はじめに、

ノザキ塾は、

「他に類似する塾が、あまりない、変わった塾」

かもしれません。

コースと料金のご説明の前に、前置きが長くなりまして恐縮ですが、「変わった塾」と思われる点についてお話しています。

目次

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、【教科は?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2、【ノザキ塾としてやりたい事は?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3、【ノザキ塾の目指す塾の姿は?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、【教科は?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・小2~高3や浪人生まで、各コース共、

「算数・数学・国語・理科・社会・英語」

全ての教科の選択は、可能です。

・しかし、全ての教科を同時に、メリハリ無く、指導して、

虻蜂取らずあぶはちとらず」

~全ての教科を得意になろうとして、全てが中途半端~

になっては、お子様のヤル気は生じません。

・まず、

1、「お子様の興味や希望」「学習状況」「学習能力」を把握し、

次に、

2、「ご家庭でのお子様の状況」や、「保護者の方のご要望」

を等、お聞きします。

・現状をお聞きし、把握した上で、

1、「どの教科を優先」

2、「その教科を、どのように指導」

していけば、

3、今のお子様の状況に応じた、的確な働きかけが出来、

「成果を出す事が出来る」

のだろうか?

と考えます。

・また、

1、「どのような成果」を出せば、

2、「お子様のヤル気」が出てくるのだろうか?

を考えます。

・そして、

1、教科の優先順位

2、教科のTEXTの選定

3、教科の指導内容と指導目標

4、勉強時間の教科別の配分のやり方etc.

を考え、おおまかな学習の計画を策定します。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2、【ノザキ塾としてやりたい事は?】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「学校では、出来そうにない事」

「ご家庭では、出来そうにない事」

「ノザキ塾だから、出来る事」

塾では、「ノザキ塾の場を利用する事でしか出来ない働きかけ」、あるいは、「塾長や大海先生の持っているSKILLを最大限に生かした働きかけ」、を生徒さんに行う事で、生徒さんのヤル気を高めます。

そして、勉強に関して具体的に言えば「一人一人の生徒さんが、もう少し頑張ったら出来そうな事、また、それが出来た事で自信を持てそうな事(その事を、ノザキ塾ではで表しています)」に焦点をあわせます。

そして

生徒さんが、

「成績UPを達成する」

生徒さんが、成績UPを達成した事で「やったら出来る」との

「自己肯定感(小さな自信)」を持つ

「成績UPを達成する」事が出来れば、生徒さんの心に「小さな自信」 「小さなヤル気」が芽生えます

また、「成績UPを達成する」事が出来ない場合でも、生徒さんが自分なりに一生懸命に勉強したという意識があれば、「悔しい気持ち」が芽生えます。

「小さな自信」 「小さなヤル気」「悔しい気持ち」そのような生徒さんの一つ一つの気持ちを積み上げる事によって、生徒さんの「小さなヤル気の芽」を、保護者の方とご一緒に協力して「大きなヤル気の木」に育てたく思っています。

生徒さんのヤル気を高める方法として、ノザキ塾が取り組んでいる事は、

★「学校」や「学年」の枠を超えた、お手本」「憧れの先輩」「メンター」「ロールモデルがいる「学びの場」の構築。

お手本になる大人」「憧れの大人が出入りする「学びの場」の構築。

★「生徒さんが、憧れの大人像、それぞれの分野のPRO、に、チョットでも近づく事が出来るには?」を考えた教科を横断して学ぼうとする気持ちを持ってもらう為のMotivationUp講話

