#51

顏色表示:  大句構  修飾

ネットで「」テーマの漫画

 (インターネット上若い人たちから多くのをめている)漫画があります({「『死ぬくらいなら辞めれば』ができない}理由」とされた)この漫画。(のでまともなができなくなっていく)リアルにかれています({【、のだった】女性がのためした}問題をきっかけに描かれた)というこの漫画。(なぜ、若い人たちの心をえた)か、しました

網路上過勞自殺同感的漫畫

網路上集結很多年輕人們同感的漫畫。以沒辦法要死的話還不如辭職的理由為題的這個漫畫。在長時間的工作下沒辦法做出正面判斷的過程真實的被描寫出來。這個漫畫從大的廣告公司電通的新進女性員工因為自殺的問題開始描寫。為什麼會抓住年輕人們的心呢?對這個問題做採訪。

「死ぬくらいならやめれば」ができない

 漫画(がしそうになる)シーンから始まります(きの、れてて、ホームのを待つ)。ふと、ある考えをよぎります

 「一歩 たった一歩 それだけで」「明日は会社に行かなくていい!?」

この話(作者でイラストレーターのコナさんかつて毎月100時間近い残業をしていた)づいています

 (のの女性の問題らかになった)とき、インターネット上では({「死ぬくらいなら辞めればいいのではないか何も死ぬことはないのにという意見がびいましたしかし実際に過労でいまれていく、そう簡単にはいかない)、さん漫画の中でします

 「『死ぬくらいなら辞めればいいのに』と、思う)人は多いでしょうが そののすらってしまうのがブラックのろしいところなのです。」

では、なぜ、このような状態にってしまう。漫画では続いて自殺にる)までの心の世界が描かれます目の前に広がる)いくつもの分かれ道。自分元気なうち、やというさまざまなが見えています。しかし、長時間の労働で徐々にながわれ、次々とがりつぶされていきます(そして、ついに、働き続けるという道しか見えなくなりさらに、その状態が続くと「進まなきゃ でも もう ムリ」)と、みずから死を選んでしまいかねない)としています。作者のさん、今回、漫画を描いた)思いについて、メールで答えてくれました

沒有辦法要死的話還不如辭職

漫畫從主角幾乎要自殺的場面開始。每天加班,精疲力盡,在月台邊等待末班車的主角,突然有個想法在腦中閃過。

「一步,只要一步,只要那樣。」「明天可以不用去公司!?」

這個故事是根據作者也是插畫家的汐街以前曾經每個月大約100小時的親身經歷。

在電通的前女性員工的問題被公開時,在網路上「要死的話還不如辭職不是更好嗎?」「沒有那麼嚴重為什麼要死呢?」這樣的意見紛飛四起。但是汐街在漫畫中指出實際上是沒有那麼簡單就被過勞追趕逼近。

「死的話還不如辭職」這樣想的人很多,連這種程度的判斷力都失去了就是黑心企業的可怕之處。

那麼為什麼會陷入這樣的狀態呢?漫畫接著描寫直到自殺前的內心世界。在眼前展開的幾條岔路,在自己有精神的時候離職或轉行的各式各樣的選項可以看得見。但是因為長時間的工作下漸漸的正常的思考能力被剝奪,一個接著一個的選項被覆蓋。接著最後只有「繼續工作」這條路,並且如果這種狀態持續下,「不前進不行,但是,已經不行了」認為自己可能會選擇死亡這條路。作者汐街這次對於有關這個漫畫的想法,用郵件來回答。

 (にする)「共感」

 この漫画、もともと汐街さんのツイッターでした)ものですが、「リツイート」、つまり(された)14万件にもり、汐街さんのツイッターにも、およそ900件のコメントが寄せられています。(11月11日現在)この漫画を読んだ)人が、いったいどんな思いで読んだのか。NHKではコメントにまれている)な言葉、キーワードをしました

 その結果について({が多かった}キーワードほどが大きくなる)ように表現する上位には「辞める」や「死ぬ」、「仕事」など、あるできる}言葉がんでいる)ことがわかります。一方で、それ以外の言葉にするとひときわっているのが「ありがとう」という言葉です

以年輕人為中心擴散的同感

這個漫畫原本是汐街自己在推特上投稿的東西,經過轉發,達到十四萬則分享。作者的推特上也聚集了大約九百則的評論回應。

讀這個漫畫的人,到底用什麼心情讀呢?

NHK詳細的分析包含在評論裡大量的發言,可以看得出關鍵字。

針對這個結果,數量越多的關鍵字文字會越大表現出來,可以知道前幾名「辭職」、「死掉」、「工作」等某種程度上可預想到的詞語排列在一起。

另一方面,注意到這些以外的詞語,格外明顯的是「謝謝」這句話。

「世界は広い」作者の思い

 (をめていく)と、若くて真面目な人たちの多くな労働に追い込まれていく)姿が見えてきました。ツイッター上にはふだん私たちが気付きにくい)彼らのがされていたです

漫画のラストシーンでは多くの選択肢をす)いくつもの道が描かれ、こんな言葉めくくられています

 「世界本当は広いのです 忘れないでください」。

また、作者の汐街さんはにして、こんなメッセージをってくれました

過労の上、日本の豊かさや経済力が成り立っている)のか思うと本当に豊かな国なのか疑問です。」

考えさせられる、重い言葉だと感じました

作者的想法,「世界是很寬廣的」

隨著採訪進行,很多年輕人們因為嚴苛的工作被逼入黑暗絕境的樣子浮現出來。在推特上,平時我們很難注意到的他們真實想法被吐露出來。

在漫畫最後的場景中,畫了表示很多選項的很多條道路,用這樣的話來總結。

世界真的很寬廣。請不要忘記了。

作者汐街再次對於採訪發送了這樣的訊息。

「「日本繁榮的經濟是建立在過勞上嗎?這樣想後,有真的是繁榮的國家嗎這樣的疑問。

讓人感到不得不深思、沉重的話語。