Trello 使い方資料

作成:あかみ@Harmonie Chromatique

はじめに:Trelloって?

Trelloとは、タスク(=やるべきこと)管理ツールです。

IT業界で定評のある「カンバン」と呼ばれる手法を、オンラインで使えるようにしたものです。

カンバンを昔ながらの手法=物理的なカンバンでやるときは、壁の一部、もしくはホワイトボードを3枚用意します。それぞれ、「これからやる」「やっている」「終わった」の壁に貼ります。

タスク=作業1つを1枚のカードに書いて、タスクが決まったら「これからやる」の壁に貼ります。タスクに手を付けたら、そのタスクのカードを「やっている」の壁に移動します。終わったら、「終わった」の壁に移動します。

これと同じことをオンラインでできるようにしたツールが、Trelloです。

Trelloの使い方:手を動かす人向け

まずは登録しよう

Trelloを使う企画では、おそらく企画運営側の人があなたをTrelloに招待してくれると思います。

招待メールが飛んできたら対応しましょう。アカウントを作る必要があります。

登録が終わると、あなたのアカウントで企画のカンバンを見られるようになります。

全体

Trello公式のガイドがあります。

https://trello.com/b/KHl8O2an/trello%E3%81%B8%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%9D

まずはこちらのガイドつを読んでみてください。Trelloの色々な機能が分かりやすくまとまっています。

ちょっと進んだ登録

何もしないと、あなたのアバター(アイコン)は名前のイニシャルが入った丸になります。「あかみ」で登録すると「あ」、Akamiで登録すると「A」という丸ですね。

これではつまらない、という方は、自分のアイコンを登録してみてください。

Trelloの画面右上にアバターのアイコンが表示されていますので、クリックすると下のようなメニューが表示されます。

メニューから「設定」をクリック→「設定」タブをクリック→「アバターを変更」で、アイコン(アバター)をアップロードします。

カンバンを見てみよう

事例として、Harmonie Chromatiqueで進行中のサイト更新計画のカンバンを持ってきました。

こんな感じのカンバンになっていて、「するべきこと」「作業中」「完了」のリストを作成済みです。

「するべきこと」には4枚のカードが張られていて、「作業中」には1枚のカードがあります。

これらのカードはドラッグ&ドロップできますので、作業が始まったら「するべきこと」の中にあるカードを「作業中」に移動、作業を終わらせたら「作業中」の中にあるカードを「完了」に移動します。

細かいカンバンの使い方は企画や代表者によってクセがあると思いますが、基本は以上の通りです。

カードの作り方

カードを作るには、先ほどの「するべきこと」「作業中」などのリストの一番下にある「さらにカードを追加」をクリックしてください。下のように、カードのタイトル入力画面になります。

タイトルを入力したら、「カードを追加」をクリックしてください。

カードの使い方

1枚1枚のカードにも、いろいろな設定ができます。

コメントのやりとりができますし、担当者を決めたり期日を決めたりできます。


「メンバー」からは担当者を決められます。(複数人を割り当てられます)

「ラベル」はカードの分類に使います。「チェックリスト」はカードの中でサブタスクの設定をできます。

「期限」はタスクごとの期限を設定するときに使います。

スマホでの使い方

Trelloは多分スマホのブラウザでもアクセスできますが、スマホではアプリを使ったほうがはるかに使いやすいです。

Android, iPhoneどちらもアプリがあるので、それをインストールしてください。

あとは多分直感的にお使い頂けると思います

進んだ使い方

Trello上でのコメントは、Markdownと呼ばれる書式を使うとデコレーションできます。HTMLのような感じですね。

Markdownの使い方は、

https://qiita.com/hirokishirai/items/77b59a13ddb8b7d782c

など参照してください。