尾崎 三良(おざき さぶろう、天保13年1月22日1842年3月3日)- 大正7年(1918年10月13日)は、日本官僚男爵は盛茂、別名・戸田 雅楽(とだ うた)。京都郊外の西院村で代々里長を勤める家に生まれる[1]。「憲政の神様」と呼ばれた明治・大正・昭和にわたって活動した政治家・尾崎行雄女婿にあたる。

経歴[編集]

仁和寺諸大夫の若林盛之の三男[注釈 1]として山城国葛野郡西院(現在の京都市右京区)で生まれたが、幼くして両親と死別し、学問への志をもちながらも16歳で烏丸家、のちに冷泉家に仕えた後、三条実美に気に入られて、元家人の戸田氏の養子となり、実美の家人となる。

文久2年(1862年)、孝明天皇勅使となった三条実美に随従して江戸に赴いた。翌3年の八月十八日の政変で三条ら過激派公卿が京都を追放された。七卿落ちでは三条に随行して、長州藩へ落ち延びた。

慶応元年(1865年)、三条に随って大宰府に移った。

この間、撃剣・乗馬を習い、読書を積んだ[1]。 「戸田雅楽」の別名で、三条の名代として西郷隆盛など尊皇攘夷派との連絡役をつとめたのもこの時期である。大宰府では、公卿の臣下や諸藩の人士との交流によって攘夷論から開国論へと転向した[2]

慶応3年(1867年)、三条の諒解を得て見物の名目で長崎に赴いた際にアメリカ領事や坂本龍馬中島信行らと親交を結び、大政奉還の策を協議して岩倉具視に建策する。その際に出されたのが、後の三職制度であるとされている。

坂本・陸奥宗光らとともに土佐へも赴き、ついで京都にむかい、そこで坂本と同席しているあいだに京都二条城徳川慶喜により大政奉還がおこなわれた[3]

そこで急遽西郷隆盛らと同船して大宰府に戻り、事態を三条実美に報告した[3]。維新後、実家の尾崎氏の姓を継ぎ「尾崎三良」と称した。

龍馬の死後、三条は朝廷に復帰するが、尾崎は龍馬から聞いた海外の話に関心を持って留学を志す。これは伊藤博文にも支持され、三条は嫡男・公恭とともにその従者としてイギリス留学することを命じた[3]

 慶応4年(1868年)3月、公恭、中御門寛丸毛利元功およびその従者の一行8人で神戸港から渡英した。長崎からは62日間の船旅となった[3]。イギリスでは河瀬真孝英語を学んだが、のちにオックスフォード大学聴講生としてイギリス法を修得するまでになっている。後に河鰭実文のイギリス留学の世話もしている。

ロンドンでの英語学習中の明治4年(1871年)、岩倉使節団アメリカ到着を知って渡米し、木戸孝允や岩倉と会見して条約改正の時期尚早を献策し、寺島宗則などとともにロンドンに戻った[3]。 ロンドン留学中、三良は日本語教師のウイリアム・ウィルソンの家に同居し、その一人娘のバサイアと明治2年(1869年)に結婚し、三女をもうけた(のちに離婚[注釈 2]

明治6年(1873年)には木戸の要請で帰国、太政官に出仕して法制整備の任にあたる。明治13年(1880年)、ロシア駐在一等書記官として、公使柳原前光とともにサンクトペテルブルクに入る。翌年、帰国を命じられて太政官大書記官内務大丞などを歴任。明治18年(1885年)には元老院議官として大日本帝国憲法の審議にあたった。

明治23年(1890年)の帝国議会発足とともに貴族院議員に勅撰され、翌年成立した第1次松方内閣においては法制局長官に就任した。後に田口卯吉帝国財政革新会の結成を支援する。明治29年(1896年)に男爵。明治40年(1907年)には宮中顧問官。晩年には文部省維新史料編纂委員を務めた。

中央公論社より、各3巻で『尾崎三良自叙略伝』(1976-77年、中公文庫 1980年)と、『尾崎三良日記』(伊藤隆・尾崎春盛編、1991-92年)があり、足跡を詳しくたどる事ができる。