尾崎三良(1897年)(在英北広次郎先生御一家の御先祖の歴史)

尾崎 三良(おざき さぶろう)、天保13年1月22日(1842年3月3日)- 大正7年(1918年)10月13日)は、日本の官僚。男爵。諱は_盛茂、別名・戸田 雅楽(とだ うた)。京都郊外の西院村で代々里長を務める家に生まれる。「憲政の神様」と呼ばれた明治・大正・昭和にわたって活動した政治家・尾崎行雄は女婿にあたる。

経歴

仁和寺宮諸大夫の若林盛之の三男として山城国葛野郡西院(現在の京都市右京区)で生まれたが、幼くして両親と死別し、学問への志をもちながらも、1857年から烏丸家(からすまるけ)、そして冷泉家(れいぜんけ)に仕えた後、三条実美(さねとみ)公に気に入られて、元家人の戸田氏の養子となり、実美の家人となる。この直後戸田家側の八重子と三良は許嫁関係になった。

文久2年(1862年)、孝明天皇の勅使となった三条実美に随従して江戸に赴き、翌年の8月18日の政変で三条ら過激派公卿が京都を追放された七卿落ちでは三条に随行し、長州藩へ落ち延びた。慶応元年(1865年)、三条に随って大宰府に移った。この間、撃剣・乗馬を習い、読書を積んだ。 「戸田雅楽」の別名で、三条の名代として西郷隆盛など尊皇攘夷派との連絡役をつとめたのもこの時期である。大宰府では、公卿の臣下や諸藩の人士との交流によって攘夷論から開国論へと転向した。幕末の日本国の政治的大転換には大宰府の果たして居た役割が大きい事を現代日本人は意外に知らない。ここは王政復古、日本改革維新の秘策が練られていた大密議の場所であった。大宰府は菅原道真の流された先でが、幕末にも重要な役目を果たす中心となっていたアジトであった。

慶応3年(1867年)、三条の諒解を得て見物の名目で長崎に赴いた際にアメリカ領事や坂本龍馬・中島信行らと親交を結び、大政奉還の策を協議して岩倉具視に建策する。その際に出されたのが、後の三職制度であるとされている。坂本・陸奥宗光らとともに土佐へも赴き、ついで京都にむかい、そこで坂本と同席しているあいだに京都二条城で徳川慶喜により大政奉還がおこなわれた。 そこで急遽西郷隆盛らと同船して大宰府に戻り、事態を三条実美に報告した。維新後、実家の尾崎氏の姓を継ぎ「尾崎三良」と称した。

三条は朝廷に復帰するが 盟友坂本龍馬の死後尾崎三良は龍馬から聞いた海外の話に関心を持って留学を志す。もともと龍馬が英国留学を誘っていた。

これは伊藤博文にも支持され、三良の勧めで三条実美は嫡男・公恭を留学させる事に同意するとともに三良にその従者としてイギリス留学することを命じた。 慶応4年(1868年)3月、公恭、中御門寛丸、毛利元功およびその従者の一行8人で神戸港から出発し、長崎からは英国蒸気船に乗り換えて62日間の船旅となり1868年6月20日土曜日イングランド島南端のサーザンプトン(Southampton) 港湾市に到着した。その西隣のポーツマス( Portsmouth)港湾市の航海士学校には、後に東郷愛之進青年(東郷平八郎)が留学してきて、英国留学生総代となっていた尾崎三良が本国からの留学資金の仕送りをパリの鮫島欧州公使のところへ取りに行き、それを英国留学生に手渡す世話役をしている。

三良はイギリスでは河瀬真孝に英語を学んだが、のちにオックスフォード大学聴講生としてイギリス法や国際法を修得するまでになっている。

後に河鰭実文のイギリス留学の世話もしている。

ロンドンでの英語学習中の明治4年(1871年)、岩倉使節団のアメリカ到着を知って渡米し、木戸孝允や岩倉と会見して条約改正は時期尚早である事を献策し、大西洋を渡って再度リバプール港湾市に戻り着いてアデルフィ・ホテルに宿泊し、汽車で寺島宗則などとともにロンドンに戻った。

