人を大切にするのがタオサンガ  無量寿経 第8回


法話ライブ at  東京道場  2016年12月3日

法話:遠藤喨及

書き起こし:純佑

動画URL:

https://www.youtube.com/watch?v=Y5YdhQ_aU90


1.聖書に書かれたパウロのような心境とは?

阿弥陀様の光明、十二光については無量寿経に出て来るんですね。

そして弁栄上人は、十二光をもとに仏教いや全宗教を、体系付けられたんです。

この十二光、最初の四つは以下です。

無量光、無辺光、無碍光、無対光。

最初の無量光は、宇宙大霊を表しています。

そして無辺光は、宇宙大霊の悟りの内容である「四智」を表します。

四智は我々に働きかけ、私たちの心が感応すると、いろいろな世界が拓かれて来きます。

平等性智、大円鏡智、妙観察智、成所作智

ちょっと難しそうなんで、最後の成所作智について説明します。

自分の我が抜け落ちて成所作智が入ってくると、

自分が動いているという感覚ではなくなります。

手足の動きも、自然に動くというか、とても柔らかい感じになります。

宇宙一切と融合して、しかも宇宙一切の表れとして動きが出て来る。

自分が動いているというよりは、如来様が動いているという感じです。

これを親鸞上人は、「全托」という言葉で表現しました。

一切を任せ切った安らかな境地です。

「任運無作」という言葉もあります。

任せきった状態で、自分は全然やっていない。

だけど、宇宙の運行のように動作が出る。

「もはや我生くるにあらず、キリスト我が内に在りて生くるなり」と聖書に書かれたパウロのような心境です。

「成所作智」が働くと、そういう状態になります。

宇宙一切の運行が、如来様の成所作智によってなされているのです。

2.青春と幸せは、絶対的に追求しないといけません

次に妙観察智は、例えば「随喜」というのはこれです。

普通仏教ではこれを、”人の喜びを我が喜びにする”と表現しています。

また、それによって将来、同じ喜びが自分に来る、と言います。

これはある意味事実だし、とても深い話なんです。

人間は、人を自分と切り離して「他人だ」と思います。

そして人に良いことがあると、それによって自分の幸福が減る、と思ったりします。

でも、宇宙の構造は面白くて、他者の喜びを喜ぶと、同じ喜びがやってくる。

今すぐ結果はでなくても、未来にやってくるんです。

人間界は本当に面白いですね。

幸せになるのには、カルマを乗り越えなければならない。

人間界では、幸せになること自体が修行なんです。

青春と幸せは、絶対的に追求しないといけませんね。

否定してはいけませんよ。

原始経典では、お釈迦様のことを何度も「幸せな人」と呼んでいます。

幸福を徹底的に追求していく、幸福な状態からさらに幸福を求めていく。

それがお釈迦さまの生き方だったんですよ。

例えば手塚治虫の「ブッダ」という漫画では、お父さんがシッタルダに”城を出て行かないでくれ”と言ったら、”ならば私に、永遠の青春をください”と言うんです。

決して老いることのない、死ぬこともない、そういうものをくれるなら城にいるけど、お城にいてもただ朽ちていく自分がいるだけだ、と。

これは象徴的で、普通の人たちは「自我というお城の中」で朽ちていくわけです。

一方、宗教カルマに陥る人もいる。物質や幸せを否定し、精神だけを求めて不幸に陥るのです。

中道というのは、「真ん中を取れ」というより、「両方を取れ」ということなんですよ。弁栄上人は「大欲」という言葉を使いました。我々は、大欲に生きなければなりません。

随喜の本質というのは、人が喜んでいるのを自分も喜び、

お互いの喜びを喜びあったら、喜びがどんどん上昇していく。

全部が全部の喜びを喜びあっていたら、どんどん上がり続ける。

これが宇宙の本質だということです。

一つの微塵(ホコリ)の中に宇宙一切が、一人の人の中に宇宙一切が入っている。

全てのお互いが、お互いの全てを含み合っている。一切が一切を喜び合っている。

この心の地平が啓けてくるのが、妙観察智の世界です。

もっとも、「あいつ嫌な奴だなぁ」とか、「困ったやつだなぁ」といった想いが出て来たら、瞬時に崩れちゃったりしますけどね。(笑)

ただし、妙観察智から観ると、「嫌な奴も困った奴も」、自分の内在する一人の姿でもあるんです。

そこで! 人のことで困ったときは、”あれはもう一人の自分でもある”と想うようにする。自分の中のそういう面をその人が演じているんだ、と。

だから、「我が内なるイヤなAさん」とか、「我が内なる困ったちゃんのBさん」なんだ。これは、内在する自分とどう関わるか?という問題なんだ、と。

そう思っていると、案外、時間が経つと解決したりするんです。

いつまでも嫌だなぁ、、、とか、困ったなぁ、、、と思っていると、解決しません。

宇宙の根源は如来の妙観察智であり、我々がそれに感応すると、心の内からそれが顕れてきます。

3.スマートフォンが一生使えなくなるけど、1億円あげる?