受験全科目を見据え、受験を見据えた、ヤル気を切らさず、しかも効率のよい、勉強のやり方のアドバイス

★生徒さんの通学される学校を知る為の、学校訪問

★生徒さんや保護者の方のご要望がある場合の、学校の保護者面談への同行

等々です。

とにかく、生徒さんのヤル気を一番大切に考えています。

そして生徒さんのヤル気を高める事が出来る「学びの場」とは?どのような「学びの場」か?理想の「学びの場」の姿は?を常に考え、改善を繰り返しています。

その他、効率よく成績UPする上で、重要なPOINTは、一人一人の生徒さんに応じた「適切な教材の選定」と「その教材のやり方」です。

その事もアドバイスします。

そして、一人一人の生徒さんに、

1、その時々の勉強を

POINTをはずさず、手順を押さえて、効果的にやる、やり方

「目的と手段を間違わない、やり方」

2、脳科学の知見に基づいた

「記憶に残す、記憶を取り出す、やり方」

について、繰り返しお話しし、効率よく、成績UPするやり方の定着を目指します。

勉強と思うな、仕事と思え

仕事と思うな、人生と思え

※原田隆史さんの言葉を引用させていただきました

魂を磨いてこそ人生と思え

最終的には、一人一人の生徒さんが、「勉強のやり方」だけに終わらず社会人になった時の「仕事のやり方」につながる「考え方」「行動のし方」を、身につけてもらえる事(一種のキャリア教育)を、指導の目標としています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3、【ノザキ塾の目指す塾?】 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒さんに、

「行って良かった、ノザキ塾」

と言ってもらえる塾

保護者の方々に、

「やって良かった、ノザキ塾」

と言ってもらえる塾

★「成績UP 全国一」

の塾

★「未来の塾」「未来の学校」のモデル

になりうる塾

そのような塾を目指しています。

その為には、「生徒さんのヤル気」を高め、生徒さんによってそれぞれ異なる「素質」「年齢」「学校」「学力」にかかわらず「学力UP」を達成してもらう事が出来る普遍的な仕組みが確立された塾にならなければいけない。

との「大きな夢」「気概」を持って、「日々研鑚」「探究」を重ねています。

1/4 小4・小5・小6

「有料体験」

コース

7回

※受講料は、前払い

入塾金・年間教材費・諸経費は必要ありません

「月7回」

コ-ス

月7回

(例:火・金)

(例:水・土)

(例:土・日)

「毎日塾」

コース

 毎日の通塾が可能

※平日、土日祭日を問わず塾の休み以外は毎日通塾が可能なコース

受講料のお支払について

※②③のコースのお支払い方法は、下記の3つの方法がございます。

一括前払いの場合、割引がございます

 

回数 : 7回

1回の時間 : 60分

平日の時間帯 

①16:00~18:00

②20:00~22:00

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

※上記時間帯で、月7回の受講となります

※但し、夏休み、冬休み、、春休みは、講習の回数や時間が通常授業にプラスされます。

平日の時間帯 

①~22:00までの時間帯で、それぞれの事情にあわせ、ご相談します。

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

 

土日祭日は塾で8時間の勉強も可能です。

※但し、塾が休みの日は、お休みとなります。

①:

月々の前月謝でのお支払い 

 

②:

半期毎の一括前払い 

割引がございます

③:

年間の一括前払い

割引がございます

 

Aランク講師
1講座60分

3,000円

(消費税抜き)

3,240円

(消費税込み)

7回 体験受講の例

21,000円

(消費税抜き)

22,680円

(消費税込み)

・算国理社

~月7回塾~

受講料/月

13,000円/月

・英語単科

~月7回塾~

受講料/月

6,480円/月

・算国理社英

~月7回塾~

受講料/月

15,100/月

・算国理社

~毎日塾~

受講料/月

26,000円/月

・算国理社英

~毎日塾~

受講料/月

30,200円/月

・中学受験

~毎日塾~

受講料/月

30,200円/月

 

講習費

中学受験をしない小学生

「春休み講習」「夏休み講習」「冬休み講習」は毎月の月謝の半額です。

中学受験をする小学生

「春休み講習」「夏休み講習」「冬休み講習」は毎月の月謝と同額です。

新中1春休み講習

「新中1春休み講習」のみクラスに関係なく一律15,100円となります。

講習費

中学受験をしない小学生

「春休み講習」「夏休み講習」「冬休み講習」は毎月の月謝の半額です。

中学受験をする小学生

「春休み講習」「夏休み講習」「冬休み講習」は毎月の月謝と同額です。

新中1春休み講習

「新中1春休み講習」のみクラスに関係なく一律15,100円となります。

入塾金 ・教材費 ・ 諸経費

入塾金

15,100円

年間教材費

なし(※:生徒さんの進度に応じて、塾指定の教材を、各自でご購入頂きます)

前期諸経費 3月~8月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)

後期諸経費 9月~2月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)


