2015年5月2日(土)キャッツアイ麻生店ポップンミュージック店舗大会レポート

文責:gummi(@933)

時間:19時頃開始~22時頃終了

参加者:14名

主催者:みるきーさん、みそさん、gummi

特別協力:店員Wさん

ルール:

 ・トーナメント方式。組合せはくじで決定

 ・LOCALモードで自分・相手の選曲各1曲=計2曲をプレーし、勝ち星制で勝敗を決定。

  1勝1敗ならLOCALモードでの点数の合計が高い方の勝利

 ・選曲Lv制限有。予選は相手の最高ノマゲLv-3、準々決勝は-2、準決勝は-1、決勝は無制限

トーナメント表及び結果(画像引用元: http://amcats.seesaa.net/category/6263427-1.html )

IMG_0892.JPG

★各対戦詳細

見方について

・括弧内は、下記配信録画動画のおおよその開始時間

https://www.youtube.com/watch?v=0OM4MOe4ETU

・曲名後の括弧内は、選曲者の頭文字

・点数は、LOCALモードでのボーナス含むスコア

予選第1試合(0:55:00~)

フロウビートEX(お)

黒船ファンクEX(レ)

合計

レダさん

99509

95147

194656

おめがさん

105860

106244

212104

 注目が集まる一発目の試合はいきなり上限レベルの46での幕開けとなったが、振りの激しい同時押し曲と、ネタ曲ながら地力の問われる良譜面という、開幕に相応しいポップンらしい選曲だったと言えるだろう。勝負の方はおめがさんが二曲でスコア・コンボ共に上回り、準々決勝への最初の切符を手にした。

予選第2試合(1:07:50~)

プログレッシブ(V)EX(り)

流星RAVE REMIX EX(え)

合計

えむはちさん

106210

107308

213518

りーふさん

101395

101971

203366

 初戦の影響か、第2試合も両者レベル上限の曲を選択。交互連打で辛判定のVと、左右振り乱打の流星リミという光らせるのが難しい面々。両者それを物ともしない高いスコアを出すが、特に流星で97k超を叩き出したえむはちさんがスコア・コンボ共に競り勝ち、次回進出を決めた。

予選第3試合(1:18:20~)

チャイニーズマインドEX(g)

√太陽系◎ドーナツ化計画∞∀∞EX(ふ)

合計

ふじむしさん

107902

108985

216887

gummi

102000

97171

199171

 今大会屈指の強豪ふじむしさんと、東京から来たヨソ者司会マンによる一戦。チャイニーズマインドを相手が未プレイかつ開幕で切るという一大チャンスにも拘わらず、gummi氏開幕の難所後に切って自滅。2曲目は完全ノーマークだった新曲でボロボロのgummiを尻目に、ふじむしさんが99k寸前の自己ベでパフェを決め拍手喝采。完全なふじむしさんの独擅場となった。

予選第4試合(1:28:45~)

Element of SPADA N(み)

ホッテストパーティーEX(ぐ)

合計

みそさん

108076

89081

197157

ぐりーんさん

109187

108141

217328

 あらゆる機種で高い実力を誇るみそさんだが、相手は優勝候補の筆頭…そこでみそさんが出した作戦は何とN譜面でのオッス勝負。ぐりーんさんがオジャマを解除しておらず仕切り直しとなるハプニングもあったが、結果は19gr VS 6grで、ぐりーんさんが単発にも隙が無いことを見せ付けた。2曲目でも98kでパフェ未遂という圧倒的なリザルトを叩き出し、順当に勝ち上がった。

予選第5試合(1:43:20~)

フレンチメルヘンEX(く)

ヨーデルEX(ナ)

合計

ナナメさん

96548

101461

198009

くろのずさん

105857

103014

208871

 両者最高49ながら、Lv37のEX譜面を投げ合う珍しい一戦となった。1曲目はCS出身でソフランということもあってか見事に刺さりくろのずさんの勝利。ナナメさんも問題児の代名詞ヨーデルをぶつけ難所に注目が集まるが、コンボ数は何と全くの五分。COOLボーナスまでも同じだった為、純粋なスコアで上回ったくろのずさんが勝利し、準々決勝進出を決めた。

