前置き

同時起事象や競合状態や散会決定等の問題に役に立つ構造が必要である。伝言や信号や起動が簡単に見出されて、その模倣子検討[1]した上に模倣子持派[2]使える模倣子在[3]の確認出来る。模倣子が送り出され毎にどんな模倣子在の部分集合から次の送り出す模倣子か選ばれるというのは模倣子状態である。

模倣子叢[4]と身分

模倣子叢というのはある模倣子仲立ち団体が決まった人物から送り出された模倣子を強性無関係に直接受け取るという状態である。模倣子有力または強さは模倣子連続体[5]にの伝達の速さにより計る。詰り、模倣子叢には模倣子が不特定的の代わりに直接広がるから有力はいつでも高いである。

自己模倣子団体と道義

国語、文化、教会、社会時は時間経って変わらない。詰まり、模倣子団体には保守性が高い。この保守性と免疫模倣子団体には関係が深い。それで、新たな人達に転達しないと長く続ける事も無い。

模倣子学の立場から見ると道義性は普通の模倣子または免疫模倣子を送り返されるかだけで計られる。

個人は自己模倣子によって「ルール」守るかどうか他人にそのルールを伝えるかルール守らない人を𠮟る[6]や虐めるや苛める等。この様な人達は教会見たいな膨大な模倣子団体にだけではなくて、青いシャツ火曜日見たいな小さな人工された模倣子団体にも見当たれる。

青いシャツ火曜日の模倣子団体にの自己模倣子団体

青シャツ火に参加する人々の盤表にそれぞれの作戦の説明を入れて見よう。

サンジェイ部長:青いシャツ模倣子団体に無知愚昧。部長で、誰も言わらないままでドーナツは皆の物として、自由に喰ってしまう。

恵美子:自分の色にもかからわず、ドーナツを喰う。守りて誉った時にも青シャツ模倣子団体に無視。

プリシラ(信子):青シャツ団体順守者を誉める、違反者を苛める。新に模倣を伝える。ドーナツを行く時に宣べる。

ロージャ:態と苛められる為に青くないシャツのままで皆の目の前にドーナツを食う。

スチーブ:順守者。ドーナツを食べる。違反者を苛める。

トーニ:異端者で火曜日に態と青いシャツを着ない迄参加しない。

エドリアン(太る): 青シャツ団体好がダィエット為態と青シャツを火曜日に着ない。

恵:ちゃんとルールが知っているのに、よく青いシャツを着ないままでドーナツを盗み喰う。

ベス: 青シャツを着て、格下の順守者を誉めて、違反者を苛める。

青いシャツ火曜日の顕在模倣子[7]団体には何が入ってるか調べて見ましょう。

説明スルも宣べるスルもある。拒絶スルという模倣子は青シャツを着るのが忘れた時に使う。

泥を吐くスルという模倣子は青いシャツのないままでドーナツを盗み喰った事のがある時に使う。最後に恕スルという模倣子は泥を吐いた方に大丈夫だという事だ。

騙すのがばれた方はドナーツ泥棒の状態に終業迄説明スルと苛スルで当ったせられる。

盗み喰った方は自分勝手に無青喰了状態から無青状態に 移動する時に誤魔化スル[8]という仮想模倣子を入れて見たい。何故なら模倣子状態を変更する為には模倣子が必要である。

戻ってから無青喰了状模の模倣子在は完全に使えなくなる。

続いてはどうやって模倣子回路を示す書き出すでしょうか。まず模倣子繋物によって、状態が決める。それで、どんな模倣子が使えるか分かる。模倣子団体は下記の表記体系で書き表せる。分かり易くする為に青シャツ状態を例に取ろう。

この模倣子状態には模倣子繋物が二つある。それは青シャツ繋物とドーナツ繋物である。

模倣子繋物は括弧[9]の中に模倣子状態の名前の後に書く。それから、その模倣子状態に使える全ての模倣子は読点分かって書いてある。模倣子はかもう一つの違う模倣子状態に移すかそのままで同じ模倣子状態に残す。模倣子の名前の後に読点の前にその次の模倣子状態の名前が書く。

青シャツ状態「青シャツ繋物、ドーナツ繋物」喰スル青喰了状態、宣スル、説明スル。

無青シャツ状態[10]「無青シャツ繋物[11]、ドーナツ繋物」喰スル無青喰了状態、説明スル、拒絶スル。

青シャツ喰了状態「青シャツ繋物、ドーナツ繋物」誉スル、不苛スル、説明スル、宣スル。

無青シャツ喰了状態「無青シャツ繋物、ドーナツ繋物」苛スル泥棒状態、泥を吐くスル、説明スル、恕スル無青シャツ状態、騙スル無青シャツ状態.。

泥棒状態「泥棒繋物、ドーナツ物繋」苛スル泥棒状態、泥を吐くスル、説明スル、恕スル無青状態。

自己模倣子団体の事例集[12]

サンジェイ部長 : サンジェイ部長に関する。ルール無視して、シャツは何でも彼んでも着る。普段はドーナツを一個、二個自由に喰ってしまう。それで、シャツの色だけによって青シャツ喰了状態か無青シャツ喰了状態に入る。問題は、部長で、部下に対して、説明スルも苛スルも誉スルでも無効に成って使えなく成る。この模倣子疎外[13]は階級差別[14]に似ってる。

