エートス(ETHOS)って何?このサイトにはじめて訪れた方へ

エートスって何? あえて言葉で説明してみると、、、

住民が自主性を持って、生活と環境の回復過程に関わって行く活動。

エートスって何?  もうちょっと説明してみると、、

地域住民の生活スタイル、食生活、農林水産業での手法、工業生産、社会的または法的制約、援助、補償体制等々を考慮し、住民のそれぞれの視点を共有しながら問題に対処するのが特徴。

エートスって何? 熟語で言ってみる、

地域に密着した、現実的な放射線防護文化の構築。

エートス活動を行う事で、どんな良い事があるの?

住民自身が自らのおかれた状況を理解し、計測し、自分なりの解釈をする事ができるようになれば、個人・集団で、放射能汚染への対応をどう改善して行くのかを自分たちで見つけ出し「現実的な放射能との共生」が可能になる。

ETHOSはベラルーシで行われたチェルノブイリ事故後の回復プログラムの名前です。EC(ヨーロッパ共同体)各国の専門家チームにより、ベラルーシ政府とベラルーシの民間のベルラド研究所と協力して行われました。住民が主体となって、検査体制と医療体制といった行政のバックアップを背景に、積極的に汚染地内での生活と環境を回復させていく試みです。外部の専門家が上から命令するのではなく、住民が実計測によって不安を解消し、工夫をしながら生きていくプロセスを作り出すのを目標としています。  そもそもの語源は、ギリシャ語のETHOS。「エトス(信頼)とパトス(感情)ロゴス(論理)」アリストテレスの説得のための3つの要件のうちの一つです。何よりも信頼の構築という意味でつけられたのではないでしょうか。

じゃ、福島のエートスって何?

『福島でのエートス』の母体は福島県いわき市の安東さんが継続して開催している放射線勉強会の活動です。

原子力災害後の福島で暮らすということ。それでも、ここでの暮らしは素晴らしく、よりよい未来を手渡す事ができるということ。それを少しずつ、かたちにしていく事を目指しています。 9月にいわき市で放射線勉強会を開催、そこから、住民サイドからできる日本版エートス目指して、現在進行形で模索しています。

                                             @ando_ryoko 安東量子

11月後半に訪日されたICRPのジャック=ロシャールさんの発表された、ベラルーシのETHOSについてのスライドを翻訳配布しようということから、ツイッター上で人が集まり始めました(現在も絶賛拡大中)。地元での集会活動と並行して、ETHOS資料の翻訳作業をしています。

ジャック=ロシャールさんについて

CEPN=Centre d’e ́tude sur l’Evaluation de la Protection dans le domaine Nucle ́aire (放射線影響研究所)理事。ICRP=International Commission on Radiological Protection(国際放射線防護委員会)のメンバー。20年近くICRPにかかわる。フランス人。 1996年からチェルノブイリ事故後のベラルーシでETHOS活動を始めた。

ICRP について

国際放射線防護委員会 本部組織無し。世界各国で放射線関連の研究や業務に携わる約250人の専門家のネットワーク。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今までの活動

2011年 9月 いわき市にて放射線勉強会開催

     12月 久之浜にて、DVD鑑賞会開催

ツイッターまとめINDEX (ハッシュタグ #エートス #エートス訳 #エートスいわき #エートス郡山)

http://togetter.com/li/224772

資料翻訳

・ジャック・ロシャールさんの日本向けスライド(ベラルーシのETHOSを例に)

原子力災害後の生活環境の回復 チェルノブイリから学ぶこと」

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0By3NxxA_Y7SlMTllMmUzMDMtMzgxZi00YmNiLTg4NzAtMzc0ZDQ3M2ViMzlm&hl=ja

訳出許可のため、ロシャールさんと交わされた往復書

http://ethos-fukushima.blogspot.com/2011/12/blog-post_457.html

実用的放射線防護文化の発展のための基本的原理:ETHOSプロジェクトの教訓(原文仏語)   Jacquesからの資料 その4

  ETHOSプロジェクトの教訓(和訳完了版) 仏和翻訳 ペンネーム:ぼーじょー さん

https://docs.google.com/document/d/1mRs10bv-ysUVV8C7epuKT0uzNtRAMwaq68ZC15quTVM/edit?hl=en_US&pli=1#

