eラーニング ロゴストロン 構文 104 観念を超えた表現
私の使命を実現するために意志を発する。
前回のe-ラーニングでは、その構文から情緒的な表現を取り除くことを学びました。

今回は、”こうあるべき” という観念を取り除いて行きます。

私たちが生きる第四階層の社会には、様々な観念が存在します。
それは、”世間体”、”慣例”、”常識”、”教育”、”法律” などの形で私たちの目の前に、”社会” を存在させ、著しく、私たちの行動に制約を与えています。

あれをしてはならない。
これをしてはならない。
こうでなければならない。
これをしなければならない。

こうした観念は、現代社会を生きていくうえで、”正しい” 行動であり、必要な自己防衛策なのかも知れません。

一方で、こうした観念があると、本来の純粋な意志に偏りが生まれ、意志が実現しにくくなります。
このe-ラーニングでは、これらの観念を取り除いた表現方法について学びます。

Next
Never submit passwords through Google Forms.
This form was created inside of 七沢研究所. Report Abuse - Terms of Service