0ugUSNiQtSrsUqS_Z3x98IMOs0sto4FEvDliqRzROkW7zj-y6F7pJWwCyEoxxAlIS17qp0fhcKLmw_LVcXYO4i3VLEkrN9vdy9JxgP2NXYvNkXch2WzO2Jkl0CA

はじめに: “非公式”日本語版プレイヤーガイドについて

このドキュメントはShroud of the Avatar: Forsaken Virtuesのアーリーアクセス・リリースについてのインストラクションを私的に日本語に訳したものです。当ドキュメントの作成は完全に1ファンによって行われたものであり、当ドキュメントとPortalarium社とは一切関係がありません。

当ドキュメントについてのお問い合わせやご指摘はshroudoftaka@gmail.comまでお願いします。

注意:

当ドキュメントでは、訳出において原文の内容を正しく翻訳できていない場合があります。
正確な情報が必要な箇所については、必ず公式のドキュメントを参照してください。

公式情報: Player Instruction 

Player Guide

Release 44: July 27, 2017

Shroud of the Avatar: Forsakenへの皆様の継続的なサポートに感謝します。

このドキュメントは現在のゲームビルド関してのインフォメーションの提供およびプレイヤーからのさらなるフィードバックの促進を目的として作成されています。

また、今回のリリースで提供される新しいフィーチャーはハイライト表示がされています。

目次

システム要件

ゲームのインストール

Steam (Windows, Mac, and Linux)

Windows(Steamクライアントを利用しない場合)

Macintosh

Linux(Steamを使用しない場合)

ゲームデータファイルの移動について

ログインとキャラクターの作成

ログイン

オフラインプレイ

アバタールの作成

ゲームをプレイする

ユーザーインターフェース

メニューとヘルプ

基本的な操作

2つの操作モード: ターゲットモード&インタラクディブモード

シーンマップとワールドマップ

ワールドマップ(Overworld Map)

シーンマップ

ファストトラベル

キャラクターのマネージメント

プレイヤーメニュー(右クリックメニュー)

インベントリの管理

アイテムと所持限界重量について

バンク(銀行)

選択式の出資特典について

ミステリーボックス(Mystery Box)

マップ

インタラクティブオブジェクト (アイテムへのアクセス)

窃盗行為のペナルティ

戦闘

オートアタックモード

フリーアタックモード

スティッキー・ターゲットとソフトロック

ネームプレートの色とクリーチャーの強さ

戦闘に関するTIPS

魔法とFizzle(詠唱失敗)の発生確率

アバタールの死と復活

装備品の耐久度と修理

ステルス

プレイヤー vs. プレイヤー (PvP)

オープンPvP

PvPとランサムシステム

ピックポケット(スリ)

キャラクターの成長

スキル

スキルとグリフ、ホットバー

Attunement(属性値)

ペットと召喚エレメンタルについて

グランドマスター

スキルポイントのリセット

デッキシステムとデッキの構築

デッキの構築

手札とホットバーのカスタマイズ

デッキとインベントリ

デッキを装備する&デッキスワップについて

ロックグリフ(Locked Glyphs)

デッキを使った戦闘

魔法と秘薬

消費アイテムの使用

コンボグリフ

プレイヤーハウジング

家屋用の土地を入手する

DEED(権利書)のアップグレード

DEED(権利書)と家

土地DEEDの抽選

土地と税金について

プレイヤーハウスの権限設定

ハウスデコレーション

地下室(ベースメント)

土地内のデコレーション状態のセーブとロード(引っ越し機能)

プレイヤーベンダー

プレイヤーオウンタウンのマネージメント

クラフトと資源の採集

資源の採集

フィッシング

農業(Agriculture)

クラフト

本の執筆と出版

食べ物について

ジェムとその効果

マスターワーキングとエンチャント(Masterworking and Enchantment)

パターン(Patterns)

サルベージ

プレイヤーやNPCと会話をする

チャットコマンドリスト

ショッピング

オフラインモードでのショッピングと商人について

パブリックベンダー

アイテムの売買について

アイテムのオーダー(買い取り代行)

オーダーの受注・納品

メールボックス

音楽と楽器

キーボード操作による手動演奏

楽譜を使った自動演奏

カスタムミュージックファイルを使った自動演奏

チャットウインドウ・コマンド for Music [新要素あり]

ギルド&パーティー [新要素あり]

ギルド

マルチプレイで他のプレイヤーと一緒に冒険する(パーティー)

ギルドウォー(Guild Warfare)

バグレポート他

システム要件

Windows

必要環境:

OS: Windows 7 64 bit or newer

Processor: Intel Core 2 DUO 2.4 GHz / AMD Athlon X2 2.7 GHz

Memory: 6 GB RAM

Graphics: DirectX10 Compatible ATI Radeon HD 3870 / NVIDIA 8800 GT / Intel HD 3000 Integrated Graphics

DirectX: Version 10

Network: Broadband Internet connection (Not required for Offline Mode)

Hard Drive: 6 GB available space

推奨環境:

Processor: Quad Core Processor 2.4GHz or faster

Memory: 8 GB RAM

Graphics: DirectX10 Compatible AMD Radeon HD 6850 / NVIDIA GeForce GTX 550

Mac OS X

必要環境:

OS: 10.8.5 (Mountain Lion) or newer

Processor: 2.2 GHz Intel Core 2 Duo (Dual-Core)

Memory: 6 GB RAM

Graphics: ATI Radeon HD 3870 / NVidia Geforce 640M

Network: Broadband Internet connection (Not required for Offline Mode)

Hard Drive: 6 GB available space

推奨環境:

Processor: 2.2 GHz Intel Core 2 Duo (Dual-Core)

Memory: 8 GB RAM

Graphics: ATI Radeon HD 5870 / NVidia Geforce GTX 775M

SteamOS + Linux

必要環境:

OS: Ubuntu 10.10 or newer officially but most linux flavors supported

Processor: Intel Core 2 DUO 2.4 GHz / AMD Athlon X2 2.7 GHz

Memory: 6 GB RAM

Graphics: ATI Radeon HD 3870 / NVIDIA 8800 GT / Intel HD 3000 Integrated Graphics

Network: Broadband Internet connection (Not required for Offline Mode)

Hard Drive: 6 GB available space

推奨環境:

Processor: Quad Core Processor 2.4GHz or faster

Memory: 8 GB RAM

Graphics: AMD Radeon HD 6850 / NVIDIA GeForce GTX 550

 

ファイアウォールの設定について:

ゲームランチャーとクライアントは以下のポートを通信に使用します。

Launcher:

TCP 5074

UDP 3544

UDP 6881

Game Service:

UDP 5054

UDP 5055

UDP 5056

UDP 5057

UDP 5058

UDP 5059

ゲームのインストール

SotAはWindows、OSX(Macintosh)、Linuxでのプレイをサポートするほか、Steamクライアント経由でもゲームランチャーを起動することができます。

Steam (Windows, Mac, and Linux)

Steamクライアントは以下のURLから無料でダウンロードすることができます。

http://store.steampowered.com/about/

Steamクライアントをまだ作成していないユーザーは、初回起動時にアカウントを作成するよう案内されます。

SteamでもShroud of the Avatarを購入することができます。

以下のURLにオンラインかSteamクライアントでアクセスしてください。http://store.steampowered.com/app/326160/

SotAの公式ページですでに出資を行った方は、SteamバージョンのためにSotAを再購入する必要ありません。

既存のSotAアカウントをSteamアカウントと関連づけることにより、SteamのゲームライブラリにSotAを追加することが可能です。

SotAアカウントとSteamアカウントの関連付けを行うには、まず公式ページhttps://www.shroudoftheavatar.com/へ移動し、”Login”ボタンを押してください。

つぎにユーザーネームとパスワードの入力を行い、アカウント管理のページへ移動してください。

アカウント管理のページへ移動するには、サイトの右上の”Account”のタブをクリックしてください。

アカウント管理のページの下部へスクロールさせて、“Game Client Download”のセクションを表示させます。

そして“Play SotA through Steam” をクリックして、アカウントの関連付けを行ってください。

Steamアカウントにログインした状態でSotAの公式ウェブサイトのログインページを訪れると、Steamアカウントを使ってSotAの公式ウェブサイトにログインするかどうかのプロンプト“Sign in through Steam””が表示されます。

この表示をクリックして指示に従うことでもSotAアカウントとSteamアカウントの関連付けを行うことができます。

Windows(Steamクライアントを利用しない場合)

以下のURLからSotAInstaller.exeをダウンロードして実行してください

https://d2sx9mrt4zumaq.cloudfront.net/Installers/SotAInstaller.exe

このファイルからゲームをインストールした後、パッチ当てのためのアプリケーション(パッチャー)が起動します。

ゲームクライアントの容量は1.5GBほどですが、合計4GBの空きディスク領域を用意されることを推奨します。

ダウンロードとインストールには時間がかかります。また、インターネットの回線速度が遅い環境では、さらに時間がかかるでしょう。

将来的なゲームアップデートはこのパッチャープログラムを起動するだけで完了します。

ゲームプログラムの再ダウンロードは必要ありません。

png;base642d5794e8956db6fb[1].png

このパッチャーはBitTorrentのP2Pネットワーク技術を使用しており、Shroud of the Avatarのゲームファイルを他のプレイヤーとシェアする機能があります。

パッチャーを起動させたままにしておくことによって、空いた回線帯域を他のユーザーのゲームファイルの配布に利用することができます。

BitTorrent技術の使用は任意であり、利用したくない場合はオプションからOFFにすることもできます。

オプション設定画面から“borderless window mode”を利用することができます。

これは全画面表示ではなく、ゲームウインドウをプライマリモニタに最大化して表示するオプションです。この機能はマルチモニタ環境のユーザーにとって有益なものになるでしょう。

また、この画面では64-bit バージョンのクライアント使用の有無を選択することができます。

64-bitクライアントはPCに搭載されたメモリをフルに活用し、さらに動作安定性も向上します。

64-bitクライアントは、32-bit環境のOSでは使用することができません。

8pcUZ6XSM112VquFf7uPezMNfXDNb9OM3pz-17Vi0Z2PyLM4g2HdUe_YZTDlJhsZ7wvNFPQki5TT15IMfFB6iZz6NGRANg7YoK1mlOP9kc3-BoKd0oMD8IO0tUUro4Ce0g

パッチャーがファイルダウンロードとアップデート作業を完了した後、 “Launch Game”ボタンを押すとゲームを起動することができます。

Macintosh

以下のURLからSotAInstaller.exeをダウンロードして実行してください

https://d2sx9mrt4zumaq.cloudfront.net/Installers/Shroud%20of%20the%20Avatar%20-%20Installer.pkg

このファイルからゲームをインストールすると、“Shroud of the Avatar - Launcher”がApplicationディレクトリに生成されます。

このランチャーを実行すると、パッチ当てのためのアプリケーション(パッチャー)が起動します。

ゲームクライアントの容量は1.5GBほどですが、合計4GBの空きディスク領域を用意されることを推奨します。

ダウンロードとインストールには時間がかかります。また、インターネットの回線速度が遅い環境では、さらに時間がかかるでしょう。

将来的なゲームアップデートはこのパッチャープログラムを起動するだけで完了します。

ゲームプログラムの再ダウンロードは必要ありません。

このパッチャーはBitTorrenのネットワーク技術を使用しており、Shroud of the Avatarのゲームファイルを他のプレイヤーとシェアする機能があります。

パッチャーを起動させたままにしておくことによって、空いた回線帯域を他のユーザーのゲームファイルの配布に利用することができます。

BitTorrent技術の使用は任意であり、利用したくない場合はオプションからOFFにすることもできます。

qpLV4pwzzvwrKJ76IR0wUnoZ5cezNzSGJjvxMmatPxE-wOGvCnLrmOUBAOpKOe2hasncgfUozgGWL_HyUVRYaa6s7fFXFZaquK9mwbcmlI0sWAFaq9Mjo6HOdnA5gov0RA

パッチャーがファイルダウンロードとアップデート作業を完了した後、 “Launch Game”ボタンを押すとゲームを起動することができます。

aMmgm7mTa1hL7s9UmTCm4JVGtcMExdHWdpua-TzsdPJIKT6I8rs6JvxUz7q7IG8w0iKxVx7Z1wxn17xMxTY3GYHUbSr5CUvBpaEdtgm1YM6VT59EASBLkxrr7KVvnKZa4Q

以前のアルファテストに参加し、 “Shroud of the Avatar”の古いアプリケーションをまだもっているユーザーはそれを削除することができます。

今回からランチャーのアプリケーションはゲーム本体に統合されました。

Linux(Steamを使用しない場合)

LinuxユーザーのためにDebianパッケージとTarballパッケージを用意しました。
お好きなほうのパッケージでゲームのインストールを行ってください。

.debパッケージ”shroud-of-the-avatar-launcher_1.0.0_amd64.deb”はこちらから
https://d2sx9mrt4zumaq.cloudfront.net/Installers/shroud-of-the-avatar-launcher_1.0.0_amd64.deb


rawアーカイブ“latestPatcherLinux.tar.gz”はこちらからダウンロードしてください。
https://d2sx9mrt4zumaq.cloudfront.net/Launchers/latestPatcherLinux.tar.gz

両方のパッケージにShroud of the Avatarのランチャーアプリケーションが格納されています。

デフォルトでは“StandaloneLinuxUniversalPatcher”のフォルダに解凍されます。

パッチアプリケーションは、ゲームに必要な残りのファイルをダウンロードする機能をもっています。

ランチャーには Launcher.x86 と Launcher.x86_64という2つのバイナリがあります。

ユーザーの環境に合わせて、適当な方を使用してください。

ゲームクライアントの容量は1.5GBほどですが、合計4GBの空きディスク領域を用意されることを推奨します。

ダウンロードとインストールには時間がかかります。また、インターネットの回線速度が遅い環境では、さらに時間がかかるでしょう。

将来的なゲームアップデートはこのパッチャープログラムを起動するだけで完了します。

ゲームプログラムの再ダウンロードは必要ありません。

このパッチャーはBitTorrenのネットワーク技術を使用しており、Shroud of the Avatarのゲームファイルを他のプレイヤーとシェアする機能があります。

パッチャーを起動させたままにしておくことによって、空いた回線帯域を他のユーザーのゲームファイルの配布に利用することができます。

BitTorrent技術の使用は任意であり、利用したくない場合はオプションからOFFにすることもできます。

パッチャーがファイルダウンロードとアップデート作業を完了した後、 “Launch Game”ボタンを押すとゲームを起動することができます。

ゲームデータファイルの移動について

プレイヤーはShroud of the Avatarのデータの格納場所の変更が可能です。

変更方法: デフォルトのデータロケーションを変更するには、以下の手順にしたがって操作してください。

  1. ゲームプレイ中にチャットウインドウより”/datafolder”のコマンドを打ち込んでください。このコマンドにより、現在のデータファイル格納場所のフォルダが開きます。このフォルダ内の全てのデータとフォルダをクリップボードにコピーしてください。
  2. そしてゲームのオプションメニューを開き、”Game”ボタンを選択してください。そして”Data Path”ボタンを押してください。するとウインドウが開き、現在のデータフォルダのパスと移動先のフォルダのフィールドが表示されるので、フィールド内に任意のファイルパスロケーションを入力してください。Setボタンを押すことでデータファイルロケーションの変更が確定します。
  3. そしてもう一度ゲームから”/datafolder”のコマンドを打ち込み、先ほど設定した新しいデータロケーションの場所を開き、クリップボードにコピーしたデータを全てコピーしてください。

ログインとキャラクターの作成

ログイン

ゲーム起動後、最初の画面でログインウインドウが表示されます。

Shroud of the Avatar 2015-11-13 15-57-12-33.jpgShroud of the Avatar 2015-11-13 16-03-15-34.jpg

ユーザーアカウントの管理はShroud of the Avatarの公式サイトhttps://www.shroudoftheavatar.com/で行うことができます。

また、もしあなたがKickstarterのサイトでSotAに出資した場合は、SotA公式サイトでKickStarterのアカウントをSotAアカウントにリンクさせる作業が必要になります。

Kickstarterで出資を行っていないユーザーは、SotA公式サイトでアカウントを作成した際に$40.00以上の出資を行ってください。

SotAアカウントのログイン情報(IDとパスワード)は、ゲームのアクセスに必要なユーザーネーム・パスワードと共通です。

シングルプレイオンラインモードでのプレイ時にもユーザーネームとパスワードが必要になります。

デフォルトのマルチプレイモードは”マルチプレイオンライン”に設定されています。マルチプレイヤーオンラインモードは、現在ログインしているユーザーと一緒に同じゲームワールドでプレイできるモードです。シングルプレイヤーオンラインモードは、ゲームワールドにはプレイヤーひとりしかいませんが、ハウジングやプレイヤータウンといったプレイヤーメイドのオンラインコンテンツを利用できるモードです。フレンドオンラインはフレンドとだけ一緒にプレイできるモードです。

ログイン時にこれらのゲームモードを任意に選択することが可能です。どのマルチプレイモードも、同一のキャラクターを使ってプレイすることが可能です。

オンラインモードの切り替えはゲームプレイ中にも可能です。ログアウトする必要はありません。

モードの切り替えは、オプション画面のMultiplayerセクションでプレイしたいモードを選択してください。モードを選択後、シーンがリロードされモードが適用されます。

すでにキャラクターを作成している場合には、プレイするキャラクターの選択が可能です。また、既存キャラクターの削除や新しいキャラクターの作成も可能です。

オフラインプレイ

プレイオフラインモードを遊ぶ際にはインターネットの接続や、サーバーへのログイン認証は不要です。オフラインキャラクターとオンラインキャラクターは完全に区別され、互換性はありません。
オフラインモードでは、自分以外のプレイヤーキャラクターや、それに関連するコンテンツ(他人の家やベンダー、ギルドなど)も登場しません。しかし、それ以外のゲームコンテンツはオンラインと同様のものが用意されています。

Shroud of the Avatar 2016-05-19 12-07-04-15.jpg

オフラインモードにおいても、オンラインモードの時と同様に自動的にオートセーブが行われています。ゲームメニューからゲームを終了すると、その時点で現在の進行度がセーブされます。ゲーム再開時には、この状態から引き続きゲームプレイをすることが可能です。また、マニュアル操作によるゲームのセーブ&ロードも可能です。

ゲームをロードするには、キャラクターセレクト画面のLoad Gameボタンを選択して下さい。ロードするセーブファイルを選択すると、そのセーブファイルの状態から引き続きゲームプレイをすることが可能です。ロード時にはゲームのオートセーブが行われないことに注意して下さい。

オフラインモードではNPCのコンパニオンキャラクターと一緒に冒険をすることが可能です。Ardorisの街の宿屋”Peladjar’s TavernにいるFIonaを仲間にすることが可能です。オンラインモードでもそれらのキャラクターは登場しますが、一緒に冒険することはできません。

アバタールの作成

アバタール(キャラクター)の作成はまず最初に名前・名字・性別を設定することから始まります。

Shroud of the Avatar 2016-06-24 13-00-48-78.jpg

すでに他のプレイヤーが使用している名前は使うことができません。名字と名前の組合わせは全てユニークなものと扱われるので、もし名前が被ったとしても、名字の方を変更することでこの問題を回避することができます。名前が使用出来ない場合はその理由がウインドウの下に表示されます。
また、選んだ性別はキャラクターの外見のほか、一部のNPCの変更の答えが少し変わることがあります。

以上の項を決定し、“Proceed”をクリックするとIsle of Stormsのシーンへ移行することになります。謎の惑星の遙か上空に浮かぶこの島で、魔法の鏡を通してあなたはArabellaという女性と会話をすることになります。

Shroud of the Avatar 2016-06-24 13-19-05-75.jpg

Shroud of the Avatar 2016-06-24 13-27-01-77.jpg

鏡をダブルクリックすると、タブ付のウインドウが表示され、アバタールの外見に関する項目をスライダーを調整して変更することができます。
髪の色、目の色、耳のサイズやそれぞれの顔のパーツのポジションまで、細かく作り込むことが可能です。また、キャラクタークリエーションは今後のゲーム中においても変更が可能です。New YouショップでGold Crowns of the Obsidianというアイテムを消費して、キャラクタークリエーションのやり直しができます。
すべての項目を決定した後、Finishボタンをクリックして、キャラクターの作製を完成してください。

Shroud of the Avatar 2016-06-24 13-33-57-81.jpg

あなたのゲーム中のボディとなるキャラクターが完成すると、オラクルの監視塔へと向かってください。オラクルのマシンがその中にいます。彼女はあなたにいくつかの質問をしますが、その答えによって今後の展開が変化します。影響を受ける内容は、スタート時のスキル、装備、場所、クエストなどです。
オラクルの推奨する初期ステータス・装備を断って、自分の好きなものを選択することも可能です。


最後に、この島の一番上にあるルナリフトのところへ行き、その中に足を踏み入れてみましょう。

Shroud of the Avatar 2016-06-24 14-08-22-77.jpg

ゲームをプレイする

ゲームを起動するとアバタールはニューブリタニアへと降り立ちます。

K5eSR48y63Z-hZNWC4LnMxpr2s1Tnu9JtMM7AOpe50y3CgjcG5GAj6SrjMH3RB-ea8Aodps2w7Fe-VU7j720W1XCEREVJF1cQmww_cm90Zyevcaf3YqojZZKIxSpBmJxLA

ユーザーインターフェース

ゲームメニューは画面の右上に表示されます。各アイコンの詳細はのちほど紹介します。

ゲームの一番上にあるインターフェースはコンパスです。その下には、あなたのいるエリアの名前が表示されます。(この画面の例ではthe village of Braemar)

