「ツイッター写真ブログ」とは


アップデート

v2.0.2:2013/03/07

  1. 2013年3月7日アップデート
    Twitter API の仕様変更に関してのバグを修正しました。
    すでに Setting.php で OAuth の設定をしている場合は、データをダウンロードして「cache/TweetPhotologJsonGetter.php」だけ上書きしてください。

はじめ方の手順

  1. データのダウンロード(v2.0.2)
  2. 設定
  1. index.html の変更
  1. 「サイトタイトル」(2箇所)を自分のサイトのタイトルに変更
  2. 「ツイッターのユーザーID」を自分のツイッターIDに変更
  1. cache/Setting.php の変更
  1. username:自分のツイッターIDに変更
  2. hashtag:ツイッターで使うタグに変更
  3. count:表示する件数
  4. since_id:初めて使う人はそのまま(以前にアップした写真も取り込みたい人は、最初のツイートよりひとつ前のツイートIDを記入し、行の頭の「//」を消す)
  1. タイトルイメージの変更
  1. 「images/title.gif」を自分の好きな画像に入れ替える。(サイズはそのままが推奨です)
  1. OAuth設定
  1. https://dev.twitter.com/apps に行きログイン
  2. 右上の「Create a new application」をクリック
  3. 必要な情報を入力
  1. Name:サイトのタイトルなど
  2. Description:説明など
  3. Website:自分のサイトのURL
  4. 「Yes, I agree」にチェックを入れて、CAPTCHAの文字を入力し、「Create your Twitter application」をクリックして完了
  1. ページ遷移後の「Consumer key」と「Consumer secret」をメモ
  2. さらに「自分のアカウントでそのサービスを使う」ことをtwitterに伝えるために、一番下の「Create my access token」というボタンをクリック
  3. ページ遷移後に「Access token」と「Access token secret」が出てくるのでこれをメモ
  4. cache/Setting.php にメモした情報をそれぞれ「’’」の中に追記する。
  1. consumer_key = ‘’,
  2. consumer_secret = ‘’,
  3. access_token = ‘’,
  4. access_token_secret = ‘’,
  1. アップロード
  1. 設定が終わったら、自分のサーバーに公開するディレクトリを作って(OAuth設定で入力した「Website」と同じ)、その中に「TwitterPhotoBlog」フォルダの中身をまるごとアップロードする。
    ここで作ったディレクトリが公開されるサイトになります。
  1. ツイート
  1. 「テキスト (カメラ名) #ハッシュタグ」の形式で下記の例のようにして、ツイッターの公式ウェブからツイートする。(半角スペースなども削除せず使ってください)
  2. 写真のサイズは自由でいいかと思います。調整してみてください。
    ちなみに私は 1000px × 1000px で 70% の JPG 圧縮です。



注意とお願い



powered by memo camera