予選第6試合(1:52:50~)

フレンチポップJ EX(コ)

アドレッセンスEX(つ)

合計

コニエさん

105745

104713

210458

つくねさん

109676

109866

219542

 ガチガチの大会の空気を女子力の高い選曲でほぐす貴重な癒し枠となった(※つくねさんは男性です)。コニエさんも緊張するであろう大会の場で1曲目パフェ・2曲目もパフェ寸前のフルコンと大健闘を見せたが、つくねさんがそれぞれ6gr・5grという容赦の無いスコア力で勝利を掴んだ。

準々決勝第1試合(シード枠)(2:03:55~)

クリスマスプレゼントEX(モ)

神曲EX(ぐ)

合計

モタリケさん

105450

105697

211147

ぐれいしあさん

97546

102318

199864

 KACマスター部門上位ランカーのモタリケさんがソフラン曲での強さ・本番での強さを観客・ライバルの目に焼き付けた一戦。1曲目で1切り95kという驚異のリザルトを相手にプレゼントした。ぐれいしあさん選曲の神曲では両者罰5・純粋スコア差379点という今日一番の僅差の戦いになったが、コンボでも上回ったモタリケさんが勝利し、最初にベスト4入りを決めた。

準々決勝第2試合(2:15:00~)

チテイタンケンEX(え)

DDR EX(お)

合計

おめがさん

99849

101621

201470

えむはちさん

106307

99952

206259

 予選を勝ち抜いた兵同士の対戦の初回に相応しい白熱した展開となった。えむはちさんはチテイタンケンを96k罰3という安定感抜群の結果で取り、DDRもコンボで上回り罰5に抑え、bagを全繋ぎというプレーで観客を湧かせる。だが問題児DDRを進んで選ぶおめがさんがそう簡単に負けるはずもなく、純粋スコアで4k以上の大差を付けて捻じ伏せ、勝負は大会初の合計点計算へ。結果は、二曲でコンボボーナスを取り、ダメージを最小限に抑えたえむはちさんの勝利となった。

準々決勝第3試合(2:27:00~)

敬老パンクN(ふ)

ゾディアックオラクル7EX(ぐ)

合計

ふじむしさん

107255

99714

206969

ぐりーんさん

102765

105790

208555

 今大会初の最高50対決。決勝であっても何ら不思議ではないカードが早くも実現し、高難易度曲での殴り合いになると思いきや、ふじむしさんの秘密兵器敬老パンクNが炸裂。減速時の初見殺し極まる落下タイミングでぐりーんさんが切り、ふじむしさんが狙い通り作戦勝ちを収める。意表を突かれたぐりーんさんは一転してガチ曲で殺しにかかり、約97k罰3コンボ1000超という泣く子も黙る結果を叩き出し完勝。敬老Nでの点数差を見事にひっくり返し、ハイレベルな激戦を制した。

準々決勝第4試合(2:39:30~)

ユーラシアロックEX(く)

彼女は快刀乱麻EX(つ)

合計

くろのずさん

103654

99976

203630

つくねさん

109323

108740

218063

 予選で同時押しのピカピカっぷりを見せつけたつくねさんに対し、くろのずさんは果敢にも勝負曲ユーラシアロックをぶつける。98kグド1罰1という自己ベストを塗り替えるスコアを出すが、つくねさんはコンボを切らないどころか99k超でパフェ。続く快刀乱麻でも両者1切りで一歩も譲らない戦いとなるが、ここでもスコア・コンボ共につくねさんが一枚上手。つくねさんが準決勝進出を果たしたが、善戦したくろのずさんも本番での強さを印象付けた。

準決勝第1試合(2:49:50~)

アジアンコンチェルトREMIX EX(え)

