ありがとうポスト利用規約

この度は、「ありがとうポスト」(以下、「本サービス」といいます。)をご利用いただき誠にありがとうございます。

本サービス は、下記の「ありがとうポスト利用規約」を承諾いただいた方にのみ提供させていただくサービスです。

利用者が、本サービス を利用することより、本規約に承諾していただいたこととみなさせていただきますのでご了承ください。

目次

 1 条(用語)

 2 条(規約の適用)

 3 条(規約の変更)

 4 条(ビズオーシャンからの通知)

 5 条(知的財産権の帰属)

 6 条(本サービスの内容)

 7 条(本サービスの特性: 郵送遅滞の可能性など)

 8 条(キャンセルについて)

 9 条(利用者登録)

 10 条(利用者 ID およびパスワード)

 11 条(利用者の義務)

 12 条(料金および支払方法)

 13 条(利用者の退会)

 14 条(権利の譲渡)

 15 条(禁止行為)

 16 条(本サービス提供の中断)

 17 条(本サービスの終了)

 18 条(業務委託)

 19 条(通信の秘密と個人情報の保護)

 20 条(損害賠償)

 21 条(免責事項)

 22 条(準拠法・管轄裁判所)

 23 条(附則)

 

 1 条(用語)

本規約で用いられる用語は次の通りです。

 

1.「本規約」とは、この「ありがとうポスト利用規約」をいいます。

2.ビズオーシャン」とは、「ありがとうポスト」 を運営する株式会社ビズオーシャンをいいます。

3.「本サービス」とは、「ありがとうポスト」をいいます。

4.「お礼状」とは、お礼状、挨拶状、年賀状等のハガキ及び封書等の郵便物をいいます。

4.「利用者」とは、「ありがとうポスト」に ID 登録した自然人および法人をいいます。

5.「発行者」とは、お礼状を発行する利用者をいいます。

6.「本サイト」とは、「ありがとうポスト」  Web サイトのことです。

 

 2 条(規約の適用)

1.本規約は、ビズオーシャンが提供する本サービスの利用に対して適用されます。

2.ビズオーシャンが、利用者に対して発する第 4 条所定の通知は本規約の一部を構成するものとします。

 3 条(規約の変更)

1.ビズオーシャンは任意の判断により、本規約を変更することがあります。この場合、変更後の本規約は、あらゆる利用者に対して変更後の全ての本サービスの利用に関して適用されるものとします。

2.本規約の変更は、ビズオーシャンが別途定める場合を除き、本サイト上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

 

 4 条(通知)

1.本規約に基づき、または本サービスに関してビズオーシャンから利用者に対して行われる通知は、本サイト上への掲載、電子メール、その他ビズオーシャンが適当と判断する方法により、利用者に対し、随時必要な事項を通知します。

2.前項の通知は、ビズオーシャンが当該通知を本サイト上または電子メールで行った場合は、本サイト上に掲示、または電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。

 

 5 条(知的財産権の帰属)

本サービスにかかるすべてのデータ、図表、映像、音声、文章、写真、ソフトウェア、資料等に関する著作権、商標権、特許権等の知的財産権その他の権利は、従来から利用者に帰属するものを除き、ビズオーシャン及びビズオーシャンへの情報提供者に帰属します。

 

 6 条(本サービスの内容)

1.本サービスは、ビズオーシャンがインターネット上で提供するお礼状発送代行サービスです。

2.本サービスに基づくお礼状の発送先は、日本国内のみとします。

3.本サービスの料金は、別途本サイトに定めるとおりとします。

 

 7 条(郵送遅滞)

本サービスは、インターネットを利用したお礼状発行のほか、お礼状郵送手続きを代行します。この場合、お礼状発送先への郵送は日本郵便株式会社のサービスを利用します。日本郵便株式会社で遅滞が発生したことを起因とする損害については、ビズオーシャンは一切の責任を負わないものとします。

 

 8 条(キャンセルについて)

利用者が本サービスに基づきお礼状郵送手続を申し込まれた場合、キャンセルはできません。

 

 9 条(利用者登録)

1.本サービスの利用希望者は、本サービス上の申し込みフォームに必要事項を正しく記入した上で申し込むものとし、ビズオーシャンから利用者登録が完了した旨を通知された時点で利用者となり、本規約の条件による本サービスの利用の許可がビズオーシャンより利用者に有効に付与されるものとします。

2.利用者としての地位は、第 13 条に定める利用者退会を行うか、もしくは第 13 条に定める事由により利用者資格を失うか、もしくは第 17 条に定める方法により本サービスが終了するまで有効に存在するものとします。

 

 10 条(利用者 ID およびパスワード)

