ヴェロスタ利用規約

 

第1条(適用)

ヴェロスタ利用規約(以下「本規約」という。)は、合同会社オリジナルペイメント(以下「当社」という。)が提供する会員制月極駐輪場サービス(以下「本サービス」という。)に関する当社と会員との間の月極駐輪場サービス利用契約(以下「本契約」という。)に適用される。

2 本サービスに関する当社ウェブサイト(以下「本サイト」という。)上で、本サービスに関するその 他の規程(以下「その他の規程」という。) が存在する場合に、その他の規程は、本規約の一部を構成するものとする。本規約の規定とその他の規程の内容が異なる場合は、本規約が優先して適用される。

 

第2条(申込)

1 会員は、本規約の全ての内容に同意した上で、当社所定の方法により、本契約の申込みを行うものとする。会員は、申込の際に当社に登録する事項(以下「登録事項」という。)が、全て正確であることを保証する。

2 当社は、当社所定の基準により申込みの可否を判断し、申込みを承諾する場合には、その旨通知する。当該通知に基づき、当社と会員との間で、本規約に定める内容で、本契約が成立する。

3 当社は、会員が以下のいずれかに該当し、又は該当すると当社が判断した場合は、会員の申込みを承諾しないことがある。なお、当社は、上記判断に関する理由を開示する義務は負わない。

(1)当社所定の方法によらずに本契約の申込を行った場合

(2)登録事項の全部又は一部につき、虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(3)本規約に違反するおそれがある場合

(4)過去に本規約に違反した者又はその関係者である場合

(5)本サービスと同種又は類似するサービスを現に提供し又は将来提供する予定である場合

(6)未成年者であり、かつ親権者の同意がない場合

(7)会員が本サービスで利用する、会員が所有する自転車(以下「自転車」という。)が、当社が設置する駐輪スタンドに適合しない場合

(8)その他当社が申込を妥当でないと判断した場合

4 会員は、申込時の登録事項に変更が生じた場合は、直ちに当社に対し、その旨当社に通知するものとする。これを怠ったことによって会員が損害を被ったとしても、当社は一切責任を負わない。

 

第3条(利用料)

1 会員は、当社に対し、本サービスの対価として、当社所定の1ヶ月単位の利用料(以下「利用料」という。)を支払うものとする。なお、利用料の支払義務は、会員が実際に本サービスを利用したか否かを問わないものとする。

前項の利用料は、当社所定の支払期限までに、ヴェロスタ合同会社が提供するヴェロスタ運営システムを利用したクレジットカード決済その他当社所定の方法により支払うものとする。なお、銀行振込の場合、振込手数料は会員の負担とする。

3 会員が利用料の全部又は一部を支払わない場合、当社は会員に対し、支払期限の翌日より実際の支払日までの日数に応じ、未払利用料に対し年利14.6%を乗じて計算した金額を、遅延損害金として請求できる。

4 督促の連絡を発した場合には、督促メール1通につき300円の督促手数料を徴収します。電話、手紙、訪問などメール以外の督促を行った場合、督促1回につき督促手数料500円と交通費や通信費などの実費を徴収します。

5 本条の規定(利用料の金額も含む。)は、第18条(本規約の変更)に基づき変更される可能性があることを、会員は予め同意するものとする。

 

第4条(契約期間)

1 本契約は、本契約成立日から1ヶ月とし、以降は1ヶ月単位の自動更新契約とする。

2 前項に拘らず、本契約の開始日より3ヶ月間は、最低契約期間とする。

 

第5条(退会)

1 会員は、解約希望日の1ヶ月前までに、当社に対して通知することにより、退会希望日限りで、本契約を解約して退会することができる。ただし、解約希望日が属する月(1日から末日という意味ではなく、1ヶ月単位での契約期間における1単位としての月を意味する。)に係る利用料は、これを全額支払うものとする(すなわち、解約日が1単位としての月に満たない日であっても、日割計算による清算は行わない。)。