画面の左上に表示されているインターフェースは、現在のヘルスとフォーカスの値を示しています。(パーティーメンバーの分もここに表示されます)

また、ターゲットした相手のヘルスとフォーカスも、あなたのインターフェースの横の場所に表示されます。(この画面では、自分自身をターゲットしています)

会話インターフェースはデフォルト状態では左下に表示されるようになっていますが、好きな位置に変更することが可能です。

ゲームの最初のシーンであるIsle of Stormsを出た後は、画面の一番下に戦闘用のホットバーが表示されます。このホットバーは常に表示され、使うことのできる初期スキルが収められています。ゲームを進行させていくにつれて、より多くのスキルを習得し使用することができるようになります。
ユーティリティバーの機能をアンロックしたあとは、非戦闘用のスペルや、マップ、消費アイテムなどをユーティリティバーより使用することができるようになります。また、ユーティリティバーは戦闘中にも常に表示され、使用することができます。

ポーションなどの消費アイテムも戦闘中に使用することが可能です。

詳しくはデッキシステムとデッキの構築の項をご覧下さい。

メニューとヘルプ

New Icons.jpg

画面の右上にマウスを移動させると、マスターメニューを表示させることができます。アイコンをクリックすることにより、以下のアクションを実行できます。

初めてゲームをプレイするユーザーには、場面に合わせて操作説明のツールチップが表示されます。

もしこの機能が不必要な場合は、“Show Hints” のチェックを外してください。

もう一度表示させたい時はゲームのオプション画面からGameのサブメニューを選び、“Reset Hints” のボタンをクリックしてください。
初期状態からインベントリの中に”Notes for New Players”という本のアイテムが入っているので、時間のある時にぜひ読んでみましょう。

ゲーム内の様々なヘルプについて

基本的な操作

あなたはゲームの世界を”W-A-S-D”キーを使って移動することができます。

これらのキー設定は変更することも可能です。(たとえば矢印キーに設定するなど)

また、マウスの左右のボタンを同時にクリックホールドか、マウスの中ボタンをクリックすることにより前進することも可能です。

Wキーをダブルタップすることにより、フォーカス値を消費してスプリント(疾走)による素早い移動が可能です。

Eキーを押すことでシーン中のオブジェクトにインタラクトすることができます。インタラクトしたいオブジェクトに対して、マウスカーソルかレティクルを合わせた状態で、Eキーを押してください。このキーを押せば、ダブルクリックせずとも、ドアの開閉、資源ノードへのアクセス、敵の死体や宝箱の中身のルートができます。

スペースキーを押すとジャンプします。

しばらく押したままにしておいてから離すことにより、より高いジャンプをすることができます。

ジャンプはわずかなフォーカス値を消費するほか、ジャンプキーでスタンや拘束状態から脱出することが可能です(脱出の確率は1回につき20%以下)。

A-S-Dキーを二回タップすることにより、任意の方向にローリングして回避行動をとることができます。

ローリングの使用にはフォーカスを消費するほか、再使用には少し時間を置かなければなりません。

また、ゲームオプションからこの機能をオフにすることも可能です。

水深の深いところに移動すると、自動的にアバタールは泳ぎ始めます。スイミングの最中はジャンプや戦闘を行うことはできません。

テンキーの/(スラッシュ)キーをおすことで歩きと走りの切り替えを行うことができます。もう一度/キーをおすと解除できます。ロールプレイイベントなど、歩き動作が必要な場合に活用してください。

テンキーの+を推すと、オートランモードの切り替えができます。

TABキーを押すと、前方至近の敵をターゲットするようになります。さらにTABキーを押すと、順に別の敵へとターゲット指定を切り替えます。

視点モードには主観・3rdパーソン・肩越し、の3種類が存在し、Vキーでこれらのモードを切り替えることができます。3rdパーソン・肩越し視点では、マウスホイールによるズームイン・アウト操作が可能です。

2つの操作モード: ターゲットモード&インタラクディブモード

ゲーム内のさまざまなものにアクセスするにあたり、2つの操作モードが用意されています。

モードの切り替えキーはデフォルトではホットキーが設定されていないので、切り替えを使用するには、オプション画面のキーバインドから”Toggle Cursor”にホットキーを手動で割り当ててください。

ターゲットモードでは、ゲーム画面上にはマウスカーソルが表示されません。プレイヤーはマウスを動かすことにより、任意の方向を向くことができます。デフォルト設定ではWASDキーによって移動を行いますが、右クリックホールドでも前進することが可能です。

このモードでは画面中央に表示されている照準に注目してください。この照準の色や形によって、オブジェクトやクリーチャーに対するアクションが変化します。

照準を対象に合わせた状態でダブルクリックすると、その対象に対してアバタールはインタラクト(干渉・アクセス)を行います。その対象がスイッチならばON/OFFの切り替えを行い、ドアであれば開閉、NPCであれば会話を、リソースノードであれば採集を試みます。

デフォルト設定では、戦闘モードへの以降はZキーで行います。そして戦闘モードになると、操作モードは自動的にターゲットモードへ移行します。オプション設定により、自動移行をしないようにすることも可能です。

戦闘モードに移行した後、左クリックでアバタールは装備した武器による攻撃を行います。

照準を敵に合わせた状態で、武器の有効範囲内まで近づくとアバタールは相手へ攻撃を行います。この時、有効範囲内に敵が入ると、照準の色が赤色に変化します。遠距離攻撃を行う場合は、相手に照準を合わせたまま遠距離攻撃用の魔法などを使用してください。

TABキーを押すことにより、インラクティブモードへ切り替えることも可能です。インタラクティブモードでは、常にマウスカーソルは画面内に表示されており、UIの操作やオプションメニューの操作が可能です。また、メニューを開いたり、マウス操作が必要なウインドウが表示されたときは、自動的にターゲットモードからインタラクティブモードへと移行します。
たとえば宝箱を開けたときや、NPCとの会話が始まった時などに、この自動移行が発生します。

インタラクティブモード時のカメラ操作は、右クリックをホールドしたままマウス動かすことにより行います。このときのマウス操作の上下入力方向(Y軸操作)は、オプション設定で逆転させることも可能です。
また、このモード中は、マウスの左右ボタンを同時押しすることにより前進することができます(非戦闘中の場合)。

このインタラクティブモードの状態でも戦闘を行うことが可能です。左クリックで攻撃する対象を選択するのではなく、照準に敵をいれたまま左クリックを押して攻撃を行ってください。この際のマウスカーソル位置はどこにあってもかまいません。

ターゲッティングモードを有効にするには、オプションメニューのControlのセクションから、”Toggle Cursor”にキーの割り当てを行って下さい。このホットキーにより、インタラクティブモードとターゲットモードを切り替えることができるようになります。

シーンマップとワールドマップ

SotAには2つのマップスケールが存在します。”シーン”マップでは冒険やトレード、資源の採集、新しい装備品の獲得、ハウスデコレートなど、バーチャル世界での生活が行われます。

また、新しいシーンやワールドマップを訪れた時には、最初の数秒間はオラクルの祝福の光に包まれ、その間無敵状態となります。しかし、無敵状態の時に他のモンスターやプレイヤーを攻撃するなど、攻撃的な行動を行うとその瞬間に無敵状態は解除されます。
シーン中を移動するにはWASDキーで移動を行ってください。

ワールドマップ(Overworld Map)

ワールドマップ画面は街や冒険エリア間を移動する時に使用されるマップスケールです。このインタラクティブなマップは見えないヘックスグリッド線で区切られています。(将来的にグリッド線の表示のON/OFFが可能になります)
また、現在ワールドマップにはNoviaとHidden Valeの2種類が実装されています。

ワールドマップ上には沢山のシーンへと接続しています。進入可能なシーンに近づくと、画面にシーン名と“Enter”のボタンが表示されます。進入するには”Enter”ボタンをクリックするか、”E”のショートカットキーを押して下さい。もしパーティーを組んでいる場合は、パーティーメンバーの名前も画面上に表示されます。アドベンチャーシーンや大きなNPCタウンでは、街のシンボルの上にルーン文字が書かれたスクロールが表示されます。

ワールドマップを移動中に、外敵に襲われることがあります。もし敵に遭遇してしまった場合は強制的にシーンマップ画面へと移行し、その外敵を相手にしなければなりません。この敵から逃げるのか、それとも倒すのかはプレイヤーの選択に委ねられています。
どちらにしろ、シーンを離脱することによって、元のワールドマップ画面へと戻り、旅を続けることができるようになります。

またシージシーンに遭遇した場合、もしあなたのキャラクターが十分に経験を積んでいる状態であれば、戦線に参加するか元来た道を引き返すかの選択ができます。しかし、経験が浅いキャラクターの場合、シージの戦線を迂回して街へ入ることが可能です。その際には、"Due to your relatively low power, sympathetic defenders wave you through the siege lines directly into the town."のメッセージが表示されます。

シーンマップ

シーンマップでは冒険中に様々な行動を起こすことができます。シーンマップ中では荒野を探検したり、危険なダンジョンに潜ったりして、さらにそこで敵と戦う、パズルを解く、他のプレイヤーとトレードを行うといった様々なアクションが可能です。

各シーンマップの画面の終端には下の画面のような、アーチ状のオブジェクトが配置されています。また、シーンから離脱する際には、画面が徐々にブラックアウトしていく演出効果が表示されます。シーンの離脱はこのアーチだけでなく、シーン中にあるボートや洞窟、シークレットドアなど、さまざまな経路を通して他のシーンに移動することも可能です。

fsQQuIjEaZCLJYPoQoLiKekb70HypgpPY5PsEJ8-Ii83v7j3uam_e0sLtjJJPF7CRnmdM6V9TlZ616gK1O9cf5l_2COl-I5MujWhtzJopv8plmjhSap8WDILxhHQgRv_pg

あるアドベンチャーシーンから、さらに別のアドベンチャーシーンへ移動することができる場所もあります。例えば、Ravensmoorのダンジョンへ行くには、まずRavensmoorの海岸部のシーンに進入し、そこの岸壁にある洞窟の入り口を探す必要があります。

ファストトラベル

Fast-Travelスクロール:

この魔法のRecall・Teleportスクロールは、キャラクターを離れた位置へ一瞬で移動させることができます。新規キャラクターは3つずつこれらのファストトラベルスクロールをもってスタートすることができます。これらのスクロールは、ゲーム中のアルケミスト達によっても作成されています。

アバタールは各町のタウンクライヤーにその街を拠点として”bind”してもらうことができます。bind後はリコールスクロールを使うことにより、bindした街へ一瞬で帰還することができます。

Teleportスクロールは他のアバタールのいるシーン(パーティーメンバーやフレンド、ギルドメンバー)のエントランスへ移動するためのスクロールです。

この2種類のスクロールは非戦闘用のホットバーからも使用することができます。

いくつかのエリアには、ファストトラベルでアクセスすることも可能です。

いくつかのシーンへアクセスするには、シーンマップからその入口を探す必要があるものもあります。

たとえばRavenmoorのダンジョンは、アンデッドがうろつく海岸のシーンにある入口からしかアクセスできません。

キャラクターのマネージメント

Shroud of the Avatar 2015-09-21 12-49-15-38.jpg

キャラクター管理のウインドウはホットキーか、右上のステンドグラスのアイコンから呼び出すことができます。

キャラクターメニュー(“C”キーか、右上の交差した剣のアイコンから呼び出し)はアバタールのペーパードールと基本的な情報を表示します。

Jキーでジャーナルの呼び出し。ジャーナルにはプレイヤーがニューブリタニアで発見した重要な情報が自動的に書き込まれます。

CrH85QLbPoS43JE7pnCTh6O9Lgjotn5schQuTTCZJ8O3tPr6-XN4R_PQGLipcJqmgZz2doGSo8znMyPw7b6D9sMJbsSqjgDe-X0FjsLHuB4kygRU6Ev74jtl6lxhGNH20w

戦闘が必要なクエストにおいては、キャラクターのレベルとその難易度に大きな相違がある場合、ジャーナルに警告が表示されるようになります。また、キャラクターのレベルが上がるにつれ、警告文の内容も自動的に変化します。

インベントリスクリーン(”I”キーか右上のバッグのアイコンから呼び出し)でアイテムを管理することができます。

Note: インベントリの表示方法は2種類あります。アイテムをリスト表示する形式と、UOライクなバッグ画面を再現した形式があります。これらはオプションで “Use List Inventory Mode”にチェックを入れることにより切り替えが可能です。

KHHAMy_cv-nqGRcjFRCfDh7z3f9WFeqn28lBCQKUtsxLl3w34qTUpBtCEkaeYU7iVG9VZ4h_zkBU9q28oWCO3jjoPuJ_KAnFiELwxWBGcnwZenTBkrR7e4En0bU2GPjD2w

Nキーを押すことにより、プレイヤーやNPCの頭上に名前を表示することが可能です。デフォルトではこの機能はOFFになっています。

Shroud of the Avatar 2015-10-26 11-44-54-20.jpg

この表示機能はNPCのヘルスバーやコンバットダメージの表示にも連動しているので、非表示にするとそれらの情報も表示されません。

また、クエストを与えてくれるNPCは青色でハイライトされるようになります。このハイライト効果はそのクエストを完遂するまで継続します。また、クエストNPCはコンパスでも方位が表示されるようになっています。

緑色の名前のアバタールにはPvPゾーンであってもアタックをすることができません。

現在の仕様ではパーティーメンバーのみに緑色の名前表示が適用されています。

黄色の名前のアバタールは中立であり、あなたが攻撃することも、また相手から攻撃されることも起こりえます。

紫色の名前のプレイヤーはこのゲームの開発者です。彼らにあなたのフィードバックをぜひ伝えてみて下さい。

現在の使用では、NPCの名前は当人から聞くまでわからないようになっています。

判明するまでは、 “Guard” や “Shopkeeper”といった職業の名前が表示されます。

実際にそのNPCと会話して、名前を教えてもらいましょう。

Shroud of the Avatar 2015-09-21 11-55-45-90.jpg

エモートメニューはOキーで呼び出すことができます。エモートコマンドにより、周囲のプレイヤーに自分の感情を視覚的に伝えることができるようになります。また、エモートはクエストを通じて新しいものを入手することもできます。さらに、エモートは通常のトレードのような感覚で他のプレイヤーに教えることができます。しかし、ゲーム開始当初は初期装備のエモートと出資特典やアドオンストアのエモートしか使えません。エモートの記憶はじアカウント単位で行われます。同じアカウントであれば、別キャラクターもエモートを使えるようになります。また、習得したエモートはデータワイプにより失われてしまいます。

Shroud of the Avatar 2015-05-26 14-34-25-54.jpg

画面上部中央にはコンパスが表示されます。

あなたの向いている方向・現在地の名称・ニューブリタニアのカレンダー・時刻を確認することができます。

また、シーンの出入り口や街の施設といった場所の方角もマーカーとしてここに表示されます。

Mキーを押すとマップ機能の呼び出しが行えます。このマップのソースはwww.sotamap.comより提供されており、ユーザーが主体となってこのサービスが提供されています。

Shroud of the Avatar 2016-04-25 11-33-37-13.jpg

あなたのアバタールのスキルツリーへはKキーでアクセスすることができます。

アバタールは実際にスキルを使用することによってそのスキルのレベルを上げていくことになります。詳細は後述。

また、新しいスキルを習得するには、スキルトレーナーを訪れてゴールドを支払いトレーニングを受ける必要があります。

また、アイコンのグラフィックが表示されていないスキルは、まだゲームに実装されていないので機能しません。

画面には、トレーナーから教わることができるスキルのみが表示されます。たとえば、クラフトトレーナーに話かけた時は、教わることのできるクラフトスキルのみが画面に表示されるようになります。

Shroud of the Avatar 2015-08-24 11-33-16-59.jpg

習得したアクティブスキルと消費アイテムのリストはLキーを押すと表示させることができます。この画面からスキルアイコンを下部のホットバーのスロットへドラッグすると、非戦闘時に使用するスキルをショートカットとして登録することができます。

また、Combosのタブをクリックすると使用できる全てのコンボのリストを確認することができます。

戦闘用のデッキを作成するには、デッキビルド画面からスキルのセットを行ってください。デッキビルド画面を表示させるにはYキーを押してください。デッキビルドについては後に詳しく説明します。

NOTE: 多くのグリフやコンボは戦闘中にしか使用することができません。

Bキーでクラフトジャーナル(レシピブック)を呼び出すことができます。

初期状態では既知のレシピ数は少ないですが、新しいレシピを発見したり、他のキャラクターからティーチされるたびにこのジャーナルに項目が書き込まれていきます。

このクラフトジャーナルはクラフト作業では頻繁に使用することになるでしょう。

Shroud of the Avatar 2016-03-25 14-09-03-49.jpg

Scial.jpg

Fキーでソーシャルメニューを呼び出すことができます。

このメニューでは、フレンドやパーティーメンバーの登録/抹消を行うことができます。

Shroud of the Avatar 2016-04-25 13-10-47-90.jpg

Hキーでブロックリストメニューを呼び出すことができます。

ブロックしたプレイヤーはチャットウインドウでその発言が表示されません。

;(セミコロン)キーを押すとギルドウォーに関するタブが開きます。ここで自分のギルドがどのギルドと戦闘状態に入っているのか確認することができます。

F11キーを押すことにより、スクリーンショットを撮ることができます。ファイルはOSのピクチャー(画像)フォルダ内にあるSotAサブディレクトリへ保存されます。

Alt + F4を同時押しすることにより、ゲームを終了するQuitダイアログを呼び出すことができます。

ESCキーを押すことにより、開いているゲーム内の全てのウインドウを閉じることができます。

全てのインターフェースが閉じている状態で押すと、オプションメニューを表示します。

/AFKとタイプすることにより、AFK(離席)モードへ移行します。

あなたのアバタールは地面へ座り込み、名前表示に[AFK]と追加表示されます。

移動キーを押すことにより、AFKを解除することができます。

採集ツール(ツルハシなど)を非戦闘用のホットバーへ登録することができます。

非戦闘用のホットバーはユーティリティ・ホットバーと呼称されます(R39より)。このバーは戦闘中にも表示され続け、消費アイテムなどはこのユーティリティー・バーから常に使用することができるようになっています。ユーティリティ・バーのアイテム使用において発生するクールダウンタイムの長さは、戦闘用ホットバーのアイテムを使用したときと同じです。
また、一部のスキルもユーティリティ・バーより使用可能です。Light, Night Vision, Resurrectionが使用可能になっています。

左上のステータスバーの下にあるバフアイコンは、右クリックすることにより時間切れを待つことなく効果をキャンセルすることができるようになりました。

Razer社やAlienwareなど特定のメーカーからリリースされているキーボードデバイスは、インゲームの状況に連動して発光する機能がサポートされています。発光機能を利用するかどうかはオプション画面で設定することができます。

この機能を利用するとダメージを受けるにつれキーボードのライティングが緑色から赤色へ変化したり、コンボ可能な組合わせのショートカットキーの色が変化します。また、ダンスエモーション時にはストロボ発光するなど、他にも豊富なライティングエフェクトが用意されています。

プレイヤーメニュー(右クリックメニュー)

他のプレイヤーを右クリックすることにより、プレイヤーメニューを呼び出すことができます。

メニューを選ぶことにより、そのプレイヤーに関して様々なアクションを起こすことができます。

インベントリの管理

アイテムを装備するにはオプションからペーパードールを開きます(Cキーでショートカット)。装備用のアイテムをドラッグするとペーパードール横の枠がハイライトされるので、その場所へアイテムをドロップします。

また、直接ゲーム画面上のアバタールへ装備品をドラッグ&ドロップすることでも装備を行うことができます。

直接ゲーム画面上のアバタールへ非装備品のアイテムをドロップした場合、アイテムはバックパックの一番上の階層に収納されます。

アイテムをバッグへ収納するには、インベントリ画面を開き(Iキー)アイテムをバッグの任意の場所へとドラッグアンドドロップして下さい。

SHIFT + 左クリックでスタックアイテムから移動する数を指定することができます。

Ctrl + 左クリックでスタックアイテムから1つだけ取り出すことができます。

Alt + 左クリックでチェストや他のコンテナから、スタックアイテムかシングルアイテムかは問わず、そのアイテムをルートしてインベントリにしまうことができます。また、コンテナ内のアイテムをダブルクリックすることでも同様の効果があります。

不要なアイテムは捨てることができます。

インベントリ画面で不要なアイテムを右クリックしてDestroy Selected Itemを選んでください。

処理を行ったアイテムは永久に失われてしまうので、実行の際には注意してください。

アイテムと所持限界重量について

アバタールが持ち運ぶことのできるアイテムの総重量には限界が設定されています。

もし限界重量を超えてアイテムを持って移動を行った場合、移動スピードの低下、DEXステータスの低下、移動中のフォーカス値の継続的な減少といったペナルティが発生します。

限界重量を大きく超えるほど、受けるペナルティも比例して大きくなっていきます。

限界重量はキャラクターシート画面(Cキー)で確認することができます。

重量ペナルティが発生した場合左上のヘルス・フォーカス表示の場所にデバフアイコンが表示されるので、プレイヤーはペナルティの発生を知ることができます。

限界重量の上限をアップさせるには、Strengthのステータスを上げたり、タクティクススキルツリーに限界重量をアップさせるするスキルを習得することよって上げることができます。

限界重量に悩まされるようになったら、まず手持ちの不要なアイテムを商人NPCに売却したり、余分なアイテムを銀行へ預けるようにするとよいでしょう。

完全に不要なアイテムならば、バックパックにあるアイテムを右クリックしてメニューからDestroy selected item(s)のオプションを選ぶことで、アイテムを廃棄することができます。一度廃棄したアイテムは永久に消滅してしまうので注意してください。

