カンガルーを殴る男、動画話題           猟犬にヘッドロックするカンガルー飼い主が反撃どうなる

#54

 オーストラリア6月にされた、インターネットきなをめているきなオスのカンガルーとのがするをめたもの

 このはグレイグ・トンキンスさん(34歳)とじられており、たちととともに、ニューサウスウェールズをしていたという。その、トンキンスさんはのカンガルーヘッドロックをかけられているをにしをけようとけけた

 いたカンガルー。だがトンキンスさんけてこのーのをった。メディアには「カンガルーをかしてざけがげるチャンスを作りたかったと話している

「このとてもでしたをとすもあったからですとすナショナル ジオグラフィックがするエクスプローラー、カンガルーを研究するマーコ・フェスタ・ビアンチェット氏カナダ、ケベック州にあるシャーブルックのでもある

 のイメージとはなり、カンガルーボクサーのようにいにりうことはないフェスタ・ビアンチェット氏はするむしろなでバランスをりながら、いろキックをりすことがい

「のカンガルーのキックをにらわせていたらお腹をかれていたかもしれませんフェスタ・ビアンチェット氏。

 カンガルー時々使うもう1つのをでっかこうとするというもの、このをけるとトンキンスさんをうところだった

 このカンガルーらかにのオス、フェスタ・ビアンチェットはすから、ちがったときのさ180センチ、80キロくにもなるとされるからしておそらく~であり、もんなとわれる

 では、オスのカンガルーのメスをめぐって11でうことよくありがにることさえあるだがどちらかをめるそのグルーミングをしたり、せきむようなをしたりするのサインしばしばられる

「パンチはいなくかったでしょうフェスタ・ビアンチェット氏。「カンガルーがおっと、のはだとわんばかりながわかりますカンガルーはしないですしカンガルーでじるサインもはしませんから。いではありますが、にないでした

 によればカンガルーみのに逃げみにつくはなかったトンキンスさんはったという

のの

 トンキンスさんのパンチにして、インターネットにはなコメントがせられたにはカンガルーがをしたとき、なぜすぐにげなかったのかというもあるだがフェスタ・ビアンチェットそのにいなかったにはだ

らかににありましたし、しいのをられていましたフェスタ・ビアンチェット。「カンガルーにをいた、かつのをろうとしていたのです

それでも、ならるのをめますがフェスタ・ビアンチェットはけえた

 これまでのところ、ナショナル ジオグラフィックトンキンスさんへのはできていない。、なぜカンガルーとがいになったのかにはわからないものの、フェスタ・ビアンチェット氏によればディンゴカンガルーをすることはよくあり、カンガルーディンゴとのいにれているという

カンガルーディンゴみせてをることがく、このでもまさにそのをせていますフェスタ・ビアンチェット氏。

コメント

 トンキンスさんはにわるをしておりタロンガ・ウエスタン・プレーンズのもめていること、のらかにされた。タロンガについてとのことだ

 によればトンキンスさんのがうくなることはないという。6のの、トンキンスさん「のケアとにしがすなアプローチしてきましたとされている。「しかしながら、のとがにしているであり、とのわりいにおいてもスタッフにはってほしいとするの1つです

はにをえることにはしておりをいるもしていませんとののをさせるがあるためですはしている

 トンキンスさんのたち「あの、、たちをるためにをったとしてをするをしているがれってけたのはイノシシりにるのをけるためだったという。その、そのはくなった

 オーストラリアではのイノシシがにをえており、イノシシりわれているにがわれることもあるイノシシをらえさせてからナイフですとをわずにむためだ