2 前項に拘らず、前条で定める最低契約期間内は、会員は退会をすることができない(前項に定める通知を行って、最低契約期間末日をもって退会することは可能である。)。

 

第6条(本サービス)

1 当社は、本サービスに基づき、会員に対して、当社が管理する自転車の駐輪施設(以下「駐輪施設」という。)内の、会員が自転車を駐輪する場所(以下「駐輪場所」という。)を提供するものとする。本サービスは、当社が自転車を預かりこれを保管するものではない。

2 当社は、本サービスの内容の追加、廃止等の変更を行うことがあり、会員は、これに予め同意するものとする。

3 当社は、当社の責任において、本サービスの一部を第三者に再委託できる。当社は、再委託先に対して、本契約に基づく自己の義務と同内容の義務を負わせるものとし、再委託先の行為に関して、会員の責めに帰すべき事由がある場合を除き、自ら本サービスを実施した場合と同様の責任を負うものとする。

4 当社は、本サービスの円滑な実施のために必要な範囲で、駐輪施設の管理を行うものとするが、駐輪施設には、会員であれば誰でも立ち入ることができることに鑑み、駐輪施設内での自転車の盗難や毀損等の事件、事故について、当社は一切責任を負わないものとする。

 

第7条(ICカード等)

1 当社は、会員に対して、駐輪施設に立ち入るためのICカード及び夜間休日用の鍵(以下併せて「ICカード等」という。)を、当社所定の時期に貸与するものとする。

2 ICカード等は、当該ICカード等の交付を受けた会員のみが利用することができる。会員は、第三者に対して、ICカード等を譲渡、貸与、担保設定、その他一切の処分をしてはならないものとする。

3 会員は、ICカードを磁気に近づけず、また、ICカード等を紛失・破損させず、その他ICカード等を善良なる管理者の注意義務に従って管理するものとする。

4 会員は、ICカード等を紛失・破損させた場合、直ちに当社に連絡し、当社の指示に従うものとする。

5 その理由を問わず、当社がICカード等を再交付する場合、会員は、当社所定の再交付手数料を支払うものとする。

6 本契約が終了する場合又は当社が求めた場合、会員は、直ちにICカード等を当社に返却するものとする。

 

第8条(利用条件)

会員は、以下の各号に定める条件を遵守して、本サービスを利用するものとする。

(1)駐輪の目的でのみ、駐輪施設に立ち入ることができる

(2)駐輪施設内では、自転車に乗車せず、降車して自転車を押して移動する

(3)雨や雪等で床が濡れている場合は、足下を注意して移動し、所定のモップで床を拭く

(4)当社より指定された駐輪場所にのみ、駐輪することができる

(5)盗難が生じないように、自転車には堅牢な施錠をする

(6)他の会員の自転車や駐輪施設内の備品を毀損しないよう、駐輪施設内では慎重に行動する

(7)清潔で安全な利用を心がけ、危険物やゴミを持ち込んだり、放置しないようにする

 

第9条(禁止行為)

会員は、以下の各号のいずれかに該当し又は該当すると当社が判断する行為をしてはならない。

(1)本規約に違反する行為

(2)利用料の全部又は一部を支払期限までに支払わない行為

(3)本サービスの運営・維持を妨げる行為

(4)本サービスの信用を毀損する行為

(5)他の会員又は第三者になりすます行為

(6)第三者に本サービスを利用させる行為

(7)駐輪場内で宣伝、広告、勧誘又は営業をする行為

(8)他の会員の情報を収集する行為

(9)法令に違反する行為

(10)犯罪に関連する行為

(11)公序良俗に反する行為

(12)他の会員の自転車や駐車施設内の備品を毀損する行為

(13)床を濡らしてそれを放置する行為

(14)当社、他の会員又は第三者の権利又は利益を侵害する行為

(15)前各号の行為を直接又は間接に惹起し又は容易にする行為

(16)その他、当社が不適切と判断する行為

 