一方、宇宙の平等性智とは、あらゆるものは相対性でしかないということです。

例えば、暑いがなければ寒いもないし、逆も然りです。

人間界は全て相対性でできていますから。

片方だけの概念や、存在は成り立たない。

だから大乗仏教は、悟りも煩悩を分けないんです。

なぜなら、自分の中にカルマがあるがゆえに、カルマに向き合うがゆえに、仏性が顕れ、霊的に向上するからです。

これが無対光の働きなんです。

我々がどのように霊的に向上するかを示しているんです。

私たちは不満、苦しみがなければ向上しません。

発明にしてもそうです。

「困った」とか「不満だ」と思うから、新しい発明が生まれるんですす。

心のことも、全く同じです。

苦しみがあったり、”こんな自分でいいのか?”と思うから、向上しようと思うんです。

「自分はこのままでいいや」とか、「オレけっこうイケてるし」と思ったら人間何もしませんよ。

人によって、不満に対しての感受性の違いは、もちろんありますよ。

たとえばアメリカの学生に「”スマートフォンが一生使えなくなるけど、1億円あげる”と言われたらどうするか? 」と聞いたらみんな「1億円はいらない」と言ったそうです(笑)

でも、少し前はスマートフォンなんて無かったじゃないですか。

それが今は、1億円もらっても捨てたくない、というくらいのものになっているのです。

「人によって感受性が違う」というのは、スマホがない時から、スマホがないことに不満を持っていた人が、スマホを創った、ということです。

今、電話が使えなくなれば、不便になった!と怒るかもしれません。

でも、電話なんか無かった頃は、遠くの人とは話ができないのが、当たり前でした。

ところが「遠くの人と話ができない」ことが不満だった人がいるのです。

そうでなければ、電話のアイデアなんか閃かないですよね。

だから「向上する」には、感受性が必要なのです。

不満は、自分の中に相対立するものとして現れてくるものです。

その不満、苦しみと向き合うことで向上するのです。

なぜなら、私たちの根源は無限の如来様だからです。

苦しみと向き合い、不満と向き合い、自分の我と向き合うことで、

如来の光明が顕れ、必ず乗り越えていけるのです。

根源は絶対だから「無対光」と呼ぶんです。

根源は対立がないがゆえに、向上させるために相対を創り出す。

だから、絶対のお浄土から相対が生まれてくるんです。

旧約聖書に出てくる、エデンにいたアダムとイブが天国を追い出されたという話は、

絶対の浄土世界から相対の人間界が出て来たということを、象徴的な物語として表しているんです。

イブが蛇に騙されたという話は、不満、苦しみという、ネガティブなものがあって、

初めてポジティブなものに気づいて、それによって向上していくことの象徴です。

4.浄土世界には様々な喜び、快楽(けらく)などが無数に用意されている

絶対の世界は空であって、相対が無いように思いがちですが、絶対の中にある相対というのもあるんです。

これは本当に深い話ですが、相対を超えて、空という絶対の浄土世界に入っても、そこに相対がある。、、、不思議ですね。

このため、浄土世界には様々な喜び、快楽(けらく)などが無数に用意されているわけですが、、、。

だから、絶対の世界もまた向上していくわけです。もっとも人間界とは違って、不満苦しみからではないのですが。

5.無礙光

物理的には、向こうに突き抜けないことを、「礙」といいます

心理的には、こだわっていることもまた「礙」と言うんです。

般若心経で「心無罣礙」と出て来るでしょう。

あれは、心に一切こだわりがなくなることです。

礙というのは、自分をあまり幸せにしない方向で、引っかかっていることです。

「あたし、素直になれないのよねー」とか言ったりするけど、

「礙」は、なければないほど、幸せになれますよ。

さて、無礙光には、二つ意味があります。

一つは宇宙の「因縁因果の法則」のことです。

因縁因果というのは、自分の身口意の三業(行動・心・言葉)の結果が、未来には必ず出てしまうことです。

これから逃れられないから無礙光なんです。

もっとも、霊界では即座にでますが、三業の結果は人間界では即座には出ないです。

これは人間界の特殊性で、今生で出るもの、来生で出るもの、来来生で出るものなど、

色々あって、それぞれ名前がついています。

結果がいつ出るかわからないから、怖いですね。

因縁因果の理法からは、絶対に逃れられないから、無礙なんです。

お釈迦様の掌の上にいる孫悟空のように逃れようもない宇宙の理法のなかに我々は生きている。

弁栄上人は「如来無礙の光明は、神聖正義の恩寵」と書いています。この「恩寵」は、仏教には無い言葉で、プロテスタントの用語なんです。

神聖にして正義だから、因縁因果の法則によって逃れようがない。

しかし同時に、「横超」というのがある。

横超というのは、因縁因果を飛び越えてしまう、如来様の大愛の働きです。

だって、そうでなかったら我々のような者が、ちょっと修行したからと言って、霊的に啓けてくるということは無いですよ。

