Muの不思議科学 (斥力の不思議)

ムーの中心点から外に向かって幾層にも渡りムー原子が4個で正4面体をつくり、

無数の「正4面体アパートメント構造」を形成します。 この中心核が「斥力(反重力)」を発生する
基になります。 この中心核が1秒間に1億回転することで「斥力」を創造します。 真球結晶内は、
斥力を生成する「デイラック空間(真空状態)」を形成する構造を持ち、 これに似た構造に、
今話題のフラーレン物質(アメリカで発見)やカーボンナノチューブがあります。


   Muの結晶体

■ムーと銅を錬金⇒49種類の元素+不明物質の新物質を発見!!
純銅とムーを錬金して新しい合金が
完成したものを某大学で検査分析しました。 その結果、
驚くべきことに、
「49もの元素(重量比87.4%)」を検出

 中でも、プラチナや金といった貴金属が出現したり、さらに、 地球上で確認されていない元素が
49以外に不明の物質(重量比12.6%)が存在したり、現代科学では有り得ない事実が判明。
ムー+純銅(Cu)を錬金すると ⇒
ルビジュウム、セシウム、ベリリウム、ストロンチウム、バリウム、スカンジウム、
イットリウム、チタン、ジルコニウム、バナジウム、タンタル、クロム、モリブデン、
タングステン、マンガン、鉄、コバルト、ロジウム、ニッケル、パラジウム、白金、
銅、銀、金、亜鉛、カドミウム、水銀、ホウ素、アルミニウム、カリウム、
インジウム、 タリウム、鉛、ヒ素、アンチモン、ビスマス、
セレン、テルル、ランタン、セリウム、 プラセオジム、サマリウム、ユウロビウム、
テルビウム、 ジスプロシウム、ホルミウム、 エルビウム、イッテルビウム、ルテチウム
計49元素
(重量比87.4%)が誕生。
⇒元素記号表にない未知なる元素(物質)(重量比12.6%)発見!!

■斥力(反重力)は宇宙の新しいエネルギーです。 近代科学は「エントロピー増大の法則」
という極めて単純な理論のもとに成り立っています。
「秩序あるものは時間の流れとともに破局に向かう」という宇宙の創造と破壊の法則です。
たとえばジグソーパズルを思い浮かべて下さい。時間の流れと共に乱雑になったピースは、
ひとりでに整理はされません。
これに対し斥力は、マイナスエネルギーとも呼ばれる力で、元の状態にジグソーパズルの  
ピースを適所にはめ込み、絵を完成させて行きます。常に限りなく秩序正しくなろうと
する方向に進みます。
つまり、物質・生命をどんどん浄化し、還元する現象これが斥力特有の
「反エントロピーの法則」
このエネルギーがMuグッズを通して人体や物質に放射されると推量します。
その効果を「ペンダント・カード・シール・ペンダント・コンセント・水」などに
応用しました。
身に付けたり部屋に置くだけで「磁場の向上・運勢の好転・心身など波動の大幅向上」、
さらに本来の目的である「人間の次元上昇磁場の増強」を自然にしてくれると思います。