第10条(管理処分)

1 当社は、会員に対して、第8条(利用条件)に定める利用条件を遵守させ、また、第9条(禁止行為)に定める禁止行為を防止・是正するため、以下の管理処分を行うことができる。

(1)駐輪場所の変更

(2)駐輪場所の利用停止

(3)駐輪場所からの自転車の撤去

(4)駐輪施設への立ち入りの禁止

(5)ICカード等の返却

(6)その他当社が必要と考える一切の処分

2 前項の管理処分に対し、会員は異議を述べずに従うものとし、これによって会員に対して生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとする。

 

第11条(無償譲渡)

1 本契約終了後も、駐車場所に自転車が残置する場合、本契約終了日をもって、当該自転車は、会員から当社に無償で譲渡されたものとみなす。

2 前項により譲渡された自転車に対する当社の処分(売却、貸与、廃棄等)について、会員は、一切の異議申立てが出来ないものとし、また、その返却を求めることも出来ないものとする。

 

第12条(個人情報)

当社は、会員の個人情報を、当社所定の「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとする。

 

第13条(秘密保持)

会員は、本サービスに関連して当社が会員に対して秘密に扱うことを指定して開示した情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、開示目的以外に利用せず、また、第三者に開示しないものとする。

 

第14条(不可抗力)

1 当社は、駐輪施設のメンテナンス、天災地変、偶発的事故、停電、通信障害、事業上の理由、その他のやむを得ない事由がある場合は、本サービスをいつでも変更又は停止することができるものとし、これによって会員に生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとする。

2 前項の場合、当社は、会員に対し、利用料の返還を行わないものとし、また、会員は、当社に対し、利用料の支払義務を免れないものとする。

 

第15条(期限の利益喪失・登録抹消)

1 会員が次の各号の一に該当した場合には、何らの催告なくして、会員の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は、直ちに本契約を解除して会員登録を抹消することができる。

(1)本規約に違反した場合

(2)当社に対する背信行為があった場合

(3)1ヶ月以上本サービスの利用がない場合

(4)当社からの連絡に対して、7日間経過しても応答がない場合

(5)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合

2 当社が本条による解除を行う場合でも、会員は、解除日が属する月の1ヶ月単位の利用料の支払義務を免れないものとする(その支払いは、解除日までに行うものとする。)。

3 本条による解除が、最低契約期間内に行われる場合、会員は、最低契約期間の残期間分の利用料を、解除日までに一括して支払うものとする。

 

第16条(反社会的勢力との関係排除)

1 本条において「反社会的勢力」とは、次の各号のいずれかに該当する者をいう。

(1)暴力団及びその関係団体又はその構成員

(2)暴力、威力又は詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する団体又は個人

(3)その他、前各号の該当者に準ずる者

2 会員は、次の各号に定める内容について、表明し、保証する。

(1)自らが反社会的勢力に該当せず、かつ将来に渡っても該当しないこと

(2)自らが反社会的勢力と不適当な関係を有さず、かつ将来に渡っても不適当な関係を有しないこと

3 会員が前項に違反したことが判明した場合には、何らの催告なくして、会員の本契約上の債務は期限の利益を失い、当社は、直ちに本契約を解除して会員登録を抹消することができる。なお、その場合の利用料の取り扱いは、前条(期限の利益喪失・登録抹消)第2項及び第3項を準用する。

 

第17条(紛争処理及び損害賠償)

1 会員は、本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対し、その損害を賠償するものとする。

2 会員が、本サービスの利用に関連して第三者(他の会員を含むものとする。以下同様とする。)からクレームを受け又は第三者との間で紛争が生じた場合、会員は、直ちにその内容を当社に通知すると共に、会員の費用と責任において、当該クレーム又は紛争を処理し、その進捗及び結果を当社に報告するものとする。当社は、会員と第三者との間のクレーム又は紛争に関与しないものとする。