1.利用者は、ビズオーシャンから交付された本サービスを利用するための利用者 ID およびパスワード(以下、あわせて「 ID 等」)を、有償・無償を問わず第三者に譲渡または貸与することはできません。

2.利用者は、自己の責任において ID 等を管理、使用するものとします。万一、利用者による ID 等の管理または利用が不適切であったことが原因で、利用者に不利益が生じても、ビズオーシャンは一切責任を負わないものとします。ID 等が不正に利用されたことによりビズオーシャンに損害が生じた場合、利用者は当該損害を賠償するものとします。

3.利用者は、ID 等を失念した場合または盗用された場合は、速やかにビズオーシャンに連絡し、その指示に従うものとします。

4.利用者が前項の届出をしなかったことにより、本サービスを利用できない等の不利益を被った場合、ビズオーシャンは一切の責任を負わないものとします。

5.利用者が第 3 項の届出をしなかった場合、ビズオーシャンは当該利用者が退会したとみなすことができるものとします。

 

 11 条(利用者の義務)

1.利用者は、本サービスの利用によりビズオーシャンまたは第三者に対して損害を与えた場合(利用者が本規約上の義務を履行しないことにより、ビズオーシャンまたは第三者が損害を被った場合を含みます。)には、自己の責任と費用をもって処理ならびに解決するものとします。もし、利用者の行為により第三者からビズオーシャンが損害賠償請求を受けた場合には、利用者はビズオーシャンに対し、ビズオーシャンに生じた損害および費用(合理的範囲内の弁護士費用を含みます)を補償するものとします。

2.本サービスを利用者が利用する場合、インターネットにアクセスする必要がありますが、そのためのあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段は利用者が自己の責任と費用において適切に準備、設置、操作していただく必要があります。ビズオーシャンは利用者のアクセス環境について一切関与せず、これらの準備、操作に関する責任を負いません。

3.ビズオーシャンより利用者に連絡を行う際には、電子メール等にて連絡を行います。なお利用者はビズオーシャンからの電子メールを受信できるよう登録メールアドレス情報を正しく維持するものとし、何らかの理由で受信できなくなった場合には速やかに登録メールアドレスの変更を行わなければなりません。ビズオーシャンからの電子メールが受信できなかったために利用者が被った不利益については、利用者自身に責任があるものとし、ビズオーシャンは一切の責任を負いません。

 

 12 条(料金の請求及び支払方法)

1.利用者は本サービスを利用する場合、ビズオーシャンが別途定める料金を支払うものとします。

2.料金の支払いは、利用者から本サービスの利用申し込みがあった日に利用者に対し請求します(実際の支払日はカード会社によって異なります)。

3.支払い方法はクレジットカードを用いるものとします。

4.本サービス利用に関する料金、支払方法、及び料金プラン(以下、「料金等」という。)は、ビズオーシャンが別途定めるものとします。

5.ビズオーシャンは、本サービスの料金等を予告無しに改定することができます。

6.改定後の料金等は、改定後の料金等が本サイトに掲載された時から適用されるものとします(料金改定時における料金等適用の詳細については、本サイトを参照してください。)。

7.料金の入金が確認できない場合、利用の意思がないものと判断し、ビズオーシャンは本サービスの契約を解除することができます。

8.前項の場合、ビズオーシャンは契約終了の旨を利用者に電子メール等にて通知するものとします。

 

 13 条(利用者の退会)

1.利用者は、本規約及びビズオーシャンが定める方法により、いつでも本サービスの利用を終了することができるものとします。本サービスの退会に伴い、電子メール等による情報の提供を受ける権利を含め利用者としての一切の権利を失うものとします。但し、本サービスのシステムの都合上、利用者による退会手続きが完了してから、その手続きがシステム上に反映されるまでビズオーシャン所定の時間が必要な場合があり、利用者はこれを承諾するものとします。

2.ビズオーシャンは、利用者が以下のいずれかの事由に該当する場合、またはそのおそれがあるとビズオーシャンが判断した場合、利用者へ事前に通知・催告することなく、かつ、利用者の承諾を得ずに、ビズオーシャンの裁量によりただちに当該利用者を退会させることができるものとします。

(1) 本規約に違反した場合

(2) 登録情報に虚偽、誤りがある場合

(3) 登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合

(4) 第三者になりすまして利用者登録を行った場合

(5)  15 条に定める禁止事項を行った場合

(6) 利用者が死亡した場合。

(7) 利用者が差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続の開始若しく開始の申立てをし若しくは当該申立てを受けた場合または特定調停の申立てをしたとき