もしあなたが土地を所有しているならば、任意の場所にコンテナ用のデコレーションアイテム(Chestなど)を設置し、ストレージとして利用することもできます。

ストレージに収納できるアイテム数は、土地のサイズよって変化します。

バンク(銀行)

銀行は冒険で得た様々なアイテムを保管するのに絶好の場所といえるでしょう。

さらに利用料金も無料ですが、預けられるアイテムの数や重量には制限があります。
また、ゲーム内のゴールドを支払うことでバンクスロットを増やすことができます。
出資レベルによって初期状態のバンクスロット数が変わり、さらに有料アドオンを購入することでもバンクスロットを増やすことができます。

また、銀行のストレージはそれぞれ独立しており、ある銀行に預けたアイテムはその銀行でしか引き出すことはできません。

他の銀行のアイテムを出し入れすることはできませんが、どの街の銀行に何を預けたかは、どの銀行からでも確認することができます。

後のリリースでは、別の銀行のアイテムを引き出す場合には追加料金が発生するようになるでしょう。

もし自分の土地を所有していて、その権利を手放した場合には、自動的にその土地に存在したすべてのアイテム(家の内外にある全アイテム)は、自動的に最寄りの銀行に転送されます。

この場合は例外的にアイテムの数や重量制限に関係無くアイテムが銀行に保管されますが、新たにアイテムを預ける場合には転送されたアイテムをまた他の土地に配置するなどして銀行のストレージを空ける必要があります。

プレイヤーは銀行のインターフェース上で現在自分がベンダーで販売しているアイテムの全リストを表示することができます。この機能は、銀行インターフェース上の歯車ボタンをクリックすることで表示させることができます。ベンダーのアイテム管理のほか、プロパティマネージャー機能により引っ越しを行った際にも、どのベンダーがどのアイテムをもっているか追跡するのに便利な機能となっています。


出資特典のアイテムは例外的にどの銀行からでも引き出すことができますが、再度預けた場合は通常のアイテムと同様に扱われます。

選択式の出資特典について

出資レベルに応じて選択式の出資特典を取得することができます。あたらしくClaimされた特典は緑色の文字で表示されます。選択式の特典はバンクボックスに~入っており、「~reward」というアイテム名になっています。

Shroud of the Avatar 2016-01-25 11-13-09-55.jpg

この選択式の出資特典によって得られるアイテムはいずれも限定アイテムとなっています。アイテムをダブルクリックsしtてして使用すると選択ウインドウが開くので、お好きなものを選択・決定してください。決定後、出資特典選択アイテムは、実際に選択アイテムと入れ替わる形でバックパックに出現します。一度決定した特典は後で元に戻すことができないので注意してください。

同じ選択式の特典を複数個所持しているケースもありますが、その場合はそれぞれすべて違う種類のものを選ぶ必要はなく、同じ好きなものを何度も選択することも可能です。

ミステリーボックス(Mystery Box)

出資特典やアドオンストアで購入できるアイテムの中には、”ミステリーボックス”タイプのアイテムが存在します。たとえば、”Cornucopias”や、”Artisan Box of Plenty”、”雪玉ボックス(Replenishing Snowball Box)”などが該当します。

ミステリーボックスタイプのアイテムは一定期間経過後、オーナーがダブルクリックすることによってアイテム生成を行います。ミステリーボックスはデコレーションアイテムとしても設置できますが、コンテナとしては機能しません。また、フタを開けたり閉めたりすることもできません。
生成されたアイテムは自動的にインベントリに入ります。

いくつかのミステリーボックスタイプのアイテムの中には、1年のある時期のうち1回だけアイテムを生成するものもあります。他の多くのミステリーボックスタイプのアイテムは、1日毎か、1週間毎にアイテムを生成します。
また、特定のシーズンだけ変わったアイテムを生成するミステリーボックスもあります。
ミステリーボックスを使用したあと、次回のアイテム生成の時期についてのお知らせがチャットログに表示されます。

マップ

初期状態からいくつかのマップをもってスタートします。

将来的にはお店で購入したり、クラフトやルートによってマップを入手することができるようになるでしょう。

マップを使うには非戦闘用のバーのスロットにマップを登録して使用して下さい。

現在地がマップに対応している場合は、アバタールの位置と方向が赤い三角で表示されます。

インタラクティブオブジェクト (アイテムへのアクセス)

アクセスできるオブジェクトに、照準またはマウスカーソルを合わせた状態で左ダブルクリックすると、その対象にアクションを起こすことが出来ます。アクションを起こすことができる対象に照準かマウスカーソルを合わせると、照準やカーソルの色が緑色に変わります。
しかし、戦闘モード中は一部のインタラクト動作が制限されます。

アクセス可能なオブジェクト例:

窃盗行為のペナルティ

通常の冒険シーンで発見するランダムオブジェクト(食べ物やマグカップ、本など)はプレイヤーが持ち去っていっても罪に問われることはなく、またペナルティも存在しません。しかし、これと同じことを街の中でやってしまうと話は別です。

NPCはアバタールの窃盗行為に気付くとガードを呼ぶでしょう。ガードは窃盗犯を取り押さえたあと懲罰金を支払うよう言い渡します。、懲罰金の額は、100GP+盗もうとしたアイテムのValue×100GPで算出されます。

戦闘

ニューブリタニアにはあなたに敵対するものも存在します。

場合によっては自分で自分の身を守る必要があるでしょう。

Zキーで装備している武器を手に持ちます(武器を抜き、戦闘状態へ移行する)。

ほとんどの戦闘行動は武器を手にもった状態でないと行うこともできません(魔法の使用も含む)。

相手を直接攻撃する場合、オートアタックとフリーアタックの2種類の方法があります。この二つのモードにはそれぞれ異なる特徴がありますが、いつでもモードを”Toggle Attack”のホットキー(デフォルトはT)で切り替えることができます。

オートアタックモード

オートアタックモード時は、敵対するクリーチャーをダブルクリックすると自動的に武器を抜いて戦闘態勢に入り、武器の有効射程内に入った敵を自動的に攻撃し始めます。中立的なクリーチャーを攻撃する場合は、Zキーで手動で武器を抜いてから攻撃する必要があります。一度攻撃を開始すると、相手が死ぬか有効射程外に逃げるまで攻撃を続行します。

オートアタッモード時は、後述のチャージアタックを行うことができません。

フリーアタックモード

フリーアタックモードはアドベンチャートレーナーやマスターアドベンチャートレーナーとの会話の中でアンロックすることができます。オートアタックに比べて、より能動的な近接戦闘を行うことが可能ですが、より多くのキー操作が要求されます。敵対相手をダブルクリックして戦闘態勢に入るところまでは同じですが、相手を照準に入れておくことが必要です。

また、フリーモード時には左クリックをホールド・リリースすることにより、通常攻撃よりもダメージの高いチャージアタックを繰り出すことができます。チャージを開始するとチャージゲージが表れ、ゲージを溜めれば溜めるほどリリース時の威力が上昇します。

ダガーのような小さく軽い武器の場合、チャージゲージの長さは短く、威力上昇の目安である区切りの数も少なくなっています。ポールアームのように大きく重い武器の場合は、チャージゲージは長くなり、また威力の目安である区切りの数も多くなっており、チャージアタックの一撃は、軽い武器に比べより強力なものになっています。

スティッキー・ターゲットとソフトロック

Shroud of the Avatar 2016-05-19 14-27-54-85.jpg

戦闘モード時に敵に接近すると、相手との距離と装備武器のリーチに応じて、赤い照準マークが敵に表示されるようになります。このマークは、有効射程内にいる、照準に最も近い相手に表示されます。

Shroud of the Avatar 2016-05-19 14-50-46-50.jpg

装備武器している武器が一度に複数の敵を攻撃できるものである場合、メインターゲット以外の敵にも、攻撃可能な数だけ赤い照準が表示されます。もし有効射程内に攻撃可能なターゲットが居ない場合、照準は白いXのものに変わります。

弓や魔法などの攻撃では、相手の後衛など、もっとも近い相手以外を狙って攻撃することも可能です。
その時は”ソフトロック”機能を活用して下さい。一度ソフトロックしたキャラクターには、優先的に攻撃を仕掛けることが可能です。また、ソフトロックしている間は、ずっと左上の敵キャラクターステータスバーに、ソフトロックした敵のステータスが表示されます。

Shroud of the Avatar 2016-05-19 15-37-12-97.jpg

ソフトロックを行うには、まず相手を照準の中央、あるいはマウスカーソルを当該の敵に当てた状態で、ダブルクリックしてください。すると、その敵にソフトターゲット済みを表す照準マークが付加されます。この時、その敵が自分の射程範囲内にいるかぎりは、その敵を優先して攻撃することが可能になります。
また、近接武器を使った攻撃の場合は、乱戦状態にあっても優先的にソフトターゲットした敵にヒットが優先されるようになります。


”Next Target”キーで、もっとも近い相手から順番にソフトターゲットを指定することが可能です(デフォルトではGキー)。キーを押すと最も近い相手をソフトロックします。もう一度押す毎に、次点のターゲットへとソフトロック対象が変わります。

また、敵だけでなく、フレンドリーなキャラクターもソフトロックすることが可能です。乱戦時に回復魔法をかける場合などに重宝するでしょう。フレンドリーキャラクターのソフトロックは、シフトを押しながらそのキャラクターをクリックしてください。

パーティーメンバーも同様にソフトロックの対象にすることができます。ソフトロックを使えば乱戦時にも、間違いなく回復や支援魔法をかけることが可能です。パーティーメンバーをソフトロックするには、パーティーメンバーのネームプレートをクリックするか、F1-F8のショートカットキーを使用してください。

ネームプレートの色とクリーチャーの強さ

NPCやクリーチャーの頭上に表示されるネームプレートは、Nキーで表示のON/OFFの切り替えができます。オプションメニューから、まだ名前が判明していない(会話でそのキャラクターの名前を聞き出していない)相手のネームプレートを非表示にすることも可能です。
また、オプションのVideoメニューからネームプレートのフォントサイズを変更することもできます。
注意: ネームプレートのフォントサイズと発言内容のテキストのフォントサイズは共用になります。

キャラクターの頭上に表示されたネームプレートの色からは、様々な情報を得ることが出来ます。敵クリーチャーの場合は相手の強さを推し量る目安となります。

様々なクリーチャーの名前の色は、アバタールとクリーチャーのレベル差によって変化します。実際の戦闘力はレベル差のほかにも装備品やスキルによっても大きく変化しますが、相手の名前の色は強さを判断する材料の一つになるでしょう。

nameplates_v5.png

戦闘に関するTIPS

TABキーで近くにいる敵キャラクターのターゲットを切り替えることができます。

CTRL + TABで味方のキャラクターをターゲットすることができます。回復や支援を行う時に有用となるでしょう。

倒した敵キャラクターにカーソルを当てるとカーソルの色が緑に変化します。この状態でダブルクリックすることにより、相手のバパッを開き、持ち物をルート(略奪)することができます。

ダメージの数字は、アバタールと敵キャラクターの頭上に表示されます。Nキーで表示/非表示を切り替えることができます。

フォーカスはスキルを使用しなければ自動的に回復をはじめます。

しかし、武器を抜いた状態では回復速度は低下するでしょう。

ヘルスも常に緩やかに自動回復しますが、武器をおさめ、かつ戦闘状態から離脱した状態にあるとより早く自動回復することができます。

戦闘態勢時に移動用キー(WASD)のいずれか同じキーをダブルタップすると、その方向へローリングによる回避を行います。

アーチャーは戦闘中の移動には注意をする必要があります。

ボウ・クロスボウを扱う場合、移動しながらの攻撃には大きな命中率のペナルティが課せられます。

また、移動中の魔法の使用もFizzleの確率を上昇させてしまいます。

アーチェリー・ウェポンのペナルティは歩き状態に切り替えることにより緩和することができ、さらに立ち止まった状態ではゼロになります。

移動せず一箇所にとどまり続けると、クリティカルヒットチャンスボーナスとフォーカスコスト軽減のバフを得ることができます。

さらにこの効果はスタックさせることが可能で、最大で5回分まで重ねることが可能です。

攻撃や被弾によりこの効果が中断されることはありません。効果は消失するのは移動を行った時だけです。

また、このStillnessバフの恩恵を受けることができるのはスペルグリフだけです。コンバットスキルはStillnessバフの恩恵を受けられません。

パーティーメンバーにヒールをかけるためにターゲットするとき、左のネームプレートから選択すると便利が良いでしょう。

また、F2-F8キーでダイレクトにメンバーをターゲットすることができます。

敵との戦闘中、あるいは周囲に味方のキャラクターが存在しない時に回復系の魔法を使用した場合、自動的に自分をターゲーットに選択します。

任意に自分をターゲットしたい場合はF1キーで可能です。

また、ALTキーをホールドすることで、一時的に自分をターゲットすることもできます。

敵がどのプレイヤーをターゲットするかは様々な条件が関係してきますが、スキルの使用により、プレイヤーが意図的に敵の注意を引きつけたり逸らしたりすることも可能です。

守備の高い戦士はシールドバッシュやボディスラムで積極的に相手の注意を引きつけ、軽装備のメイジはルートやライトニングの魔法で敵の接近を許さないようにしましょう。

片手武器をそれぞれの手に装備することが可能ですが、二刀流状態でもオートアタックはメインウェポンのみの攻撃になります。

オフハンド側の武器で攻撃するには、タクティクススキルのスキルを習得してください。

特定のクリーチャーは、あるダメージタイプについて耐性や無効特性を供えています。たとえば、エアエレメンタルに対しては、電気属性によるスペルや攻撃はほとんど通用しないでしょう。

障害物の陰に隠れる(Cover)ことにより、受けるダメージを軽減することができます。敵と相対したときに、障害物によって隠れる体の面積が大きければ大きいほど、ダメージの軽減効果が発揮されます。

アンデッドとの戦いについて:

アンデッドのメイジやリッチは倒れた仲間のアンデッドを復活させる力をもっています。ある研究によれば、魔法によって倒されたアンデッドは復活しにくくなると伝えられています。

魔法とFizzle(詠唱失敗)の発生確率

いかに熟練したメイジであっても、魔法の扱いは決して易しいものではありません。

魔法の発動には様々な要因が影響し、詠唱動作を行ったにもかかわらず魔法が発動しないこともあります。

この失敗をFizzleといい、戦闘で魔法を用いるすべての魔法使いにとって、最も注意しなければならない事態といえるでしょう。

魔法の成功確率は下部のスキルバーのアイコン部分に表示されるので、どの魔法をどの程度の確率で発動可能なのかを事前に把握しておきましょう。

Fizzleは魔法スキルのみに発生します。コンバットスキルの使用時にFizzleが起こることはありません。

Fizzleは主に以下の要因によって発生します。

  1. 移動
  2. 装備武器
  3. 防具
  4. 魔法のTier(ランク)
  5. スキル

もっともありがちなのが移動しながら魔法をキャストすることです。

キャスティング中に歩いたりするとFizzleペナルティが発生し、走ったりした場合にはさらに大きなペナルティが課されることになります。

逆に立ち止まって魔法をキャストすることで、ペナルティをゼロに抑えることができます。

しかしTierの低い魔法を使用する場合は、キャスト中に歩いたり走ったりしても、Fizzleには影響はないでしょう。

またキャスティング中に手に武器を持っていると、これもFizzleに影響を与えます。

剣・弓・盾などの装備はFizzleの発生率を上昇させますが、杖やワンドなどはFizzleに悪影響を与えません。

重い鎧を装備している場合にもFizzleペナルティが発生します。

アーマーの各部位のプロパティを参照すれば、Fizzleにどの程度影響するか確認することができます。

特にプレートやチェインメイルといった重い金属鎧は、大きなFizzleペナルティが発生するでしょう。

魔法の系統によっても影響の度合いは変化し、AirとDeathマジックは鎧の悪影響を受けやすく、逆にLifeやEarthの魔法はFizzleへの影響が軽くなっています。

高Tierの魔法の詠唱にはより複雑な呪文とジェスチャーが必要になり、難易度が上昇します。高Tierの魔法の使用はかなり難しくなっていますが、必要な秘薬を揃えることでその影響をある程度緩和することができます。

秘薬を使わずにTierの高い魔法をキャストしようとした場合にも、大きなFizzleペナルティを受けます。

いざというときに秘薬切れが起こったりしないように、常に手持ちの秘薬の数を確認しておきましょう。

スペルのスキルレベルを上昇させることでも、そのスキルのFizzleの確率を軽減することが可能です。

また、フォーカススキルの中にはFIzzleの確率を軽減させることができるスキルがあります。

実際にその魔法の使用した時の成功率は、ホットバー内のスペルアイコンに%で表示されています。もし成功率の%表示が無い場合は、そのスペルは成功率は100%であることを意味します。この成功率の表示はリアルタイムに変化します。この成功率には、スペルのTierや、各スキルのレベル、そして手持ちの秘薬が十分に足りているかといった要素が成功率に関係し、さらに各スペルの元々の成功率自体も全て異なっています。

アバタールの死と復活

アバタールのHPがゼロになってしまった場合、肉体から魂が離れ、ゴーストとなって放浪することになります。

ゴースト状態では生物とコミュニケートすることはできず、また、全ての生命体は白い光球として表示されます。

ゴーストから復活する方法は複数あります。

その1:

シーン各所にはゴーストだけが見えるアンクが存在します。ゴースト状態のとき、コンパスにはアンクのある方向が表示されます。

このアンクに近づくことにより、ヘルス全快かつノーペナルティで蘇生することができます。しかし、死亡直後はアンクは青色の光に包まれており、この状態ではアンクによる蘇生はできません。約30秒で青色の光は緑色の光に変化します。緑色の光に変化した状態でアンクに接触することで蘇生することが可能です。まだアンクの光の色が変わっていない状態の場合、色の変化の進行度を表すプログレスバーが表示されます。

また、何度も死亡とアンクでの復活を繰り返すと、アンクの光の色が変わるのに必要な時間が長くなっていきます。

Shroud of the Avatar 2016-04-26 10-51-05-50.jpg

また、以下のカオスのアイコンのアンクも存在します。このカオスアイコンでも蘇生が可能ですが、蘇生後のスポーン場所はシーン内のランダムな場所になります。

その2:

他のプレイヤーからリザレクトの魔法をかけてもらうことにより、ゴースト状態を回復することができます。

リザレクトの魔法による復活では、蘇生時のヘルスとフォーカス値が非常に低くなっているので注意してください。

1と2の方法による復活ができず、タイマーの数字がゼロになると自動的にシーンのエントランスで復活することになります。

アバタールのレベルが10以下の場合には死亡ペナルティが発生し、復活時のヘルスとフォーカスはわずかで、さらに一定時間ステータスにマイナス補正のデバフが発生します。

また、アバタールのゴーストが再び肉体に戻る時に装備品の耐久値が5%減少します(ゴーストが装備品を通り抜けながら肉体へと還っていくため)。

経験の浅いキャラクターは、死亡によるスキルレベルダウンペナルティは発生しません。経験の高いキャラクターが死亡するとスキルレベルのダウンが発生し、「トレーニング」か「メンテナンス」の状態のあるスキルは、プールされたEXPを消費して現在のレベルを維持し、”Not Trainig”か”Unlearning”の状態のスキルはスキルレベルのダウンが発生します。スキルレベルの減少については詳しくはキャラクターの成長、の項目をご覧ください。

装備品の耐久度と修理

Shroud of the Avatar 2015-08-24 12-06-04-72.jpg

戦闘により武器や防具の耐久度が減っていきます。
また、死亡時にリザレクトの魔法やアンクによる復活が叶わず、時間経過により自動的に復活した場合も装備品の耐久度が5%低下します。

耐久値がゼロになった装備品は、一切その用を為すことができません。

壊れた武器のダメージはゼロであり、壊れた防具は一切あなたを保護してくれません。

また、耐久度が減少すると、その装備品の評価額も下がっていきます。

2種類の耐久度: 耐久度には最大耐久度と現在の耐久度があります。例として上の画像のアイテム見てみましょう。63/78という表記は、現在の耐久度が63ポイント、最大耐久度が78ポイントであることを意味しています。さらに(Max 90)という表記は、最大耐久度の数値を最大90まで上昇させられることを意味しています。

現在の耐久度は最大耐久度の値よりも早いペースで減少ししていきます。現在の耐久度は、フィールド上でリペアキットを用いて回復させることができます。修理を行うのは、リペアキットのアイテムをキャラクターシート上の装備箇所へドラッグアンドドロップしてください。このフィールド上での修理には、特別なスキルやトレーニングは不要で、さらに修理のスキルも必要ありません。

また、リペアキットによる修理は、修理する対象のアイテムのバリューが高い場合や、そのアイテムの素材がレアなものである場合、1つのリペアキットで回復できる耐久値の値が低くなります。

クラフトテーブル上で修理することにより、より効果的な修理を行うことができます。フィールド上での修理よりも、大きく耐久度を回復させることが可能です。クラフトテーブル上で修理をすることにより、リペアのスキルレベルをアップさせることができます。また、リペアの効果は、そのキャラクターのリペアスキルレベルによって変化します。

Shroud of the Avatar 2015-10-22 17-27-22-99.jpg

アイテムの種類

クラフトテーブルの種類 / ツール

必要な修理スキル

金属製の武器やアーマー

鍛冶テーブル / Blacksmithing Hammer

Blacksmithing Repair Proficiency

布製・革製のアーマー

裁縫テーブル / Scissors

Tailoring Repair Proficiency

木製のアイテム(弓など)