サンジェイ部長と違って、恵美さんの方は苛スルや誉スル等の模倣子は有効で同僚に掛けられる。でもいくつでも掛けられても行動は変わらない。

花子さん : 花子さんは、青シャツを着り忘れた際泥棒の様にする。ちゃんと着る際、ルールを守る。結果は模倣子的な報酬の半分しか得られない。花子さんは泥棒で、青シャツ火曜日模倣子団体のルールが守らなかったら、詰り、青シャツが着ってない場合、自己模倣子団体[15]が其の代わりに使うのである。花子さんの自己模倣子団体には、他人から苛スルのを受けないのが一番である。その為に誰もいないという仮想模倣子繋物[16]が役に立つでしょうか。

犯人は他人か模倣子報酬が中々得られないで、模倣子回路[17]を閉鎖出来ない。顕在的な模倣子回路が閉鎖完全的に出来なかったら、残模倣子負債を積もらなければなっらない。

模倣子をやり出して、模倣子回路が開放され、残模倣子負債[18]も創られ、其の報酬が得ったから、その回路が閉鎖される。犯人が残模倣子負債を減らす為に自己模倣子団体、また隠然模倣子団体の動きに任せるしかない。

犯人専門副模倣子団体にも考えられる。

ロージャさん:他人を刺激するのはロージャさんの目的みたいんだ。

沢山の苛スル機会を創り出しながら、模倣子疎外を自分勝手に外げられる。

スーチブさんは免疫模倣子を創出しない為、模倣子団体を全面的に弱くにする。

何故なら、出さないと、免疫模倣子は段々報酬の機会に見えなく成って、世の模倣子、最っと強くのに入り返される。

トーニさん:スチーブさんと違って、異端者で、一度もドーナツを食べなかったのに、トーニさんの方が良い模倣子団体派員である。詰まり、無スル見たい様な模倣子を出すよりむしろ不喰スルの様な奴を、全模倣子団体のと一緒に出す事。模倣子団体の脱退よりその不喰スルの回りに分極化する。

太郎さん:トーニーさんと同様に、太郎さんが、ドーナツ一個も喰ってないのに、不喰スルという模倣子を出していて、全模倣子団体の協力をちゃんとしている筈。

二人とも青シャツを着るんじゃないけど、宣スルや説明スルという模倣子を出しながら、模倣子報酬を得る。模倣子在を全面的に使用するなのは模倣子を出しながら、完全に参加すると同じ事である。使用模倣子在だきを見て、異端者は遵奉者[19]と言われる方々に模倣子団体の協力が強い可能である

プリスちゃんとベースちゃん : プリスちゃんとベースちゃんは二人とも模範的な参加である。模倣子団体の企望ははっきりを言うと皆で、其の為にタダのドナーツを置き出す。青シャツの無い方がドナーツを喰わず用に、喰スルと青シャツスルの以外の模倣子が作られてあった。トーニさんと太郎さんと同様にプリスちゃんとベースちゃんの動きは全ての模倣子団体の回路を動かせるんで、模倣子団体を強くにするんだ。彼らのお陰で、何でも彼でもやり出された模倣子には報酬が必ず得る。


[1]や 模倣子検討 Memetic Hacking?

[2] Memetic Cohort, also 模倣子仲間

[3] 模倣子在 Memetic Inventory

[4] Memetic Nexus

[5] Memetic Fabric 模倣子連続体

[6] または、苛める、虐めるという

[7] KenZaiMoHouShi 顕在模倣子 Exo-memes, memes which may be observed

[8] This is a “virtual meme” in that it causes a change in the state of the system, i.e., the cheater is no longer eligible for deployment of immunomemes (苛めスル, etc.), but due to an internal meme, i.e., almost an internal decision by the cheater to cover up their crime.

[9] Brackets. In the English version of the notation, square brackets.

[10] 無青という模倣子繋物は仮想模倣子繋物である。

[11] これも仮想模倣子繋物見たいんだ。This is like a “virtual MIAO” since “absence of blue shirt” is not a concrete thing, but it still has clear meaning. See essay, “Virtual Cheese-Dicks” for more discussion of virtual MIAOs.

[12] 模倣子報酬 (mo-hou-shi-hou-shuu) Memetic reward

[13] 模倣子疎外 (mo-hou-shi-so-gai) Memetic alienation, possibly memetic desolation

[14] 階級差別 (kai-kyuu-sa-betsu) Classism

[15] 自己模倣子団体 Ideomemetic system. 自己模倣子 Ideomeme. May or may not be synonymous with “endomemes”

[16] 仮想模倣子繋物 (ka-sou-mo-hou-shi-kei-butsu) A “virtual MIAO.” This is a MIAO which exists only conceptually, in the abstract.

[17] Memetic Loop

[18] Residual Memetic Debt

[19] Another term 遵奉者 (jun-pou-sha) “Conformist”. We make the distinction between “followers” 参加者 who may be “rebels” 異端者 or “conformists” 遵奉者 and “alienated” 疎外者 and “criminals” 犯人. The former three enact only memes that are at least “in” the system, while the latter two enact memes that are “outside” the system, possibly along with some that are within it. Note that at this point we do not dive into “oppression.”