我々のような者でも、念佛をしているうちに、色んな事がわかってきたりする。

これはまさに横超です。

カソリックでいう、「死ぬ前に罪を告解して、イエスに救いを求めれば天に行ける」というのも、「横超」です。

因縁因果の理法をも、飛び越えてしまうのです。如来様の大愛の働きによって。

この両方があるから、無礙なんです。

宇宙の理法のなかで三業からは逃れられない、ということも無礙だし、

横超によって飛び越えるのも無礙である、と。

これは誰にも分からない謎で、宇宙の秘密みたいなものですね。

6.無対光

タオサンガは、今まさに大イノベーショのときですね。

物理的にもそうですが、それ以上に、精神的にそうです。

過去を振り返ってみると、以前は指圧のクラスでも、仏教のブの字も口にできなかったんです。また、今みたいにみんながサンガ活動をする、ということも全くありませんでした。

それをあるときから、「あなたは道のために何をしますか?」という問いかけを、一人一人に始めたのです。

これはちょうど今、「あなたはサンガの場を責任を持って受持するんですか?」と一人一人に問いかけているようなものですね。

「今までそんなことをしなくてよかったのに、なんでしなくてはいけないのか?」と不満や反発を抱き、タオ指圧の学びを辞めて止めていく人たちも当然いました。

今のように、ワークをするのが当たり前で、それが喜びであることを分かってもらえるという時代ではありませんでしたから。

そういう時に、不満をサンガに向け、反発が出るようなら、それでもう、向上は終わってしまいます。

でもその人が、自分の我(エゴ)に向き合って、「これまでの自分ではダメなんだ」と自覚し、むしろ自分に対して不満を向けるならば、先に進むできることができる。

無対光の向上の世界に入ることが出来るんです。

その人が自分に向き合えないと、「難しい。厳しい」、「どうして、そんなことをやらなければならないんだ」という反発になります。

否定的になるんです。それは、自分に対する不満ではなく、道に対する不満になってしまっているんです。

さて、かつてそういう時代から、やがてワークに取り組むのが当たり前になってきました。ワークなんて知りません、という人もいれば、自分に向き合って無対光の世界に進んで行く人もいたのです。そうしてサンガは、やってきたわけです。

今度のイノベーションでは、さらに進んで、「受持しますか?」という話になっています。

7.受持ができて初めてタオサンガと言える

「受持する」というのは、基本的には、人の未来の幸せに責任を持つことです。

ヘレン・ケラーが言ったように、「人がお互いの幸せに責任を持つようにならないと世界は変わらない」からです。

受持は、今になって言っていることではなく、2003年の第一回タイ大会でも言っていたし、当時から氣のワークもできていました。

「責任を持つと大霊が宿りますよ」と言っていたんです。

しかし最近まで、はっきりと向き合ってこれを言うことはできなかったんです。

これを要求しても、とても無理だろうなぁ、と。これは、精神レベルが関わっていますしね。

でも、「人の幸せに責任を持って生きましょうよ」といつか言えるように、という願いは、ずっと心の中にありました。もっとも、数年前までは無理だったんです。

でもね。受持ができて初めてタオサンガと言えるのです。

人を大事にするということは一番の基本で、これ無くしてどうしてタオ指圧ができる、と思えますか!?

だって、「受持する」ということが無ければ、「患者さんに責任を持つという気持ちでなければ」、どうして患者さんを治療できますか!?

本物の仏教は、寺の経営など、身過ぎ世過ぎの話では全くありません。

でも、弁栄上人、法然上人のような本物の人が、三宝を受持して下さったから、エッセンスが今もなお、我々のなかに生きているのです。

受持する人がいなかったら、法も無いし、修行もニセモノだ。文化も無いし、そもそも人間関係が成立しない。

相手の幸せに無責任な人間関係は、ウソの関わりでしかない。ほとんどの関わりはそうなんです。

ニセの念仏者になるんですか? それとも真実に生きるつもりなんですか?

世界だって、今になって、「未来の地球に責任を持とう」とか、言っているじゃないですか。

責任を持たなかったから、地球環境がこんなになったし、世界は平和にならない。

あらゆる問題は「幸せに対する無責任」というところから来ているんです。

子供がどうして虐待されるのか!? なんで子供が放置されるのか!? なんで子供が大事にされないのか!?全ては、子供の幸せに対する無責任から来ています。

我々治療、修行するものが受持しなければ、人の幸せに責任を持たなければ、そもそも治療も修行も成り立ちません。

だから私たちは、場を受持する、人を受持する、そして法を受持し、未来を受持していくのが本当です。

それでこそ、我々の世界は明るいものになっていくんです。

受持する、サンガの場に責任を持つというテーマで、どう自分に向き合っていくのか?

これが次の一歩になる、ということです。

                            (合掌)