大工テーブル / Carpentry Hammer

Carpentry Repair Proficiency

現在3種類のリペアキット(repair kit)がゲームに実されています。また、修理するアイテムのタイプによって必要なリペアキットの種類が異なります。たとえば、布製のグローブをBlacksmithing(鍛冶) repair kitで修理することはできません。
リペアキットを入手するにはリペアキットを取り扱っている商人を探すか、クラフトスキルによってリペアキットを作成しましょう。作成したリペアキットは自分で使う以外にも、ベンダーを通じて他のプレイヤーに販売することもできます。

最大耐久度は減少速小渡はゆるやかですが、確実に低下していきます。金属製のアイテムは、他の素材に比べて最大耐久度の減少のタイミングが緩やかになっています。失われた最大多給力を回復させるには、レアアイテムであるCrowns of the Obsidiansを用意する必要があります。
なお、Founder特典・出資特典・アドオンストアで購入した装備品は、耐久力の減少は起こりません。

Obsidian Crownは需要の高い古の遺産であり、どのクリーチャーであっても倒した時にドロップする可能性があります。このObsidianと修理が必要な装備品をクラフトテーブルにセットして、Repairを行ってください。装備品の最大耐久値が回復し、Obsidian Crownは消滅します。この回復量は初回を最大として、回数を重ねる度に最大耐久値の回復値は下がっていきます。初回は100%、2回目は66%、3回目は50%、そして40、33とCOTO1枚当たりの回復量は減少していきます。20回目の修理では、10ポイントしか回復させることができなくなります。Obsidian Crownによる最大耐久値の修理には、リペアスキルは影響しません。

これらの準備を整えたあと、Craftボタンの左側にある、Repairボタンを押して下さい。

リペアキットが消費され、アイテムの最大耐久度はMax値まで回復するでしょう(アイテムの修理に成功した場合)

最大耐久度の回復にはリペアスキルが要求されます。そしてリペアスキルが高いほど、最大耐久度の回復量も大きくなっていくでしょう。

クラフトツールや資源の採集に用いられるツールを修理するには専用のリペアキットが必要になります。このツールによる修理は最大耐久値と本来の最大耐久値の両方を回復させることができます。この修理に専用のクラフトテーブルは必要ありません。

ステルス

いくつかのスキルツリー(Moon MagicとSubterfuge)にはプレイヤーをステルス状態にするスキルがあります。ステルス状態に入るとキャラクターグラフィックがブラーのかかった透明状態となり、距離をとった状態ならば相手に気付かれたり攻撃されることもないでしょう。このようにステルスは強力な手段ですが、使用する際にはいくつかの注意点を知っておく必要があります。

プレイヤー vs. プレイヤー (PvP)

人間こそがある意味で一番おそろしい生物かもしれません。

このゲームでは、他のプレイヤーに戦闘を挑むことができます。

これはPlayer vs. Playerコンバットと称され(通称PvP)、SotAにおいてもPvPを期待するコミュニティが建設的なアイデアを提案してくれています。

Note: PvPはまだ発展途上にあります。これからよりさまざまな仕組みが追加され、あたらしいゴールの設定や、ゲームシステムの拡張が予定されています。

合意の下で行われるPvPといえば、デュエルがその典型だといえるでしょう。他のアバタールを右クリックして、Duelを選ぶことで決闘を申し込むことができます。挑戦を受けるも受けないもその人の自由です。

また、挑戦を受けても何もせず一定時間が経過した場合は、デュエルを断ったことになります。

いったんデュエルが始まると、お互いにスキルや魔法を駆使して戦闘を始めることができます。デュエルが決着するには、相手を倒す(相手にやられる)、シーンから離脱する、降参する、のいずれかの行動を取る必要があります。

降参はデュエルの申し込みと同様、相手を右クリックしてForfeitを選択することで可能です。

PvPは限定されたシーンでしか行うことができません。また、PvPシーンに足を踏み入れると、自動的にオラクルの加護が解除される(他プレイヤーから攻撃される)ようになります。

別のエリアへ移動するための場所にカーソルを当てると場所の名称がポップアップされ、そこがPvPシーンかどうか分かるようになっています。PvPシーンに入ったときのスポーンポイントはランダムで決定します。パーティーを組んでいる場合は、パーティメンバー全員がランダムに選ばれた同一のスポーンポイントにスポーンします。

現在は以下の6つのPvPエリアが稼働しています。

多くのPvPシーンはFree-For-All形式をサポートしています(いわゆるバトルロイヤル・デスマッチ)

誰でも攻撃できますが、誰からも攻撃を受ける可能性があります。

全ての魔法やスキルは、モンスターを相手にする時と同様に機能します。

チーム戦の場合は少しルールが異なります。

チーム戦ではVirtue(赤)チームとChaos(青)チームに分かれて戦います。

アリーナへ入場すると、どちらのチームへ参加するか選択できるポータルがあり、そのポータルをくぐるとそのチームの控え室へと移動します。

一方のチームの人数が偏っている場合、一時的に人数が多い方のチームのポータルが使用不可能になり、チームの人数の調整が行われます。

必ずしもチームの参加者とパーティーを組む必要はありませんが、パーティーを結成すればより協力しながら戦闘をすることができるでしょう。チーム戦は1試合あたり10分間の長さで行われます。時間内により多くのKILL数を稼いだチームが勝利となります。試合終了後はチーム選択の部屋に自動的にテレポートします。

アリーナ形式のPvPマップでは観戦モードがサポートされています。観戦席へ移動するには、チームセレクトの部屋にある、オラクルの目のシンボルのポータルへ入って下さい。

フリー・フォー・オール形式のアリーナでは観戦席からバトルフロアに乱入することが可能です。乱入後はそのままPvPへ参加することが可能です。

プレイヤーは黄色の名前のプレイヤーにアタックを仕掛けることができます。パーティーメンバーは緑色の名前で表示されます。

パーティーメンバーはヒールなどの有益な魔法を掛けることができるほか、範囲効果のある攻撃(ファイアボールの爆風など)で巻き込む心配がありません。

ジャンプはフォーカスを消費しますが、スタンやルート状態から抜け出すチャンス(現在は20%)を得られます。

ダメージを受けた時にもrootや拘束状態から回復するチャンスを得ることができます。

しかし、スタン状態の場合はダメージによる回復のチャンスはありません。

背後からの攻撃はダメージ量が増加します。

テンキーの0を押すと、PvPシーン内のあなたやチームのPvPの成績を見ることができます。成績リストの中のプレイヤーの名前は、実際にターゲットを行うまで判明しません。

オープンPvP

いくつかのPvPシーンやアリーナをのぞけば、基本的にアバタール達はオラクルの祝福の下あり、祝福によってお互いに争いが起こらないようになっています。

しかしプレイヤーは能動的にこの祝福を解除することも可能です。

祝福が解除されたアバタール達はお互いに攻撃することが可能になります。(オープンPvPフラグの獲得)

オープンPvPフラグを取得するにはまず、キングスポートやアルドリスにあるオラクルの監視塔(Confirmatory)を訪れ、オラクルの祝福を解除するように彼女にリクエストしてください。

祝福を解除するにはOracleとの会話中に”Remove protection”、再び祝福を受けるには”Restore protection”のワードを入力してください。

Note: オープンPvPフラグを獲得したアバタールはお互いに攻撃可能になります。オープンPvPフラグが立っていない(オラクルの祝福を受けている)状態であれば、相手から攻撃を仕掛けられることは一切ありません。

また、オラクルフラグが関係ないPvPシーンでは無条件にプレイヤー同士で攻撃が可能になります。

オープンPvPフラグが立っていない状態であっても、オープンPvPキャラクターに攻撃を仕掛けることが可能です。

オープンPvPフラグが立っている相手をターゲットした状態で、いずれかの攻撃用のスキルグリフを発動ことで、相手に攻撃を加えることが可能です。この際、最後に確認メッセージが表示されるので、本当に攻撃するかどうか選択してください。
攻撃を仕掛けた場合、オラクルの祝福が自動的に解除され、永続的なオープンPvPフラグを獲得します。よって、ランサムルートする(される)ことも可能になります。
また、オープンPvP状態のキャラクターに対してヒールなどの支援系のスキルを使用すると、そのキャラクターもオープンPvPに参加したとみなされフラグが立つことになります(青ヒーラーの抑制)。

オープンPvPフラグが立っている状態では、いつでもどこでも他のキャラクターから攻撃を受ける可能性があります。あなたがモンスターと戦っているときや、リソースを収穫しているとき、あるいは街で買い物を楽しんでいる時や、酒場で一杯やっている時でさえも攻撃を受けるリスクを負うことになります。

また、街のガードはアウトランダー同士の抗争には一切関わることはないでしょう。

同一パーティー内に2人以上のオープンPvPフラグの立ったキャラクターがいても、パーティープロテクションが優先されるため、お互いに攻撃することはできません。このプロテクトはパーティーが解散するまで継続します。

いくつかのシーンは”オープンPvPシーン”として設定されているものもあります。このシーン中ではプレイしているマルチプレイヤーモードにかかわらず、他のプレイヤーとのマッチングが行われ、PvPを行うことが可能です。このシーンを離脱すると、それまでにプレイしていたマルチプレイヤーモードに変更されます。

オラクルの祝福を解除しても、再び監視塔でリクエストを行えば祝福を受け直すことができます。

もし、オープンPvPに参加する機会が訪れた時には、最寄りのオラクルの監視塔の位置を頭にいれておくとよいでしょう。

PvPとランサムシステム

もしアバタールが冒険の途中で力尽きてしまった場合、復活したさいに装備品や持ち物は自動的に手元にかえってきます。
しかし、アバタールが他のアバタールを殺した場合、事情は異なってきます。この場合、オラクルの加護が届かないために、殺した方は殺された側の持ち物をいくつか奪うことができます。このランサムルートが発生する条件は、デュエル・シャードフォールでのPvP、PvPタウンでのPvP、オープンPvPエリアで発生した戦いなど、PvPシーン全般にわたります。オープンPvPエリアでアバタールが死亡した場合、その後にオラクルのマーカーが残されます。
死んだアバタールの所属していたパーティのメンバーも死体からランサムルートを行うことができます。

ルートを行った場合、現在以下の3種類のアイテムを1つずつランダムにルートします。

ルートできるアイテムは死体に残されたアイテムだけです。バンクや私有地の中のチェストのアイテムがルートされることはありません。また、クエストアイテムや出資特典アイテム・アドオンストアで購入したアイテム・ストレッチゴールストア・Make a Differenceストアのアイテムもルートされることはありません。

もちものをルートされてしまった場合、その被害に遭ったアバタールは、画面右上にあるステンドグラスのアイコンから”Price of the Oracle”インターフェースにアクセスできるようになります。

このインターフェースからお金を支払うことにより、奪われてしまった持ち物を取り戻すことができます。お金を支払うと、すぐにアイテムは自分のインベントリの中へ戻ってきます。また、奪われてしまった持ち物を諦める選択肢をとることもできます。この場合は、奪った相手のインベントリの中にそのアイテムが送られます。

また、奪われた後数時間経過すると時間切れとなり、自動的にアイテムは奪った相手のインベントリに送られます。

取り戻すのに必要な金額はオラクルUIに表示されます。アイテムを買い戻す、諦める、時間切れになる、のいずれかの方法によって件が解決されると、オラクルUIには何も表示されなくなります。

死亡後に残ったオラクルマーカーを自分自身でダブルクリックすると、ノーコストでアイテムを取り戻すことができます。また、オラクルマーカーは5分間経過すると自動的に消滅します。時間切れによってマーカーが消滅した場合、奪われたアイテムのオーナーはオラクルUIからノーコストでアイテムを取り戻すことができます。

このランサムシステムはまだ発展途上であり、今後のリリースで仕様が変更されることがあります。

ピックポケット(スリ)

SubterfugeスキルツリーにあるPickpocketingのスキルを使用すると、他のアバタールから戦闘行為を行うことなく、相手のアイテムをスリ盗ることができます。しかしその場合、スリ自身とその対象の両方が、PvPフラグを立てていなければスリを行うことはできません。また、オープンPvPシーンなどの場面でもスリを行うことができます。しかし、パーティーメンバーに対してスリ行為を行うことはできません。

スリを行うには相手に至近距離まで近づく必要があり、さらにスキルが成立するまで数秒間の時間がかかります。

スリが成功すると、相手のバックパック内からランダムに選ばれたアイテムを1つ入手することができます。盗んだアイテムはランサムシステムで処理され、盗まれた相手はお金を払ってアイテムを取り返すか、あきらめるかを選択することになります。

PvPのランサムシステムとは違い、盗まれた相手は誰が自分のアイテムをスリ盗ったのか知ることができません。

また、相手が装備しているアイテムや、壊れている状態のアイテムはスリ盗ることはできません。

スリとおぼしきキャラクターが行為におよぼうとしているときは、そのキャラクターをソフトロック(SHIFT+左クリック)してください。その場合警戒状態となり、行為に及んだときに自動的に現場を押さえることが可能です。ピックポケットはステルス状態でも行うことができます。

キャラクターの成長

アバタールはニューブリタニアへやってきた当初は頼りない能力しかもっていませんが、そのポテンシャルを引き出しながらたくましくなっていくでしょう。アバタールの能力は実際の行動を通して伸ばしていくことができます。魔法や戦闘能力をアップさせたければモンスター達と戦う必要があり、資源を採集したり、アイテムをクラフトしたり、あるいはクエストを達成したりといった行動も、それぞれ対応するスキルをアップさせることができるでしょう。

例として、弓を扱うアーチャーはRanged Combatのスキルが上昇していきます。そしてAimed Shotのスキルを使用した時には、Aimed Shotのスキルのレベルが上昇しますが、それだけでなく汎用的なRanged Combatのスキルも上達していきます。

また、スキルレベルが上昇するとそのスキルのカードの枚数が増えていきます。

アクティブスキルのランク

グリフの枚数

1

1

10

2

20

3

40

4

80+

5

弓で仕留めた獲物を解体することにより、Field Dressing Proficiencyのスキルがアップし、さらにそのスキルツリー内にあるスキルも成長していきます。そして獲物の肉を切り分けたり、皮をなめすことによって、精肉や製革といった技術のスキルレベルがあがっていくことでしょう。

各スキルには0-100+レベルの段階が設定されています。そしてレベルが上がっていくほどレベルアップにはさらに多くの経験が必要となり、徐々にレベル上昇のスピードは遅くなっていくでしょう。スキルレベルの進捗度を確認するには、スキルツリー画面で、スキルアイコンの下部にある緑色のバーを確認してください。


実際にスキルを上達させるには、実戦で使用することが必要です。
Bar.jpg

たとえば、日がな一日中トレーニングダミーに向かってファイアボールを撃ったとしても、アドベンチャーEXPのプールを食いつぶすばかりで、その腕前はなかなか上達することはありません。アドベンチャーEXPのプールが少なくなればなるほど、スキルアップの速度が低下していくからです。

アドベンチャー・クラフトEXPプールにどれくらいの量がストックされているかは、スキルツリー画面で確認することができます。EXPプールにストックがある状態でスキルを使うと、自動的にプールのEXPはスキルの成長へと消費されます。

デイリーログインボーナスとして、1万EXP(アドベンチャー・クラフト両方)を得ることができます。

また、一般的にアドベンチャースキルは戦闘をすることで、クラフトスキルは資源の採集やクラフトを行うことで上昇していきます。強いモンスターを打ち倒したり、高レベルな難易度をもつリソースノードから資源の採集を試みたり、作成が難しいアイテムのクラフトに挑戦したりすることで、より効率的にスキルを鍛えることができるでしょう。また、ニューブリタニアの人々から請け負うクエストを達成することでも、アドベンチャースキルとクラフトスキルの両方のEXPを得ることができます。

Shroud of the Avatar 2015-08-21 16-15-28-44.jpg

しかし、一度にたくさんのことを学ぶことはできません。もし多くのスキルを同時進行で成長させようとすると、そのペースは鈍化してしまうでしょう。特に、パッシブスキルにおいてその鈍化は顕著なものになります。どのスキルのトレーニングする / しない かはスキルアイコンの左上にある緑色の矢印をトグルすることで選択することができます。トレーニングをOFFにしたスキルのレベルは、もしそのスキルを使ったとしても、EXPプールのEXPは消費されず、スキルレベルは一切上がらなくなります。

通常ならば、同時に成長させるスキルは数種類に絞っておくのが得策といえるでしょう。

一度習得したスキルはすべて、時間経過によるレベルダウンの影響を受けることになります。これはログインしていてもいなくてもリアル時間の経過により累積し、死亡時に時間経過に比例したスキルレベルダウンペナルティ(EXPディケイ)が発生します。しかし、時間経過によるペナルティの発生は、最大でも24時間分までしか累積されません。
また、死亡時には全ての累積ディケイ負債が一気に清算されるのではなく、現在の累積量の半分がEXPディケイとしてロストするようになります。たとえば、24時間分の ディケイが累積されていた場合、1回目の死亡により、まず12時間分のディケイが清算されます(残ディケイも12時間)。その直後に死亡した場合、その2回目の死亡時 は、6時間分のディケイが清算されます(清算後の残ディケイは6時間)。また、その直後に3回目の死亡した時には3時間分のディケイが清算され、残ディケイは3時間となりま す。

スキルレベル101以上になると、そのスキルは通常の2倍の速度でディケイが発生するようになります。

上位のスキルを習得するには、下位のスキルを一定レベル以上習得している必要があります。またこのとき、デスペナルティによって、上位スキルを獲得するのに必要最低限のレベル以下に、そのスキルがレベルダウンしてしまうことはありません。たとえば、Riposteスキルを習得するのに必要なBladed Combat Skillの最低レベルは40ですが、デスペナルティによってスキルレベルダウンが発生した場合でも、このスキルが40以下になることはありません。

上位スキルの習得要件となっている下位レベルのスキルは、その習得要件レベルに達するまでは、成長モードをTrainingとNot Trainingの状態しか選ぶことができません。

スキルのモードについて

Training 「トレーニング」: スキルを使用するたびにEXPプールを消費し、スキルレベルが上昇する。

Maintaining 「メンテナンス」: スキルを使用しても、EXPプールを消費せず、スキルレベルも上昇しない。スキルレベルダウンペナルティ発生したときのみEXPプールを消費し、現行のレベルを維持する。

Not Training 「訓練をしない」: 一切EXPプールを消費することがないが、スキルレベルダウンペナルティの影響を直接受ける(スキルレベルが低下する)。(上記の上位スキル習得要件レベル以上の場合)

Unlearning 「スキルを忘れる」: 一切EXPプールを消費せず、さらに他のスキルのレベルが上がるにつれて、Unlearning状態のスキルはレベルが旧速に低下する。また、スキルレベルの低下とともに、失われたレベルに応じてEXPがプールへと還元される。

もうひとつの”unlearn”の方法として”Obsidian Book of Unlearning”のアイテムの使用があります。このアイテムはObsidian Crown商人より購入することができます。この本は任意のスキルを最小レベルにまでレベルダウンさせ、それまでにレベルアップのために消費されたEXPの90%をプールへと還元することが可能です。プールへと還元されたEXPはほかのスキルの成長のためにも使うことが可能です。

パッシブスキルは能動的に使用することができません。パッシブスキルを成長させるには、そのスキルツリー内にあるアクティブスキルを使用することによってのみ可能です。例えばファイアマジックのパッシブスキルを成長させようとした場合、ツリー内にある他の(アクティブスキルの)ファイアマジックを使用する必要があります。

また、採掘スキルのレベルを上げたいならば、、実際に鉱石ノードから鉱石や宝石の採集を試みることによってのみそれが可能となります。

ただし、Focus・Tactics・Subterfugeのスキルツリーにあるパッシブスキルは例外で、これはアドベンチャースキルのアクティブスキルの使用により成長していきます。これら3つのスキルツリーには、基礎的な能力をアップさせるパッシブスキルが含まれています。

新しいスキルを習得するにはトレーナーからトレーニングを受ける必要があります。トレーニングを受けるにはお金が必要で、さらに前提となるスキルを習得していなければなりません。トレーナーは主要な街にいます。

また、一人のトレーナーが全てのスキルを教えてくれるわけではありません。

強力なスキルを習得するには、マスタートレーナーと呼ばれる専門トレーナーを探し出して教えてもらう必要があります。スキルツリーごとにマスタートレーナーは存在し、多くのマスタートレーナーはプレイヤーにクエストを依頼したり、頼み事をしてくるでしょう。このクエストを解決してからでないと、強力なスキルを教えてもらうことはできません。

また、マスタートレーナーでないトレーナーにも、クエストの解決を条件にスキルを教えてくれる者がいます。

Note: Attunementについて

Attunementによる属性の強化はさまざまなメリットをもっています。自分と同じ属性のスキルによる支援効果を引き上げる一方、自分と同じ属性を持つ相手に対しての攻撃は効力が弱まってしまうというデメリットももっています。また、相反する属性同士は互いのスペルの効果の影響を大きく受けるでしょう。

しかしながら、今後の開発進行上の判断により、Attunementのシステムを没にする可能性もあります。今回のリリースを含め、今後の状況をみながら、Attunementを導入するかどうか判断します。
また、R27ではAttunementのスキルレベルは20以下には下げられないようになっています。キャラクターを成長させる際には、この点に留意してください。

