Published using Google Docs
[20200401] NTK Response to Covid-19_Japanese

                                                                                                Public

コロナ19に対するネットキラーの対処とビジネスの持続性を保障

地球上のすべての国がコロナ19に直接影響を受けるようになるにつれて、企業と個人の業務環境が急激に変化しています。 従来オフライン相互対面方式だった業務環境は、今ではオンライン遠隔作業環境に急速に切り替えられています。 このようなオンライン転換をあらかじめ準備した企業は、他の企業よりこのような市場の変化にうまく適応しています。

これまで15年間、ネットキラーのグローバル業務環境は、100%クラウド基盤で運営されてきました。 そのため、今回のコロナ19の在宅隔離状況(アメリカとインド、ヨーロッパの場合)は、ネットキラーが顧客にサービスを提供するにあたって、いかなる影響も及ぼしません。

ネットキラーがこのような状況を事前に予測し、業務環境を作ってきたとは言えませんが、ネットキラーの基本哲学は"すべての顧客企業が遠隔でグローバルビジネスを遂行"できるようにすることにあります。 ネットキラーは、本文書を通じて顧客企業、パートナーおよびユーザーの皆様に現在、ネットキラーが相変わらず効果的に仕事を処理していることをお知らせいたします。

  1. 組織プロトコルおよびマネージメントリスク管理
  2. 情報セキュリティ統制
  3. ネットキラーが遂行する全ての業務に対する計画 / 遂行 / 確認 / 行動指針書
  4. あらゆる状況で最高レベルのセキュリティを保障するプロセスダイアグラムとセキュリティポリシー
  5. クラウドにより作成、保存、バージョン管理されている文書基盤の情報管理システム白書
  6. 職員が顧客に集中できるように、最小限のストレスで自律的に業務を行えるようにする人員および資源配分手続き
  7. 最大限すべての役職員が参加する透明な経営手続き
  8. 財政的責任と資源の高い可用性を保障する効果的な購入手続き
  9. 無料トライアルの提供と価格政策で市場の変化と問題に積極的に対応できる販売組織
  10. 国別の法律および規定を守るための内部監査の手続き
  11. 製品のバグおよびセキュリティ、問題を解決するための不適合解決手続き
  12. リスクを減らし予防するための緊急対策と障害が起こった時の迅速な対応ガイドライン

ネットキラーは、常に役職員の安全と健康が最も重要だと思います。 ネットキラーもまたメンバーが健康上の問題で業務ができなければ、顧客に円滑なサービスを提供できないためでもあります。

全世界的に、ネットキラーのチームは現在のように前例のない予期せぬ状況に対して、より速やかな顧客サービスと高品質の製品を提供するため、各時間帯(韓国、アメリカ、ヨーロッパなど)別に分け、毎日CEOが参加するグローバル会議を行っています。

ネットキラーはコロナ19による万一の事態に対し、財政的に安全で取引関係に責任を果たし、社会的にも貢献できるよう、様々な非営利プログラムを提供しています。我々はビジネスを遠隔に遂行するために孤軍奮闘している会社にたいし、生命線のようなものになりたいのです。これがネットキラービジネスがグローバル経済と地域社会に寄与するものだと信じています。

CEO / Founder

Sung Wook Jung (Justin S. Jung)

March 30th, 2020                                                                 Netkiller, Inc.