(8) その他、ビズオーシャンが利用者として不適切と判断した場合

3.前項の場合において、ビズオーシャンが何らかの損害を被った場合、利用者はビズオーシャンに対して損害の賠償をしなければならないものとします。

4.ビズオーシャンは利用者に対して、第 2 項の退会の理由を開示する義務を負わないものとします。

5.本条に定める退会により、利用者とビズオーシャンの間で締結された契約が解約されるものとし、利用者は本サービスを利用する権利を全て失うものとします。

6.ビズオーシャンは、退会後のデータ保持に関して何ら関与しないものとします。例えば、データの復旧・復元・復活などにも応じません。またその他、一切の責任を負わないものとします。

 

 14 条(権利の譲渡)

利用者は、ビズオーシャンの事前の書面による承諾なしに利用契約の地位を第三者に承継させ、あるいは利用契約から生じる権利義務の全部または一部を第三者に譲渡しもしくは引き受けさせ、または担保に供してはならないものとします。

 

 15 条(禁止行為)

利用者は、本サービスを利用して、次の行為を行わないものとします。利用者が禁止行為を行った場合、ビズオーシャンは本サービスの利用を禁止する場合があります。

 

(1) ビズオーシャンもしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為

(2) 詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座及び携帯電話の違法な売買等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれの高い行為

(3) 無限連鎖講およびマルチ商法、またはそれに類するもの、そのおそれのあるものを送信または掲載する行為

(4) 本サービスにより利用しうる情報を改ざんまたは消去する行為

(5) 他者になりすまして本サービスを利用する行為

(6) 他者またはビズオーシャンの設備等の利用もしくは運営に支障を与える行為、または与えるおそれのある行為

(7) 違法に賭博・ギャンブルを行い、またはこれを勧誘する行為

(8) 違法行為(けん銃等の譲渡、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、脅迫等)を直接的かつ明示的に請負し、仲介しまたは誘引(他人に依頼することを含む)する行為

(9) その他、公序良俗に違反し、または他者の権利を侵害するとビズオーシャンが判断した行為

(10)その他ビズオーシャンが不適切であると判断する行為

 

 16 条(本サービス提供の中断)

ビズオーシャンは、次のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。

 

1.本サービス用設備の保守は工事のため、やむを得ない場合

2.本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合

3.登録電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合

4.その他、運用上または技術上ビズオーシャンがサービスの一時的中断が必要と判断した場合

 

 17 条(本サービスの終了)

1.ビズオーシャンは、1か月前までに利用者に通知の上、利用者に対する本サービス及び本サービスの一部を終了することができるものとします。

2.前項の通知は、本サイト上での掲示及び利用者への電子メール等によるものとし、その通知の効力は第 4 条の定めによります。

3.ビズオーシャンは第 1 項の方法による利用者に対する通知後、本サービスを終了した場合には、ビズオーシャンに故意または重過失がある場合を除き、利用者に対して本サービスの終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。事由の如何を問わず、ビズオーシャンが利用者に対して何らかの賠償責任または補償責任を負うものとされる場合であっても、ビズオーシャンが利用者に対して責任を負担する損害、損失または費用は、ビズオーシャンに故意または重過失がある場合を除き、利用者の請求の原因の如何を問わず、利用者に現実に発生した通常かつ直接的な損害、損失または費用に限られるものとします。本サービスに起因または関連して生じたいかなる損害、損失または費用についても、当社の責任の範囲は、利用者が当社に支払った本サービスに係る利用料金をもってその上限とします。

 

 18 条(業務委託)

1.ビズオーシャンは、本サービスの提供につき必要となる業務の全部又は一部を、ビズオーシャンの指定する第三者(以下、「パートナー」といいます。)に委託することができるものとします。

2.前項の場合、ビズオーシャンはパートナーに対して、ビズオーシャンが負う利用規約上の機密保持義務と同等の義務を負わせるとともに、必要かつ適切な監督を行うものとします。

3.ビズオーシャンがパートナーに委託をした場合であっても、ビズオーシャンは、ビズオーシャンに課せられている義務を負担します。

 

 19 条(通信の秘密と個人情報の保護)

1.ビズオーシャンは、利用者の通信の秘密を守るものとします。ただし刑事訴訟法第 218 条の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該処分の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。

2.ビズオーシャンは、個人情報保護を重視し、関係法令を遵守します。詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。

3.ビズオーシャンは、利用料金の支払いに用いられたクレジットカードのカード番号を保持することはありません。これらの情報は決済会社が管理いたします。

4.ビズオーシャンは、利用者から提供される情報を、個人を識別、特定できない態様に加工したうえ、本サービスその他のビズオーシャンの商品、サービスの販売促進、広告宣伝及びマーケティング等の目的のために利用し、または利用者の承諾を得ることなく第三者に開示することができるものとします。