ロンドン留学中、三良は英語教師のウイリアム・モリソンの家に同居(ホームステイ)し、その一人娘のバサイア・キャサリン・モリソン(Bathia Catherine Morrison)と明治2年(1869年)に結婚し、三女をもうけた(のちに離婚)。長女はセオドラ英子といい,日本に呼び寄せられて英国公使館に勤務するかたわらニューヨークタイムズの東京特派員となり、学習院小学部,頌栄女学院、慶応義塾の英語講師も兼務している。そして後に東京知事になる尾崎行雄に乞われてその妻となる。行雄は尾崎咢堂とも言い25回当選の国会議員として国会議事堂の憲政記念館に憲政の神と称され祀られている。咢堂は娘雪香を連れて欧米を回っていて、民主主義を日本国に導入せんとした最先鋒であった。そして日本国の第二次世界大戦の戦争参入には反対していた。当時としてはその民主主義を主唱する著書の内容には驚くべき深い蘊蓄がこめられてるのには驚嘆させられるものがある。東京知事の時に、米国ワシントンDCに桜の苗木3000本贈ってポトマック河岸に植樹させた事でも有名。また妻セオドラ英子の勤めた英国公使館も公使が傭船して吉野桜や八重桜の苗木3000本を英国に送ったのが、今では英国中の一般人の家庭の庭にも植えられているほど一般化している。

明治6年(1873年)三良は木戸の強い要請で帰国、太政官に出仕して法制整備の任にあたる。明治13年(1880年)、ロシア駐在一等書記官として、公使柳原前光とともにサンクトペテルブルクに入る。翌年、帰国を命じられて太政官大書記官、内務大丞などを歴任。明治18年(1885年)には元老院議官として大日本帝国憲法の審議にあたった。

尾崎三良は明治23年(1890年)の日本国帝国議会発足とともに同年9月29日貴族院議員に勅撰され、翌年成立した第1次松方内閣においては法制局長官に就任した。 明治23年(1890年)12月に出版された 『国会傍聴 議場の奇談』には「尾崎三良氏の演説は中々上出来 三浦安氏の弁舌は流暢なり共に老練々々」と記されている。

後に田口卯吉の帝国財政革新会の結成を支援する。明治29年(1896年)に男爵。明治40年(1907年)には宮中顧問官。晩年には文部省維新史料編纂委員を務めた。

<家族>

● 最初の妻か恋人と三良の日本に残して来た許嫁とのこみいった事情;

• バサイア・キャサリン・モリソン(Bathia Catherine Morrison, 1843-1936)- ロンドンでの英語家庭教師ウィリアム・モリソン(William Mason Morrison)の娘。1869年に英国で結婚したが(日本での届け出は1880年)、1873年に英国の妻子を置いて尾崎三良が帰国したまま放置されたため、井上馨に書面で尾崎の欧州赴任を懇願、1880年に外務一等書記官としてペテルスブルクに赴任した尾崎と同居するも不仲となり、翌年離婚。離婚理由は、帰国中に尾崎が日本人妻を娶ったことを知ったバサイアが日本への同行を拒否したためとされる。長女のセオドラ英子は義弟の洵盛に「父は母を捨てて帰国した」と語ったという。1885年に父ウィリアムが亡くなると金銭的に困窮し、駐ロンドン日本領事の園田孝吉に親子の窮状を訴え救いを求めたことから、この騒動が日本でスキャンダルとなったが、バサイアは離婚後もオザキ姓を名乗り続け、尾崎の悪口を聞くと怒ったという。93歳まで長らえ、次女に看取られ亡くなった。バサイアと尾崎が署名した同意書は英国法では離婚でなく別居合意書であったため、死亡届は日本の外交官の妻バサイア・オザキとしてなされた。

北先生の御一家の御先祖は尾崎三良の日本の本妻八重子の筋で、英国留学以前、三条実美公家人に推挙されるため三条実美公元家人戸田氏の養子に入った。戸田家側の八重子はその時に定められていた許嫁であったが、日本帰国後正式に結婚したが、男子が生まれなかったため、後に日本では当時の慣習であった側室をもったもの。しかし留学中に英語の教師宅にホームステイしていて先生の娘バサイヤと恋仲になり、娘三人が生まれた。幕末明治の当時の婚姻や家族制度に関する日英間の社会文化や慣習の相違が齎した失礼な表現ながら悲喜劇かも知れないが。幕末維新の志士達はなぜか女性にもてた話をよく聞くが、国境を越えても同じであったかもしれない。