2/4 中1

1

「有料体験」

コース

7回

※受講料は、前払い

※入塾金・年間教材費・諸経費は必要ありません

「月7回」

コ-ス

月7回

(例:火・金)

「毎日塾」

コース

 毎日の通塾が可能

※平日、土日祭日を問わず塾の休み以外は毎日通塾が可能なコース

受講料のお支払について

※②③のコースのお支払い方法は、下記の3つの方法がございます。

一括前払いの場合、割引がございます

 

回数 : 7回

1回の時間 : 60分

平日の時間帯 

①16:00~18:00

②20:00~22:00

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

※上記時間帯で、月7回の受講となります

※但し、夏休み、冬休み、、春休みは、講習の回数や時間が通常授業にプラスされます。

平日の時間帯 

①~22:00までの時間帯で、それぞれの事情にあわせ、ご相談します。

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

 

土日祭日は塾で8時間の勉強も可能です。

※但し、塾が休みの日は、お休みとなります。

①:

月々の前月謝でのお支払い 

 

②:

半期毎の一括前払い 

割引がございます

③:

年間の一括前払い

割引がございます

 

Aランク講師
1講座60分

3,000円

(消費税抜き)

3,240円

(消費税込み)

7回 体験受講の例

21,000円

(消費税抜き)

22,680円

(消費税込み)

受講料/月

15,100円/月

受講料/月

30,200円/月

 

新中1 春期講習

(新入塾生)

15,100円

+α夏期講習

+25,200円

+α冬期講習

+15,100円

+α春期講習

+15,100円

+α夏期講習

+25,200円

+α冬期講習

+15,100円

+α春期講習

+15,100円

 

入塾金 ・教材費 ・ 諸経費

入塾金

15,100円

年間教材費

21,600円は

主に「映像授業の今年度の視聴料」や、「プリント教材」の費用です。

なお

「英語のガイド」「数学のニューコース」は、

入塾時に、

「数学の実練」や「体系数学」は、

「生徒さんの進度」に応じて、

配布します。

他の教材、例えば

教科書準拠の「教科書トレーニング」

等は、学校のワークより、もう一段階上の学力を修得の場合に必要となります。

「教材の選定」「教材が必要な時期」「教材のやり方」

は、一人一人異なります。

一人一人の「現時点の学力」や「現時点の学習の進み具合」をみて、アドバイスします。

塾で配布以外の教材で、現段階よりもう一段階上の学力を修得に必要な教材は、

各自でご購入下さい

前期諸経費 3月~8月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)

後期諸経費 9月~2月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)


3/4 中2(2017年H29年4月~)

「有料体験」

コース

7回

※受講料は、前払い

※入塾金・年間教材費・諸経費は必要ありません

「月7回」

コ-ス

月7回

(例:月・木)

「毎日塾」

コース

 毎日の通塾が可能

※平日、土日祭日を問わず塾の休み以外は毎日通塾が可能なコース

受講料のお支払について

※②③のコースのお支払い方法は、下記の3つの方法がございます。

一括前払いの場合、割引がございます

 

回数 : 7回

1回の時間 : 60分

平日の時間帯 

①16:00~18:00

②20:00~22:00

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

※上記時間帯で、月7回の受講となります

※但し、夏休み、冬休み、、春休みは、講習の回数や時間が通常授業にプラスされます。

平日の時間帯 

①~22:00までの時間帯で、それぞれの事情にあわせ、ご相談します。

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

 

土日祭日は塾で8時間の勉強も可能です。

※但し、塾が休みの日は、お休みとなります。

①:

月々の前月謝でのお支払い 

 

②:

半期毎の一括前払い 

割引がございます

③:

年間の一括前払い

割引がございます

 

Aランク講師
1講座60分

3,000円

(消費税抜き)

3,240円

(消費税込み)

7回 体験受講の例

21,000円

(消費税抜き)

22,680円

(消費税込み)

受講料/月

17,300円/月

受講料/月

34,600円/月

 

新中2 春期講習

(新入塾生)

17,300円

+α夏期講習

+25,200円

+α冬期講習

+17,300円

+α春期講習

+17,300円

+α夏期講習

+25,200円

+α冬期講習

+17,300円

+α春期講習

+17,300円

 