3 当社が、会員による本サービスの利用に関連して第三者からクレームを受け又は第三者との間で紛争が生じた場合、会員は、会員の費用と責任において、当該クレーム又は紛争を処理し、その進捗及び結果を当社に報告すると共に、当社が支払いを余儀なくされた金額その他の損害を賠償するものとする。

4 当社が会員に対して損害賠償義務を負う場合、賠償すべき損害の範囲は、会員に現実に発生した通常の損害に限る(逸失利益を含む特別の損害は含まない。)ものとし、賠償すべき損害の額は、当該損害発生の直接の原因が生じた月(1ヶ月単位での契約期間における1単位としての月を意味する。)の利用料相当額を限度とする。なお、本条は、債務不履行、瑕疵担保責任、原状回復義務、不当利得、不法行為その他請求原因を問わず、全ての損害賠償等に適用されるものとする。

5 前条の規定は、当社の故意又は重過失により会員に損害を与えた場合については、これを適用しないものとする。

 

第18条(本規約の変更)

1 当社は、その理由を問わず本規約をいつでも任意に変更することができるものとし、会員はこれに予め同意するものとする。

2 当社が別途定める場合を除き、本規約の変更は、本サイトに掲載する方法によって会員へ通知する。

3 本規約の変更は、前項の通知において指定した日付より効力を生じるものとする。

4 当社は、利用料等の重要事項を変更する場合は、前項の指定した日付までに相応の期間をもって、前項の通知を行うよう努めるものとする。

5 会員が本規約の変更を同意しない場合、会員の唯一の対処方法は、本契約を解約して退会するのみとなる。会員が第2項の通知において指定した日付までに本契約を解約して退会しない場合、本規約の変更に同意したものとみなされる。

 

第19条(連絡)

1 当社から会員への連絡は、電話、メール便、書面の送付、電子メールの送信、または本サイトへの掲載等、当社が適当と判断する手段によって行う。当該連絡が、電子メールの送信又は本サイトへの掲載によって行われる場合は、インターネット上に配信された時点で会員に到達したものとする。

2 会員から当社への連絡は、当社所定の問合せフォームから、又は問合せ用メールアドレス宛に行うものとする。当社は、これら以外からの問い合わせについては、対応は行わないものとする。

 

第20条(権利義務の譲渡)

1 当社は、会員に対する債権を第三者に譲渡できるものとし、会員は、そのために会員の個人情報等が当該第三者に提供されることを承諾するものとする。

2 会員は、当社の事前の書面による承諾なく、本契約上の地位又は本契約に基づく権利義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとする。

 

第21条(完全合意)

  本規約は、本契約に関連する当社及び会員の完全なる合意を構成し、本契約の締結以前に当社及び会員間でなされた本契約に関連するいかなる口頭又は書面による合意も、全て本規約に取って代わられる。

 

第22条(分離可能性)

  本規約の規定の一部が、法令又は裁判所により違法、無効又は不能であるとされた場合においても、当該規定のその他の部分及び本規約のその他の規定は、有効に存続する。

                                                                                                              

第23条(存続条項)

  本契約の終了後といえども、第3条(利用料)3項、第7条(ICカード等)6項、第11条(無償譲渡)、第13条(秘密保持)、第17条(紛争処理及び損害賠償)、第18条(本規約の変更)、第19条(連絡)、第20条(権利義務の譲渡)、第21条(完全合意)、第22条(分離可能性)、本条(存続条項)及び第24条(合意管轄)並びにその他各規定の趣旨に照らし当然に存続する権利及び義務は、なお有効に存続する。

 

第24条(合意管轄)

  本契約に関して紛争が生じた場合、訴額に応じて、京都地方裁判所又は京都簡易裁判所をもって、第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

以上

2015年10月13日 制定

2015年10月15日 改訂

2017年2月10日 改訂