5.ビズオーシャンは、利用者から提供される情報を特定の個人を識別可能な情報と別に区分して管理・運用し、顧客傾向データを充実、改善するための要素として利用します。また、ビズオーシャンは、当該提供される情報を利用して充実、改善された顧客傾向データを、郵送、電子メール等による方法での各種情報のご案内その他の目的で利用したり、お客様がご覧になったインターネット上のページ閲覧データ履歴、広告の閲覧履歴に関する情報を、どのような広告を掲載することが効果的であるかを分析し、また分析結果をビズオーシャンビズオーシャンの委託先、提携先である広告主に提供したりするために利用します。

 20 条(損害賠償)

1.ビズオーシャンは、故意または重大な過失により本サービスの提供をしなかったときは(第 3  (規約の変更)、第 16  (本サービス提供の中断)、及び第 17 条(本サービスの終了)があった場合は含みません。)、利用者が本サービスを全く利用できない状態(以下、「利用不能」といいます。)にあることをビズオーシャンが知った時刻から起算して、24 時間以上利用不能が継続したときに限り、利用者に対し、その請求に基づき利用者に現実に発生した損害の賠償に応じます。ただし、天災地変等ビズオーシャンの責めに帰することができない事由により生じた損害、ビズオーシャンの予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、間接損害及び逸失利益については、ビズオーシャンは賠償責任を負わないものとします。

2.損害賠償の上限は、本サービスの利用料金までとします。

3.パートナーの故意または重大な過失による債務不履行および不法行為に起因して発生した損害については、ビズオーシャンがパートナーから受領する損害賠償額を限度として利用者の損害賠償請求に応じるものとします。

 21 条(免責事項)

1.ビズオーシャンは、利用規約で特に定める場合を除き、利用者が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任その他法律上の請求原因の如何を問わず、賠償の責任を負わないものとします。

2.ビズオーシャンは、本サービスによってアクセスが可能な情報、ソフトウェア等について、その完全性、正確性、有用性又は適法性を保証しないものとします。

3.ビズオーシャンは、利用者が使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保証を一切行わないものとします。

4.ビズオーシャンは、第 7 条のとおり、発送された請求書の到着日時に関しては、一切の保証を行わないものとします。またそれを起因とする損害についても、一切の責任を負わないものとします。

 

22条(反社会的勢力の排除)

1.「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団及びこれらに準ずる反社会的な団体又は個人をいいます。

2. 利用者は、ビズオーシャンに対し、現在、自己、自己の取締役、執行役その他の役員若しくは無限責任を負う社員又は自己の経営を支配し若しくは自己の経営に実質的に関与している者が、現在又は過去5年間において反社会的勢力に該当しないこと及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約します。

1.           反社会的勢力が経営又は意思決定を支配していると認められる関係を有すること

2.           反社会的勢力が経営又は意思決定に実質的に関与していると認められる関係を有すること

3.           自己若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること

4.           反社会的勢力に該当する者であることを知りながら雇用していること

5.           反社会的勢力に対して資金等を提供し若しくは便宜を供与する等の関与をし、又は、反社会的勢力の維持、運営に協力していると認められる関係を有すること

6.           その他反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

3.利用者は、自ら又は第三者を利用して、次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。

1.           暴力的な要求行為

2.           法的な責任を超えた不当な要求行為

3.           取引に関して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

4.           風説の流布、偽計又は威力を用いて相手方若しくは第三者の信用を棄損し又は相手方若しくは第三者の業務を妨害する行為

5.           暴力、威力又は詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する行為

6.           その他前各号に準ずる行為

4.ビズオーシャンは、利用者が第1項又は前項に定める表明又は確約に違反した場合、催告なくして本契約の全部又は一部を解除することができます

5.ビズオーシャンは、利用者が締結した本契約に関連する契約(以下、「関連契約」といいます。)の当事者又は代理若しくは媒介をする者が反社会的勢力であることが判明した場合、利用者に対し、当該関連契約の解除その他の必要な措置を講ずるよう求めることができ、利用者が正当な理由なくこれを拒否した場合には、催告なくして本契約の全部又は一部を解除することができます。

6.ビズオーシャンは、第4項又は前項により本契約の全部又は一部を解除した場合において利用者に損害等が生じても、何らこれを賠償又は補償する責任を負担せず、また、かかる解除により自らに損害等が生じた場合、利用者にその賠償又は補償を請求することができます。

 

 23 条(準拠法・管轄裁判所)

1.本規約に関する準拠法は、日本法とします。

2.利用者とビズオーシャンは、本規約に関連する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

 

24 条(附則)

2014121 制定・施行

201641 運営会社を株式会社ミロク情報サービスから株式会社ビズオーシャンへ変更

以上