スキル

Shroud of the Avatar 2016-06-24 14-32-14-10.jpg

Kキーでスキルメニューを呼び出すことができます。

スキルはAdventuringとCraftingの区分があります。
また、このウインドウの右下部分にプールされたEXP量が表示されます。

Adventuringスキルのタブを辺択すると左側に各スキルツリーのアイコンが表示されます。
AdventuringスキルはCombat・Magic・Strategyの3種類に分かれており、いずれかのスキルツリーアイコンを選択することにより各系統の詳細なスキルツリーを右側に表示させることができます。各スキルツリーアイコンに表示されている数字は、そのスキルツリーの全スキルの合計レベルを表しています。

スキルアイコンの色とその主な効果・用途

スキルアイコンが表示されていないスキルは、まだ実装されておらず機能しません。

スキルレベルが上がっていけばいくほど、ロックスキルとして使用した時のフォーカスペナルティが減少していきます。ロックスキルについては後で詳しく説明します。

Lキーで習得したスキルのリストを表示することができます。この画面からスキルをドラッグして、ホットバーに装備することもできます。

非戦闘用バーにはアイテム、召喚魔法、回復・補助魔法(ライトやヒーリングタッチなど)をセットして使用することができます。

ほとんどのスキルは使用時にフォーカス値と適切な装備品が必要になります。たとえば、"Crushing Blow"のスキルを使用するにはクラブのような殴打武器が必要になります。

チェストの部分にどの種類のアーマーを装備したかによって、使用できるアーマースキルの種類が決定します。

布の鎧はライト、チェインメイルとプレートメイルはヘビーの区分になります。

ヘビーアーマーを装備している状態で魔法を使用すると、ヘビーアーマー装備部位の数に応じてFizzle(失敗)の確率が上昇します。コンバットスキルにはFizzleの影響はありません。

スキルとグリフ、ホットバー

スキル画面やデッキ画面のウインドウからスキルアイコンをドラッグアンドドロップし、ホットバーやユーティリティバーにセットすることができます。ユーティリティバーにはポーションなどの消費アイテムのほか、召喚スキルや回復スキル、ライトの魔法などを設定することが可能です。

Attunement(属性値)

魔法の各系統にはAttunementと呼ばれるその属性との親和度を表す値が存在します。Attunementを高めるとその属性の威力はより高まり、またその属性に対するレジストも上昇します。また、Attunementの上昇によるネガティブなエフェクトも存在しません。

Shroud of the Avatar 2016-04-25 12-03-34-71.jpg

Attunementの値はそのスキル系統のアクティブスキルレベルの平均値が適用されます。パッシブスキルはAttunementの値に影響を及ぼしません。

全てのAttunementの現在値を確認したいときは、魔法系統選択UIの左上にある、座禅を組んでいるアイコンをクリックしてください。また、座禅のアイコンは各魔法系統のスキル画面の左上にも表示されています。

ペットと召喚エレメンタルについて

アバタールがNPCコンパニオンクリーチャーを獲得するにはさまざまな方法があります。また、彼らは戦闘の際に味方となってくれることでしょう。しかし、一度に召喚できるクリーチャーは1体だけです。召喚中に再び召喚を試みた場合、古い方は消滅し、新しいものがとってかわります。

スキルの高いメイジはエレメンタルやアンデッド、あるいは別の生物を召喚して、戦闘に参加させることが可能です。

召喚されたエレメンタルは、ニューブリタニアの世界では短時間しか姿を保つことができず、召喚された瞬間からヘルスが徐々に減少していきます。

召喚生物やペットのクリーチャーは、召喚されている間召喚者のフォーカスを一定量カットします。また、召喚されているクリーチャーや強力なものであるほど、カットされる量は増えていきます。このカットされたフォーカスはスキルのために用いることはできず、さらに休息やポーションによる回復もできません。召喚生物やペットが消滅したときだけカットされたフォーカスを回復することができます。。
しかし、アンデッドを召喚した場合は、フォーカスカットではなくヘルスドレインが発生します。

また、ペットと違い、召喚生物はシーンをまたいで移動すると消滅してしまいます。

また、アバタールは野生の動物を飼い慣らし、戦闘時に使役することも可能です。動物のテイミングは魔法による生物召喚とはことなり、ある程度複雑な課程を経る必要があります。

まず、テイマーとなるには、Taming CollarとSummoning Whistle Necklace(消費アイテム)を入手する必要があります。これらのアイテムはクラフトでしか手に入らず、作成にはTailor、Carpenter、Alchemist達のスキルが必要になるでしょう。

また、Animal CollarやAnimal Whistleのアイテムはテイム用品としては未完成で、完成品に加工するまでテイミングに用いることはできません。これらのレシピはArdorisのSequannna Squareにある商店で購入することができます。

これらのアイテムを意したら早速動物のテイミング挑戦してみましょう。Tame Creatureのスキルを動物に使用してみてください。テイムスキルの使用に必要な首輪は消費アイテムとなっています。

しかし、いつもテイミングが成功するとは限りません。もしテイムに失敗してしまったら、相手の抵抗をさばきつつ、もう一度チャレンジをしてください。また、テイムする相手が強ければ強いほど、テイミング成功率は下がり、さらに首輪を消費してしまう確率も上昇します。テイムに成功した場合は、相手の強さに関係無く首輪は消費されます。
また、相手にある程度ダメージを与えた状態でテイムを試みることで、成功率を上げることができます。

テイミングに成功すると動物はその場で姿を消し、Summoningスキルによっていつでも呼び出せる状態になります。

各Summoning Whistle Necklaceとテイムした動物は対となってリンクされ、そのネックレスを装備しているときだけその動物を呼び出すことができます。また、ネックレスの名前もテイムした動物の名前に変化します。Summoning Whistle Necklaceの数だけ動物をテイムすることが可能ですが、同時に呼び出せる動物は1体だけに限定されています。

ペットも生物である以上休息は必要です。よって、テイムされた動物を呼び出すために、ペットの召喚には長いクールダウンタイムが設定されています。しかし、Refreshスキルを上げることにこの再召喚のクールダウンタイムを短縮することができます。また、召喚生物とはちがい、ペットはシーンをまたいで移動しても消滅しません。

また、呼び出されたされた動物は、戦闘中にヘルスが大きく減少すると逃げてしまいますが、クールダウンタイムを消化すれば再び呼び出すことができます。しかし、呼び出された動物が戦闘中に死亡し、復活させなかった場合は消滅となり、再び呼び出すことはできません。その際、Summoning Whistle Necklaceの中身が空になるので、他の動物をテイムしてリンクさせることができます。

死亡したペットは5分以内にAnimal resurrectionのスキル使うことで復活させることが可能です。60秒を過ぎてしまうと、いかなる場合であっても復活は叶わなくなります。当の主人が死亡している場合は、たとえパーティーメンバーがリザレクトのスキルを使用することができたとしても、ペットのリザレクトを行うことはできません。

召喚されたコンパニオンクリーチャーは召喚者の側で待機し、戦闘時には加勢してくれます。

また、クリーチャーにはそのほかにも様々な命令を下すことが可能です。

画面上のクリーチャー、または左上に表示されているネームプレートを右クリックすると命令メニューが表示され、Stay, Agressiveレベルの変更、近くへ呼び寄せる、クリーチャーを元の世界へ戻す(Dismiss)といったことが可能です。

また、敵対キャラクターを右クリックしてAttack命令を出せば、クリーチャーにターゲットを直接攻撃させることができます。

テイムしたクリーチャーは右クリックメニューから名前をつけることができます。一度つけた名前は、そのペットが死亡するまで有効です。召喚生物にも名前をつけることができますが、次回の召喚時にはリセットされてしまいます。

オフラインモードではNPCキャラクターを仲間にすることが可能です。コンパニオンによっては仲間に誘えば喜んでついてくるものもいますが、中にはクエストを解決したり、対価を支払う必要があるキャラクターもいます。仲間にしたキャラクターは、専用の召喚アイテムを使うことで相手を呼び出すことができます。

また、仲間のキャラクターと召喚生物・ペットは同時に呼び出すことも可能です。しかし、仲間のキャラクターはオフラインモード専用のコンテンツであることを知っておいてください。

召喚生物・ペット・仲間のキャラクターは、あなたのそばをついて歩き、戦闘になれば手助けをしてくれます。また、キャラクターを右クリックすることによって詳細な命令を下すこともできます。よりアクティブに戦闘に参加させたり、そばについておかせたり、DIsmissすることができます。命令を出すときは、直接右クリックする以外にも、画面左上のネームプレートを右クリックも有効です。また、攻撃したい相手を右クリックすることにより、直接アタック命令を出すこともできます。

出資特典アイテムやアドオンストアで購入した召喚コールアイテムを使うと、デコレーション用のクリーチャーを召喚することができます。使用の際には非戦闘用バーにそのアイテムをショートカット登録して使用してください。
ペットはあなたのそばを付いて歩くようになり、右クリックによるいくつかの命令にも対応するようになります。デコレーション用ペットには戦闘能力はないので、一緒に戦ったり、アシストしてもらうことはできません。

デコレーションペットは自分の家の敷地内でも呼び出すことができます。このとき、そのデコレーションペットは設置NPCとしてカウントされます。召喚後、右クリックによってペットの挙動を設定することができます。デコレーションペットの呼び出しには制限はなく、デコレーションペットが倒されたりした場合でも、コスト無しですぐに再召喚することができます。

グランドマスター

あるスキルレベルが100を超えると、そのスキルのグランドマスターとなります。

パーティー内にグランドマスター級のスキルレベルのキャラクターがいると、パーティーメンバーのそのスキルの上達速度が上昇します。この恩恵受けるには、そのスキルを習得し、スキルの状態をトレーニング状態にしておく必要があります。

グランドマスターになると、ネームプレートの横に小さな黄色の盾のマークと緑色の△のマークが表示されます。これらのアイコンの上に表示されているスキルアイコンは、そのキャラクターがそのスキルのグランドマスターとなっていることを表しています。

innate スキル(パッシブスキル)はGMによる上昇支援効果を自動的に享受できますが、アクティブスキルはサポートの影響下にあっても実際に使用しない限りスキル上昇支援効果を得ることができません。

例えばパーティー内にファイアボールのグランドマスターが居てとしても、実際にパーティーメンバーがファイアボールを撃たない限り、スキル成長のサポート効果を受けることができません。このサポート効果は取得EXPを増加させるのではなく、EXPプールの消費割り当て量を増加させるものとなっています。

スキルポイントのリセット

スキルポイントのリセットを行いたい場合は、Obsidian Potion of Unlearningをオブシディアンクラウン商人より購入してください。このポーションを使うことにより、現在の最小レベルにまでスキルレベルをダウンさせ、さらにスキルレベルアップに消費した9割のEXPポイントをプールへ還元することができます。プールへと返還されたEXPは別のスキルレベルアップのために使用することができます。

デッキシステムとデッキの構築

新しいキャラクターを作成した時、ホットバーにはデフォルトである初心者向けの少数のコンバットスキルが表示されています。

しかし、レベルアップしてスキルポイントを獲得することにより、自分好みのスキルの選択や使用ができるようになっていきます。

Shroud of the Avatarのキャラクターメイキイグの自由度は、このデッキシステムによって実現しています。

デッキシステムの理解やデッキの構築は初心者にとって複雑なものに見えるかもしれません。

しかし、下記のデッキに関する能書きはスキップして、ゲーム中のプレイヤーやフォーラムで推奨されるデッキビルドを教わるここともできます。また、他のプレイヤーとの戦いを通してデッキビルドに関する情報交換を行うのもよいでしょう。

デッキシステムはアドバンスドなコンテンツとなっており、アンロックするにはアドベンチャートレーナーかコンバットトレーナーと会話をする必要があります。
デッキの装備や新しいデッキの構築を行うには、Yキーを押してデッキビルド画面を呼び出してください。

デッキの構築

New Deckを選択し、スキルリスト(Lキー)から習得したスキルをデッキへとドラッグしてください。

同じスキルを複数装備することもできますが、そのスキルのレベルによって装備できる数が決定されます(最大で5)。

アバタールがレベル1の時はデッキの最低構成数である10カードしか持つことができませんが、レベルアップしていくごとにデッキに収められるカードの数が増えていきます。

もしデッキの構成に必要なカードが不足した場合、不足分はすべて”Slug”のカードで代替されることになります。

Slugは何の効果も持たないハズレ(ブランク)のカードで、他のカードと同様ディスカード(時間経過による消滅)します。

デッキを構成するときはなるべくSlugが少なくなるようにしてください。

デッキのサイズは無限に大きくすることが可能ですが、しかし実際には、あるスキルを集中的に選択したり、組み合わせによる相乗効果を考慮してデッキを構築することになるでしょう。

初心者やレベルの低いアバタールはロックグリフを使用するとよりデッキの構築が容易になるでしょう。

デッキをスイッチした時、両デッキに共通して存在するグリフはクリアーされません。

Innateスキルはデッキに装備することはできません。スキルを習得した時点で効果を発揮します。

Shroud of the Avatar 2015-07-27 11-27-58-02.jpg

手札とホットバーのカスタマイズ

キャラクターが最初のシーンであるIsle of Stormsから出た直後は、コンバットバー内にあるグリフは”ロック”された状態にあります。この状態では初期装備されているスキルのみが有効となり、他の空きスロットには他のスキルグリフは一切表示されず、使用することもできません。
しかし、後に”デッキビルディング”機能がアンロックされた後は、このデッキを自分好みに自由にカスタマイズすることができます。

この機能をアンロックするには、各街にいるアドベンチャートレーナーかコンバットトレーナーに話かけ、”deck building”のキーワードを尋ねてください。このアンロックが行われるまで、デッキビルド機能とインターフェースは有効になりません。

デッキビルドがアンロックされたあとは、プレイヤーは任意にスキルのロック・非ロックを選択することができます。

デッキビルドアンロック後、コンバットホットバーの空きスロットには、任意にスキルを割り当てることができます。スキルの割り当てはスキルツリーなどの画面から、デッキビルド画面UIか画面下部に表示されているホットバーにグリフ(スキルアイコン)をドラッグアンドドロップしてください。

デフォルトの状態では各スロットは”Any Glyph”の状態になっています。この状態では、山札から引き当てたグリフの種類を問わず、あらゆるグリフが割り当てられる(ディールされる)ことになるでしょう。

しかし、各スロットにグリフをドラッグ&ドロップすることにより、特定のグリフを指定したスロットにのみディールされるように設定することができます。

スロットにあるグリフを割り当てると、そのグリフを山札から引き当てた時には必ず指定したスロットへと優先的にディールされます(ただしそのスロットが空いている必要があります)。

すでに指定スロットにグリフがディールされている場合は、他の空きスロットへグリフが割り当てられます。

また、ひとつのスロットに複数のグリフを指定することもできます。

各スロットに特定の役割を与えることにより、プレイヤーはホットバーに注意をとられることなく、戦闘の操作に集中することができるようになるでしょう。たとえばヒールを特定のスロットだけに割り当てておけば、必要な時にスロットのナンバーを確認することなくスムーズに使用することが可能です。

デッキビルド画面で、スロットに割り当てたグリフをクリアーするにはそのグリフを右クリックして、メニューからClearを選んでください。

グリフのスロット指定とロックグリフはまったく別のものです。詳細は後にまた説明します。

アドベンチャートレーナーかコンバットトレーナーはユーティリティ・ホットバーの機能のアンロックも行ってくれます。これは第二のホットバーともいうべき機能で、戦闘・非戦闘状態に関係なく、コンバットバーの下の位置に常時表示されます。

コンバットバーを表示させるにはZキーを押してコンバットモードに入ってください。逆にもう一度Zキーを押して武器を収めると、コンバットバーは非表示になります。

戦闘機能のアンロックはアカウント単位ではなくキャラクター単位で行われるため、新キャラクターを作製したら、その都度トレーナーにアンロックしてもらう必要があります。

デッキとインベントリ

装備セットとデッキをリンクさせることができます。

デッキを切り替えると、リンクされた装備セットへと自動的に変更されます。

デッキを装備する&デッキスワップについて

デッキを使用するには、事前にそのデッキを装備していなければなりません。

デッキが完成したら”Equip”ボタンを押して装備してください。

戦闘中はデッキを作成したり、内容を変更したりすることはできませんが、すでに構築しているデッキを切り替える(スワップする)ことは可能です。

デッキの内容の変更ができない場合は、武器を抜いた状態でないか確認してください。

デッキインターフェースではオルタネートデッキをセットすることが可能です。

また、オルタネートデッキにもリンクされた装備セットを指定することが可能です。

装備デッキとオルタネートデッキを切り替えるには、Xキーを押して下さい。

デッキを切り替えることにより、インファイターからレンジドに戦法を切り替えたり、味方を援護するためにヒーラー役に回ったりすることが可能です。

デッキスワップを行うと、手持ちのグリフはすべてクリアされます。また、スワップの実行は最大フォーカス値の10%をコストとして消費します。デッキスワップは移動中も可能です。スワップを行う際は、それぞれのデッキにリンクさせる装備セットを設定することを忘れないでください。

ロックグリフ(Locked Glyphs)


ロックグリフを設定するには、まずロックしたいスキルを任意のスロットにセットした後、そのグリフを右クリックして下さい。

ロックされたスキルは常にバーに表示されますが、スキルのポテンシャルを損なう可能性も伴っています。

スロットに割り当てられたグリフとは違い、ロックグリフは常にそのスロットに表示され消失することがありません。また、ロックグリフのスキルは指定スロット以外のスロットにディールされることがありません。

しかし、再びスキルを使用するにはクールダウンタイムを消化する必要があります。

ロックグリフの使用時には通常のランダムグリフ以上のフォーカスが要求されます。このフォーカス量は連続で使用するたびに上昇しますが、その使用するスキルのスキルレベルを上げることによりそのコストを低減することができます。

デッキ編集画面以外でも、ホットバー上にあるロックグリフをドラッグアンドドロップすることで位置替えや入れ替えができるようになっています。また、デッキ編集画面から直接ホットバーへドラッグアンドドロップも可能です。

デッキを使った戦闘

戦闘に突入すると、下部のスキルスロットにランダムにスキルカードが配布(ディール)されます。

スキルカードを使用するとスロットからそのカードが消滅し、デッキへと戻っていきます。

スロット内で使用されなかったカードは時間経過により自動的に消滅し(デッキへと戻り)、別のカードがディールされます。

カードを右クリックすることにより、スキルを使用せずにカードを消化することができます。

プレイスタイルに合わせて、あなただけのデッキを構築してみてください。

どのスロットにどのカードを割り当てるか、また、どのスキルを「ロックグリフとして運用するかなど、自分だけのデッキを構築して見て下さい。

もちろん、デッキはひとつだけでなく複数構築することもできます。

魔法と秘薬

Tier3以上の魔法を使用するには、秘薬と呼ばれる消費アイテムが必要になります。

魔法の詠唱ごとに、低確率で必要な種類の秘薬が消費(必要とされる秘薬のうちのいずれか1個のみ)されます。

どのスペルがどの秘薬を消費するかは、スキルウインドウ内のスキルグリフ、グリフウインドウ内、またはスキルバー内にセットされたグリフにマウスカーソルを当てることにより確認することができます。

また、ホットバー内のスペルアイコンで手持ちの秘薬数から計算した残り使用可能回数も確認することができます。

秘薬は各街の宿屋のマスターやアルケミストから購入することができます。また、メイジ系統の敵からルート品として入手したり、シーン内に自生しているものを採集したり、農業スキルで栽培し収穫することも可能です。

コンバットスキルの使用に秘薬は必要ありません。

消費アイテムの使用

ヘルスポーションやフォーカスポーションといった消費アイテムは、他のスキルと同様にスキルバーにグリフとして表示されます。

スキルと同じようにデッキに装備すれば、ランダムにディールされるでしょう。

 “Show All Consumables” のチェックボックスをチェックすると、現在所持していない消費アイテムでもスキルバーにセットすることができます。

しかし、実際にそのアイテムがインベントリに入っていないと、スキルバーのアイコンは機能しません。

消費アイテムは非戦闘用バーにセットすることもできます。

そうすれば戦闘時以外はいつでも消費アイテムを使用することが可能にです。

食べ物のアイテムは戦闘用のグリフとしては登場せず、非戦闘用のバーからのみ使用することができます。

コンボグリフ

コンボグリフを現在試験的に導入しています。

SotAにおけるコンボとは、スキルグリフを組み合わせてより強力なスキルグリフを作り出すことを意味します。

現在コンボには2種類あり、ひとつ目はランクの低いグリフ(スキル)を組み合わせることによってユニークでパワフルなスキルへと変化させるユニークコンボです。

このコンボは組み合わせた各スキルの長所を併せ持つようなスキルグリフを作り出すことができます。

習得していないスキルであっても、コンボとして作成すれば使用することが可能です。

このコンボスキルは通常の方法で習得することができず、グリフの組み合わせることによってのみ使用可能です。

詳しいコンボスキルについては、グリフパネルのコンボタブを参照するか、宿屋で販売されているコンボについての本をチェックしてみてください。

二つ目のコンボは同じスキルグリフを組み合わせて、より強化されたスキルグリフを作り出すコンボです。

強化されたスキルはフォーカスコストの減少や性能の強化といったメリットがあります。

デッキ内に同じグリフがある限り、何回でも組み合わせることが可能です。

グリフを組み合わせるにはホットバー内のグリフアイコンをドラッグアンドドロップするか、Rキーを押してから対応するホットキーを順番に押して下さい。

ロックされているグリフ(ロックスロット内にセットされているスキル)はコンボとして組み合わせることができません。

コンボはランダムディールされるスキルだけで組み合わせる必要があります。

作成されたコンボスキルグリフも、他のスキルと同様に時間経過により消滅します。また、手動でデッキへと戻すことも可能です。

プレイヤーハウジング

CQldFTqMvsVxpgFev3fOz7xkTIWnUSh3kLgtwppCiLi1PGkrvSjLKxlgMt-XL73dQIM0UYkCA4J7CPLLRaHXT8wRhvfN_dq6axjYCgKiXuspNiChHi6X2AMRWU1GxZo-jA