リナシタEX(ぐ)

合計

えむはちさん

103990

89113

193103

ぐりーんさん

103302

106293

209595

 最高50同士の戦いだが、えむはちさんは46のアジコンリミを選曲。螺旋発狂やラストのトリルで46屈指の接続難易度を誇るが、えむはちさん何と本番でフルコン。大歓声の中勝ち星を得たが、一方で純粋スコアでは相手を上回る96kを「S乱で」叩き出していたぐりーんさんの末恐ろしさにもどよめきが起きた。そのぐりーんさんが選んだ今大会初の49はいきなりリナシタ。逃げ切りたいえむはちさんは乱で勝負に出る。コンボではギリギリまで食い下がるが、96kという圧倒的なスコアにより大差を付けたぐりーんさんが逆転で決勝進出を決めた。

準決勝第2試合(2:59:55~)

スターリートランスEX(つ)

オイパンク0EX(モ)

合計

つくねさん

106115

100901

207016

モタリケさん

99677

96200

195877

 同時・単発系に滅法強いつくねさんと、ソフラン系に滅法強いモタリケさんによる注目の一戦。つくねさんはかつてのKAC予選課題曲スターリートランスを選曲、97k超のスコアで同時押しだけではないことを皆に知らしめながら勝利。対するモタリケさんは得意のオイ0を投げ巻き返しを図るが、本番パワーを見せたつくねさんがスコア・コンボ共に上回り、決勝への切符を勝ち取った。

3位決定戦(3:11:00~)

バイキングEX(え)

ビートニクEX(モ)

合計

えむはちさん

104206

99392

203598

モタリケさん

99543

107237

206780

 準決勝で惜しくも敗れた2人が3位入賞を巡り熱いバトルを繰り広げた。まずえむはちさんが満を持してフルコン済みのバイキングを選択。純粋スコアは500点にも満たない僅差ながら、スコア・コンボ共に選曲側が競り勝ち貫禄の1勝。えむはちさんは何と発狂を全繋ぎ!会場はどよめきに包まれた(生きている間にあの発狂の接続を生で拝める機会はもう無いのではなかろうか)。一方モタリケさんは安定のソフラン選曲。光らせるのが難しい曲ながら、最後の高速階段で切るまでパフェペースの97kという流石としか言いようの無いリザルトで合計点勝負へ持ちこむ。結果的にはビートニクの純粋スコア差が響く形となり、モタリケさんが3位入賞を果たした。

決勝戦(3:21:50~)

トイコンテンポラリーEX(ぐ)

交響的物語EX(つ)

合計

ぐりーんさん

103763

107536

211299

つくねさん

92204

108606

200810

 二度にわたりN譜面を投げられる等の奇襲に遭いながらも地力で相手を捻じ伏せてきたぐりーんさんと、大会随一のスコア力と本番での強さで勝ち上がってきたつくねさんによる決勝戦。レベル上限解除を待ちわびていたかの如く、まずぐりーんさんが試合前の宣言通りトイコンを選択。つくねさんも未クリア曲を投げられる容赦の無い選曲に対し自らにノルマを課して立ち向かうが、ぐりーんさんが95k銅◆という抜群の安定感を発揮し10k以上の差で勝ち星をもぎ取る。何とか合計点勝負に持ち込みたいつくねさんは、周囲の予想を覆すLv45の交響的物語を選曲。そして決勝の舞台かつ1つのbadが命取りになるというプレッシャーの中、何と両者パーフェクトを達成!!これぞ決勝というハイレベルな戦いに会場の盛り上がりも最高潮。スコアで僅かに上回り、唯一FINAL COOLを決めたつくねさんが意地を見せ、勝負は合計点計算へ。一同固唾を呑んで見守る中、優勝者としてアナウンスされたのはぐりーんさん!つくねさんも武器曲で一矢を報いたが、トイコンで大きくポイントを稼いだぐりーんさんが逃げ切り、見事優勝の栄冠を勝ち取った。