ETHOSプロジェクトの教訓(和訳スライド版1/25修正版@kotanakahira さん

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0BzmrGEp7vGRtNDIxNWU2YWItYjU4Ni00NTkwLTgyOWMtNzc4OGViMDdhZTVk&hl=en_US

汚染地域に暮らすための実用的放射線防護文化 教育と次世代への継承

学校教育関係

Practical radiation protection culture for living in contaminated territories Education and transmission to next generations Thierry SCHNEIDER

翻訳文:@sayakatake さん スライド:@pinocchio87 さん

https://docs.google.com/present/view?id=0ATmrGEp7vGRtZGh4NGRocF8wYzN2bnBzZjY

汚染地域における放射線状況の評価と管理(仮)(フランス語の和訳) @t_ton2 さんhttps://docs.google.com/document/d/1PIbqHwnOYXxMq2B5csITP2LC9oQwx24psHZLMwHkkb4/edit?hl=en_US

再建へのステップ 画像入り

原本 (JAEA 原子力緊急事態時の長期被ばく状況における放射線防護の実施と課題 P45 より) @shinop_k さん

http://jolissrch-inter.tokai-sc.jaea.go.jp/pdfdata/JAEA-Review-2010-022.pdf

http://ethos-fukushima.blogspot.com/2012/01/4.html

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0BxqSmDmQ78xCODY5YWUyNjctNjg2Ny00Y2E0LTg3NTQtZTkxNGMyNGFhM2Y2&hl=en_US

ジャック・ロシャール氏の証言(2009年12月)

 @t_ton2 さんの翻訳

https://docs.google.com/document/d/1enZoGzU_2pteYB3xxgvksbd5AGi-rG7ggxnihg2vOxI/edit?hl=en_US&pli=1

その他(作業中)

SAGEプロジェクトよりETHOS資料 

https://docs.google.com/document/d/1LSKdVtr1QR4di1BRXk--U4xLJBD9rkibr4OyL8cQR6U/edit?hl=ja

ロシャール氏の論文「Stakeholder Involvement in the Rehabilitation of Living Conditions in Contaminated Territories Affected by the Chernobyl Accident: the ETHOS Project in Belarus」

https://docs.google.com/document/d/17TBRBpw3yjbDYPlA6fWpCq7pNlPs0KRGSUA3syOK74U/edit

仏語)Jacquesからの資料その3 ETHOS ベラルーシでの対話録

ジャックからの資料(その3)

http://ethos-fukushima.blogspot.com/2011/12/jacque.html

@asahipress_2henさんによる和訳

仏文資料 長大なのでまず抄訳を仕上げたいと思っています。ロシャールさんのは全訳。本日から来週にかけて断続的にお送りします。伊達市のセミナー前には完成。順次ご校閲をお願いします(って、こういうやり方でいいのでしょうか)。

https://docs.google.com/document/d/15TUr1umtRxRbM3NBtQ578legyoGzPq0lV3EG9Mjrb6U/edit

①セッション1最初の挨拶の冒頭(p.9, 抄訳)

https://docs.google.com/document/d/1tKJ2ePIC2_OK47gExShpprm83AVJQRQD040IuVpmqHs/edit

②結論と勧告(p.155-156, 全訳)

https://docs.google.com/document/d/1f0d1_zRKU-2KZCc6XbU6khXYuZixF82ynxG8sUkLQCM/edit

邦訳追加をアップ

https://docs.google.com/document/d/1rVta9UrFPvzQ_ai0HJuxPavWxW1xvIA5UJCNghmPvAk/edit

| 進行中案件 | 2012.02.23 Thursday 17:43 | comments(0) | - | ↑TOP

     

                                  2011年12月22日   文責 @leaf_parsley