Ladies Tennis Singapore

Guideline for Captains Spring Season 2019

  1. Team captain and Co-captain

   各チームでキャプテンを選出します。(LTSルール9.2)

  1. Home matches

   ホームチームのキャプテンは、遅くとも試合の3日前までに、アウェイチームのキャプテンに、電話またはE-Mailにて、試合会場を連絡します。(LTS ルール16

アウェイチームのキャプテンに連絡する内容

  1. Score Sheet / Team Line-up

   試合に際し、両チームのキャプテンは、LTSスコアシートにチームのラインアップを記入し持参します。(LTSルール18.1)

     試合前に、両キャプテンの間で同時に、スコアシートを交換しなくてはいけません。

   (LTSルール18.2)

   交換後にラインアップを変更することは許されません。(LTSルール18.3)ただし

   試合開始前に、雨のために試合延期となったばあい、再試合のラインアップは変更してもかまいません。(LTSルール35

  1. Court Booking and Balls

   ホームチームは、ウォーミングアップの時間、そして、追加してコートブッキングできるかどうかの可能性を考慮したうえで、同じコートサーフェス2面を最低3時間、確保する責任があります。(LTSルール16.1)

ホームチームは試合用に標準ボールを6個準備します。(LTSルール17)

  1. Mobile phones

   キャプテンは、試合中に電話によって妨害されるペナルティーをうけないように、メンバーに携帯電話のスイッチをきるよう、試合前に再度確認してください。(LTSルール42

  1. Match resultsReporting score

試合終了後に、試合結果をスコアシートに記入します。

両チームのキャプテンで、確認しスコアシートにサインします。(LTS ルール19.1)

   そして、両チームのキャプテンは、試合結果と相手チームのスポーツマンシップレイティング当日午後5時までにディビジョンレプにE-MailまたはSMSします。(LTS ルール19.2)

 

例 Aチームからの結果報告

   TeamA:3points

   TeamB:6points

   Sportsmanship rating to teamB:4points

 

 ホームチームのキャプテンは試合結果と共に写メしたスコアシートを添付して下さい。写メしたスコアシートがなんらかの理由で送れない場合、試合終了後3日以内に、ディビジョンレプにスコアシートの原本を郵送します。(LTSルール19.3)

  1. Sportsmanship rating

   試合後に、出場した選手は、相手チームのスポーツマンシップレイティングをきめます。(レイティングは1-5で、5が最も高いレイティングです。)(LTSルール44.1)

 

  1. Minimum match requirement

   すべての選手は、シーズン中に最低2回出場するようにしなくてはいけません。(LTS ルール14

9. Substitute players

   チームが試合に4名の選手をそろえることができない場合、キャプテンは代わりの選手をたてることができます。(PremireA、B、Division1はLTS ルール39を、Dizision2はLTSルール40を参照してください。)

代理の選手が参加する前にその旨を試合開始24時間前までにディビジョンレプ知らせる必要があります。(LTSルール39.240.2

 

10LTS rules

   試合の際は、必ず、チームがLTSルールのコピーを持参できるように準備してくださいキャプテン/副キャプテンはもちろん、チームメート全員が、ルールについてしっかり目を通しておく事をお勧めします。

11Rain

   両チームのキャプテンが再試合に同意しないかぎり、両チームとも試合会場に集合しなくてはなりません(LTSルール33.1)

両キャプテンは、再試合の日時を合意し、もともとの予定されていた試合日時の48時間以内に、再試合の日時をディビジョンレプに知らせなくてはいけません。

   

12Haze

   試合当日の午前8時またはそれ以降、3時間PSI値が100以上のヘイズが発生した場合、(http://app.nea.gov.sg/psi/) 選手は試合会場に行くべきではありません。試合が決行か延期か決定されるまで待機してください。(LTSルール36

キャプテン、チームメンバーに連絡をとった後、両キャプテンは相手チームと連絡をとり、試合を延期するかどうかを決定します。(LTSルール36.4

 

13.    Sportsmanship

        テニスの試合は、礼儀正しさ、公平さで成り立っています。どの選手に対しても高いスポーツマン精神が望まれます。ルールを無視する、セルフジャッジだという点を利用しフットフォルト、インのボールをアウト、2回バウンドしたボール、ボールが体や衣類に触れる、タッチネット、オーバーネットなどのコールを正確にしないことは、不正行為とみなされます。

        相手チームはその不正行為について、ジャッジを下すことが状況的に大変難しいことから、大変不愉快な試合になり、公正で正直なマナーによって行われるべき試合がそうでないものになりかねません。

        

14.         Disputes and interference

   必要に応じて、ルールを明確にするため以外に、キャプテンが、試合中に、干渉したり意見したりすることはできません。(LTSルール45, 46

15.        Coaching

   2セット目と3セット目の間の10分に限り、チームキャプテン、あるいは、チームメイトによるコーチングが許されます。(LTSルール45.2)

   試合中に、コーチの資格を有する者、あるいは、第3者によるコーチングを受けることは許されません。(LTSルール44.3)

16.        Refreshments

   試合に必要な水分は、すべての選手が各自で用意します。(LTSルール50.1)

試合後に皆で歓談できるように、ホームチームは、軽食・水・スポーツ飲料・ジュース等、相手チーム分もふくめて用意します。(LTSルール50.2)

17Questions and complaints

   質問や抗議などは、すべて、キャプテンが代表して、文書にて(口頭ではなく)ディビジョンレプ にご連絡ください。(LTSルール47

                  20161月改定 / Ditte H. Mortensen