プレイヤーハウスは、ゲーム内でもっともあなたを象徴する手段のひとつとなるでしょう。

プレイヤーはゲーム内に土地をもち、家屋を建て、自分の自由に飾りつけることが可能です。

粗末なコテージから島に浮かぶ城まで、さまざまなものがあります。

家屋用の土地を入手する

Shroud of the Avatar 2015-04-27 17-41-03-13.jpg

土地を入手するには、まずLot Deed(土地の権利書)を手に入れてバックパックの中に入れておく必要があります。

Lot Deedを扱う商人は、家の権利書や地下室の権利書を扱う商人の近くにいます。(オウルズヘッドの銀行の2階など)

出資レベルによっては、出資特典としてスタート時から土地の権利書をもってスタートすることもできます。

シーン内にどれだけ空いた土地が残っているかは、タウンクライヤーかガードに聞くとよいでしょう。
彼らに”how many houses are free?”と聞いてみましょう。彼らは空いている土地の一覧表を見せてくれます。その中の空いている土地は自分のコンパスに登録することが可能なので、コンパスを頼りに空いている土地に迷わずにたどり着くことができるでしょう。
タウンクライヤーはその街をバインドする機能ももっています。リコールスクロールを使えば、離れた場所にいても最後にバインドした街へすぐに帰還することができます。


また、Pキーをホールドすると空いている土地からフレアが立ち上り、視覚的に空いている土地をチェックすることができます(フレアは白く細い煙のようなエフェクトをしています)。

空いた土地を自分のものにするには、土地の前にある看板かマーカーストーンをダブルクリックしてください。

次に”Deeds”ボタンをクリックして、使用するDeedを選んで下さい。

土地の権利書は非常に高価ですが、もし土地の権利を手放すことになっても土地の権利書は手元に残ります。

土地の権利書と空き土地にはそれぞれサイズがありますが、土地の権利書のサイズが空き土地のサイズを上回るならば、どの大きさの土地でも所有権を獲得することができます。大は小を兼ねる、です。

土地税の額は実際に取得した土地の大きさに依存するので、大きな土地証書で小さな土地を獲得しても、実際に払う前金は小さな土地の額となります。また、PoT専用の土地証書は、PoT内の土地にのみ有効です。

土地の大きさは次のようになっています。

Row < Village < Town < City < Keep < Castle

土地の権利を獲得すると土地の権利書はあなたのインベントリから一時的に無くなってしまいますが、土地の権利を手放した時にふたたびあなたのインベントリの中に出現し、使用することができるようになります。

つまり売却したり廃棄したりしないかぎり、Lot Deedは無くなることはありません。

Lot Deedを右クリックすることによって、土地税の支払いを行ったり土地の権利を放棄するなど、様々なアクションを行うことができます。

Shroud of the Avatar 2016-02-22 11-00-31-35.jpg

ウインドウの右上にある歯車をクリックするとドロップダウンメニューが表示され、土地をバインドすることも可能です。その土地のオーナーでなくとも、ゲスト以上の権限をもっていればその土地をバインドするこができます。
リコールスクロールを使えばすぐにバインドした土地へと瞬間移動することができます。また、バインドは一か所しか設定できません。新しくバインドを行うと、以前のバインドポイントは上書きされてしまいます。

Note:

土地の所有権は14日間ゲームにログインしなかった場合、自動的に消滅します。

この土地所有権のリフレッシュはゲームにログインするだけで行うことができます。

1アカウントにつき3つまで土地を所有することができます。

また、将来的に土地の維持費のシステムが導入され、すべての所有する土地に対して維持費が発生するようになるでしょう。

しかしPoTに限り、その土地の所有数の制限は適用されません。PoT内ならば、無制限に土地を取得することができます。

DEED(権利書)のアップグレード

出資特典やバンドルセットで購入したDEEDのアップグレードを希望する場合、まず銀行へいって土地DEEDをClaimしてインベントリの中へ移動させてください。
次に、Uキーで土地DEEDウインドウを開きます。そして、緑色のアウトラインで囲まれているDEEDは土地のサイズのアップグレードが可能です。また、インベントリ画面から土地DEEDを右クリックして、アップグレードを選ぶことでもアップグレードが可能です。

土地取得後にもアップグレードは可能ですが、アップグレードに必要な土地の余裕が必要となります。(=土地取得後のアップグレードは、上位サイズのDEEDで下位サイズの土地を取得した場合に限る)

DEED(権利書)と家

土地を手に入れた後にプレイヤーハウスを建設することが可能になります。

プレイヤーハウスの建設にはHouse Deed(権利書)が必要ですが、その前提として土地を所有していなければなりません。

土地を所有していなければ、House Deedを持っていても家を建設することはできません。

House Deedはオウルズヘッドの銀行の2階にいる商人から購入することができます。

複数のHouse Deedをもっていれば、土地にどのハウスモデルを建築するか選択することができます。

矢印をクリックして、どのハウスモデルを建築するか選択してください。

Cityサイズの土地にRow Houseを建築することも可能ですが、逆はもちろんできません。

しかし、水上のプレイヤーハウスは、水上の土地にしか建築することができません。
もし家のモデルを変更した場合、中にあったアイテムやデコレーションアイテムは最寄りの銀行へと自動的に移送されます。

Lot Deedと同じく、House Deedもインベントリ内でアイテムとして扱うことができ、売却やトレードすることが可能です。
Deedを使って家を建設するとDeedは一時的にインベントリから消えてしまいますが、家のモデルを変更したり、土地の権利を放棄したりした時には自動的にインベントリに復活します。
家のDeedは何枚でも所有することが可能ですが、一度に所有できる土地の数は3つまでです。

また、House Deedは何種類も所有することができますが、同じ種類Deedを複数もっていても、とくにメリットはありません。

土地DEEDの抽選

プレイヤーは”Lot Deed Raffle”チケットをインゲームゴールドで購入することで土地DEEDを入手することができます。DEEDには二種類あり、POTとNPCタウンで使えるPlace-Anyware DEED(PAD)とPOTでしか使えないPlayer Own Town DEEDがあります。どのどちらのチケットも抽選で各サイズ(Row, Village, Town, City)の土地が当たります。PADチケットは価格が高く、また当選の確率(当たりの数)自体も相対的に低くなっています。
POT DEEDのほうは価格が安く、また当選する確率(当たりの数)も高めに設定されています。

土地と税金について

土地を取得すると、土地税を納める義務が発生します(土地税免除の権利書の場合を除く)。税金の額は、土地を取得する際に表示されます。土地税免除の権利書により取得された土地には、税金は一切かかりません。

税金の支払いは権利書ウインドウ(Uキー)から行うことができます。この画面ではPast Due(未払い金)とDays Remain(支払い猶予期間)が表示され、いつまでにどれくらいの金額を支払えばよいのかを把握することができます。また、土地税は90日分まで前払いすることもできます。土地の立ち退きや権利の放棄を行った場合、先払いした税金は最寄りの銀行のバンクボックスへ返金されます。

土地税の支払いは、インゲームゴールドのほか、COTOでの支払いも可能です。DEEDリストのウインドウを開き、COTOで支払いをするように設定してください。土地ごとに個別に支払い方法を設定することが可能です。土地税の支払いは、COTOとインゲームゴールドの両方を併用することができますが、COTOで土地税を支払った後、期間前に払い戻しを受ける場合、その払い戻しは全てゴールドによって行われます。

Shroud of the Avatar 2016-01-25 12-42-04-97.jpg

税金の額は実際に取得した土地の大きさによって決定します。Villageサイズの土地をCastle DEEDによって取得しても、実際の土地税はVillageのものになります。土地の上に立てるハウスモデルやデコレーションアイテムなどは、土地税の額には一切影響しません。

猶予期間までに土地税を納めることができなかった場合、土地の所有権を失います。土地と家は権利書の形にもどり、土地の上にあったアイテムとともにすべて最寄りの銀行へと転送されます。また、未払いの土地税がある状態では、2つ目の土地を取得することができなくなります。この場合、一度土地税の未払い金をすべて支払ってから2つめの土地の取得を行う必要があります。土地税の負債はアカウント間で共有され、どのキャラクターでもDEEDメニューから支払いを行うことができます。

プレイヤーハウスの権限設定

土地を入手後、看板メニューから”Change House”ボタンを押すと、インベント内にある家の権利書からその土地に立てる家屋を選択する画面になります。

土地の権限設定を行うには、ウインドウ右上の歯車をクリックしてドロップダウンメニューを表示し、”Manage Lot Access”を選んでください。

Shroud of the Avatar 2016-02-18 17-39-31-05.jpg

ハウスデコレーション

8qSZApBbS1EZR4E92f_I56ah_ZnM40d3HXy_Yuy5ABDX1xWHqv2KGd9zSpOpCSS_UvJNHcLzcM2vL5v5F7RFqx92hqFpiUdXdKh6L2DCK_CHJKirRnexFHbTXIWmm4ZTbg

家屋のデコレーションには幅広いバリエーションが用意されています。

Note: デコレーション用のアイテムは銀行の2階にいる商人達が取り扱っています(Owl’s Headなど)。

Kindredモードでデコレーションアイテム時のUI表示

テナントモードでデコレーションアイテム時のUI表示

土地のサイズ別デコレーションアイテムリミット数表: 

Lot

サイズ

屋外オブジェクト数

屋外照明数*

屋外コンテナ数

屋内オブジェクト数

屋内照明数*

屋内コンテナ数

NPCs

地下室設置可能数

Row

5

1

1

350

50

40

1

1

Village

400

6

18

400

75

50

2

1

Town

700

8

22

700

125

66

3

1

City

1000

12

28

1000

200

84

4

1

Keep

1600

16

41

2000

250

123

5

1

Castle

2000

20

55

3000

300

165

6

1

地下室(ベースメント)

地下室はプレイヤーの土地の拡張エリアとして位置づけれています。

土地さえあれば、家を建てなくても地下室を建設することも可能です。

また、建設できる地下室のサイズは、その土地のサイズに依存します。

地下室を設置するには2つのアイテム、a Basement Hatch Entrance と a Basement Deedが必要になります。

この2つのアイテムはオウルズヘッドのdeedとハウスデコレーションのベンダーから購入することができます。

ベースメントハッチ(a Basement Hatch Entrance)はデコレーションとアイテムとして扱われ、部屋の中や土地の上など、自由に設置することが可能です。

敷地内であれば建物の外にも設置することができ、さらには3階のフロアの床にも設置することが可能です。

ハッチ自体は非常に安価ですが、ベースメントDEEDがなければその機能を使うことができません。

ベースメントDEEDはハウスDEEDと同様の機能をもちます。

ベースメントハッチの先にベースメントスペースを作るには、このDEEDが必要になります。

“Enter Basement”ボタンをおせば、地下室のスペース(シーン)へ移動することができます。

インベントリ内にベースメントDEEDがあるときに、ベースメントハッチはハウスでいうところの看板(メニューの呼び出し)として機能します。

もし複数のベースメントDEEDをもっているならば、どのベースメントモデルを使用するか選択したり、他のプレイヤーに権限を与えてベースメントのデコレーションができるように設定したりすることができます。

後のリリースではベースメントに入ることのできるプレイヤーを個別に設定することも可能になります。

ベースメントのスペースはハウスと同様に自由にデコレーションが可能です。

また”Store Items”ボタンによって、ベースメント内の全てのデコレーションアイテムをバンクに収納し、後から引き出すことが可能になります。

またベースメントをPvPエリアに設定することも可能です。全ての地下室には復活アンクも備え付けられているので、PvPコンテンツを楽しむことができます。

地下室のサイズ別デコレーションリミット数表:

地下室のサイズは、Lotの大きさにかかわらず、選択した地下室モデルのリミット数が適用されます。
たとえば、Villageサイズの土地の地下にRowサイズの地下室を設置した場合、その地下室はRowサイズのアイテムリミット数が適用されます。

地下室のサイズ

屋外オブジェクト数

屋外照明数*

屋外コンテナ数

屋内オブジェクト数

屋内照明数

屋内コンテナ数

NPCs

Row

0

0

0

1750

50

200

1

Village

0

0

0

2000

75

250

2

Town

0

0

0

3500

125

330

3

City

0

0

0

5000

200

420

4

Keep

0

0

0

10000

250

615

5

Castle

0

0

0

15000

300

825

6

土地内のデコレーション状態のセーブとロード(引っ越し機能)

プロパティ・マネージャー画面では土地内&地下室のデコレーション状態を保存し、同サイズ・同シーン内の土地でロードすることができるようになります。
プロパティ・マネージャー画面へは、右上のステンドグラスのアイコン、またはLot Deedsオプション、土地内の看板のいずれかからアクセスすることができます。
画面左側には空きスロットと現在セーブしたデコレートステータスが表示されます。プレイヤーごとに5つまでステータスをセーブすることが可能です。画面右側には自分の所有する土地の情報、Deedの名前やClaim状況、サイズなどが表示されています。
ひとつの土地につき5つの情報スロットが用意されています。この情報スロットは、COTO通貨により追加スロットを購入することができます。

スロット上にカーソルを移動させることによって、アイテムカウント情報を表示させることができます。右のRefreshをクリックすることにより、現在最新のアイテムカウント情報に更新することもできます。

土地・地下室情報のセーブ:
土地内のデコレートステータスなどのコンテンツは、右側の画面の土地アイコンを左側のストレージ画面の空きスロットにドラッグアンドドロップすることにより、コンテンツをセーブすることが可能になります。

土地・地下室情報のロード:
逆にストレージ画面のアイコンを右側の画面のスロットへドラッグアンドドロップすれば、コンテンツのロードが行われます。

また、空きスロットではなく、土地の既存のコンテンツがある状態でストレージからのロードを行うと、コンテンツのステータスのスワップが行われます。


同一シーン内での引っ越し機能の使用にはコストがかかりませんが、別のシーンへ引っ越しを行うときにはCOTOが必要になります。別のシーンで土地や地下室情報のロードを行うときに、必要な費用が表示され、実行するかどうか選択することができます。


プロパティ・マネージャー画面からは土地や地下室に名前をつけることができます。リネームには該当の土地アイコンを右クリックし新しい名前を入力し、Submitしてください。
また、”Set to Default”によりデフォルトネームに戻すことも可能です。リネームは土地だけでなく、セーブしたストレージスロットにも行うことが可能です。

土地内コンテンツの銀行移送:
土地内のすべてのアイテムを銀行へ一括移送したときは、ストレージのアイコンを右クリックしたあと、”Send to Bank”オプションをクリックしてください。

土地のUnclaiming:
プロパティ・マネージャー画面からは土地のUnclaim(占有権の放棄)をすることも可能です。Unclaimすると、土地内のアイテムは全てローカルバンクへと自動的に移送されます。

ストレージスロットはアカウント単位での管理:
プロパティ・マネージャー画面内のストレージスロットは同一アカウント内のキャラクターで共有されます。アカウント内のキャラクターを削除しても、このストレージに記録された情報は消失せず、別のキャラクターが引き継いで使用することができます。

プレイヤーベンダー

プレイヤーベンダーは自分の所有する土地にベンダーを自由に設置することができます。彼らの機能はパブリックベンダーと同様の機能を持っています。

また、Kindred以上の権限をもつプレイヤーもベンダーを設置することが可能です。

ベンダーはその土地で24時間プレイヤーの代わりにアイテムを販売してくれます。パブリックベンダーとは違い、販売期間終了後に、自動的に値下げアイテムを再販売することもありません。
手動で変更しないかぎり、一度委託すれば、ベンダーはずっとそのアイテムを販売してくれます。

出資特典やバンドルセットの特典で入手したベンダーは、販売手数料が発生しません。しかし、通常雇用したベンダーの場合は、パブリックベンダーと同様、アイテム販売時に手数料の徴収が発生します。
プレイヤーベンダーが一度に取り扱える目録数は100までで、それ以上は目録数を増やすことはできません。
プレイヤーベンダーは、そのそばを通りがかったプレイヤーなら誰でもアクセスが可能です。

プレイヤーオウンタウンのマネージメント

プレイヤーオウンタウン(PoT)を購入したプレイヤーは街を丸ごと所有することができます。

タウンのオーナー(Governor)の名前はタウンネームのすぐ隣に表示され、誰でも見ることができます。タウンオーナーには特権と責任が伴います。その中でも一番大きいのは、タウン内の土地に誰が家を建てることができるかを決める権利でしょう。どの土地に誰が家を建てられるかはタウンオーナーだけが決めることができます。そのメニューへはハウス内の看板をクリックし、ウインドウ右上の歯車から”Manage Town Access”の項目を選択することでアクセスが可能です。

Shroud of the Avatar 2016-02-22 12-43-33-94.jpg

アクセスレベルがResidentのプレイヤーはPoT内の空き土地の権利を自由に取得することができます(ただし土地Deedが必要です。また、制限の掛けられた土地は取得することができません)
アクセスレベルがSteward(管理人)のプレイヤーは、特定の土地の取得を制限したり、Residentのプレイヤーの居住権を剥奪する権限をもっています。Stewardを任命できるのはタウンオーナーだけです。

また、オーナーが設定した権限設定を変更することはできません。

さらに特定のプレイヤーを街からBANできる機能も実装されました。BANのタブに設定されたプレイヤーは即座に街からワールドマップへと閉め出され、二度と街へ入ることができなくなります。しかし、オープンPvPタウンの場合は、BANによってプレイヤーを追い出すことはできません。

PoTは初期状態では土地区画が整備されていないことがあります。その場合、タウンオーナーは銀行内にあるProperty Marker

をもって、自分のタウンの平地にそのマーカーを設置しましょう。マーカーを置いた場所が家を建設できる土地として設定されます。

この土地の設置・撤去ができるのはタウンオーナーとStewardの権限をもったプレイヤーだけです。もし、すでにその土地の所有権を獲得したプレイヤーがいた場合は、そのプレイヤーに退去してもらうようお願いしましょう。また、ひとつの街に設置可能な土地の数は制限されています。デコレーションアイテム設置時のインターフェースのように、マーカー設置時にはあといくつ土地を設定できるか、数を表示してくれます。

また、タウンオーナーとStewardは看板メニューのドロップダウンメニュー内”Change Lot Reservation”の項目から、特定のプレイヤーに土地の予約を行うことができます。

Shroud of the Avatar 2016-02-22 12-56-33-70.jpg

Shroud of the Avatar 2016-02-22 12-51-25-86.jpg

タウンオーナーとStewardsはドロップメニュー内の”Lot Management”より土地の取得に制限を掛けることができます。制限を掛けると、Residentのプレイヤーは、特別に認定された時を除いて、自由にその土地を取得することができなくなります。また、その土地にすでに住人が居た場合は強制的に退去させることになり、その家と土地のDeedは自動的にその住人のインベントリへと移動し、敷地内の全てのアイテム(デコレーションを含む)は銀行へと移送されます。

PoTの居住者は自分の済んでいる土地は、タウンオーナーやStewardによっていつでも干渉を受ける可能性があることを承知しておいてください。

PoTのオーナーとそのStewardは特定のデコレーションアイテムを任意の場所に設置することができます。NPCの建物も同様に設置することが可能になっており、さらにフェンスや樹木、噴水や旗、像といったアイテムもデコレーションとして設置できます。PoTオーナーはこれらを設置するためのマーカーアイテムを銀行から引き出すことができます。

また現在のところNPCの建物は本来の機能をもっておらず、デコレーションとしての意味しかありません。後のリリースでこれらのNPCにも本来の機能が実装される予定です。さらに通常のNPCを設置したり、街灯を設置したりできるようにもなります。

PoTオーナーはPoTのBGMを流すための専用のフォノグラフを街に設置することができます。このBGM用のフォノグラフに、音楽データが収められたワックスシリンダーをセットして曲を再生することが可能です。曲が流れる適用範囲はPoT全域に及びます。このBGM放送用のフォノグラフ(Broadcast Phonograph)は、街の規模が大きくなるほどセットできるワックスシリンダーの数が増えていきます。

また、設置した土地やデコレーションアイテムの数にも制限が課せられています。デコレート用のUIは土地マーカーやNPCの建物、デコレーションアイテムを設置したときに表示されます。PoTの規模が大きければ大きいほど、より沢山のNPCの建物やデコレーションアイテムの設置が可能になります。

街のサイズ

NPCの建物

NPCの数

デコレーションアイテム

ライティングの数

Holdfast

1

2

20

5

Hamlet

2

4

30

10

Village

3

6

40

15

Crossroads Village

4

8

50

20

Town

6

12

80

25

City

10

20

100

30

Metropolis

15

30

130

40

PoTのデフォルトスポーン地点が変更可能に:
すべてのPoTのデフォルトスポーンポイントが変更可能になります。スポーンポイントとは、PoTのシーンに入ったときにプレイヤーが出現する地点です。ダイナミックPoTのオーナーかStewardはスポーンポイントのセットが可能になります。

スポーン地点を変更するには、PoT内のどの土地の看板でもいいのでアクセスし、オプションメニューから “Manage Town Spawn Area”を選択し、 “Town Spawn Selection”を開いてください。

Town Spawn Selectionウインドウでは、PoTの現在のスポーン地点をドロップダウンメニューのリストから選択することができます。スポーンポイントを選択すると、その地点にブルーゲートのアイコンがスポーン見取り図マップに表示されます。

