発表作品集・コレクションetc

(注意)shimoigalleryの画像には著作権、肖像権があり、転写流用を一切禁止します。

2017.1.31 「共済新報2017.1月号」 新年随想 掲載記事

「Facebookで謹賀新年」

CCI20170131_共済新報投稿記事.jpg

1998.6月号 デジタルCAPA 今月の優秀作品「もみじ」

1996.4月号 日本カメラ銅賞 『化粧』

1981.12.7号 FMfan 掲載 『日曜喫茶室ほど面白い番組はない』

1984.6月号 月刊美術 いま甦る竹久夢二版画 サイズ12×8 『花火』

2000.3月号 デジタルCAPA 入選作品 『セルフポート』

1997.8 同窓会誌第8号 表紙絵 『瀬音』 色紙 >畑氏贈呈

写真家Bob willoughby サイン入り AH(オードリー・ヘップバーン)写真(1953)・枚方近鉄

1996.4月号 アサヒカメラ 掲載(ワンポイントアドバイス)

2002.5 東京都美術館ほか 第50回記念画集『光陽展』 「まどろむ」 油彩 F100

1982.5.25~26 サンケイ新聞誌上ギャラリー登載 第30回光陽展 『青蓮院』 F100

1995.10月 「広報くすのき(内の目・外の目)」掲載

1998.9.15 PHOTO SEMINAR 織作峰子講師 サイン・・・美しい書体である

H8.11.10 「冨久幸」サイン色紙

1997.10月号 「デジタルCAPA」掲載 (今月のあと一歩)

昭和54年9月2日 京都新聞 読者の欄『窓』掲載 木版画

松山作 『鬼の念仏』大津絵 色紙

98.10.3 アラーキーこと写真家・荒木経惟氏サイン入りDOMKEのカメラバッグ・・・我家の宝物

鷲田新太(故人・光陽会代表) 色紙

「FUNNY」 S.40.9.5 高一時代・MY ANGLE 写真コンテスト入選

吉田松陰 「東北遊日記・付詩歌草稿」 和綴本 嘉永4年・・・重文級かも知れない?!・・・

「あきのうたげ」 今村陽子 貼り絵色紙

「端田のりひこサイン」 2002.12.12 都雅都雅にて

「下井守一遺墨・徒然草」 昭和24年頃

「家系」昭和26年頃 リヨ(マサ子の母) 修二 敦美 洋美

『家系』昭和12年頃 (亡母)マサ子 (亡義兄)一三 (亡祖父)光蔵(リンク) (兄)光生 (姉)富士江

『1998JPS展』入選 『RIVER SIDE STORY』 下井博之 総応募作品数2414点の中から

選ばれる。淀川をテーマに取材し、風呂場での暗室作業に汗を流していたのを思い出す。

●記念石■ 旅先で拾ってきたなんでもない石ころ・・でもこの世に二つとない無類の石・・何かを語りかけてくれる石(意思)・・掌の宇宙を握り締めると声が聴こえるだろうか・・

●記念石■ 川の石・・海の石・・山の石・・それぞれの顔がある・・面白くて飽きない・・

●記念石■ 同じ海の石でも遠い南国の浜石・・琉球の浜石・・鎌倉の浜石・・ここに一同に会し何を語り合っているのだろうか・・私も仲間に入れて欲しい・・

■2000.3.27「押尾コ-タロー」さんサイン入りCDと紹介記事(産経新聞)

●修二 5歳頃 北九州戸畑提灯祭り・・・こういう時代もあったのだ・・・

● (兄)悦雄(リンク) 昭和19年頃・・・煙草控えめに・・・

●家系『守一(父) マサ子(母)』 昭和12年頃 奈良公園にて・・いつか同じ場所で記念写真を撮ってみたい・・・

●父は昭和26年9月10日没、母は平成4年9月3日没私は9月5日に生まれて同じく9月(長月)に逝くことが出来るだろうか?なぜか9月に因縁がありそう・・・

■ 随想 『智(ちえ)慧』 昭和43年3月 18歳の頃

●『初心忘るべからず』 色紙

● 随想『五円硬貨』 昭和43年2月・・・些細なことを大そうに書いていた・・・

●1969年 『鯉城』文集より・・・学生運動花盛りの二十歳の頃、こんな文章を書いていた・・・

●MY BOOK写真集コンテストの審査員賞で戴いた、写真家・榎並悦子先生のサイン入り写真集

●Tシャツプリント自作 D505i携帯デジカメ63万画素(VGA480*640)

2003.10.5 俳句勝手三昧

俳句勝手三昧

時折の自由句・・・修二

 

『故郷(ふるさと)の 川瀬(かわせ)に揺()れる 猫柳(ねこやなぎ)』

1998.2.15 猫柳・春

 

『桜花(さくらばな) 一片拾(ひとひらひろ)いし 無常感(むじょうかん)』

2001.4.8 桜・春

 

『昼過(ひるす)ぎて 天(てん)に舞()い立()つ 紋黄蝶(もんきちょう)』

2002.5 蝶・春

 

『帰(かえ)り道(みち) 虫(むし)の音清(ねさや)か 二日月(ふつかづき)』

二日月/虫の音・秋

 

『穏(おだ)やかに 晴()れ着()も眩(まぶ)し 新成人(しんせいじん)』

成人・冬

 

『ドラマ観()て 涙溢(なみだあふ)れし 冬時雨(ふゆしぐれ)』

2002.12.9 時雨・冬

『ぼーとして 佇(たたず)んでいる 日()の盛(さか)り』

2003.8.3 日盛・夏

 

『秋天(しゅうてん)に 一人佇(ひとりたたず)む 忌明(きあ)けかな』

秋天・秋

●冨久友撮影会記念の寄せ書き

●2003.9.20大阪NHKホール「神野美伽リサイタル」にて「浮雲ふたり・サイン入り色紙」

●棟方志功「唐衣の棚」 46×32

●2003.10.10 音楽評論家 山口孝サイン入り色紙

■2011.6.8 「般若心経」写経

光陽会報 NO,232 2011.12.1「京都準本展の経過・取り組み」

[桜美ひらかた]第5号 掲載記事 2012.6.30

「支部報ひらかた」 掲載記事 2012.8.31 第89号

連載新聞小説「夏至」 挿絵 下井修二 2012.5.28-7.7 日刊県民福井新聞 連載

光陽会報235号記事 2012.12.13

光陽会報記事 2013/12/5付 NO,237号 支部活動の状況

◆近畿税理士会設立50周年ロゴマーク採用決定 2014.4.17