◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

      出勤前に読んでおきたい 新聞を開きたくなる

         『経済ニュースメールマガジン』

      出勤前の30分で読んでおきたい個所はここです!      

          山元経済塾発行 2018年10月16 日(火)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日の記事のワンポイント解説です。

【投信、大手銀も脱手数料】(7面)

金融機関による金融商品の販売は金融庁方針に大きく左右されます。現在の風潮は

「長期投資=善」「頻繁な売買=悪」が強まりつつあります。不確定要素の多い市場

においては、上げ相場ばかりではなく下げ相場もあります。

私見ですが投資家にとってはHOLDだけではなく売買タイミングを学ぶことも重要である

と考えます。手数料稼ぎのための無駄な回転売買は論外としても、利益確定やロスカット

のための売却は必要な行為であり、販売者の評価が残高になると、「リスク高めの投信の

販売が激減する」ことが予想されます。べき論で言えば、「売買損益と評価損益」を

合わせて評価すべきところですが、現在は評価損益に偏重しています。

投資家のすそ野拡大は重要ですが、適切とは思えない評価方法が続くと、少なくとも販売

する金融機関の収益は悪化し、顧客にとってもマイナスになり、遠からず方針の修正と

なるように思います。  

本日の日経朝刊の記事の読みどころ

【不確実性の波身構える市場】(3面)【投信、大手銀も脱手数料】(7面)

【生保、地銀に統治改善促す】(7面)【独与党への失望鮮明】(9面)

【塾・予備校再編の激流】(15面)【外食8社、全社が減益】(17面)  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

有料メルマガ(月~金・年末年始・新聞休刊日を除き毎日配信。一部動画解説・購読料500円/月、申し込みは6か月単位)を希望する方は下記HPよりお申し込みください。

      山元経済塾 山元將孝  http://www.yamamotokeizaijuku.com/

このページでは、毎日3本程度配信される記事の中から1本だけを紹介しています。

山元経済塾は、経済・金融・資産運用に関する講座をオンラインで開講しています。TV会議システムを使っているため質問もできます。初回限定でのお試し無料受講もできますので、ぜひ一度お試しください。http://yamamotokeizaijuku.com/new1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━