決定し、教職員はなんとか学生の皆さんによりよい教育を届けたいと願い、慣れない授業準備を進めています。すでに学生の皆さんには、ゼミ担当教員やアドバイザー教員とやりとりやプレ授業を始めていただいていると思います。

そのようなコミュニケーションの中で、学生の皆さんから聞かせていただいた様々な問題について、一つ一つ向き合いながら、不自由な状況下でも、なんとか皆さんの学業継続を支援したいと考えています。

そこで授業開始にあたり、まず(1)オンライン授業実施による通信環境整備に関する負担への支援、(2)経済状況の急激な悪化による家計不安に直面されている学生への支援について、現時点で、以下のような支援策を予定していますので、お知らせ致します。

1.緊急支援奨学金の支給

非対面型授業受講に必要な学修環境を整えていただくための緊急支援として、在籍する学生全員に、一人当たり一律30,000円を支給するよう準備を行っています(具体的な支給時期、方法等はあらためてお知らせいたしますが、できる限り迅速にお届けできる方法を検討中です)。

2.家計急変に対する支援

家計の急変により修学困難となった学生を対象にした大学・短期大学の経済支援型奨学金制度(給付型)の採用人数枠を大幅に拡大いたします。募集要項(時期、提出書類、選考について)等の詳細は後日発表いたします。

3.2020年度春学期(前期)学費納入の延納対応

2020年度春学期(前期)学費の納入期限(4月末日)までに納入が難しかった方に対し、7月31日までの延納(あるいは分納)が認められます。ご希望される方は学生課までご連絡をお願いします。

上記以外にも、オンラインによる就職相談や学生相談をすでに開始しています。また、授業開始(再開)に伴う図書館サービスの提供も現在準備しています。準備に少し時間がかかるので秋学期に開講を延期した科目もありますが、対面型の演習なども授業方法の工夫などにより、皆さんに学びを提供できるよう先生方が力を合わせて新たなチャレンジに取り組んでいます。また、学生にとって大切な課外活動などについても、少しずつではありますが相談しながら対策を検討しています。

 実習やフィールドワークなど、社会と直接関わる臨床的・現場実践的な学びを重視してきた本学にとり、今回の状況は大変に深刻なものです。しかし何よりもまずは皆さんの命と安全を守らなければなりません。それは学生、学生のご家族だけでなく、それを支える教職員、その家族、そして私たちの学びを支えて下さる地域の皆さま、全ての関係者を守るための辛抱であり支え合いの時です。一人一人の努力や思いは、なかなか目には見えませんので、不安になることも多いと思います。ただだからこそ、こういう時こそつながりを信じ、「ともいき」のためにできることを一つずつ積み重ねていくしかありません。

ただどうぞ一人で抱え過ぎず、皆さんの困りごとや悩みについて、遠慮なく、担任やアドバイザーの先生や関係窓口を通じてご相談ください。改めて相談窓口をのせておきます。

誰にとっても初めてのことばかりで、全ての問題に即時には対応できないかもしれませんが、精一杯努力をします。そして、皆さんと一緒に力を合わせてこの状況を乗り切っていきたいと思っています。

これまでとは違う社会状況の中で、新たな学び、新たなつながり、新たな地域、社会、世界のあり方を問い直す試練の時です。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

以 上