インタラクション2013 

Women's Luncheon

2013年3月1日(金) 12:00-13:00(予定)

日本科学未来館7階 交流サロン

概要


 インタラクション業界において女性の活躍がめざましくなって久しいですが、女性同士のみの交流会はあまり行われてきていませんでした。ACM SIGCHI 等において毎年のように開催されているWomen's Luncheon では、世代を超えた女性同士の交流が進み、その中で研究に関する議論だけでなく、女性のキャリアデザインや家庭と研究との両立についてなど、幅広い意見交換が行われています。この結果、研究コミュニティ全体の成熟が進んでいると考えられます。

このイベントでは国内最大規模のインタラクションという会議に参加している女性研究者の交流を促進し、日本国内のインタラクション研究全体を盛りあげる一つの機会にしたいと考えています。また、本イベントを通じて、女性が集まる・活躍できるインタラクションという会議を実現していきたいと考えています。

ゲストトーク


ゲストトーク1

立命館大学教授 木村朝子先生

1996年大阪大学基礎工学部卒.1998年同大学院基礎工学研究科博士前期課程修了.同大学助手,立命館大学理工学部助教授,科学技術振興機構さきがけ研究員等を経て,2009年4月より立命館大学情報理工学部メディア情報学科准教授.現在,同教授.博士(工学).実世界指向インタフェース,複合現実感,ハプテックインタフェースの研究に従事.電子情報通信学会,情報処理学会,ヒューマンインタフェース学会,ACM,IEEE各会員.日本バーチャルリアリティ学会学術奨励賞・論文賞,情報処理学会山下記念研究賞等受賞.

ゲストトーク2

NTT コミュニケーション科学基礎研究所 研究主任 山下直美氏

1999年京都大学工学部情報学科卒業,同大情報学研究科 数理工学専攻修士課程修了.同年より日本電信電話(株)入社,コミュニケーション科学基礎研究所研究員.2006年京都大学情報学研究科社会情報学専攻博士課程修了.博士(情報学).協調作業支援(CSCW)やヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)の研究に従事.

プログラム(仮)


※ 時間およびプログラムは現在調整中です。インタラクション2013のスケジュールが発表された後に確定する予定です。

※ インタラクション2013は13:10から午後のセッションが開始されますが、本イベント会場は16時まで提供予定です。フリータイム以後も引き続きディスカッションしたい方は会場を使っていただいて構いません。

※ 本イベントは昼食(お弁当)を食べながら開催する予定です。

参加登録


以下の参加登録フォームからお申込みください。(参加費無料。 先着20名を予定)

参加登録フォーム

定員となりましたので参加登録フォームを締めさせていただきます。

(2月13日追記)

キャンセル待ち登録フォームを用意いたしました。こちらに登録していただいた方には、当日までにキャンセルが出た場合に限り、登録されたメールアドレスへ連絡させていただきます。

キャンセル待ち登録フォーム

※ インタラクション2013の参加登録とは別ですのでご注意ください。本イベントのみへ参加される方はインタラクション2013の参加登録は必要ありません。インタラクション2013へも参加をご希望の方は別途インタラクション2013の参加登録が必要になります(インタラクション2013のページはこちら)。

 

※女性限定イベントです。

(今後の継続のためにも、ご意見、ご感想、ご経験、ご提案など募集しております。男性からのご提案等ももちろんお待ちしております。下記の実行委員会連絡先までお気軽にメールお願いします。)

スポンサー


お問い合わせ先


※ 本イベントは有志によるイベントであり、インタラクション2013とは別で運営しております。本イベントへのお問い合わせは必ず下記へ連絡してください。

i2013 Women's Lunecheon 実行委員会