ハイアークH2O

マルチアーク(雷)水とMu(ムー)波動が合体した「救世の水」

【商品番号W002】会員価格 8リットル(2L×4本15,552円税込(本体14,400円税込)
商品番号W003】会員価格 2リットルお試しサイズ 3,888円税込  バラ売り可
5Lの販売は中止しました。
生産量に限りがあるため、会員以外の方の注文をお受け出来ません。

健康グッズ   健康グッズ

水中でマルチアークを放射(水中で雷を発生)を90分間繰り返し生成した水
別名(ベクスリーウォーター、マルチアーク水、ホロン水、雷水)に
地球上最高比重を示す物質Mu(ムー)の超高波動を転写した
究極の宇宙エネルギー水です。

マルチアーク水だけでもエネルギーの強い水ですが、Mu波動を波動を転写することにより
各項目の波動が桁違いの数値(免疫波動値は+170越)になりました。
(ハイアークHOの特長を参照)
生成方法は、3本の電極(炭素棒)に交流をかけてアークを発生させ、瞬時に
4,000~10,000℃の温度を出す特   許製法です。(特許第4409827)

水中でのマルチアーク(プラズマジェット炎)を放射することによって、非常に活性された
水になります。


マルチアークプラズマ
水の中でマルチアークプラズマを照射している画像

物質転換や回転磁界、電極振動、宇宙波動と様々な幅広い宇宙エネルギーを発生させることが
可能です。

また、電極に使われている炭素が、純粋な炭素やミネラルが超々微粒子になって水中に溶解しており、
フラーレンC60というパワーや多糖類(アガリスク、マイタケなどのキノコ類)が水中に発生している可能性を
十分に秘めた水に変化していると思量します。

更に、Mu(ムー)の斥力(マイナス)エネルギー、
最高波動を付加し、細胞、分子、原子、DNA、
霊的レベルまでが共鳴し、
限りなく秩序正しくなろうとする方向に進みます。

つまり、物質、生命をどんどん浄化、還元する「反エントロピー」現象

放射能物質等に耐性がある細胞、遺伝子に変化して行く
ものと推量します。

飲用の仕方
* 朝、昼、晩、就寝前 100ccずつ 400cc/日程度の飲用をお勧めします。
 (飲用の際は、備前焼スパイラル茶碗(容量100cc)をお勧めします)

* 飲用者さまの感想は「コクがあり超マイルド、水なのに甘味を感じる…」など。

* マルチアーク水の発明者は故佐藤亮掌氏(科学技術庁長官賞、日本学士会アカデミー賞等
数々の賞を獲得、 平成元年には黄綬褒章を受章)

■ハイアークH2Oの特長

■改善・好転の実例

ガン・白血病・甲状腺疾患・リウマチ・糖尿病・動脈瘤・ 高血圧・低血圧・胃潰瘍・心臓病・
便秘・アトピー性皮膚炎・不眠症・喘息・水虫・ やけど・気管支炎・関節炎・耳鳴り・
肩こり腰痛・打ち身捻挫・二日酔い・いびき・躁鬱など。

(開発者:佐藤亮掌氏著「万養ホロン善循環シリーズ」「フォトンベルトの襲来」他〈たま出版〉

ハイアークH2Oの飲用法

■ハイアークH2O波動測定結果

※測定値の見方については、こちらをご覧ください。
測定日:2013.10.08
使用機種:Max-compact 測定者:牛田

ハイアークH2O

免疫

ストレス

アレルギー

糖尿病

ガン因子

肝臓

心臓

B222

C536

G383

D789

F879

D273

D166

+170

+160

+148

+164

+170

+154

+162

血液循環

高血圧

皮膚

白血病

副交感神経

交感神経

D419

F543

D540

D330

F433

D599

D141

+162

+160

+160

+161

+165

+172

+152

子宮

関節

痴呆

ひ臓

腎臓

D449

D630

D583

D654

D544

D802

+153

+153

+162

+163

+168

+155

<注>数値は診断・治療の目的に使用するものではありません。あくまで波動的に見た参考値で、
およその目安です。波動値は生化学検査とは必ずしも一致しません。