平成27年8月1日より適用 単位:円

予防

(要支援1)

予防

(要支援2)

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

サービス利用に

係る自己負担額

437

543

584

652

772

790

856

食事に係る費用

1,380

1,380

1,380

1,380

1,380

1,380

1,380

居住費

840

840

840

840

840

840

840

自己負担額合計

2,657

2,763

2,804

2,872

2,992

3,010

3,076

その他、介護職員処遇改善加算、短期生活夜勤職員配置加算が掛ります。また、こちらでの送迎に関し送迎加算が掛ります。

上記の料金表は第4段階の方の利用料金表です。

第1段階から第3段階の方は、下記の料金と入れ替わり徴収となります。

介護負担限度額について

平成27年8月より負担軽減の基準が変わり、下記表の要件に加え以下の追加要件があります。

①配偶者と世帯分離している場合、配偶者についても市町村非課税であること

②本人及び配偶者の預貯金等の金額が次の基準以下であること  

・配偶者がいる場合   預貯金の合計 2,000万円

・配偶者がいない場合 預貯金の合計  1,000万円

食費

居住費

負担段階の説明

第1段階

300

0

・市町村民税世帯非課税の老人福祉年金受給者・生活保護者の方

第2段階

390

370

・市町村民税世帯非課税であって、課税年金収入と合計所得金額が80万円以下

の方

第3段階

650

370

・市町村民税世帯非課税であって、課税年金収入と合計所得金額が80万円を超える方

第4段階

1,380

840

・上記以外の方