eラーニング ロゴストロン 構文 102「ありのまま」を認める
オリジナルの構文を作成するうえで、一番の障害は、心の壁です。
ありのままの私を認めない限りは、意志を発する土台が揺らいでしまいます。

頭(理性)では「○○したい」って考えているけど、本心は「□□する」と、別のことを思っていた、なんてことは、良くある話ですね。

その心の声を聞いてあげることで、それを素直に構文へ書くこと。
そうすることで、構文の内容も本心に近づいて、より充実したものになるのです。

Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 七沢研究所. Report Abuse - Terms of Service