入塾金 ・教材費 ・ 諸経費

入塾金

15,100円

年間教材費

21,600円は

主に「映像授業の今年度の視聴料」や、「プリント教材」の費用です。

なお

「英語のガイド」「数学のニューコース」は、

入塾時に、

「数学の実練」や「体系数学」は、

「生徒さんの進度」に応じて、

配布します。

他の教材、例えば

教科書準拠の「教科書トレーニング」

等は、学校のワークより、もう一段階上の学力を修得の場合に必要となります。

「教材の選定」「教材が必要な時期」「教材のやり方」

は、一人一人異なります。

一人一人の「現時点の学力」や「現時点の学習の進み具合」をみて、アドバイスします。

塾で配布以外の教材で、現段階よりもう一段階上の学力を修得に必要な教材は、

各自でご購入下さい

前期諸経費 3月~8月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)

後期諸経費 9月~2月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)


4/4 中3(2017年H29年4月~)

「有料体験」

コース

7回

※受講料は、前払い

※入塾金・年間教材費・諸経費は必要ありません

「月10回」

コ-ス

月10回

(例:月・水・金)

「毎日塾」

コース

 毎日の通塾が可能

※平日、土日祭日を問わず塾の休み以外は毎日通塾が可能なコース

受講料のお支払について

※②③のコースのお支払い方法は、下記の3つの方法がございます。

一括前払いの場合、割引がございます

 

回数 : 7回

1回の時間 : 60分

平日の時間帯 

①16:00~18:00

②20:00~22:00

土日祭日の時間帯 

①9:00~11:00

②16:00~18:00

※上記時間帯で、月10回の受講となります

※但し、夏休み、冬休み、、春休みは、講習の回数や時間が通常授業にプラスされます。

平日の時間帯 

①~22:00までの時間帯で、それぞれの事情にあわせ、ご相談します。

土日祭日の時間帯 ①9:00~11:00

②16:00~18:00

 

土日祭日は塾で8時間の勉強も可能です。

※但し、塾が休みの日は、お休みとなります。

①:

月々の前月謝でのお支払い 

 

②:

半期毎の一括前払い 

割引がございます

③:

年間の一括前払い

割引がございます

 

Aランク講師
1講座60分

3,000円

(消費税抜き)

3,240円

(消費税込み)

7回 体験受講の例

21,000円

(消費税抜き)

22,680円

(消費税込み)

・・・・・・・・・

※夏期は各コース同額

②コース

   22,680円

  +51,800円

  ーーーーー

   74,480円

・・・・・・・・・

③コース    

    45,400円

  + 29,080円

       ーーーーー

        74,480円

受講料/月10回

21,000円

(消費税抜き)

22,680円

(消費税込み)

受講料

45,400円/月

新中3 春期講習
(新入塾生)

22,680円

+α夏期講習

+51,800円

+α冬期講習

+42,300円

+α春期講習
(新高1講習)

+22,680円

新中3 春期講習
(新入塾生)

22,680円

+α夏期講習

+29,080円

+α冬期講習

+19,600円

+α春期講習
(新高1講習)

+22,680円

 

入塾金 ・教材費 ・ 諸経費

入塾金

15,100円

年間教材費

21,600円は

主に「映像授業の今年度の視聴料」や、「プリント教材」の費用です。

なお

「英語のガイド」「数学のニューコース」は、

入塾時に、

「数学の実練」や「体系数学」は、

「生徒さんの進度」に応じて、

配布します。

他の教材、例えば

教科書準拠の「教科書トレーニング」

等は、学校のワークより、もう一段階上の学力を修得の場合に必要となります。

「教材の選定」「教材が必要な時期」「教材のやり方」

は、一人一人異なります。

一人一人の「現時点の学力」や「現時点の学習の進み具合」をみて、アドバイスします。

塾で配布以外の教材で、現段階よりもう一段階上の学力を修得に必要な教材は、

各自でご購入下さい。

前期諸経費 3月~8月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)

後期諸経費 9月~2月

9,300円(※:兄弟姉妹がご通塾の場合、第2子目は半額、第3子目は無料、となります)

コースと料金 各コースの比較一覧表 HPにリンク 2018年1月6日ver.

/