スポーン地点を選択したあと、”Save Selection”ボタンを押すことで選択を確定・反映させることができます。
この地点の変更は、いつでも好きなときに何度でも行うことが可能です。

クラフトと資源の採集

V5U7qc51uxZSdwaMoEhYdXyrUS5IeNURA4gayotaB7UMy7Jkj4_NcnImFH2Q6vgZV8353IAXirNqZLnBx483V5HbnkhQ68SAOPDIwPJKhJ77nzY4-4wQEIVFJjwrm4syAA

SotAではゲーム内の経済はプレイヤー達の手にゆだねられています。

あなたは一財産築くことを夢見て、資源採集へでかけ、得た材料を組み合わせてアイテムをクラフトしていきます。そしてクラフトされたアイテムはゲーム内の流通網へとのり、さまざまなプレイヤーの手へと渡っていくことでしょう。

材料を採集し、それらからアイテムを作りだすことを”クラフト”と呼びます。

現在のバージョンでできるクラフトは、他のプレイヤーと情報を交換し、あたらしいレシピを発見することです。

公式BBSやファンサイトであるsotawiki.netなどで情報を交換してみてください。

資源の採集

iJzWpO-htWHBqfqZAI7LbP-WXunM17y-8eGoXGrJ8uXgRJ4U2Wv429_ngyWfLedRdIE5Duh0cL11TGrlJWaJ98R5YsYdj-hcwM3Zw6BLvXak0qK-zh0tU1rJlqIm3P67Eg

資源ノード(木・鉱石・植物・クリスタルなど)は世界中に存在します。

採集可能なリソースノードにマウスカーソルを合わせると、カーソルの形が変化します。

その状態でダブルクリックすると、自動的に採集を行います。

しかし、その際に採集に必要なツールがバックパックに入っている必要があります。

Shroud of the Avatar 2016-03-25 14-31-25-42.jpg

採集やクラフトに使用する各ツールは、スキルメニュー画面で装備することができます(Kキー)。特定の採集・クラフトツールを使用したい時は、スキルメニュー画面内のEquipped Toolの場所へ、インベントリからドラッグアンドドロップしてください。また、インベントリ画面でツールアイテムを右クリックすることによっても、ツールを装備することが可能です。

採集用のツールも使用に応じて耐久度が減少します。
装備品と同様、壊れる前に修理をするか、新しいものを調達する必要があります。

採集用のツールはアルケミストのEngraving Kitにより、その能力を強化することも可能です。しかし、Engrave時には、恒久的な最大耐久力の減少が発生します。


リソースノードから資源を採集するときは、ある程度の時間がかかります。
採集作業を途中でキャンセルすることも可能です。
採集にかかる時間はそのノードの性質(種類やノードレベル)によって様々です。
採集時に敵に襲われたりしないよう、事前に周囲の安全を確認しておきましょう。

採集は必ず成功するわけではありません。
しかし、失敗した場合も同じノードにペナルティなしで再度採集にチャレンジすることができます。
成功率は各クラフトスキルの値、プレイヤーのクラフトレベル、ツールアイテムのクオリティ、そして資源ノードの難易度に依存します。
採集成功時はノードから資源を回収することができるようになり、クラフトEXPも獲得することができます。
採集時のスピードや成功率を高めるには、当該のスキル系統のスキルを習得する必要があります。

フィッシング

フィッシングは他の採集系スキルとは少し勝手が違っています。釣りを始めるにあたり、釣り竿の装備、フィッシングスキルの習得、エサの準備、釣り場の確保、が必要です。

Shroud of the Avatar 2015-09-21 11-28-19-30.jpg

準備が整ったら、フィシングスキルのショートカットをホットバーに登録してください。ショットカットアイコンをクリックすると、カーソルがファイアボールを撃つ時のようなターゲートサークルに変化します。そして、投げ込みたいところにカーソルを合わせて左クリックを押すと、その場所に仕掛けを投げることができます。あとはエサに魚が食いつくまでじっと待って下さい。

プログレスバーが一杯になるとなにかがハリに掛かるので、リールを巻いてください。

足の着かないような深い水場ならどこでも釣りをすることができますが、高い釣りスキルをもつ釣り人は海岸や船着き場からでも良い釣りを見つけることができます。これらの良釣り場(HOT SPOTS)では、水面に波紋が浮かんでいます。こういった釣り場では、よりよい釣果を収めることができるでしょう。

いくつかの釣りポイント(資源ノード)には、とても仕掛けを投げられないような遠い場所にあるものも存在しますが、フィッシングスキルが向上するにつれ、仕掛けを投げられる距離も伸びていきます。

同じ場所で何度も釣りをしていると、次第に釣果が悪くなってくるので場所を変えることをオススメします。

日中の時間帯によっても魚が釣れる確率が変動します。朝がもっとも釣れる確率が高く、夕方も朝ほどではないにしろ釣れる確率が高まります。もっとも釣れる確率が低いのは、昼と夜の時間帯です。この時間帯は釣れる確率がベースライン(ノーボーナス)まで下がります。

農業(Agriculture)

アバタールは自分の土地で植物を育てて収穫し、料理に用いるほかにも様々な用途にそれを利用することができます。

現在の仕様では、農業を行うにはa planting bedかbarrel、a seed, a hoe, a supply of water(バケツで運ぶことができます), が必要になります。また、a planting bedかbarrelを設置するための土地も必要です。planting bedが広いと、一度に複数の植物を植えることができます。その場合は、植えたい場所でダブルクリックを行って下さい。

プランターボックスのユーザーインターフェースで以下のアイテムを設置し、ウインドウ下部の”`Plant”ボタンを押してください。

するとsprout(芽)がその場所に出現します。時間が経過するにつれて成熟していき、Matureの状態になるとダブルクリックで収穫が可能です。

植物を育てるには定期的に水をやることが必要です。
植物の水やりの目安は、外観のグラフィックにより判断することが可能です。水を十分に与えていれば、土は湿って黒く見えます。この状態では水やりは必要ありません。水が足りなければ土が乾いて明るい色に見えます。

こまめに世話をすることで、収穫に大きな影響を与えます。水やりは植物をダブルクリックすれば実行することができます。十分な量の水をやり終えると、その旨のメッセージが表示されます。温室(Green House)の中にある植物は、屋外に比べて成長速度が速くなります。また、屋内の植物は屋外に比べて成長速度が遅くなっています。

プランターは移動させたり拾い上げたりすることができ、他のプレイヤーとトレードを行うことも可能です。プランターはデコレーショアイテムとして設置された状態でないと、中の植物は成長しません。
NOTE: Kindred以上の権限を持つプレイヤーは、誰でも敷地内の植物の世話や成熟時の収穫を行う事が出来ます。

Shroud of the Avatar 2015-12-14 13-17-56-84.jpg

クラフト

アイテムをクラフトするには、そのアイテムにあったクラフトステーションを選ぶ必要があります。

クラフトステーションはハウスの設備として購入できるほか、オウルズヘッドの南の市場に誰でも利用可能なパブリッククラフトパビリオンが存在します。(開発状況の進展により、別の場所にもパブリッククラフトパビリオンが設置されるでしょう)。

クラフトの種類は以下の通り

アイテムクラフトには材料が必要です。

山岳地帯では鉱石を採取し、森の中では木をから木材を得たり、動物を狩って皮を入手することができます。また、多くのレシピでは石炭など商人から購入できるような素材も必要です。

オウルズヘッドのパブリッククラフトパビリオンににいるHandacなどがそれらの素材を扱っています。現在のところ、商人から購入するしか入手手段がない材料も多くあります。

初めてそのアイテムを作成した時には多めにクラフトEXPを取得することができます。しかし、同じアイテムを何度も作っていると、そのアイテムを作成した時のスキルの成長度は下がっていきます。

Bキーを押すことでレシピを参照することができます。

新しいクラフトレシピは組み合わせを試したり、商人からレシピを購入することで増えていきます。

オウルズヘッドの商人通りにいるSkill Trainerの後ろにあるショップなどでレシピを購入することができます。また、いくつかのレシピは他の人に教えることができるものもあります。

レシピを使用するとレシピブックへデータが書き込まれ、さらにそのレシピのアイテムに作成に必要なアイテムや、その作り方まで知ることができます。

あなたが新しいレシピを入手したりNPC商人から購入したりすると、自動的にこのレシピブックに書き込まれます。

また、レシピに掲載されているアイテムで、作成のための手持ちの材料が足りなかった場合、その材料はグレーの文字で表示されます。

クラフトステーションに向かっている状態でレシピにあるアイテムをダブルクリックすると、自動的に必要な材料がテーブルの上にセットされます。これがもっとも迅速にクラフトを行う方法です。

また、バックパックから材料をひとつひとつテーブルの上に並べることもできます(未発見レシピのアイテムを作成するには、手動で材料を配置する必要があります)。

アイテムの作成には、材料の他にクラフトツールが必要となります。

作成に必要なすべての材料とツールをテーブルにセットすると、CRAFTボタンの文字が光ります。

ボタンを押すとアイテムが作成され、そのレシピデータがレシピブックへと書き込まれます。

新しいレシピを発見するためには、テーブルの上に正確な数の材料を設置する必要があります。

スタックされたアイテムをCTRLキーをおしながらドラッグすることにより、ダイアログを表示させずに1つだけアイテムを移動させることができます。

テーブルインターフェース上の”Take All”ボタンにより、クラフトテーブル上のすべてのアイテムをインベントリに回収することができます。

クラフトを行うには適切なクラフトツールを装備することが必要です。もし装備していない場合は、スキルメニュー画面(Kキー)よりクラフトツールを装備してください。また、クラフトテーブル画面でもツールの装備が可能です。また、クラフトツールはアルケミストによって作製されたEngraving Kitを用いることで強化することもできます。

作製するための素材が十分あるならば、同一のアイテムを一度に複数個作ることも可能です(バッチ・クラフト)。Craftボタンの右の欄に作製したい個数を入力してください。しかし、このバッチ・クラフトでは、クリティカルサクセスやExceptional品質のアイテムを作製することはできません。

Shroud of the Avatar 2016-04-25 13-34-07-12.jpg

“CRAFT”ボタンを押したときにイベントが発生することがあります。このイベントの発生には、あなたのクラフトスキルやプロデューサーレベル(クラフトレベル)、クラフトしようとしているアイテムの種類、クラフトに使用したツールのクオリティ、使用したクラフトテーブルのクオリティが関係してきます。クラフトステーション画面で表示されるレシピブックには、クラフトの成功確率が表示されます。イベントの発生はマニュアル操作によるクラフト時のみ発生し、バッチクラフト(連続生産)によるクラフトでは発生しません。

NOTE: 全てのレシピにこれらの成否判定イベントが発生するわけではありません。これらのイベントが起こるのは、武器や防具といった、精製された素材を組合わせるクラフト最終工程の場合だけです。
精製工程とは、例えば、鉱石を溶解したり、生肉を処理したりする工程のことで、これら工程では成功のイベントしか発生しません。クラフトの成功確率は、クラフトテーブルについた状態でレシプブックを参照することにより確認可能です。

各パーツは素材が違っていても互換性があります。
例えば、Iron HiltとBronze Hiltは、どちらの素材のものを使用してもロングソードを作成することができます(Hiltは剣のツカの部分)。しかし、ロングソードに付加される効果は素材によって異なります。
素材次第で武器防具の追加効果が大きく変化するので、どのパーツを組合わせて装備品をクラフトするかが重要になります。

素材のアイテムはそれぞれ固有の色をもっており、完成品のアイテムの色に反映されます。たとえばMeteoric Iron Sheetから作られたプレートアーマーは普通の鉄から作られたプレートアーマーとは違う色をしているでしょう。

また、いくつかの種類の鎧は染料を使うことでさらにカスタマイズを施すことができます。染料はクラフトで作成したり、アドオンストアで購入することで入手が可能です。染料を使うには、インベントリから染料をドラッグし、インベントリ内の装備品か、キャラクターシートの装備品の上にドロップしてください。そのとき、その染料をプライマリカラーにするか、セカンダリカラーにするか選択が可能です。染料が使えない装備品の場合メッセージウインドウが表示されますが、ほとんどのアイテムは染色することが可能になっています。
また、Dye-Remover(有料アイテム)を使用することにより、染色したアイテムをデフォルトカラーへ戻すこともできます。

作成したアイテムには作成者の銘が入り、誰がそのアイテムを作成したかがわかるようになっています。

レシピの例

Iron Longsword (Blacksmithing)

  • 1 Smithing Hammer (is not consumed)
  • 1 Chunk of Coal
  • 1 Iron Longsword Blade,
  • 1 Iron Hilt

Iron Hilt (Blacksmithing)

  • 1 Smithing Hammer  (is not consumed)
  • 1 Chunk of Coal
  • 2 Iron Ingots

Iron Longsword Blade (Smelting)

  • 1 Smelting Tongs  (is not consumed)
  • 1 Blade Mold
  • 3 Iron Bars
  • 1 Chunk of Coal

Iron Bar (Smelting)

  • 1 Smelting Tongs (is not consumed)
  • 1 Bar Mold
  • 1 Chunk of Coal
  • 4 Iron Ore

Iron Ingot (Smelting)

  • 1 Smelting Tongs (is not consumed)
  • 1 Ingot Mold
  • 1 Chunk of Coal
  • 1 Iron Ore

Chair (Carpentry)

  • 1 Carpentry Hammer (is not consumed)
  • 2 Wooden Board
  • 1 Wooden Pole

Wooden Poles (Milling)

  • 1 Wood Rasp (is not consumed)
  • 1 Wooden Board

Wooden Board (Milling)

  • 1 Cubit Measure (is not consumed)
  • 1 Wood Log

本の執筆と出版

また、アバタールはゲーム内で本に内容を書き込むことが可能になっています。この作業にはクラフトスキルは必要ありません。ブランクブックはTailoring Stationにて作成することができます。

まず本に内容を書き込むにはブランクブックをダブルクリックします。また、テキストファイルをインポートすることも可能です。

本に内容を書き込んだ後は、”Publish”ボタンを押して内容をセーブするのを忘れないで下さい。一度Publishした本は中身を編集することはできなくなります。Published状態の本は、ブランクブックと一緒に印刷機(Printing Press)にいれることによって、コピーを作成することができるようになります。

現在のところ、一冊あたり8000字の字数制限があります。

食べ物について

食べ物を食べることによりヘルスの自動回復率アップなどの、長時間バフ効果を得ることができます。シーン間を移動してもこのバフ効果は継続します。また、食べ物のバフは同時に2つまで得ることができます。
食べ物を食べるには、非戦闘状態で、非戦闘用ホットバーに食べ物を登録(ドラッグアンドドロップ)してから使用してください。

ジェムとその効果

アルケミースキルにより、掘り出した宝石の原石や、宝石のかけらをあつめてカット・ジェムを作成することができます。これらのカット・ジェムはアルケミーテーブルで鎧の胴部分や武器にはめ込むことができます。ジェムをはめ込むことにより、そのジェムの属性に応じたAttunementボーナスを得ることができます。また、エンチャントの際に、ジェムの持つ魔法の力を装備品に付加することが可能です。

Gem Type

Elemental Attunement

Gem Type

Elemental Attunement

Amethyst

Moon

Garnet

Sun

Citrine

Air

Onyx

Death

Diamond

Life

Ruby

Fire

Emerald

Earth

Sapphire

Water

装備品にはめ込むことができる宝石は、装備品につき1つだけです。一度はめ込みを行うと、取り外しや交換はできないので注意してください。また、ジェムをはめ込むことのできる装備品の種類は、胴鎧・盾・武器に限られています。リングやアミュレットの場合は、小さなサイズのカットジェムが必要です。

ジェムはそれぞれ種類固有の属性をもっており、エンチャント時にその魔法の力が解放されます。ジェムが関係するのはエンチャントのみで、マスターワーキングには一切関係しません。

マスターワーキングとエンチャント(Masterworking and Enchantment

クラフトした装備品アイテムは、マスターワーキングとエンチャントによりさらに強化することができます。マスターワーキングは、それぞれの装備品を作製できるクラフトテーブルで可能です。エンチャントはアルケミーテーブルにて可能です。

Shroud of the Avatar 2016-05-23 15-16-17-22.jpg

マスターワーキング・エンチャントに成功すると、付加可能なプロパティリストが表示されるので、この中から付加したい任意のプロパティを1つ選んで下さい。この付加された効果は一時的なものではなく、永続的に続きます。また、一度選んだプロパティは、再エンチャント時には表示されなくなります。また、マスターワーキングとエンチャント成功時には、最大耐久度が減少します。この最大耐久度の減少は、Crown of Obsidiansを使った修理によっても回復されることができません。
しかし、唯一の例外として、GMスキルを持つクラフターは、マスターワーキング時に確率で最大耐久力を回復させることが可能です。

ジェムやジュエルをはめ込んだアイテムは、エンチャント時にその効果が実際に装備品に付与されることになります。たとえば、ルビーはファイアマジックスペルをもっており、エンチャント時には、何らかのファイアスペルの発動効果が装備品に付与されます。
マスターワーキング時に発生するボーナスは、エンチャントの内容には影響を受けません。

マスターワーキングの各専門スキルの習得によって、付加できるボーナス内容の選択肢がアンロックされることがあります。たとえば、”Masterwork Blade WeaponProficiency”スキルをレベルアップすることによって、選択肢のボーナス値の増加や、マスターワーキング自体の成功率をアップさせることができます。
リングやネックレスなどはマスターワーキングすることはできません(エンチャントは可能)

マスターワーキングとエンチャントは同じアイテムに5回まで行うことが可能ですが、その時に最大耐久度が30以上あることが条件になります。この再マスターワーキングと再エンチャントは、一回目よりもdifficultyが上昇し、さらにマスターワーキング・エンチャントを繰り返すたびに難易度は上昇し続けていきます。

マスターワーキングとエンチャントは、そのスキルレベルが高いほどアイテムに付加できるプロパティの性能が上がっていきます。また、1つのアイテムに対し、マスターワーキング・エンチャントによる強化回数が多くなるほど(強化失敗によるアイテム消失のリスクが高くなるほど)、より強力なプロパティを付加できるようになります。

もし、マスターワーキング・エンチャントに失敗してしまうとアイテムは破壊され、永久的に消滅してしまいます

現時点のエンチャントシステムはまだ初歩的なものです。今後、大きく仕様が変更される可能性があることを、ご了承ください。

パターン(Patterns)

パターンシステムとは、プレイヤーがゲーム内のアイテムの性能を保持したまま見た目だけを変更することが可能になるシステムです。
たとえば、お気に入りの武器の性能(ダメージ、耐久力、エンチャント内容など)はそのままに、違う見た目の武器にすることが可能です。
パターンアイテムはアドオンストアやバンドルを有料購入して入手するか、インゲーム内でルートした武器をサルベージすることで入手が可能です。
s).