そのぐりーんさんに予選でオジャマを使わせたみそさんが真の優勝者という声もある。

エキシビジョン(3:32:30~)

bloodmetalgreen.jpg

 チャンピオンによるウィニングランとして、ぐりーんさんが「自分のこれぞという一曲」をソロで披露。サイレントをという声も出る中、選ばれたのはブラッドメタルEX。稲妻の如き高速階段発狂を美しい手捌きで鮮やかに決め、画像の通りのこれぞチャンピオンという圧倒的なリザルトで大会を綺麗に締めくくった。こうして、3時間に及ぶハイレベルな激闘の幕が閉じたのであった。

★大会を終えて(長いです)

 今回の開催は、昨年末のみるきーさんとの何気無いtwitterでの会話が無ければ実現することはありませんでした。

 具体的には「みるきーさん、リフの大会に出たことを呟く→自分、ポプは大会とか無いから羨ましいとリプ→次ぐみさんが北海道来た時大会提案してみましょうか?→是非是非!!(北に向かって土下座)」という流れ。そして私が5月頭に行くことを決め、それに合わせてみるきーさんが本当に店舗に打診してくださり、開催が決定したというものです。

 その後は、店員のWさんにも相談しながら、私が中心となり詳細を運営陣で議論。幅広い実力の方が楽しみ満足できるよう、ルールの決定や想定される問題への対応方法の検討を入念に進めていきました。大会当日も店近くのレストランで最終打合せを実施し、準備は万端。とは言え、ポップンの店舗大会でどこまで人が集まるのか?という一抹の不安はずっと消えませんでした。

 しかしエントリーが終わってみれば、何と上限一歩手前の14名が参戦。「札幌周辺の50ができる人は大体集まったのでは(一参加者談)」との声もある程レベルの高い大会となりました。和やかさと緊張感が程よく入り混じる空気の中、ガチ曲に偏らない搦め手あり趣味曲ありのバリエーションに富んだ選曲。そして随所で見られるスーパープレイとそれに湧く観客…私自身司会をしていて最高に楽しかったです。

 何より嬉しかったのは、参加した方々に楽しんでいただけたこと。全員ないしはほとんどの方が、自分の出番が終わり22時を回っていたにもかかわらず最後まで残ってくださったことが、その証明ではないかと思っています。大会後やtwitterでも、楽しかったとのお声をたくさん頂きました。

 twitterで耳に入る、他地方での大会や他機種の大会の情報。常日頃からそれを羨ましく思っていた私にとって、今回の大会はまさに悲願の開催、夢の実現でした。まさか自分が運営側、しかも司会することになるとは思いませんでしたが、運営側となったことで、大会が自分だけでなく、道内のポッパーの方にとっても念願のものだったということを実感することができました。「まともな大会は6, 7年ぶりだ」「ポップンの大会なんて都市伝説かと思っていた」等の声を伺った時、妥協せずに本気で運営に取り組んで本当に良かったと思いました。大会が刺激となりモチベーションが上がったという方も多く、中には直後に最高Lv50になった方もいるとか…

 もちろん反省点は多々あり、個人的に書き出しているところです。ここまで皆様に喜んでいただけるのであれば、また機会さえあれば是非開催したいと思いますので、感想や改善点、こんなルールはどうか等のご提案がありましたら私(twitter:@933)までお寄せいただければ幸いです。

 最後になりましたが、会場・備品・完璧な配信環境の提供で大会を素晴らしいものにしてくださったキャッツアイ麻生店様及び店員Wさん、顔の広さを活かし道内の有力ポッパーの方々に参加を打診してくださったみそさん、大会開催のきっかけとなり告知ポスターの作成から当日の雑務まで担当してくれたみるきーさん、貴重なGWに時間を割き数々の名勝負を繰り広げてくださった参加者の皆様、そしてここまで長ったらしいレポートにお付き合いくださった皆様に対し、心から感謝を申し上げます。本当に、ありがとうございました!

以上