エンチャントの要領でレシピシステムを通じてパターンアイテムを武器に適用することができます。パターン適用の際には、クラフトスキルレベルは一切必要ありません。2ハンドソードは鍛冶テーブルで、弓は大工テーブルで適用作業を行うことが必要です。

サルベージ

不要なアイテムはクラフト素材に還元することができます。このサルベージ作業には、対応するクラフトテーブル、ツール、サルベージスキルが必要になります。

サルベージするアイテムの種類

クラフトテーブル / ツール

サルベージスキル

金属製の武器・アーマー

鍛冶テーブル / Blacksmithing Hammer

Blacksmithing Salvage Proficiency

布製・革製のアーマー

裁縫テーブル / Scissors

Tailoring Salvage Proficiency

木製のアイテム(弓など)

大工テーブル / Carpentry Hammer

Carpentry Salvage Proficiency

裁縫テーブル / Scissors

Tailoring Salvage Proficiency

サルベージ作業によりスクラップ状態の素材をサルベージすることができます。Iron製のアイテムからはIronのスクラップが、Copper製のアイテムからはCopperのスクラップが得られることがあります。サルベージ時に得られるスクラップの量やタイプは、サルベージする元のアイテムによって変化します。これらのスクラップ素材は、元の素材と組合わせてクラフトの材料の合成に用いることができます。例えば、鉄の鉱石と鉄のスクラップを合成して、鉄のインゴットを作成することができます。
また、高レベルのサルベージスキルをもったキャラクターは、スクラップ素材ではなく、そのアイテムを構成している元のパーツへと分解することも可能です。たとえば、剣をサルベージすると、ブレードと柄を回収することができるようになります。

Shroud of the Avatar 2015-08-24 15-32-33-72.jpg

プレイヤーやNPCと会話をする

Shroud of the Avatar 2016-03-29 16-49-35-08.jpg

ゲーム中のプレイヤーやNPCと会話をすることができます。

NPCやプレイヤーを会話を始めるには、ENTERキーをおしてチャットログを表示させてください。

チャットボックスにテキストを打ち込むことにより、NPCやプレイヤーにメッセージを送信することができます。

メッセージを送信すると、チャットボックスからフォーカスが外れます(オプションでフォーカスが外れないようにする設定に可能)。

重要なメッセージをもったNPCは、プレイヤーに対して何かしらアピールを行ったり、向こうからプレイヤーに話掛けてきます。

NPCとの会話が始まると専用のカメラアングルに切り替わります。

また、この状態では移動することができなくなります。

NPCとの会話を終えたい時はチャットウインドウを閉じるかESCキーを押してください。会話モードを終了し、再び動けるようになります。

また、長時間何も会話を行わない場合にも自動的に会話モードが終了します。

Shroud of the Avatar 2016-03-29 17-05-24-18.jpg

会話ウインドウはタブインターフェースを備えています。

初期状態ではタブが2つありますが、さらに数を増やすことが可能です。

タブにははそれぞれドロップダウンメニューがあり、タブごとに会話内容をフィルタリングすることができます。

新しいタブはチャットウインドウの右側にある"+"のシンボルをクリックして作成してください。

不要なタブは各タブの右端にある"×"をクリックして削除することができます。

チャットログは右端のスライダーをドラッグして上下にスクロールさせることができます。

発言後もチャットボックスからフォーカスが外れないようにするには、オプションメニューから設定を行ってください。

ウインドウの隅にある押しピンのアイコンをクリックすると、ウインドウをロック(表示したまま)することができます。デフォルト設定では、自動的にチャッットウインドウが消える設定になっています。

また、テキスト表示エリアを左ドラッグすることにより、ウインドウを移動させることができます。

チャットウインドウのサイズ調整はウインドウの端を左ドラッグすることにより調整できます。

特定にNPCに話かけたいときは、対象のNPCを左クリックしてから会話を始めて下さい。NPCをクリックすると、キャラクターが青い線で表示されます。

友好的な、または中立のNPCに武器を装備していない状態でダブルクリックすると、チャットウインドウを表示することができます。将来的に街の中で武器をもったままうろつくキャラクターに対し、NPCはネガティブな反応を示すようになります。

プレイヤーへ話かける時も、同様の手順で行います。

(ゲームとはいえ相手は生身の人間です。礼節をもって接してください)

デフォルト設定では、NPCの会話文中で既知のキーワードにアンダーラインがハイライトされています。

これらのキーワードをクリックすることにより、その話題についてNPCに尋ねることができます。

(将来的にゲームの雰囲気を重視して、このハイライト機能を削除する可能性があります)

Note: ハイライトされる単語以外に、手動でなければ尋ねられないキーワードや話題があります。ダイアログ中で語られていない要素については、積極的に尋ねてみましょう。

NPCと会話中は、会話ウインドウの下にキーワードツールバーが表示されます。このツールバーにはそのNPCとの会話で引き出された有効なキーワードと、現在のクエストに関係のあるキーワードが表示されます。

また、次のフレーズは全てのNPCに対して有効です。

大昔のロールプレイングゲームを思い出してしまいますね。

NPCとの会話時に専用のチャットタブが開くようになっています。そのチャットタブをクリックすることにより、そのNPCを自動的にターゲットしてスムーズに会話をすることができます。このチャットタブには他のプレイヤーからのプライベートメッセージやゲーム管理者からのメッセージも表示されるので、重要なメッセージを見逃すこともないでしょう。

NPCから受けることのできるクエストの中には、届け物としてアイテムを受け渡す形式のものもあります。その場合、NPCにそのクエストについて話しかけた時に、専用のウインドウが開きます。左インベントリから相手に受け渡すアイテムを右側のリストに移動させて、Give Itemsを押してください。

Shroud of the Avatar 2015-11-17 14-14-32-44.jpg

クエストを与えてくれるNPCや現在アバタールにタスクを依頼しているNPCは青くハイライトされ、コンパス上にも位置が表示されるようになります。
このハイライトは、クエストを達成することにより消失します。

タスクリスト:
クエストが発生すると、ディスプレイにタスクの内容が表示されるようになります。

このオンスクリーン表示(HUD)されるタスクは、ジャーナル内の”Current Tasks”の内容を反映しています。HUDのタスクをクリックすると、ジャーナルの該当タスクのページが開かれます。

HUDのタスクを右クリックした場合、このタスクの表示をオフにするかどうか選択することができます。非表示にしたタスクを再び表示させたい場合は、ジャーナルUIの当該タスクの項目を右クリックして”Show Task”を選択してください。

HUDのタスクリストには最大で5つまでタスクを表示させることができます。表示しきれないタスクが発生すると、タスクリストHUDの最下段に非表示のタスク数が表示されるようになり、それをクリックするとジャーナル“Current Tasks”機能を呼び出すことができるようになっています。

また、タスクを完了すると、完了を示すマークが表示されます。

チャットコマンドリスト

チャット欄で、“/”のあとに続けてコマンドを入力します。

(例: "/w LordBritish hello"と入力すると、Lordbritishにプライベートメッセージを送ることができます

ショッピング

多くのNPCが売買を行うことができます。ショッピングインターフェースを表示させるには、いくつかの方法があります。

インターフェース中のタブにより売りと買いを選択可能。また一度に複数個の品物を同時に売ったり買ったりすることも可能です。また、取引の前に確認のメッセージが表示されます。

ニューブリタニアの商人はいずれも抜け目のない人達ばかりです。

彼らはアイテムリストの評価額の半額でしかアイテムを買い取ってくれません。

もしNPC商人から同じアイテムを買ってすぐに売っても、戻ってくるお金は半分になってしまいます。

また、装備品の耐久度によって買い取り価格が変化するようになっています。

将来的に、NPC商人は自分の専門の種類のアイテムのみ買い取るようになります。

今回はアバタールの所持金はゼロでスタートすることになります。

初期状態ではいくつかの収穫ツールと最低限の冒険用品しかもっていません。

モンスター狩りと平行してリソース収集・アイテムクラフトをすれば、効率的にお金を稼ぐことができるでしょう。

オフラインモードでのショッピングと商人について

オフラインモードでは、NPC商人のクラフトアイテム買い取り価格はオンラインモードのそれよりも高くなります。オンラインモードとは違い、オフラインモードにおいてはプレイヤーはクラフトしたアイテムをNPC商人に売ることで直接お金を得ることができるようになります。

また、オフラインモードのNPC商人は各種出資特典アイテムや、バンドルパッケージなどの各種有料アドオンアイテムも、ゲーム内通貨で販売しています。

パブリックベンダー

パブリックベンダーは他のプレイヤーとのアイテム売買を仲介してくれるNPCです。
パブリックベンダーを利用することで、直接他のプレイヤーと顔を合わせなくても、アイテムの取引が可能になります。
また、パブリックベンダーが販売している品物の目録には、すべてのプレイヤーがアクセスすることが可能です。

パブリックベンダーはオウルズヘッドのクラフトパビリオンや、キングスポートの銀行近くなど、ほとんどの主だった街に存在します。
パブリックベンダーはプレイヤー1人あたりにつき、同時に10個までしか委託販売を受け付けることができません。
また、パブリックベンダー自体も最大で400個までしかアイテムを販売することができません。
どちらかの制限に引っかかると、パブリックベンダーは商品の委託販売の受付を中止するでしょう。

アイテムの売買について


パブリックベンダーメニューの”Manage Inventory”タブを選択し、右側のリスト(Your Items Listed For Sale)に委託販売したいアイテムをドラッグアンドドロップしてください。プレイヤーは手持ちのアイテムに好きな値段を付けてパブリックベンダーの商品目録に商品を追加することができます。
委託販売の手数料は商品価格の10%+10GPになります。
手数料はアイテムが売れたかどうかに関わらず、一律に徴収されます。

Shroud of the Avatar 2016-01-21 17-33-13-24.jpg

もしあなたのアイテムが売れた場合、メールボックスに自動的に代金が送金されます。
メールボックスから売り上げ金をClaimすると、自分の手持ち金の中に移動させることができます。メールボックスは、各街の銀行窓口の横に併設されています。

現在の仕様では、パブリックベンダーの委託販売期間は最長1週間となっています。

パブリックベンダーが販売しているアイテムを購入したいときは、”BUY”タブを選択してください。

アイテムが売れ残ってしまった場合、自動的にアイテムは消滅し、さらに手数料としてNPC評価額の半分の値段が自動的に徴収されます。(プレイヤーのつけた値段とNPC評価額は別のものです。)
消滅したアイテムは二度と取り戻すことができません。

販売期間終了前であれば、いつでも委託販売をキャンセルすることが可能です。
パブリックベンダーの商品目録にアクセスし、該当するアイテムをダブルクリックしてキャンセル処理を行ってください。
キャンセルが成功すると、そのアイテムは自動的に最寄りの銀行のバンクボックスに送られます。

アイテムのオーダー(買い取り代行)

”Manage Orders”タブから、パブリックベンダーに特定のアイテムの買い取りを代行させることもできます。右側のリスト(Your Purchase Orders)に買い取りたいアイテムをドラッグアンドドロップしてください。その際、希望する数量を入力してください。

買い取り委託の手数料はオーダー価格の10%+10GPになります。
手数料は買い取り依頼に応じるほかのプレイヤーが表れたかどうかに関わらず、一律に徴収されます。

買い取りアイテムの提示期間が過ぎると、買い取り代行の委託手数料は自分のメールボックスに返還されます。

オーダーの受注・納品

ほかのプレイヤーがオーダーした品の納品は”Sell”タブより行います。この際、オーダー品が自分のインベントリの中にすべて用意されている状態である必要があります。リスト中のオーダーをダブルクリックするか、”Proposed Exchange”パネルにドラッグアンドドロップし、”Sign For Exchange”をクリックしてください。

これでアイテムは納品され、代金がその場で支払われます。オーダーした側は、納品されたアイテムを最寄りのバンクより引き出すことができます。

メールボックス

メールボックスを使うとパブリックベンダーや自分のプレイヤーベンダーから各種イベントの通知を受け取ったり、他のプレイヤーとメールのやりとりができるようになります。ベンダーのアイテムが売れたとき、販売期限が過ぎたり強制撤去されたときに、メールボックスに通知が入るようになります。

また、通知や手紙の着信が発生すると、画面スクリーンの右端にアイコンが表示されます。アイコンには未読通知の数が数字で表示されます。

メールにアクセスするには、メールボックスのアイテムを使用して下さい。メールボックスは各街の銀行窓口横に備え付けられているほか、メールボックスをクラフトして自宅などに設置して使用することができます。

メールボックスにアクセスすると、メールウインドウが表示されます。左端のウインドウには各種通知メールやプレイヤーから発信されたメール一覧の表示されます。この一覧から読みたいメールを洗濯すると、右側に表際が表示されます。ベンダー取引による収支結果もここに表示されます。

また、ベンダー取引による通知が発生すると、スクリーン右に通知アイコンが表示されます。

ベンダー販売アイテムの期限切れや強制撤去は、以下の条件で発生します。

音楽と楽器

アバタールは楽器を演奏することができます。友人や酒場に居合わせた人、あるいは通りすがりの人とセッションをすることも可能です。現在のところ、リュートのような持ち運び可能な楽器とと、ピアノのような据え置きの楽器の2種類を演奏することができるようになっています。さらに、座った状態でも持ち運び可能な楽器を演奏することができます。

キーボード操作による手動演奏

楽器を装備したあと、”/play”コマンドを実行すると演奏準備にはいります。その状態で1-8のキーを使って音階をならすことができます。ピアノのような据え置き系の楽器は/playは必要ありません。

楽譜を使った自動演奏

楽器を装備しているときに、楽譜(sheet music)のアイテムを使用すると、楽譜に収められている曲を自動的に演奏することができます。

カスタムミュージックファイルを使った自動演奏

白紙の楽譜アイテムにabcファイルかmmlファイルを添付することで、任意の楽譜データを入力することが可能です。楽譜データを添付するには、事前にゲームフォルダ内にあるSheet Musicフォルダにabcファイルもしくはmmlファイルを用意しておくことが必要です。

データを格納しているのデフォルトフォルダは/datafolderで開くことができます。

また、事前に記譜ファイルを用意して自動演奏することも可能です。これらのファイルをSotAディレクトリのSongsフォルダーの中に入れておいてください。ファイルパスはShroud of the Avatar_Data\Data\Songs、です。

ファイル形式は.mmlと.abcに対応しています。デフォルトではRuleBritannia.abcがすでにフォルダの中に準備されています。

“Band files”は1つの楽曲の複数の楽器演奏パート(トラック)をひとつにまとめることができます。楽器の数や順序などは気にする必要はありません。Band filesは上記のフォルダ内にtxt形式で保存する必要があります。

例えば、MyOpus.txt(バンドファイル)と以下の複数のミュージックファイル(1楽曲内の各楽器パート)を上記のフォルダパスに用意したとしましょう。

accordianpart.abc

bagpipespart.abc

drumpart.abc

flutepart.abc

harppart.abc

lutepart.abc

pianopart.abc

streetorganpart.abc

MyOpus.txtの中身に以下の記述をすることにより、バンドファイルと各演奏パートファイルをリンクされることができます。

Accordian=accordianpart.abc

Bagpipes=bagpipespart.abc

Drum=drumpart.abc

Flute=flutepart.abc

Harp=harppart.abc

Lute=lutepart.abc

Piano=pianopart.abc

StreetOrgan=streetorganpart.abc

この状態で”/play >bandfilename>”コマンドを実行することで、バンドファイルに納められているパートの演奏が開始されます。この時、1人でコマンドを実行しても1パートしか演奏できませんが、ワンマンバンドのアイテムを装備しているときは、上記の記述に対応したパートを合奏することができます。バンドファイルで指定されていない楽器を演奏しようとした場合には、実装に音楽は流れず、演奏アニメーションのみが再生されます。

チャットウインドウ・コマンド for Music [新要素あり]

/play

演奏準備

#1-8

音階を演奏。 #1キーが “ド”(に相当します

/playlist

songsフォルダ内のすべての曲をリスト表示しあmす

/play <songname>

songsフォルダ内にあるファイル名の曲を演奏します

/play <songname> loop

ループ演奏します

/play <songname> sync

セッションプレイ(シンクロ合奏)の準備をします

/playstart

セッションプレイを開始します

/datafolder

ミュージックファイルと本のテキストファイルのあるデータフォルダを開きます


ギルド&パーティー [新要素あり]

ギルド

ギルドを結成すれば、パーティーシステムやフレンドリストを使うよりも、集団や組織の統率をより効率的に行うことができます。

[新しい要素]

大きな街にはギルド認証人が設置されます(オウルズヘッドのバラックのMarcusのような人物です)

彼らを探してギルドの結成を申請しましょう。結成には25000GPの費用が必要です。

申請者が自動的にギルドリーダーになります。

ギルドを結成、あるいは入会すると、ソーシャルメニューにギルドのタブが表示されるようになります。

このタブを使ってギルドメンバーを確認したり、ネームプレートのギルドタグを表示・非表示設定ができます。

ギルドリーダーとギルドオフィサーは、ギルドメンバーにランクや権限を設定できます。

また、ギルドメンバーはこのタブからギルドの脱退を行うことができます。

ギルドの入会は“/joinguild guild name” 、脱会は“/leaveguild”のコマンドでも実行することができます。

ギルドリーダーには1人しかなれません。

リーダーには新規メンバーの招待、メンバーのオフィサーへの昇格権限、ギルドメンバーのキックの権限があります。

オフィサーは新規メンバーの招待とオフィサーでない通常のメンバーのキックの権限があります。

ギルドリーダーが脱退してしまった場合、最古のオフィサーメンバーが自動的にリーダーを引き継ぐことになります。

オフィサーが居ない場合は、最古のギルドメンバーがリーダーへと昇格します。

しかしメンバー全員がギルドから脱退してしまった場合は、ギルドは自動的に解散となり、再結成するには再び25000GPを支払って新規結成する必要になります。

“/g”のコマンドにより、ギルドメンバー限定のチャットチャンネルにもアクセスが可能になります。

マルチプレイで他のプレイヤーと一緒に冒険する(パーティー)

Shroud of the Avatarはシングルプレイヤーで冒険することも可能ですが、気の知れた仲間と一緒にマルチプレイをすればさらにその楽しさが増すことでしょう。

オンラインゲームでは、そういった連帯をパーティーと呼称しています。

パーティーに参加していないプレイヤーは、実質的に1人パーティーのリーダーとして認識されています。

あなたがパーティーへ招待された時には、その招待を受けるか断るかのダイアログが表示されます。

現在の仕様ではパーティーの最大人数は8人までになっています

パーティーが獲得したEXPは各メンバーのアドベンチャーレベルを元に配分が決定します。高レベルのプレイヤーほどより多くのEXPが配分されるでしょう。また、グランドマスターのスキル上昇支援効果はそのGMと同じパーティー内にいなければ支援効果を受けることはできません。

獲得したゴールドは平等に分配されます。また、アイテムは誰でもルートすることができますが、誰がどのアイテムをルートしたかはメッセージで確認が可能です。冒険に出発するまえに、アイテムルートのルールを決めておくといいでしょう。

パーティーリストに表示されているメンバーにはステータスが表示されます。(リーダー、パーティーメンバー、パーティーに勧誘中のメンバー)

パーティーメンバーのネームプレート表示は遠くからでも視認することができるようになりました。(NキーでON/OFF)

パーティーリーダーが回線切断などによってログアウトした場合、パーティーメンバーにリーダーのステータスが引き継がれます

パーティーリーダーはパーティーに関する様々なコマンドを実行できます:

オフラインのパーティーメンバーもリストに表示されます。オフライン中は名前がグレーアウトします。

左上に表示されるステータスUIには、パーティーの名前やヘルス・フォーカス値が表示されます。

プレイヤーはシーンのほとんどに自由に出入りすることができ、パーティーメンバー以外のプレイヤーと出会うことができます。
これらのシーンの中には都市、町、路上、荒野のマップが含まれます。

それ以外のシーンでは、あなたとあなたのパーティーメンバーは他のプレイヤーと出会うことはないでしょう。SotAではこういったシーンをアドベンチャーシーンと呼称しています。
アドベンチャーシーンに入るまえにその入口のドアやテレポーターにマウスポインターを置くと、“Solo/Party Only” というツールチップメッセージが表示されます。

アドベンチャーシーンにはKingsport Sewers やVale島の南にあるRavensmoor Dungeonなどが該当します。
また、アドベンチャーシーンの多くは地上部と内部に分かれており、地上部のシーンで入口を探して内部シーンへと移行する必要があります。

現在、アドベンチャーシーンに存在するモンスターはあなたがそのシーンを出るまでリスポーンしません。

パーティーを結成した場所がアドベンチャーシーンであった場合、シーンのオーナーシップはプライベートからグループへと変化し、他のプレイヤーの参加が可能になります。

パーティーを組んだ状態でアドベンチャーシーンへいった場合など、シーン内に複数のパーティーが混在する場合でも、一度解散して再結成することにより、1つのパーティーへ統合することが可能です。

アドベンチャーシーン内でパーティーから離脱したりキックされたりした場合は、自動的にそのインスタンスから離脱します。

ワールドマップ上ではパーティーメンバーの所在地を確認することができます。

“/zone <キャラクターの名前>”のコマンドにより、そのキャラクターの場所へとワープできます。この機能は将来的には削除される予定です。

‘/zone [character name]’のコマンドは、パーティーメンバーと合流するのにとても便利な方法ですが、戦闘からの緊急脱出などの目的に利用されないように、今回からこのコマンドには使用前に詠唱時間と長めのク-ルダウンタイムが設定されます。

ギルドウォー(Guild Warfare)

ギルドは自身の力を見せつけたい時や、あるいは他のギルドとの間に問題がおこり戦い以外に解決方法が見いだせない時には、他のギルドに戦争を宣言することができます。宣戦布告を行うことができるのはギルドリーダーのみです。布告を行う場合は、相手のギルドのギルドリーダーを右クリックして、”Challenge to a Guild War”を選択してください。

布告の際には、1日~10日の間で戦争期間を定めることができます(地球時間)。布告を終了後、相手のギルドが交戦を承諾するか断ったかは、その時に結果が表示されます。

2つのギルド間で戦争が始まった場合、そのギルドのメンバーには強制的にオープンPvPフラグ状態となります。どのような状況であろうと、敵対するギルドのメンバーをいつでも自由に攻撃することが可能になり、さらにオープンPvPフラグを立てている通常のプレイヤーとも常に交戦する可能性があります。また、戦争終了時には、戦争開始以前のフラグステータスに戻ります。

ギルドウォーの報酬は、現在のところギルドリーダーに勝利トロフィーが贈られるだけです。このトロフィーは戦争が終了してから15分後に、勝利したギルドのギルドリーダーのバンクに出現します。

ギルドウォーの状態は、専用のWarsタブでいつでも状態を確認することができます。Warsタブは;(セミコロン)キーで開ことができます。状態を見たい戦争を右クリックしてスコアボードを表示させることが可能です。

もしどちらかのギルドリーダーが戦争終結前に降伏する場合は、Warsタブ内の戦争名をクリックして、降伏(forfeit)してください。また、敵対するギルドリーダーを右クリックすることでも降伏のオプションを選択することができます。

                                                                               

バグレポート他

Shroud of the Avatarは現在開発テスト中のタイトルです。

バグを発見したら、速やかにバグを報告してください。

バグを報告するには、右上のメニューからレターのアイコンを選んで左クリックするか、チャットから"/bug"と入力してください。バグリポートとゲームの情報がクリップボードにコピーされ、SotAのバグリポートフォーラムがブラウザに表示されます。

新規投稿にクリップボードの内容を貼り付けてバグを報告してください。

またバグを報告する前に、こちらのバグリポートのガイドラインを参照してください。

https://docs.google.com/document/d/1IgbhfeXt8mTLZaY7cXGf3m-Pf-3BodoRK1-sVuHlHr8/edit

アバタールの現在座標を表示するには、チャットから"/loc"と入力しENTERを押して下さい。現在座標がクリップボードにコピーされるので、状況に応じてバグリポートに役立ててください。

F11キーでスクリーンショットを撮影することができます。保存された画像はSotAのフォルダに格納されます。

開発者チームからみなさんへ:

ゲーム開発のご協力を大変感謝しています。

みなさんの力はおおいにゲームの開発に役立っており、よりよいゲームの開発を実現してくれるでしょう。